#22 「チャイニーズキング」

IMG_6398

ほいっす!

シミです。
新しい短編ができました。

中国の平遥(ピンヤオ)で
下描きをして、

西安(シーアン)で
コマやセリフ、メインの線を描き

そして
重慶のホステルで
最後の仕上げを行いました。

中国に入ってから、
安定した机や椅子が
ホステルにあり、
漫画の製作環境はよかったです。

#21
「チャイニーズキング」

20130808-094224.jpg

20130808-094239.jpg

20130808-094252.jpg

★★

今回のお話は
僕が国境の街、呼和浩特(フフホト)の
立ち並ぶビルを見て着想を得ました。

漫画の説明をするってのは
どこか反則な気もしますが、

どのような背景が
この短編にあるのかを語ることは
必要だと思います。

★★★

いわゆる「バブル」と言われる
高成長を続ける中国は
建設ラッシュの真っ只中です。

何階建てなのか分からないくらい
高いビルが都市には沢山あります。

人工の多い中国は
そのような建物が必要なのか
と思ったのですが、

それらのビルは
投資目的で買われる

そうなのです。

だから、
所有者がいても
誰も住んでいない。
誰も住まない。

そう。
ゴーストタウンです。

じゃあ、
そこに住む人は
一体どんなヤツなんだ?

そんな疑問から
この短編を描きました。

これを描いていて
小学生の時に読んだ

「おうさまたんけんたい」

を思い出しました。

わがままなおうさまが面白おかしく
好き勝手に暮らすお話なのですが、

今の僕には
おうさまの生き方が
どこか虚しく感じます。

なんか豊かじゃねえな

と。

自分一人が良ければ
それでいいのか?

「金銭的な豊かさ

心の豊かさ」

そんなお話でした。

読んでくれてありがとう。
まだまだ拙い漫画だけど
一歩づつ進んで行きたいと思います。

——————–
——————–
世界一周ブログランキングに
参戦しております。

「あっ!
そのお話
おれも知ってる‼」

って人はポチを。

「わたし、本読むの嫌いなんだよね」

ってヤツは近所の図書館に行って
児童図書のコーナーでこの本を見つけて、
全巻読破してきて下さい笑。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


#22 「チャイニーズキング」” への3件のコメント

  1. ピンバック: 「朝五時半に起きてSkype」 | 旅する漫画家

  2. いつもブログ更新楽しみに読ませてもらってます。
    知らない土地に行くのもエネルギーいるのに
    そこで漫画を描くってスゴイなぁ
    ちょっと切ないお話ですね~
    背景を知ると余計に考えさせられてしまいます。
    (2枚目の犬の顔がなんともツボでした♪)
    今後も楽しみにしてます。
    旅の無事と、感動を祈ってます!

    • >メカネンコ2号さん

      コメントちょくちょく
      ありがとうございます♪

      ハナクソ漫画でも
      こうして誰からかレスポンスが
      いただけると励みになります。

      よーっし!
      明日はサイゼリアで
      下書きだぁ〜〜〜‼

      そうです。
      中国にもサイゼリアがあるんす。
      (高校生の時、よく行ったなぁ〜…)

シミ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>