「雨の中のヒッチハイカー」

世界一周325日目(5/19)

 

なんだかんだで、
「Comfort Place」に
6日間滞在した。

そして今日僕はここを発つ。

IMG_7591

 

 

とかかっこつけといて
スヌーズ5回くらいかけなおしたかな?

起きたのは9時半。サクサク動かないと!

 

 

ここから向かう先は
Shatili(シャティーリ)という町だか村だか。

同じ宿に泊まっているお喋りおじさん、
マイクの一押しの場所だった。

何年か前にこの場所を訪れているマイクは、
ここでアーティストの家族と仲良くなったらしい。

「君のギターがあれば
きっと安く泊めてもらえるよ」

その言葉を信じて、
その家族の電話番号を教えてもらったり、
どうやってそこへアクセスするのかを
マイクおじさんからしっかり聞いておいた。

だが、バスは夕方の4時だか5時にならないと
シャティーリ行きはないと言う。

いや、その途中までなのか?

いずれにせよ、シャティーリに到着するのは
夜中になってしまいそうだ…。

 

 

「ヒッチハイク…
とかできないっすかね?」

「ワーオ!ヒッチハイク?
アドベンチャーじゃないか!
時間もまだあるしね。それも面白そうだ!
是非やってみるといいよ!僕ならそうするね!
それならうんたらかんたら
ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ〜…」

ひとつの質問に対して5~6の情報でもって
応えてくれるマイクおじさん(笑)。

分かったことはトビリシから
Zhinvali(ジンバリ)という場所まで
マルシュルートカで向かって、
そっからヒッチハイクするということだ。

マルシュにはメトロでディドゥベという駅に向かい、
そこからマルシェに乗りこむ。

先日待ち歩きでディドゥベには
行ったことがあるから楽勝だぜ!

 

 

 

久々に重たいバックパックを背負って
マルシェのターミナルへと向かった。

どこからジンバリ行きのマルシェが
出ているのか分からない。
そのくらいターミナルには
沢山のマルシェが溢れている。

IMG_7592

 

 

向こうには英語は通じないので
「ジンバリ!ジンバリ?」なんてiPhoneで撮影した
マップを見せたり、ノートを見せたり、
とりあえずおっちゃんたちに訊きまくる。

IMG_7593

 

 

「あぁ、ジンバリだろ?こっちだ!」

「あ!サンキュー!」

「で、ジンバリの次は
どこに行くんだ?」

「え?シャティーリだけど?」

「なら300ラリ(17,323yen)だ」

ん?

 

 

待て待てまてまて、まてよ。

んなバカなことあるかい!
だって、ジンバリまで2ラリで行けるんだぞ!

念のためレートアプリで計算する。

あからさまなボリ。

や、きっと彼らはタクシードライバーかなんかだ。

あるいは「30.0」ってことなのだろうか?
それでも1700円。

こういう時は他の人にも訊きまくることだ。

 

 

もともと僕はヒッチハイクするるもりだった。

ジンバリ行きのマルシェを発見し、
値段を訊くと2ラリ(115yen)。

ですよね。

IMG_7594

 

 

 

 

 

マルシェの中では
外の景色を見るでもなく、
ただただウトウトしていた。

「寝過ぎて眠い」

そんな経験がないだろうか?
睡眠障害なのか?

グルジアに来てから
睡眠時間がやたらに長いし、
日中眠くなることが多い。

 

 

気がついたらドライバーに起こされた。

辺りには何もない。

IMG_7597

 

 

タクシー乗り場のようで、
何台かタクシーがお客を待っている。
僕も声をかけられたが、笑顔で勧誘を断る。

IMG_7599

 

 

次の目的地は
Barisakho(バリサコ)という場所。

そこまで行けばローカルバスに乗れるらしい。

僕はやって来た方向に向けて親指を立てた。

アルメニアでも大丈夫だったんだ。
お隣の国でもヒッチハイクができるに違いない!

グルジア大好きのマイクおじさんが言ってたんだ。
きっと大丈夫だろう。

 

 

そんな期待も甘く、車は止まる気配を見せずに
全速力で僕の前を過ぎ去っていく。

ハンドルに手を当てて、
ヒラヒラと手を振ってくれればまだいいものだ。

僕のことなんて目に入っていないのかもしれない。
ちょっと寂しいぜ…。

回りのタクシードライバーたちは
「何をバカなことやっているんだ?」
と僕のことを面白おかしく見ている。

目的地を聞くと、僕に張り紙を見せてくれた。

「シャティーリ PM9:00」

IMG_7601

 

 

いやいやいやいや!
そんな待てないって!

おれには親指を
立て続けることしか
できないんだぁ~~~~!!!

 

 

何でもそうだと思う。

長期戦は最初の30分~1時間が長く感じられる

羊の群れが僕の前を横切っていった。

ヨボヨボの牧羊犬が足をびっこで引きずりながら
群れの後ろをついていった。

IMG_7604

 

雲行きが怪しい。

そういえば宿の誰かが
「今日明日は雨」って言ってたっけ…。
降らなきゃいいんだけど…。

 

 

僕は何も親指を馬鹿の一つ覚えみたいに
立て続けているわけじゃない。

ちゃんとフリーハンドを100%活用する。
満面の笑みでドライバーに向けて
手を振ってるわけなんだけど…

 

 

 

 

 

 

止まらない…。

止まらないよぉ~~~!!!

マジクソ!ファック!止まれってんだ!
中指立てんぞ!

 

 

 

ブロォォォォ…

「ほら!止まったぞ!」

周りのタクシードライバーたちが
僕に教えてくれる。
ダッシュで車に駆け寄る僕。

「えっと!バリサコまで行きますか!」

「あぁ、悪いんだけど、
カズベキ方面なんだよ」

「か、カズベキ!」

僕のプランではシャティーリの次に
向かおうとしていた場所だ。

これは…、

 

 

「カズベキに行け」
っていうことかっっっ!!!

 

 

「大丈夫っす!カズベキ方面で!」

「おい!そっちはシャティーリ方面じゃないぞ!」

タクシーのおっちゃんたちが僕に言う。

「いや!やっぱカズベキで!」

 

 

車はTOYOTAのワゴン車だった。

おっちゃんの名前はショータさんという。
なんだか日本にもいそうだ名前だな。
同い年くらいのヤツらで。

IMG_7611

 

 

ショータさんの目的地はカズベキ方面の
Pasanauri(パサノウリ)という町。

60kmほどでカズベキに着くらしい。

なんだけっこう近いところだな。
じゃあ次のヒッチも楽勝だろう。

車は時速100km以上で道路を飛ばす。

僕たち以外の車は見当たらない。

車内にはロシアのポップミュージックがかかっていた。

IMG_7612

 

 

いつの間にか雨が振り出した。

ワイパーがフロントガラスに
落ちた雨水を払うため、
なんども僕の前を行ったり来たりした。

パサノウリは森の中にある小さな町だった。

窓ガラス越しに外を見ると、
雨に濡れた野良犬たちがごみ箱の周りを
トボトボと歩いていた。

野良犬の存在が僕を少し不安にさせた。

 

 

「ここがレストランだから」

そう言ってショータさんは僕を降ろしてくれた。

僕は車の外で一礼し、
ショータさんの車を見送った。

ショータさんの車はまたパサノウリの町に
引き返していった。

わざわざここまで僕を運んで
来てくれたことがわかった。

いい人に乗せてもらったな…。

IMG_7617

 

 

 

 

 

 

雨は止むどころか
激しさを増した。

レストランの一部は工事中だった。

むっつりした作業員たちが内装工事をしている。

レストランの前には肉を焼く
BBQのようなコンロがあり、
その前にある丸太の椅子にスタッフのおっちゃんが
何をするでもなく座っていた。

手招きするので行ってみると、
グルジアの言葉で一方的に喋ってきた。
「ここはヒッチハイクなんてやっても無駄だぞ」
みないなことを言っているのだろうか?

「うん。でもやるしかないんだよ」

こんなところで足止めなんてシャレにならない。

雨の当たらない所にバックパックを置かせてもらい、
サブバッグだけ背負って僕は親指を立てた。

IMG_7616

 

 

ただでさえ車の数が少ないのに、
雨の中ヒッチハイクをするヤツを
果たして車に乗せるだろうか?

僕だったらちょっと躊躇しちゃうな。

レストランの入り口は人一人分の
スペースだけ雨がしのげるようになっていた。

車が来ない間はそこで待機し、
車の姿が見えると僕は親指を立て、
ドライバーに向けて手を振った。

 

 

だが、ここでも車は止まる気配を見せなかった。

雨がしのげるレストランの入り口で
突っ立っていると体温が下がる。

体温の低下は体力の低下につながる。

僕はその場で軽く足踏みし、
出来るだけ体を冷やさないように心がけた。

車が止まったかと思えば
レストランに入ってくる車がほとんどだ。

そういう時には少しがっかりして、
また雨のしげるポジションで体を動かした。

手がかじかんでうまく握りこぶしを
作ることができないほどだ。

マップアプリで確認すると
Stepantsminda(ステファンツミンダ)という村を
カズベキと呼んでいるようだった。
カズベキは山の名前らしい。

そうか。ロシアに近いのか…。
どうりで寒いわけだ。

 

 

外のコンロで肉を焼いているおっちゃんが
再び僕を呼ぶ。

行ってみると、またよく
分からないことを言ってくる。

別に怒っているわけでも、
ここから出て行けと言っているわけでもない。
きっと「タクシーを使え」とか
アドバイス的なことなんだろうけど、
やっぱりよく分からない。

おっちゃんと話していると、
数少ない車が通り過ぎていった。
もしかしたらあれに乗れたかもしれないな…。
ついついそう考えてしまう。

 

 

雨の中のヒッチハイクが
ここまで心細いものだとは分からなかった。

天気予報をちゃんと考慮して行動すべきだったな…。

遭難者が彼方に浮かぶ船に向かって
手を振るようなものだ。

止まってくれる車はあるのだろうか?

 

 

 

 

 

一台の車が止まった。

レストランを少し過ぎたあたりで停車し、
僕の存在に気づいていることを伝えるように
テールランプが数回点滅した。

僕は全速力で駆け寄り、目的地を告げる。

ワゴン車よりも大きめの車で、
車の中にはドライバーは
他に男の人が3人乗っていた。

IMG_7623

 

僕は大急ぎでバックパックを取りに戻り、
後部座席にバックパックを置いた。

ヒッチハイクを開始してからジャスト一時時間。

それの何倍にも長く感じた1時間だった。

IMG_7625

 

 

車の中は温かく、温度差を示すように
窓ガラスは白く曇っていた。

雨の中でヒッチハイクして冷えた僕の体は、
車の中でじんわりと温められた。

景色がどんどん変わっていくのがわかる。

山の上には雪をかぶっているものさえあった。

ここでも気づいたらウトウトし、
声をかけられて目を覚ますとそこがカズベキだった。

 

 

見た感じ何もない場所だ。

IMG_7626

 

 

なぜか村の中心地には観光客向けにだろう。
カフェがいくつもあった。

雨と寒さが余計に寂しさを演出していた。

僕は近くの自動販売機で
1ラリのホワイトコーヒーをすすった。

どういうわけだか、
お釣りを吐き出さないポンコツで、
そんなことを知らずに2ラリコインを
いれてしまった僕は、

目の前の両替屋の兄さんが
僕に1ラリコインを渡してくれなかったら、
おもいっきり
蹴りを食らわせていたことだろう。

 

 

 

さて宿探しか…。

グルジアの他の村では民泊が主流らしい。

マルシェを降りるとおばあちゃんが
「うちへいらっしゃい」と自宅に
招いてくれるらしいが…。

こんな雨では誰も僕を迎えに来ない。

幸いマップアプリにはゲストハウスが示されていた。

僕はバックパックを背負って
そのうちのひとつに向かった。

ひとつめは20ラリ(1,154yen)。ご飯つきで。
食事なしだと15ラリ(866yen)らしい。

一気に値段が上がった。

「ちょっと待ってね」と他の宿に
当たろうとそこを離れた、

するとすぐ近くにいた
ふくよかなおばさん
僕に営業をかけてきた。

「うちならWi-Fiも
ホットシャワーもあるわよ!」

ネット依存所の僕は
この殺し文句にやられてしまった。

ご飯なしで15ラリなのは同じ。

 

 

招かれた家は大分綺麗な家だった。

IMG_7633 IMG_7628

 

 

ニノさんと名乗るふくよかなおばさんは、
自宅の名刺まで持っていた。
ツーリスト向けに宣伝しているのだろう。

ステファンツミンダの村をプラプラと散策し、
得られた食べ物は大きなパンとリンゴだけだった。

5ラリ多く払えばご飯にあるつけるのか…。

この節約はなんなんだろうと考えてしまう。

IMG_7651

 

 

荷物をベッドを脇に置き、
Patagoniaのアウターを椅子にかけると
僕はシャワーも浴びずにそのままベッドに横になった。

時刻は19時。そとは曇り空。

数時間の眠りから目覚めると
外からは激しい雨音が聞こえた。

IMG_7666

——————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

グルジアは夏頃がシーズンみたんですねー。
雨期とかそんなんじゃないみたいだけど、天気大事っす。

すっげえいい感じの山に囲まれていても、
寒いし、雨が降っているとなんだか…、
閉じ込められた気分に鳴ってしまうよ…。

ああいう雪山を見ると、
クライマーの人は疼くのかなぁ?

クライマーの映画とかあるんでしょうか?
ちょっと見てみたいかも。

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

順位よりも感想のほうが嬉しかったりします(笑)
ヒッチハイクやったぞー!

 

★そろそろ100いいね!達成!
100番目は誰だ!!??
Facebookページ「旅する漫画家」もよろしく!

★Twitterもね!「Indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!