「二度あることは三度あるの三度目」

世界一周527日目(12/7)

 

 

太陽が

昇ったころにようやく眠れた。

IMG_2656

 

 

 

管理棟がすぐ近くにある。

8時になって外を見ると
眼前にはビーチが広がり、

ここで働いている人がせっせと
椅子を並べている姿があった。

時折ビーチを走る人の姿も見える。

そろそろテントを片付けるとしよう。

 

 

 

ここはイスラエル、テルアビブ

IMG_2655

 

 

 

『ここでバスキングをすれば、
そこそこにお金が稼げるんじゃねーの?』

と目をシュケルにしてやって来た僕は

ゲスの極みと言えよう。

 

 

だからこそ、昨日
ゲイにカミングアウトされてしまったのだ。

反省反省。

 

 

 

 

 

ビーチのトイレで頭を洗いった。

トイレの外には無料のシャワーもあるが、
それを使うには水着かパンツ一枚にならなきゃ
いけないと体が洗いにくいものだった。

IMG_2662

 

 

さてと、そろそろ行きますか。

 

 

 

 

『一体どこに人が集まるんだろう?』

 

 

バスキングをする上で
どこでライブをするかは重要だ。

 

 

マップアプリを頼りに街の
中心地とおぼしき場所へ歩いて行った。

IMG_2669 IMG_2683 IMG_2689 IMG_2686

 

 

 

この街はエルサレムに比べると
大分ヨーロッパ的な雰囲気を持っていた。

特に女のコはお洒落な
服装をしている人が多かった。

物価もエルサレムに比べると
少し高くなった様な気がする。

お金を持っていたらカフェで
ためらいなくカプチーノを頼んで
いつまでもネットをしていたことだろう。

 

 

でも、今日はバスキングをしたい!

レスポンスのいい国でバスキングを
やらないなんてあまりにもったいないと思わないか!

 

 

街の中心を見つけるための
指標として役に立っているのが、
どこにマクドナルドがあるかということだ。

マクドナルドあるところに人の群れあり!

 

 

 

 

だがテルアビブにいおいて
その指標は役に立たないようだ。

IMG_2693

 

 

 

2時間ぐらい場所探しをしたのだが、
ショッピングストリートらしき通りは
一向に見つからなかった。

茶色い服を着て、バックパックを背負い、
手には銃を持った兵役についた若者たちを
この街でも見かけた。

 

 

11時まで粘ってみたが、
バスキングができそうな場所を
見つけることはできなかった。

昨日と同じマクドナルドの同じ席で
ひたすらに絵を描いていると
あっという間に時間が過ぎた。

ほんとうに時間ってヤツは
絵を描いていると過ぎ去るのが早く感じる。

IMG_2700

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16時前に

マクドナルドから出たが、
僕はこの街でのバスキングに対する
情熱を失っていた。

IMG_2704

 

 

 

アパレル店や飲食店が立ち並ぶ通りの真ん中には
車道が走っていた。どこに行ってもそうだった。

こればっかりは運かもしれない。

何日かこの街に滞在して、
足を使って歩き回ればバスキングに適した場所を
見つけることができるだろう。

だけど、そのために
この街に滞在するのも何か違う。

 

 

旅をしていて訪れた街の全てを
味わい尽くすことは不可能だと思う。
その必要性もない。

僕はテルアビブに飽きてきたのだ。

IMG_2709

くびれ!

 

 

 

20ドルするような宿に泊まる余裕もないし、
ここで買い物をするつもりもない。
海を泳ぐ水着さえ持っていないのだ。

ただ、街で路上演奏をしてみて、
レスポンスがよかったら
2~3日滞在するのもありかと思っていたが、
その場所も見つからない。もういいや。

 

 

 

 

 

日没まで街を歩いて見たが、
結果は同じだった。

きっと僕は検討はずれな場所を
歩いていたんだろう。

テルアビブも広いしね。

 

IMG_2713

IMG_2714

絶妙なポジションに飲みかけのコーヒーが置いてある…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海沿いの

マクドナルドで
時間をつぶして寝床を探しに外に出た。

IMG_2715

 

 

 

 

静かなビーチのフェンスの裏にテントを立てた。

満月から数日しか経っていないため、辺りは明るい。

 

 

テントの中に銀マットやら寝袋を敷いて
横になっていると、

声がかかった。

 

 

「Excuse me?」

「what???」

IMG_2705

 

 

 

テントのジッパーを空けると、
欧米人のお兄さんがいた。

 

 

「すまない。
私の財布が盗まれてしまったんだが、
こっちに誰か走ってこなかったか?」

「いや、すいません、
全然わかりませんね」

「テントの中を
見せてもらってもいいか?」

「え?
いや、いいですけど」

 

 

iPhoneのトーチでテント内を照らしてやった。

僕としてはこっちのお兄さんの方が怪しい。

そんなこと言って僕の荷物を
盗んで行くんじゃないかとさえ思った。

 

 

「ちょっと考えてみてください。
もし僕がお兄さんから財布を盗んだとして、
ここにテントを立てると思いますか?」

「わかった。サンクス」

 

 

裸足のお兄さんは走って去って行った。

そういう軽犯罪も起こるんだなぁ。

 

 

 

 

 

僕は眠りにつくタイミングを見失っていた。

 

 

 

 

 

ウトウトしてきたころに
テントのジッパーが開いたような気がした。

一瞬『風かな?』と思ったのだが、

 

 

外から誰かが
テントを開けようと
している!!!!

IMG_2710

 

 

 

 

「What???」

 

 

声を出すと外にいた誰かはすぐに去って行った。

すぐにテントを開け、コソ泥の姿を確認したが、
僕にできるのは「オイッッッ!」と
大声を出す意外になかった。

 

 

テントを立ててしまった以上、
その場からすぐに動くことはできない。

これで完全に寝落ちしていたら、
サブバッグが盗られていたかもしれない。

 

 

 

 

時刻は深夜1時半。

カップルがテントの前を通り過ぎた。

「さっき小柄なフード被った2人組を見たけど、
気をつけたほうがいいよ」と僕に忠告をしてくれた。

テントの中に座ってしばらく考えていた。

このままここに寝ていいものか?

また数時間したらヤツらが
ここに戻ってくるかもしれない。

 

 

 

 

 

「撤収するかぁ…」

 

 

寝袋と銀マットをたたみ、テントを片付けた。

人通りの少ないビーチですらこの始末か…。

やっぱりテルアビブからもう出よう。

 

 

回りをブルーシートで囲った工事現場に潜り込んだ。

中にはヘンテコなオブジェが立っていた。

テントを立てずに銀マットを敷いて
寝袋で寝ようとしたが、シラミがいて眠れなかった。

露出部分が痒くなるあれだ。

蚊の羽音は聞こえないのに痒くなるあれだ。
この痒みはシラミか、海に住む小さな生物だろう。

 

 

テント本体を銀マットの下に敷くことによって
いくらか改善されたが、やはり人の気配があると
気になって眠れなかった…。

IMG_2716

—————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

イスラエル物価高いくせにぃ~~~…ブツブツ。

これで荷物盗まれてたらマジで帰国してたかもしれません。

気づいてよかった。
テントの内側からジッパーをロックすることも考えましたが、
そんなことしてるヤツっているのかなぁ?

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indinanlion45」


「二度あることは三度あるの三度目」” への2件のコメント

  1. シミ君3度有る事は、4度も5度も有るんだよ。

    小銭をケチッてカードや旅費、旅の日程や大事な命を、無くさな
    いようにね!。(笑)

    外国で暮らすには安全は、お金で買うのが常識です、私も17年
    間そうして海外で生きて来ました。

    • >JOSANさん

      お、おそろしい!
      ってきり三度目を乗り切れば
      カウントがリセットされるのだと思っていました(笑)

      はい。

      ちょっと危ないことをするのも
      ほどほどにしておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>