noteでガイドブック公開しました(あとがき特盛)

 

シミです(@Indianlion45)!

前回お届けしたインドガイドブックの続きページができましたのでnoteにて公開しました!

全7ページのうち(ちなみに前回の「持ちもの」に2ページ加筆しました!)

3ページほどサンプルでこちらに公開させていただきたいと思います。

この前後ページもあるので、こっちではあとがき多めで描かせていただきます。

 

 

 

Chapter2: LCC(飛行機)編

 

 

 

あとがき

 

ここ数日間アートブロックにかかってしまい、なかなか思うように筆が進みませんでした。

「アートブロック」ってのはあれです。「描く気しねえぇぇぇ〜〜〜…」ってなることです。

いわば、アーティストのガス欠状態。心のガソリンをどう入れるかが鍵になってきます。

 

 

原因はーー…、

自分でもよくわかりません。

フジロックのごみ箱製作が思うように進まなかったことかもしれませんし、

メンタリストDaiGo師匠のニコ生アーカイブを聴きながら作業しているからかもしれません。(たぶんこれ!)

 

 

 

 

 

最近、「頭いい人の話って超面白い!」って思うんですよ。

毎日、描くことが中心の生活サイクルだと生活そのものがどうしてもマンネリ化してしまうため、意識的にそれを崩す必要があるんですね。

ずっと同じことやってても成長はありませんから。

時には意識的に漫画を描くこととは別なことをして、いろんな可能性(生き残る可能性)を伸ばす種まきをしているわけです。種まきすぎという節はありますけど。

ここ数ヶ月で思い切ってデジタル漫画にシフトしたのもそれです。

去年から公開したインド漫画「CHAI!!!」を一旦置いているのも、デジタルを伸ばせば、もっといい作品が描けると思ったからです。

そして、デジタルスキルの向上も、漫画を描くだけではなく、「ガイドブック」という形をとって絵を使ったコンテンツを作る練習することによって、1ページにおけるコンテンツの量やキャラクターのデオフォルメや単品のイラストを伸ばすことにもつながります。

これらは漫画を描くことにもつながっています。

 

 

 

 

大事なのは自分のコンテンツのマネタイズです。

好きなことだけやってればいいわけじゃありませんし、お金がなければ生きていけません。

ここがクリアできて、僕がプロとしての旅する漫画家になれるわけですね。

 

 

世界一周から帰ってきた僕って、作品を作ることに精一杯で全然発信してきませんでした。

一生懸命作品を作ったり、ブログを描いていて、音信不通になったりすると

友達から「ブログを書く時間はあるのに、連絡を取る時間はないんだ」と言われ、

発信が怖くなった時期もありました。

 

漫画を描くことやブログを書くこと、SNSで発信することが彼らの感覚でいう「遊び」であっても、自分にとってはそうじゃありません。

「Life as work」という言葉があるように、

僕にとってはそれらのことは「遊び」であって「仕事」でもあるのです。

っていうか、好きなことに没頭してそれで生きていこうと腹をくくってるヤツを揶揄できるのであれば、きっとそのような人間は「小説家って楽そうでいいな」だとか「アイドルは楽しそうでいいね」だとか、彼らの苦悩を想像することなんてできないでしょうね。

 

以前もブログに載せたかもしれませんが、ユーチューバーのヒカキンさんを密着した動画をもう一度載せておきます。

僕はこれを見てユーチューバーの方々に対する見方が変わりました。

「ユーチューバーマジすげえ!」って心から思います。

生半可な作業量じゃこの世界で生きていけないですもの。

 

 

以前は自分が好きなことをやっていることに後ろめたさを感じていましたが、今は違はちがいます。

理解できない人たちは放っておいて、僕は自分の人生を生きることにしました。

大事なのは自分の時間でそれをないがしろにするような人たちとは距離を置いてもいいかなと思うようにもなりました。

だって自分の人生は一度っきりしかないんですよ?

 

 

 

自分の道を進むことは一見、孤独のように思えて、

実は同じことをやっている仲間との結びつきが強くなります。

この前、僕が最も影響を受けたブロガーである金丸文武さんにお会いして、僕はそれを強く感じました。

 

世界一周という旅を通して出会えた人たちは僕にとってのライバルであり、仲間だと思っています。

「一緒に過ごした時間=仲の良さ」という

学生時代まで適応されたルールとは違ったものです。

 

 

この限られた時間をどう精一杯生きるか。

僕はまだまだやりたいことがあるし、どんどん外へ出て行きますよ。

40歳までに海外で作品を売ることが目標ですから。

海外でも通用するアーティストに僕はなります。

 

そして重要になってくるのが、やはり情報発信だと思います。

やっぱり発信を続けていかないことには誰にも見てもらえないし、更新をサボると飽きられてしまう。

誰でも自分の宣伝ができる時代だからこそ、ここにも力を入れていきたいと思っています。

ブログは毎日更新できなくとも、Twitterやインスタグラムはほぼ毎日更新しているので、リアルタイムの作品作りを発信してます。

Twitterは300行くかいかないかです。それこそ140文字の簡易ブログ的に絵を描くことについて呟いてます。

インスタグムは最近ようやくフォロワーが700名の超えて、1日2〜3人の割合でフォロワーが増えていくようになりました。目指せ1000人ですね。ここまでいかなきゃ話になりません。

「三國志が好きです!」っていう遠藤さん。でも、僕三國志読んだことないんですよ。記憶にあるのは小学校の図書館に数巻だけ置いてあった横山光輝著の漫画。あー、最近だと日経のデジタル版で使われてますよね。だもんで一番強そうな張飛をベースにイラストを描きました。ご満足いただけただろうか?▶︎▶︎I drew this for Mr. Endo. He likes “Three Kingdoms in China”. I remember one of manga character drawn by Mitsuteru Yokoyama. This comic is a masterpiece of Japanese comic about history! I’ve never read this;0▶︎▶︎#trip #travel #travelingcartoonist #shimi #manga #illustration #doodle #pen #givemeorder #旅 #旅する漫画家 #シミ #漫画 #漫画家 #イラスト #落書き #ペン #お仕事の依頼お待ちしております #三國志 #三国志 #張飛 #横山光輝 #似顔絵 #遠藤さん #trheekingdoms #samgokushi

Yosuke Shimizuさん(@indianlion45)がシェアした投稿 –


 

 

 

そんなもんで

一見迷走しているように思えて、ガシガシ描いてる

シミのnoteを買ってください!

(よく言った!)

 

 

 

ガイドブックだけでなく、

2012年に描いた漫画を再編集し、オマケ漫画を加えたもの

も製作しております(こっちは息抜き)

 

 

 

ガンガンレベルが上げてます!

 

それではまた次回!

 


 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です