24時間おっちゃんと一緒編

 

 

 

あとがき

 

エアコンを使わずに作業すると、

パソコンと液タブが熱くなってしまい、途端に動作が重くなってしまいます。

まいった!

お手上げ状態のシミです。

 

 

エアコンなしではデジタルで絵が描けないとなるとー…、

インドで作画は厳しいのかな〜?

確かにデリーとかで漫画描いてたときはすっげーカクカクしてたからね。

 

 

 

 

旅をしながら漫画を描くことを考えた時に

クリアしていかなきゃいけない課題に思いを馳せつつ

今回も7ページを描きました。

 

エアコンを使うのもいいけれど、体も冷やさないようにね!

 

 

あ!そだそだ!

昨日Amazonプライムで「ビューティフルマインド」という映画を観たので、

スケッチを公開しておきます。

タイトルだけ見て、ヒューマンドラマかなーと思ったら、けっこうサイコなところもあって面白かったです。

A3の紙にステッドラーの0.3ミリで下書きなしでガシガシ描いていきました。

 

前回と同じように4分割していきますね。

「二日酔いと喉の渇きで死ぬことは同じだ」というチャールズの登場シーンはカッコ良かったです。ああいうキザなセリフって、物語の世界だから許されるってのもありますよね。

 

機械的なものをスケッチするのは好きです。でも、完全そっくりそのままってわけにはいかないので、「一体どこがそれを構成する最小限の線なんだろう?」って考えて描いてます。腕にラジオムダイオードを埋め込む機械ってアメリカとソ連が冷戦していた時に本当にあったんですかね?

 

俳優のラッセル・クロウはヒゲが生えた方がかっこいいなーって思います。ヒゲの似合う人っていいですよね。僕はちょぼちょぼとしか生えないので剃るしかないのです。

 

右上の絵が切れちゃいましたけど、主人公のジョンがアリシアの手を取って、夜空に星座を描くシーンとかいいシーンだったと思います。映画見ているとねー、ついついいいシーンそのまま見ちゃうから、スケッチするの忘れちゃうんですよね。一本見るのに3時間くらいかけてますよボカア。

 

 

とまあ、

映画スケッチはこんな感じ。

画面を写真に撮るって方法もあるんですけど、

それだと全然スケッチしなくなっちゃうんですよね。

資料としては残しておきやすいんだけどねー。

 

だもんで、次回もお楽しみに!

 



 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です