Biography

1989年1月22日生まれ。B型。

本名、清水陽介。ニックネームはシミ。

 

幼少期を東京都練馬区で過ごし、

4歳で神奈川県に引っ越す。

小さい時から絵を描くことや工作に興味を持っていた。

幼稚園の時はマジックで迷路ばっか描いてたのも覚えている。

この頃の夢は「ロボットを作る人」。

多分、テレビで見たロボットコンテストがカッコよかったんじゃない?

 

 

そのまま地元の真福寺小学校に入学。

この頃、初めて漫画を描いた。

「星のカービィ」を題材にした4コマ漫画だった。

初めて買った漫画は「スーパーマリオくん」。それとゲームを題材にした4コマギャグバトルとかそんなん。

神奈川県の学校と言っても1学年、2クラスしかない小さな学校だった。

小学生にしてクラス内のハイラルキーを常に意識していた。

自分のいるクラスには圧倒的な力を持った俗にいう「ガキ大将」がいて、自分の立ち位置を嫌でも思い知らされた。

自分では真ん中くらいの位置づけだった。そう思ってる。

小学校、中学校の生活で、教師が気をきかせたのか、そのガキ大将とクラスが離れる事はなく、9年以上も同じクラスにさせられた。(やれやれ)

自分の中のダークな部分が形成に大分影響したと思う。

 

 

13歳。川崎市立白山に入学。

別にこの頃は「漫画家」なんてこれっぽっちも考えてなかった。

周りには絵の上手いヤツなんてたくさんいたし、何より『漫画家なんかで喰っていけねーよ』と、中学生ながらに冷静に現実を見ていた。

それでも絵を描くのは好きだった。

中学時代は卓球部。スキンヘッドが特徴的な顧問にしごかれ、市大会ではそこそこの成績だった。

白山中学校は過疎化のため、おとなりの王禅寺中学校に統合され、母校の姿はそこにない。

義務教育下の自分はバカにされることを随分嫌った気がする。

頭はよくないけど、詰め込み式の勉強で良くも悪くもない成績だった。

 

 

15歳。神奈川県立生田高校に入学。

志望理由は自分の学力を過信していたのと

好きな人がそこを志望していたからだ。

(その娘は推薦で決めたが、僕は一般入試でギリギリ受かった)

 

ようやくガキ大将との腐れ縁を断ち切った僕は

高校生活を満喫しようと思ったが、体の芯にこびりついたひねくれ根性だけはどーにもならなかった。

なんだか人の輪に加わるのが苦手だった。

 

 

ハンドボール部入部。生まれて初めてハンドボールを経験。

下手くそだったけど、声だけはでかかった。

応援の際、同じ学年のヤツが「お前の声は気に障る」と言ったのが衝撃だった(笑)。ハイトーンボイスでキーキーしているのは今でもかわりません。

部員の数が少なかったので一応レギュラーになれた。

部活は自分の高校生活の大部分を占めていたと思う。

経験者も周りにいて、未経験者の自分はけっこう大変だったが、それなりに楽しかった。部活の他にも軽音のまねごとをして文化祭で歌ったりもした。

なお、部活引退後、

大好きな子に告白するもあっさり撃沈。

「シミちゃんは恋愛対象に含まれないんだよね…」

現実はそんなにあまくないってことですね。はは。

 

さあ受験勉強だということで、

頭もあまり良くないので私立を志望。

早稲田に現役で受かった先輩に

「文系数学は穴だぞ!」

とそそのかされ、選択科目を数学に。

受験の差し迫った12月。塾の自習室で気づいた事は

「おれ、数学嫌いじゃん」

ということだった。

時既に遅し。

 

 

見栄もあったせいか、受験校もMARCHと呼ばれる大学以下は受験しなかった。受験結果は全敗。浪人時代に突入する。

 

 

浪人した頭の良くない先輩が東北大学を合格。

彼の通っていた町田の代々木ゼミナールに入学。

まあ、浪人するんだから早稲田っしょ!ということで、

選択科目も世界史に変更し、友達なんか一人も作らずに、黙々と自習室を使って勉強していた。

ただ、勉強の仕方が分からなかった。

従来の詰め込み式が上手くいくはずなく、

早慶上智を受験するも、こらまた全敗。

かろうじて引っかかったのは青山学院大学の経営学部。

奇しくも、現役時代の第一志望だった。

 

 

19歳。ようやく大学に入学。

入学式前の学部旅行は熱海で行われたレクリエーション。「何でもバスケット」でどこのどいつが言ったかは分からないが

「浪人したひと!」

に馬鹿正直に反応してしまったことが非常に悔やまれた。

 

そのせいもあってか、非社交性にますます磨きがかかった。

友達も先輩もいない状況で頼れるのは己のみ。

浪人の負い目から、1・2年はフル単(単位を一コも落とさないこと)で乗り切った。

バイトは地元のうどん屋「杵屋」。2年間そこで働いた。

 

この頃、

「自分は一体何がしたいんだ?」

ということに常に悩んでいた。

一歩も前に進んでいる実感のない焦り。ただただ過ぎていく時間。

 

とりあえず自分探しの旅に出た。

青春18切符を使って10日間の一人旅。

たどり着いた鹿児島でようやく自分というものが再認識できた。

 

 

 

そんなやりたいこともわからずに悶々としていた大学2年の秋。

中学時代の同級生、まおに再会する。

彼の熱心な誘いで環境対策NGO「A SEED JAPAN」のセクション、

「ごみゼロナビゲーション」

の学生スタッフをやることに。

 

この選択が自分の人生を変えた。

 

 

一年間、日本各地のフェスで環境対策の活動を行って、生まれて初めてFUJI ROCK FESにもボランティアという形で参加した。

別に環境系の仕事に就くつもりは全くなかったが、体験する事全てが新鮮だった。

 

初めての海外旅行。まおと一緒に二人旅でインドに行った。

「旅」の持つ素晴らしさに気づいた。

 

一年間学生スタッフをやって

ここでようやく自分のやりたいものが見つかる。

漫画家だ。

 

スタッフ用のマニュアルに挿絵を描いてた。

それに対する周りのレスポンスが単純に嬉しかった。

『やっぱりおれは漫画家なんだな』

と妙に納得して、ごみゼロナビゲーションをひとまず卒業し漫画家を目指すことに。この時大学3年。

就職活動をする気は一切なかった。

 

 

 

大学4年。

なんとか45ページの読み切り「Surf on the Radio!!!」を完成させ集英社に持ち込みをかけるも、

歳も違わないような若手編集者に一蹴される。

後で分かった事だが、使った原稿用紙は同人誌用のA4サイズだった…

 

 

卒業後の予定も定まらないままネームを描いては、まおに見せに行く毎日。本も沢山読んだし、映画も沢山観た。

 

ある日、奨学金の残高を見ると30万円残っていた。

ここでふと一つの考えが頭に浮かぶ。

 

『もしかして世界一周できるんじゃないか?』

 

旅漫画を描きたいと思っていた。

漫画家としてのキャリアを積む方が先なんじゃないか。そう思っていた。

しかし、自分の旅の経験はインドのみというコンプレックスも同時に抱えていた。これで説得力のあるものが描けるのか?そんなジレンマも頭のすみにあった。

 

奨学金の残りと世界一周が頭に浮かんでからは決断が早かった。

迷わずフリーターとなり、世界一周の資金集めのため、地元の串焼き屋さんでバイトに励んだ。23歳。

 

その合間にコツコツ短編を描きため、ハナクソ漫画のレベルも徐々にあがってきた。愛用のPenny Boardに出会ったのもこの年だ。色んな人の旅ブログも読んだし、様々なイベントにも参加した。一人でバーにも行くようになった。この一年間が一番充実していたと思う。

 

そして僕は旅に出る。

 

 

 

とりたてて才能もない、自分の24年間の人生をつらつらと書き記してきたわけだけど、

「おれの人生ってぱっとしねえなぁ」

というのが素直な感想です。

 

 

そんなシミが「旅する漫画家」を目指して世界一周に旅立ちます。

社会的に見たらどうしようもないヤツなことは自分でもわかってます。

 

けど、やらなきゃ何も始まりません。

どこまでできるかわかりませんが、とりあえず自分の夢に向かって進んで行きたいと思います。

どうぞ応援よろしくお願いします。

 

2013,5/10 清水陽介

 

 

 


Biography” への8件のコメント

  1. 私も世界を旅しようと思ってます
    大体予算はどれぐらいかかりましたか?
    現地で働いたりして収益を確保していたのでしょうか?

    • >haoさん

      どうもです。

      予算ですか?

      ん〜〜〜〜..、
      僕の話を聞いても全然参考にならないと思いますが、
      230万円でスタートしました。

      それで、ヨーロッパやアメリカなどの物価の高い先進国は野宿とヒッチハイクで節約。
      (寝ている間に盗難に遭ってバックパックまるっと盗まれたこともありました笑
      詳しくはチェコ編とペルー編をご覧ください)

      それと、現地でワーホリみたいなことはやっていなかったんですけど、
      バスキングと呼ばれる路上パフォーマンスで小銭を稼いでおりました。
      大半はギターの弾き語りだったんですけど、
      旅の最後の方で似顔絵と漫画を売ってました。
      自分にしかできないことの方が調子もよかったです。
      稼いだお金でiPadとMacBook Pro買えました。
      そんなところですね。

      世界一周というテーマで旅される方々の間では
      「一年間で150万円かかる」ってのが相場みたいです。
      僕はトータル約三年旅してたので、
      節約できたのかな?

      スケジューリングさえできればAirbnbやCouch Surfingみたいなサービスもあるので
      宿代を浮かせたいのであればおすすめですよ♪
      (とかいいながら僕は一回も使ったことがないんですけどね!)

      また何かあったらコメントか、Facebookのアカウントなどから直接コメントいただければ
      レスポンスも早いと思います。

      それではよい旅を!

      Have a Nice Trip.
      Travel is “meeting Some one”.
      It’s Kind of “Live”.
      What you’ll experience is what others can’t.
      Enjoy your life and time.

  2. つい全部読んでしまいました。
    言葉では言い表せないくらい凄いです・・・!
    漫画も面白いし、世界一周をしていらっしゃるとは
    本当に驚きです。
    25過ぎて一度も海外へ行ったことがない私には
    考えられないくらいの体験ですね!
    お写真や体験談を見ていて楽しいです。

    身体に気を付けて、楽しい旅を!
    またちょこちょこ見に来ます^^

    • >mekoさん

      す、すげーーーー!
      まさか2年半のブログを読破するとは!
      頭撫でて差し上げますので、ささっ!どうぞこちらに!

      自分でもBiographyを読み返してみて、
      やっぱり自分の新しい人生が旅から始まったような気がします。

      そして、ここから何をするかですね。
      ブログ読んでくださってありがとうございます。
      無事に日本に帰るぞ!

  3. 最近、このブログをみつけました。
    話の内容、写真どれも臨場感がありとても楽しく読ませて頂いています。
    歳が近いので何かと共感できます。

    身体には気を付けて旅を楽しんでください。
    漫画が出たら絶対買います!

    あと
    シミさん、良い人生ですね。今後の活躍を楽しみにしています。

    • >AKIRAさん

      毎回クドクドクドクド長いブログなのに
      そう言っていただけでほんとうに嬉しいです!

      そして、漫画を絶対買いますねだなんて…
      カフェでニヤニヤさせないでくださいよ!

      最近はブログとヨーロッパの移動で
      あまり漫画が描けていない状況なんですけどね。

      旅に出てからよく思うことがあります。

      『今のためにこれまでの人生があったんじゃないか?』

      ってことです。
      というよりも、これからのために。

      漫画以外にも沢山やりたいことがあります。

      また、よろしければ、
      ブログの方にも遊びに来てください。

      コメントありがとうございました♪

  4. いつも見ています!僕は最近ミニクルーザー(ペニーの偽物)を買って夜な夜な乗り回しています。
    シミさんのブログにはペニーで検索して出会いました。
    ペニーを昼間に乗り回す、移動手段として使う、その行動力を尊敬しています。僕は恥ずかしくてできてません、、自分に自信を持ってやりたいことをやる!それが僕にはできません、、世界一周旅行頑張って下さいね!影ながら応援しています!

    • コメント&応援メッセージありがとっす!

      行動力うんぬんより、乗っちゃったもん勝ちなところもありますよー。

      昨日(5/19)に代々木公園で開催された”One Love Jamaica”に行ってきたんだけど、
      Pennyに関わらず、ミニクルーザー持ってる人沢山いたからね!
      PennyBoardはスニーカーで言うとコンバース的なメジャー感はありますが、
      滑れれば全然問題ないと思うよ。
      最初はすっころぶと思うけど、絶対外に持ってった方が楽しいし、
      最初は近所のコンビニくらいで外に連れ出してみてはどうでしょうか?

      あっ、盗難だけには気をつけてね!

AKIRA にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>