「旅する漫画家シミの世界一周帰国後掌編集 Ver.4」

 

 

どもっす。シミです。

昨日は一日中ジョナサンで漫画(のプロット/ネーム)書いてました。

ドリンクバーでお腹がタプタプになるまでコーヒー飲んでたんだけど、やっぱり適度なストレス?下で作業するとめっちゃ捗るなって思います。

 

さて、、、

昨日さりげなく、漫画だけnoteにアップしたらですね、

全くといっていいほどレスポンスがなかったので(涙)

くどいようですが、また告知したいと思います。

いや、昨日はさ、ネット投げ銭があったから嬉しくって「あとがき」的なものも書かなかったんだよね。けっこういい話だったのにさ。自分で言うのもなんですけど。

 

 

 

 

スクリーンショット 2017-04-09 7.49.36

 

 

珍しく、今回は恋愛もの

そうは言っても自分のじゃありません。いや、描いている時点でそれは自分にちょっとでも関連するのかも。まぁいいや。

これを描いたのもだいたい同じくらいの時期だと思います。

友達と目黒川沿いにお花見しに言ったんだっけかな?その時に『あ、これを漫画にしよう」って考えたのでした。

プライバシーの問題もあるので、実名も書いてないし、実際本人たちがどんなことを考えているのかもわからないですし、勝手に描いちゃったのでもしかしたら怒られるかもしれませんが、

これはあくまでもモデルが実在するだけです!

 

 

そう。

これは遠距離恋愛をする二人の物語。

前々から僕は物質的な距離感が人との繋がりを薄めて行ってしまうんじゃないかと考えています。それは自分もそうだったし、周りにもけっこうそういう人たちを見てきたから。

それでも関係性を失わないのはお互いに信頼しているからなんだなって思うわけです。けっこう難しいよね。

旅から帰ってきた僕を暖かく迎えてくれたが、いまもこうして仲間たちとつるめているのは、口には出さないけど、実際とてもありがたいんです。

いつもありがとう。

 

 

あ、漫画はこちらです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>