砂漠のど真ん中でも漫画が描ける!

Wi-Fiもないんじゃ、やることを決まってるじゃないですか

 

げろぉぉおお〜〜〜..!!

自分が果たしてこのままでいいのか自信が持てなくなりつつあるシミです

 

 

ジャイサルメールの砂漠ツアーに行ったのは

3月22日・23日の二日間。

 

その間、ネットに接続できなかったといえば嘘になるんですけど、
iPhoneのSIMカードによって4Gの回線が使えたから。

ツアーに持って行ったものといえば、

着替えと充電器と似顔絵用の紙と筆記用具のみ

 

インドに来てから漫画はデジタルで描くことがほとんどだったんですけど、

「パソコンもないんじゃ、アナログっきゃないよね」

ということで、

似顔絵用に使っているA4のクラフト紙にステッドラーの0.5ミリで下書きなしの一発描きで描いたのが以下の漫画です。

 

うん。

紙とペンさえあれば、漫画って描けるんだぁ。

かなりアドリブ的な要素が強いので話としてのまとまりはあれですが、

1ページ完結で3ページ分あります!どうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

「砂漠ツアーのはじまり」

 

※原画はこちら!

 

 

「とりあえず描いてみよう!」

というところから始まっているので、落書きみたいなものですね。

ハイウェイの真ん中で下ろされた時は、さすがに不安になりました。

やって来たヨーロピアンたち。

「楽しかったよ〜♪」というので、僕も一安心。

 

 

 

 

 

「荒涼」

 

※全体はこんな感じ👇

 

ツアーの場所は申し込む場所でいくらか違うみたいです

定番のツーリスティックなサム砂漠というのがどこのツアーでも行く砂漠のようですが、

僕が連れて行かれたのは、ジャイサルメールから20km離れた

近所の荒地。

 

「あちゃ〜…。これ完全に金ふんだくられたパターンじゃん」

と思ったんですけど、

次第に、「まぁ、これもありっちゃありかな?」と前向きに思うようになりました。

これも修行の成果だ??!!

 

 

 

 

 

 

「スイスアーミーナイフ」

 

※全体はこんな感じ👇

 

ツアーコンダクターのビラルはすげーお調子者で

しょっちゅうチップやiPhoneをねだられましたが、

それでも

僕がお一人様ツアーを楽しめたのは

悲しいことに僕はいつだって一人なんです。せめてそこは誰かと一緒に行かせてくれよ..。

彼のおかげだと思います。

 

火おこしの達人でした。

 

 

 

 

 

 

「CAMEL1&2」

「ぶるぅううううう」

「うえろろぉろおおぷぷぷッッ」

「楽だってさ、ブサイクで面白いよな」「独り言なのか?」

「(腹についているあれ)なんだ?」

 

砂漠ツアーといったらラクダ!

ラクダに乗らなかったら雰囲気でない!

だが、乗り心地はすげー悪い!

 

見ればみるほど恐竜みたいだし、

面白いし、不思議な生き物だなーって思います。

ラクダに3時間も乗ってたらお尻の変なところが擦れて擦り傷になりました。

 

確かに人間の持てない荷物を運べて乾燥地帯に強い生き物なんですけど、

「ぶっちゃけ歩いた方が早いよな」って思ってました。

 

それと、上の漫画にあるように

ラクダの胸あたりに台座みたいなものがついているので

今度動物園へ行った際には注意して見てください!あのパーツが気になる!

 

 

 

 

あとがき

 

そんなこんなでアナログ漫画、いかがだったでしょうか?

たぶん30分かかってないんじゃないかな?

下書きもなしだし、絵もそうとう簡略化したので、

このレベルなら何枚でも描けると思います。

 

それに、アップさえできてしまえば、

あとはどこでだって描けるんだということもわかりました。

以前(世界一周時)は机を求めて彷徨っていましたが、

今は画板さえあればどこでだって絵が描けるようになりました。

 

最終形態はiPad Proで場所にとらわれずに漫画を描くことですね。

電車の中とか「フンフフ〜〜〜ン♪」って感じで。

 

 

21歳の時に漠然とイメージした「場所にとらわれない漫画家」像に

時代も自分もどんどん近づいているような気がします。

週刊連載のようなタッチではまだまだ描けませんが、

簡素化した絵であればガシガシ描ける。

 

 

まぁ、こうしてWi-Fiと机のあるジャイサルメールの完璧な宿

「TOKYO PALACE」のレストランでスプライトを飲みながらガシガシ作業していると

作業環境も僕にとっては大事なんですけどね。

さすがにボロ宿じゃあテンションも上がらない。

 

 

今日は一気にまとめてアップしてますが、

本日は夜21:00から6時間をかけてビカーネルに移動。

明朝6時頃に着くので、そのまま新たにバスに乗りアムリトサルへ移動する強行日程です。

 

Wi-Fiの速度的な問題で紹介はできていないのですが、

雑貨も布を中心に(ほぼ布しかない)仕入れております。

たぶん

4月27日から開催される

「世界一周学校文化祭」でお披露目できると思います♪

 

それでは次回もお楽しみに!

Twitterはリアルタイムでつぶやいているのでフォローしてくださいね♪

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です