「天国と地獄」

世界一周17日目(7/15)

先に断っておこう。
今回のブログは長くなる
だからブログの読み込みも
重くならないように(たぶんいつも重いよね)
極力写真も少なくする。

それに、読むのも時間がかかるだろう。
段落に番号をふっておくので、
何カ所かに分けて読むといいだろう。

 

今僕がどこにいるのかというと
キャフタの駅にいてこれを書いている。

Wi-Fi?
もちろんそんなもの、
こんな片田舎の町にはない。

 

 

 

Ⅰ★
その日僕は賭けに出た。

 

朝イチでキャフタの切符を買いに行って、
チケットが取れるかどうか。

今日中にホステルは出なくちゃならない。

だから、拷問の様に重たいバックパックも
一緒に背負って行かなきゃならない。

 

 

どこらへんが賭けなのかと言うと、

もし、チケットが取れなかった場合、
そのままバックパックを背負って
新しいホステルを探さなきゃならないからだ。

 

僕はここに立ち止まらずに、
冒険へと繰り出したかった。

 

 
朝7時
ホステルを出た。

バックパックを背負って2キロの距離。
モンゴルの朝は半袖では少し肌寒かった。

 

この2週間で
バックパックの重さにも慣れた気がする。
テントや衣類をこまめに捨ててきたおかげでもあるが
以前よりバックパックを背負ったまま
長居距離を移動できるようになった。

 

7時半にウランバートルの駅に着いた。
さっそくチケットを買としたのだが、

 

モンゴル人は並ばないのであろうか?

 

僕が待っている横から
窓口に手を差し込み
自分のチケットを買って行くのだ。

 

僕はなんとか自分の順番を勝ち取った。
交渉手段はロシアに引き続き筆談だ。

キリル文字で書いた駅名を見せる。

 

 

 

買えた…!!!

 

 

16:30の列車でチャイルの町に
到着するのは22時だが、
駅で一晩過ごせばいいだろう。

 

「sitting ok?」

 

と訊いてきたが、
6時間の列車の旅、
なんとか乗り切れるだろう。

これで前に進める。

 

それまでの時間、
僕は手持ちのルーブルを両替したり、
軽食を取りながら漫画の下書きをした。

初めてバター茶も飲んだ。

 

 

 

2時間前
駅に向かった。

 

ウランバートル駅は
3つのホームからなり、
駅構内で無料のWi-Fiが使えた。

 

僕は昨日の出来事をブログに書き起こし、
時々、まったく読み込まなくなる
モンゴルのWi-Fiに
苦戦しながらも記事を書き上げた。

 

40分前に列車が到着した。
ロシアで見たのと同じ型だ。

僕はチケットをポーターに見せ、
自分の席に着いた。

 

 

 

 

Ⅱ★
モンゴルの列車

とても長く、
そして速度も
非常にゆっくりだ。

 

30分も走ると
周りは一面草原へと変わり、
同じ様な風景が
繰り返し流れて行った。

 

列車が出発する前に
ウェスタンブーツのような
長靴を履いたおっちゃんが、
僕の前の席に
どでかい荷物を置いて行ったっきり
戻ってこなかった。

 

なんなんだ?
自分の席意外に荷物を
置くのもモンゴル人なのであろうか?

 

16:30
列車はチャイルに向け出発した。

 

途中の駅で家族が入ってくる。
ここが私たちの席だと言う。

そんなはずはない。
ちゃんと僕の切符には
「73番」と書かれている。

 

すると、
相向かいの2席に付属していた
テーブルを変形させ、
僕の席は長いベンチのような形になった。

 

母親一人と、4人の子供。
まだ小学生くらいの年頃であろうか。
僕は彼らと楽しいひとときを過ごした。

 

虫歯のお転婆4女が
6時間ぶっ通しではしゃぎまわる。

自分も同じ様な時があったかもなあ。
ちょっと微笑ましい。

彼らもチャイルまで向かうと言う。
頼もしい。これで自分の降りる駅が分かる。

 

僕は彼らにルーブルコインをあげた。

 

 

 

 

Ⅲ★
21:30に
ようやく列車はチャイルに到着した。

さて、待合室はどこだろうか?

 

するとさっきまで一緒に乗っていた
3人の子供たちが
僕に何か楽しそうに話しかけてくる。

 

これは

 

『どこに泊まるの?
ウチにいうでよ!』

 

的な感じなのだろうと
勝手に解釈した。

 

お母さんとも顔見知りだったし、
交渉次第で玄関くらいなら
泊めてくれるだろう。

 

仲良くはしゃぎながら
3人について行った。

 

それにしても遠いな…

 

明日の朝、ひとりで駅まで
戻って来れるだろうか?

チャイルの町は電灯の数が少なく、
真っ暗と言ってもいいくらいだ。

野良犬の数も多い。

よくこんな場所を
子供たちだけで歩けるな。

母親と4女は先に
荷物を置きに帰ったのだろう。

 

 

3人についていくと、
だんだん雲行きが怪しくなってくる…

 

「えっ?おにいちゃん、
なんで私たちについてくるの?
うちまでくるつもりなの?」

 

そんな雰囲気まんまんで
僕に話しかけてくるのだ。

モンゴル語は全く分からない。
だけど、なんと伝わってくるのだ。

ここまでついてきて見放されたら、
僕は真っ暗なチャイルの町を
一人で駅まで戻らなくちゃならない。

 

フードをすっぽりかぶって
タバコをふかす若者たちも
チラホラ見受けられる。

バックパックを背負って歩いていたら
襲われるんじゃないだろうか?
冗談じゃない!

僕は必死になって
3人にジェスチャーで頼んだ。

 

「なあ、
さっきロシアのコインあげたろ?
お願いだよ。一晩でいいから
君の家に寝かせてくれないかなぁ?」

 

3人は

 

「ハンコロ!フンコロ!」

 

みたいなことを言って
話が前に進まない。

 

「そうだ。
パパかママに
訊いてみてくれないかなぁ?」

 

と言うと、
3人はケータイで連絡をとってくれた。

 

だが、それがホームステイの
イエスなのかノーなのかわからない。

 

「オーケー?」さえも通じないのだ。

3人が歩き出すと僕もついて行くのだが、
心なしか彼らの歩調が早くなった気がする。

 

 

まずいぞ!
 
ヤツら
僕のことを
巻く気だ!

 

 

大きな水たまりで
僕たちは立ち往生することになった。

モンゴルのえぐれた地面に
雨水が張っていて、
進むことができない。
迂回するほかないのだろうか?

大きな水たまりの前で
立ち止まっていると後ろから車が来た。

3人の両親が彼らをピックアップしにきたのだ。

この交渉をなんとしても成立させなきゃならない!

 

僕は
「千と千尋」に出てくるお父さん
みたいな人に懇願した。

 

「one night stay ok?」

 

身振り手振りに加えて僕の切迫した状況も、

『ここで見放されたら終わりなんだ!』

という気持ちも声に込めてお父さんに頼んだ。

 
「フェー!」

 

 

の、乗れって言ってるのか?

僕は「ok?」とNGサインを
交互に繰り返したが、
どうやら乗っていいらしい!

 

助かった!
これで今晩は
寝る場所に困ることはない。

車は30メートル進んで止まった。
3人が、お父さんが

 
「降りろ!」

 

と言っている。

 

僕はわけもわからないまま、
真っ暗なチャイルの町に一人降ろされた。

 

 

 

 

Ⅳ★
なんなんだ?
モンゴル人は!?
イエスかノーかはっきりしろよ!

 

僕は月に向かって進めば
駅に辿り着けることを知っていた。

最悪の場合のことも考えていたわけだ。

 

だが、来た道を戻り始めた瞬間、
急に犬が威嚇してきた。

 

昼間は人懐っこく、
人を襲う気配を感じさせない
モンゴルの野良犬たち。

 

だが、夜になると
彼らは異邦人に対して
警戒心をむき出しにするのだ。

僕の脳裏に

 

「狂犬病」

 

の文字が反芻された。

 

ここで急に走り出してはダメだ…。

僕は犬を飼っているので知っている。
ヤツらは逃げるものを追う習性がある。

 

僕はなるべく
自然に野良犬と
距離を取りながら駅を目指した。

だが、
どこもかしこも
野良犬しかいないのだ!

 

僕は意を決して
偶然開いていたスーパーに入り込んだ。

 

「アイム、ヤポン!ヤポン!
ワンナイトステイ、オーケー?」

 

スーパーの汚い玄関でもいいから
寝床を提供して欲しかった。

店主のおばちゃんとその娘は
困った顔をする。

 

んなこたぁ
分かってんだよ!

こちとら
死活問題なんだよ!

 

 

 

「ほんとすいません、
どうかー…
ここに泊めさせて
いただけないでしょうか?」

 

英語も通じないこの国で
僕はついに日本語で頼み込んだ。

そして、
バックパックを背負ったまま
ゆっくりと膝をつき、

 

 

「お願いします…」

 

 

 

と言った。

おばちゃんは苦笑いをして、
手招きする。

 

よしッ!
やったぞ!
これでなんとかー…えっ?
お店の中じゃだめなんですか?

そ、そうですよね。
商品もおいてありますしね。
僕はおばちゃんに
指示されるままお店の裏に
あるおばちゃんと娘の自宅に招かれた。

 

こんな状況下で
写真なんて撮ってられない。

寝袋を敷いた後、
おばちゃんは僕に
今後の予定を訊く。
僕は自転車で世界一周を成し遂げた
石田ゆうすけさんの

「絵によるコミュニケーション」

を思い出し、

手帳に今晩だけ
泊まらせてもらうことと
明日タクシーで次の目的地へ
向かうことを伝えた。

 

するとおばちゃんは
ケータイでなにやら
急がしそうに連絡を取っている。

娘さんもケータイでしきりに
「ヤポン」とか言っている。

 

この時思い浮かんだシナリオは

これからすぐに家の前まで
タクシーに来てもらい、
僕と言う厄介払いをする

明日のタクシーの
手配をしてくれる

かだ。

 

僕は雨に濡れた捨て犬のような目で

「ここで一晩寝ちゃだめですか?」

とジェスチャーで訊く。

おばちゃんは「大丈夫!大丈夫!」
みたいに手をブンブン振る。

 

そうだよな。
寝袋まで敷かせておいて、
ここから追い出すわけないもんな。

それよりおばちゃん、
もう寝ていいかな?
今日は色んなことがあり過ぎて
疲れてるんだー…

 

 

なんか外に
タクシー
来てるっぽい!

 

「早く身支度しな!」

的なジェスチャーやってるよ!

僕は苦労して寝袋をたたんだ後、
言われるままに再びバックパックを背負い、
外に出た。

だが、タクシーの姿は
見えない。

 

「タクシーあっち!」

と駅の方角を指差し、
おばちゃんは自宅から僕を締め出した。

 

 

 

 

Ⅴ★
星がとてつもなく綺麗な夜。

僕はチャイルの町で怯えていた。

 

ちょうど閉め出された家の裏は、
さっき3人と立ち往生した
大きな水たまりの対岸であった。

 

僕はKEENの靴をぐしょぐしょにしながら

「ファック!」

と呟きながら月の見える方向に進んだ。

 

バス停に不良少年たちがたむろしている。

もう、お前らなんて怖くねえ。

 

こっちをじっと見てくるので、
僕はサムズアップを決めてやった。

 

すると、こっちに来て唄えと言う。

みると一人は
アコースティックギター
持ってるではないか!

 

僕は仲間ができた気持ちで
彼らの元へ向かった。
チューニングも
バラバラのギターに僕は

「てめえらこんなんで
弾いてんじゃねえよ!」

と持っていたKORGのチューナーで
チューニングしてやり、

 

深夜のチャイルの町で
「さすらい」を大声で唄った。

 

 

そして彼らのタバコを一本奪い、
久しぶりにタバコを吸った後、
彼らのモンゴリアンミュージックに耳を傾け、
駅になんとか辿り着いた。

 

 

今、僕はチャイルの駅で
これを書いている。

もう眠い。

ここまで読んでくれてありがとう。

 

———————————
世界一周ブログランキングに参戦中です。

そりゃぁ見ず知らずの外国人を
自宅に招き入れるのは抵抗があると思います。

けど、一度受け入れておいて
拒絶するなんてあんまりです。

怖かった…

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

10 件のコメント

    • >Shotaさん
      頑張ってます!
      海外のトイレットペーパーはおしりがかぶれます!
      頑張れおれのおしり!

      ていうかダランザドガドから今さっき戻ってきました。
      Wi-Fiもなければお風呂もない土地での生活は
      これぞモンゴル!ってかんじでしたよぅ。

  • ブログアップされてないから心配ですΣ( ̄。 ̄ノ)ノがんばってー

    ペニーは、初心者には難しいということで、(言い訳w)globe買いました♩初心者向けにはいいということで、明日届くのが楽しみ♩
    globeとの二枚使いで楽しむぞー♪( ´θ`)ノ

    • >れーなちゃん
      2枚持ちとはやるな!!
      まあ、自分に合ってる方で滑ればいいと思うよ。

      別にPennyじゃなくたって、
      ヴィレヴァンで売ってる8,000円くらいのでもいいのさ。

      楽しくマイペースにね!

  • こんにちは!とても密度の濃い旅をされているようで(*^_^*)

    僕も今日から二週間自動車免許の合宿で静岡に行ってきます。笑

    お互い頑張りましょう!

    • >じゃっきーさん
      免許合宿かー。あれって友達同士で申し込む人が多いんだよね。
      おれは一人で乗り込んだんだけど…
      ごめん、黒歴史が思い出される…

      楽しい免許合宿になることを祈ってるよ!

  • はじめまして。
    去年からずっとブログ見てました!
    しばらくPCから離れてる間にブログがお引越し、さらには世界一周スタートしててなんでちゃんと見なかったんだと自分を責めました 笑

    危険なことや不安なこと、たくさんあると思いますが、シミさんのブログで私は元気をもらってます!
    更新、たのしみにしてますヾ(⌒(ノ’ω’)ノ

    • >ハムちゃん。
      うわぁ〜ん!
      そんなこと言われると泣くほど嬉しいぜ〜!

      にしても、モンゴルは景色が素晴らしいよ!

      どこまでも果てしなく続く草原、草原、草原、

      草原しかなッ!!?

    • >TJさん
      な、なんとか生きています。

      今、僕はダルンザドガドっていうゴビ砂漠に近い町に来ているのですが、
      Wi-Fiがとてつもなく遅い!!
      インターネットカフェがあるんですが、僕のMacは使わせてくれないそうです…

      今、公園のフリーのWi-Fi拾ってこれを書いています。
      応援ありがとうございます…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!