「冒険の始まり」

世界一周16日目(7/14)

 

僕は行き詰まっていた。

IMG_5571

 

 

モンゴルの首都、
ウランバートルに来たものの、

都市化したモンゴルの町に
僕が思い描いていたような
モンゴルの気配はあまり感じられなかった。

IMG_5580 IMG_5587

 

どこまでも続く草原や駈ける馬たち、
アクセントを置く様に点在するゲル…

 

そういうものを体験するには
ツアーに申し込まなきゃいけないようだし、
2人以上いないと安くならないシステムなのだ。

 

 

 

そもそも旅とはなんだろう?

IMG_5597

 

世界各地の観光名所を巡ることか?

世界の食べ物を満喫することか?

はたまた異文化交流か?

 

少なくとも僕の旅は
観光名所巡りの旅ではない
ことは明らかだ。

 

 

自分の嗅覚を信じて
漫画を描きながら
面白い方向へと進んでいく

 

それが僕の旅なんだと思う。

今のところ。

 

 

まあね、そんな定義しちゃったら
面白くないじゃーん。

 

 

 

 

というわけで、

唄ってきました。
in ウランバートル。

IMG_5133

 

なんかよさげな銅像(ごめん、これ誰?)
あったので唄ってきました。

果たして
どんなリアクションが
返ってくるのだろう?

 

30分くらい僕は
正面の大型ショッピングモールに向かって
唄い続けた。

奥田民生の「さすらい」は
どこの国でだって唄いたい。

 

「さすらいもしないで
このまま死なねえぞ!」

 

この言葉を糧に
僕はフリーターやって、
今こうして旅に出てるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

アガリは5400トゥグリル。

 

 

モンゴルはコインがない。
金持ち気分でレートを調べたら

 

 

 
370円。

 

ひゃっほ~~~~いッッッ!!!

 

 

 

 

やっぱり、音楽ってすごいです。

ここで演る前に
近くの公園で練習してきたんだけど、

がきんちょが人懐っこく寄って来た。

IMG_5641IMG_5638 IMG_5642

 

 

確かにお金がもらえると嬉しいよ。

でも、
みんな楽しそうに聴いてくれるの方が
よっぽど嬉しいや。

 

そういう気持ちを胸に、
僕は漫画家を目指したんだ。

 

 

 

 

 

 

 

現実逃避
ストリートライブを
行ったところで

僕は針路を見いだせずにいた。

 

やっぱりガイドブックって必要なのだろうか?

そういうパッケージングされた旅が嫌で
今回はガイドブックの類いを
一切持ってこなかった。
ロシアと中国の「地球の歩き方」は
図書館で借りたけどさ。

もし、宿も何もない場所に
降り立ってしまったら
どうなってしまうんだろう?

 

 

「遊牧民のお宅にホームステイ!」

 

なんて起こるわけないしな…

 

 

 

そんな不安を抱えながらも
ホステルのWi-Fiを使って
情報収集に励んだ。

自分の旅のプランを立てるのって
難しいぜ…。

 

 

そんな僕の気持ちをよそに

隣のベッドで
出来杉くんと
しずかちゃんを

演じている2人がいた。

 

ラトヴィア出身のマリィ
シカゴ出身のデイヴィッドだ。

 

 

僕はマリィねえちゃんの
明るい感じが好きだったんだけど、
あっ、別に恋とかじゃないからね!

今日、このホステルにやってきた
ディヴィッドがマリィねえちゃんを
かっさらっていった。

 

 

「あ~、僕?

モンゴルに2年間住んでてね、
子供たちに対する教育プログラムについて
研究しているんだよ。

君はモンゴルの子供たちの教育と
GDPの必要性についてどう思う?」

 

 

的なアカデミックな会話を
延々と繰り広げているのだ。

 

 

 

 

のび太くん…

今なら君の気持ち、

わかるぜ…

 

 

 

 

とりあえず、
ヤツらがうるさいので
僕はキッチンテーブルに場所を移し、
モンゴルのルートを模索した。

 

分かったことは
どうやら、ウランバートルから
国境の町フフホトまで列車があるらしい。
そりゃあるんだけどさ。

 

その間にある駅に
フィーリングを頼りに
降りてみようか…

 

僕は他の人の旅ブログを頼りに
チョイル
という町に行くことに決めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お~い。
ピーチティーがあるんだけど、
君たちも飲むかい?」

 

 

22時過ぎに
デイヴィッドが小声で声をかけてきた。

 

僕とマリィねえちゃんと
いつも韓国ドラマを見ているおっちゃん
意外には他のルームメイトはいない。

 

まったく、
なんてお前は出来杉くんなんだよ…

 

 

もう歯を磨いちゃったし
断ろうかとも思ったんだけど、

僕にはこれが

かすかな希望に思えた。

 

 

2年もモンゴルに
住んでいたデイヴィッドなら

もしかして僕に何か
アドバイスをくれるかもしれない!

 

 

 

 

ピーチティーをごちそうになりながら
僕はデイヴィッドと話した。

 

「そうかぁ~…世界一周か。
とてもクールだね。

それで、
モンゴルではどういうプランなんだい?」

 

「いや、まだ何も決めてないんだよ。

とりあえず、
ゴビ砂漠で綺麗な星空を
見れたらいいなと思うんだけど…」

 

「じゃあ、

チョイルから
タクシーとプライベートバス(民間バス)を利用して
ダランザドガドまで行くといいよ。

そこからゴビ砂漠にアクセスできるよ!」

 

 

 

 

はいっ!来ました!
冒険の始まりです!

 

 

 

こういうきっかけって
ほんと何が起こるか分からない。

 

世界一周2カ国目モンゴル。

ここで僕は線路からはずれて
ゴビ砂漠で星空を見ることにしました。

 

初めて乗るタクシーや
ピックポケット(スリ)の巣窟、民間バス。
慣れない食事や
全く分からないモンゴル語。

そして、
バックパックの中には
200枚の原稿用紙とPennyとギター。

 

これを冒険と呼ばずしてなんと呼ぼう?

「旅行でしょ?」とかぬかす君。
もう教室から出て行っていいよ笑。

 

そう。

これは僕にとっての冒険なのだ。

 

さあゴビ砂漠へ行こう。

 

 

—————————–
世界一周ブログランキングに参戦しております。

お金さえ出せば、
快適な素晴らしい体験ができることでしょう。

でもそれはおれの旅じゃない気がする。
今の段階ではね。

進んで危険を置かしたり
無茶をすることでもないんだけど、

何やらワクワクの予感がします。

バナーをポチして、
にほんブログ村のページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組です。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

2 件のコメント

  • 陽介っち
    ロシアにいたと思った今度はモンゴルなのか!!
    体に気を付けてね(´・ω・`)
    facebookにメッセージ送ったので見てね!!笑

    • >佐藤友里
      Facebookのメッセージみたよ。おめでとう。
      おれは日本にはまだ戻れそうもないけど、
      佐藤の幸せを祈っています。

      こっちはみんなを楽しませるようなブログ書くよ。
      よかったらこれからもよろしくね♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!