「ふらつく体」

世界一周192日目(1/6)

 

額が熱い。
まだ熱がある。

 

宿の人には8時くらいには
チェックアウトするからと言っておいたが、

ちょっと無理そうだ。

 

とりあえず踏ん張ってパッキングを済ませると
体から大量の汗が出た。そして両手が痺れる。

 

うわぁ~…これって
あんましよろしくない状況なのでは!?

 

 

10時過ぎまでベッドに
ボクサー・ブリーフ一枚で横になり、
体調の回復するのを待った。

ここにもう一日泊まってしまおうか?

 

いやいや!こんな安くもなく、
部屋のクオリィティの低い宿に
もう一泊だなんてありえん!

 

バックパックがいつもよりも重く感じられる。

ふららつく足。体に力が入らない。

10時過ぎに宿をチェックアウトした。

IMG_9777IMG_9778

 

 

 

 

そういえば昨日
まともなもの喰ってなかったな…。

どこかでエネルギーを補給しないと。

 

だが、この町ではいつも露店で売っている
プーリーなんかがどこにも見当たらないのだ。

IMG_9779

 

 

 

いっちょまえにお店を構えたレストランで
2~3倍くらいの値段で売ってるんだから喰う気がしない。

 

1リットルの水だけ買い求め、コチ行きのバスを探した。

何人もの人に
「コチ行きのバスはどこから乗れるの?」と
尋ねて進んでいく。

 

「おいおい!
バスステーションまでは1キロもあるぜ!」

トゥクトゥク・ドライバーが
ネガティヴな情報を吹き込んでくる。

けど、だいたいすぐ行ける距離の時は
「1キロ」って言うんだ。彼らは。

 

「あ~。はいはい。」と軽くあしらって
バス停の看板もないところに辿り着いた。

インド人が自分の乗り込むバスを
ソワソワした様子で待っている。

 

 

 

近くにいたあんちゃんに「コチ行き?」と訊く。

さっきから何台もバスが通過するが、
コチ行きはなかなか現れない。

どうやら本数が少ないみたいだ。

肩に食い込むバックパック。

おろしたい…。

けど、いつバスが来るか分からないしなぁ…。

 

 

 

「おぉ!アレだよ!あのバス!」

 

やって来たバスの乗車率は80%ぐらい。

IMG_9780

 

 

 

バックパックと共に乗車するのは
ひじょぉ~~~に
ためらわれる!

でも、そんなこと言ってらんないよ!
体中から気合いとふてぶてしさを振り絞って
バスに乗り込む僕。

後ろに立っていたおっちゃんが
少し怒った様な口調で言う。

 

「おい!そのバッグを降ろさないか!」

 

こっちだって
降ろせるもんなら
降ろしたいわ!

 

ガタガタ揺れるバスとこの乗車率で
どうやってバックパックを降ろせっていうんだ!!?

バスが停車したのを見計らって
「よいせっ」とバックパックを降ろす。

ちなみにバス代は10ルピー(17yen)。

あぁ…ローカルのバスは安いね…。

 

 

 

 

 

 

 

いくつか橋を渡り
宿の集まる地区でバスを降りた。

IMG_9781

 

 

 

島のような立地のコチ。

 

インドにしてみたら交通量も少なく、
町も小綺麗な印象を受ける。

IMG_9784

 

IMG_9803 IMG_9810

 

 

 

観光地化が程よく進んでいて。
宿は沢山あるのだがー…

 

 

 

 

近くにあった宿に2軒ほど当たってみたが、
400だとか900だとか
貧乏バックパッカーからしてみたらありえない価格。

宿から出てきた欧米人ツーリストは
「500ルピー(840yen)?安いよね」とでも言わんばかりに
余裕をかましている。

そりゃ、君たちの国では安いだろう!
だがここはインドなんだぜ?

 

 

 

マジか…。
どうやらここはお金を持った
観光客向け用の土地みたいだ…。

IMG_9815

 

 

でも、またあのふぁっきんな
アーナクラムの街まで引き返すのも骨だしなぁ…。

 

 

 

 

 

重たいバックパック、ふらつく体。

宿探しは自分の足で行くのがいいんだけど、
今回は仕方ないトゥクトゥクのドライバーに
頼んでみるとしよう。

IMG_9782

 

 

 

「250くらいの宿知ってる?」

「あぁ!もちろんだとも!乗った乗った!」

 

連れて行かれた宿には確かに
250ルピー(420yen)のシングルがあった。
だが満室!

 

案内された他の部屋は
400ルピー(672yen)という値段には
決して見合わない牢獄のような部屋だった。

これで400もすんのかよ…。

 

 

その後も2軒ほど彼が知っている
安宿に行ってもらったのだが、シングルは満室。

ドミトリーに至っては
400ルピーとかふざけたことを抜かす宿さえあった。

おいおい、さっきまでいた街のドミトリーは
150ルピー以下で泊まれたんだぜ?

どんだけボってるんだよ…。

 

 

しまいには運転手はしつこくツアーや
胡散臭いビジネスの話を持ちかけてきたので
僕は事前交渉通り20ルピー支払って彼とバイバイした。

あ~…無駄な出費だよ。

 

 

 

結局安宿は自分で探す羽目に。

どうやら宿の密集する辺りは比較的高い価格らしい。

ちょっと離れれば安宿があるんじゃないか?

 

 

「ハウマッチ?」

「まぁまぁ、部屋見ていきなさんな」

「僕の予算250ルピーなんですよ」

「400でどう?」

「300(504yen)じゃダメっすか?」

「あぁ、いいよいいよ。」

 

当たった一件目で安宿ラインには
ひっかからないまでも、
そこそこの宿にありつくことができた。

IMG_9785

 

 

 

体調を元に戻すために
3泊分の宿代を払い込んでベッドに倒れ込んだ。

か、体に力が入らない…。
それと肩がすげえ痛ぇ…。

 

 

昼寝から目覚め、インディアン・ビーチを歩く。

IMG_9787 IMG_9798

 

 

目先に浮かぶ小さな島に向かってフェリーが行き来する。

IMG_9794

 

 

貨物船のような大型の船も見かけた。

 

大きな魚を獲るための網がゆっくりと引き上げられる。

IMG_9793 IMG_9792

 

 

木陰でヒマそうにするおっちゃんたち。

 

 

 

 

そんなこの街のネット屋の値段は
1時間50ルピー(84yen)。

マジありえん。他の街だったら15とか20だったぞ!

 

しかたがないのでWi-Fiの入るカフェで
90ルピー(151yen)のアメリカーノを
すすりながらネットした。久しぶりのWi-Fi。

IMG_9822 IMG_9819

 

 

次に行こうとしている国はネパールなんだけど、
今年の始めからオンライン・フォームの申請が
必要になったらしい。

それにカトマンズで
もう一回インドビザ申請するんだけど、
それもめんどくさそうだなぁ…。

そのあと必要になってくる
ドバイ経由イランの格安航空券とか調べてくると、
旅がやっていけるのか心配だ…。

 

弱った体が不安な気持ちを大きくさせる。

————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

すっげえ肩こりがするんすよ…。

いつも「バックパック重ぇ重ぇ」って書いておりますが

世界を旅する人たちの中には
僕より重いバックパックを担いでいる人もいると思います。

彼らに問いたい。

「あなたの活動限界は何時間ですか?」と。

僕の活動限界時間は1時間。
あとはHP(ヒットポイント)を減らしながら活動します(笑)。

高橋歩なんて厳選CD40枚にラジカセも持ってたんだもんな~。
根性ありすぎっしょー。

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★相棒がFacebookページ作ってくれました♪
こちらもお楽しみに!
☞「旅する漫画家

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!