「日々移動する腎臓のカタチをした石」

世界一周292日目(4/16)

 

13時間に及ぶ
バスの移動。

IMG_5427

IMG_5431

 

 

だけどインドの長距離移動に
比べたらこんなの屁でもない。

というか、イランの長距離バスの
クオリティは抜群に高い。

毎回ジュースとお菓子がついてくるんだ。
甘党の僕はそれだけで
イランのバスを高く評価するよ(笑)

まぁ、やっぱり横になって寝た方が
睡眠はしっかりとれるけどね。
そこはしょうがないさ。

やって来たのは
イランの聖地マシュハドだ。

IMG_5429

 

今回は宿の情報を
しっかり下調べしておいた。

「Vali’s No somoking Homestay」

というホームステイチックな宿のよう。
けっこう安いみたいだ。

 

 

 

降ろされたバスターミナルで
マップアプリを広げる。

宿まで2kmくらいということが分かった。
じゃあPennyと徒歩で行けるな。

 

今まで旅してきた国々では
道路がしっかりと舗装された首都や
その次に大きな街くらいしか
乗る機会がなかったPenny Board

IMG_5434

 

 

おもちゃみたいな
スケートボードなんだけど、
地味に1.3kgという重さ。

僕はトリックはできない
クルージングオンリーのスケートボーダーで、
2011年に日本に輸入された時に
コイツを手に入れた。

一番初期のモデルで
同じ型は日本では手に入らない。

まぁ、ネジ穴の形が六角形で
トラックのデザインが
ちょっとシンプルってなだけなんだけどさ。

 

 

日本では大学時代に電車代を浮かすべく
スケートリップをし(この言葉好き)

バイト時代にはほぼ毎日通勤に使っていた。

走行距離なら日本一だと思っている。

 

そんなハナクソみたいな自尊心を胸に
2年間使ったPenny Boardを
世界一周の旅に持って来たわけだがー、
何度日本に送り返そうとしたことか。

泣き言をLINEで相棒に言うと、

「きっとヨーロッパあたりで活躍するさ」

とたしなめられてここまで一緒に旅してきた。

 

飛行機に乗る際は
バックパックに入れて受託荷物として運んだ。

機内に持ち込むのには
バックにおさまらない限り
厳しいのではないかと思ったからだ。

 

 

 

だが、
ようやくイランに来て、
Pennyが活躍する舞台が
やって来たと言ってもいい。

IMG_5435

 

 

クルージング時の強敵である野良犬も
ここには全くいない。
その代わりにイランには猫がいるかな?

道路も比較的平らで起伏もほとんどないので、
バックパックを背負ったままでも
なんとか乗ることができる。

まぁ、トータル30kgの荷物を
背負いながらだとすぐ足が疲れちゃうから、
あくまでも移動時間を稼ぐくらいかな?

ただ、イランはいくらか砂っぽい国なので、
メンテナンスは必要だと思う。

僕がやっているのはティッシュで
ベアリングを掃除してオイルをさすくらい。

代えのパーツは持っていないけど
それでも今のところ問題なく滑れている。

そういやエスファハーンの
スポーツ店でスケボー売ってたな。

 

 

 

 

 

 

 

そんな愛用のPennyで
距離と時間と労力を稼ぎ、
僕はチェックしていた宿周辺にやって来た。

だが、マップ上に表示されて
いるはずの宿がどこにあるのか分からない。

IMG_5437

 

 

近くをウロウロしていると
チャドルを着た女の人が

「宿ならそこよ」

とジェスチャーで教えてくれた。

 

 

 

ここ…。

IMG_5436

 

た、確かに宿の名前が書いてあるけど、
こりゃいくらなんでも
ひっそりし過ぎだろ!隠れ家か!!??

トリップアドバイザーにも
紹介されているくらい有名な宿なんだけどね。

イランを訪れた日本人も
よく泊まっているらしい。

扉が開かなかったので、ブザーを鳴らすと
隣りのドアから宿のママさんが出てきて
僕に鍵を渡してくれた。

 

 

中に入ると一面絨毯で覆い尽くされていた。

IMG_5441

 

 

バリーさんの娘さんが出てきて
僕はパスポートを渡す。

ベッド脇に置いてあったホワイトボードには
現在の宿泊料および食事や
Wi-Fiの料金が書いてあった。

 

「ドミ一泊10ドル。朝食2ドル。
Wi-Fi一日につき1ドル」

 

 

た、高くないか?

ヤズドの宿なんて8ドルで
朝食つきだったぞ?どうする?
ここに泊まるのやめるか?

でも、パスポートも渡しちゃったし、
他に宿…ないだろうしなぁ…。

ケチんぼの僕はここでの滞在も
1日にすることを決めた。

 

 

パスポートが帰ってくる間、
ママさんが僕に紅茶を出してくれた。

「Wi-Fiのパスワードは4ー」

「や、大丈夫です!」

ケチります(笑)

 

 

ここには情報ノートがあった。

日本人の方の書き込みも見ることができた。

どうやらこのマシュハドは
トルクメニスタンのビザ申請し
入国できる最寄りの街として
旅人が訪れるようだった。

今回の旅では僕は中央アジアには行かない。

トルクメニスタンにある
燃え続ける「ガスクレーター」
を見てみたいけどね。
あれ写真で見たけどすごいよ。

 

 

 

 

 

 

 

聖地とやらに
行ってみようじゃないか!

 

でもなんて名前なんだ?

そういう下調べをしていなかったので、
どこに向かえばいいのかわからない。

 

マップアプリとにらめっこして、
それっぽいところを目指すことに。

3km以上あるかな?
Pennyだとしんどい距離だ。

 

ただ、大通りを一直線に行けば
そこに辿り着けるようだったので、
僕はローカルバスに乗ることにした。

IMG_5443

 

進行方向を確かめて、
「ここに行きたいんだけど」と
マップアプリを運転手や他の乗客に見せる。

 

 

目的地の手前でバスを降り、

IMG_5444

 

100%のオレンジジュースを飲み干すと、
ほどよく人通りのある場所で
僕はバスキングを始めた。

聖地っつーくらいだから
けっこういいレスポンスがくるんじゃないか?

 

 

 

演奏し始めると
超近距離で若造どもが
僕をとりかこんだ。

注目してくれるのは
嬉しいんですけど、近い…。

 

一曲が終わりると
おっちゃんの一人がこう言った。

「ここでやったら警察がくるぞ」

 

イランの警察にはいい思い出がない。

たぶん公共機関の近くとか
モスクの近くでバスキングをしたら
しょっぴかれることだろう。

僕は素直に忠告を受け
聖地に向かうことにした。

 

 

 

 

 

ビンゴ!

IMG_5449

 

 

や、「行けて当然でしょっ?」て
思うかもしれないけど、
ガイドブックを持たない(下調べちゃんとしてない)
僕からしたら『やったぜ!』って感じなんすわ。

これも旅の楽しみ方のひとつだね。違うか。

IMG_5451

 

サブバッグとギター、Penny Boardを持って
そのまま中に入れるわけではなかった。

ふさふさしたは黄色のはたきを持った係員に
「荷物を預けて来い」と言われ
荷物を預けると、
僕はツーリスト用の手続きをとらされた

「宗教はなんだい?」という質問に対しては
「ブッディストです」と応えておいた。
ばーちゃんちとかを思い浮かべると、
少なからずお寺と関わりがあるからだ。
信仰心は別としてね。

10分くらいの英語のビデオを見せられ
(全然リスニングできなかったよ)、
「Friendship」と書かれた冊子や
大判のポストカードを渡され、
そして最後にガイドがやってきた。

 

うん。聞いていた通りだ。
ここを見てまわるのにガイドがつくんだよ。
人によっては30分の自由行動とかあるみたいだけど。

 

 

 

ゆっくりと聞き取りやすい英語で
ガイドのお兄さんは色々と
モスクの説明をしてくれる。

でも、基礎知識はあったほうが
よかったかもしれない。

「イマーム」というワードが
何回も出てきたけど、
それが結局何を指すのかは分からなかった。

「神/アッラー」なのかなぁ?
勉強不足だね。

IMG_5469

 

 

ただ、知識がなくても
分かることもあった。

モスクに書かれたペルシャ語は
コーランの一部だということ。

建物によって書かれている内容が異なること。

モスクのつぼみのような形は
神が住まう天空へと向かっていること。

 

「なんでモスクって
ほとんどブルーなんですか?」

「あのブルーは
「空」を表しているんです。
神が住んでる天空、空と同じ色なんです」

 

訪れたモスクで吸い込まれそうになる
あの感覚は間違っていなかったのかもしれない。

人々はモスクで祈ることにより、
より神に近づくことができるわけだ。
空で祈っているわけだ。

ネパールやミャンマー、タイの仏教の
パゴダがよく高い場所に建てられていたけど、
神様に近い場所で祈りを捧げるというのは
同じなのかもしれないなぁ。

 

 

敷地内を自由に見てまわる時間は
僕には与えられなかった。

IMG_5456

 

 

お兄さんの話を聞いていても面白かったし、
僕がミュージアムへは入らない代わりに
図書館を案内してくれた。

中には祈りの場があったり、
イスラム教らしく男女別の図書室があったり、
日本のそれと同じく勉強するスペースもあった。

 

 

「医療でも治せない病気をかかえた人が
ここやって来ることもあるんです。
その病気が治ることだってあるんですよ」

「すごいっすね~…」

 

この場所にやって来て
涙するイラン人もいるそうだ。

僕はそういうシチュエーションを
興味本位で覗こうと思っていたけど、

うん。そうだよな。

ここはイスラム教を信じる
イラン人にとっての大切な場所なんだよなぁ~。

 

 

 

ガイド料を請求されることなく
僕はここを後にした。

ガイドのお兄さんのお給料はどこから出てるんだろう?

ガイドしてもらったのは
30分ほどの時間だったが、
僕にとってはなかなか内容の濃い30分だったと思う。

「写真を撮っていいですか?」
と僕が尋ねると、お兄さんは優しい笑顔を
レンズに向けてくれた。

IMG_5454そしてピントを合わせている間に真顔になった 。

 

 

 

「それじゃあ僕は
駅にチケット買いに行くよ!」

と言ってお兄さんとはバイバイした。

IMG_5473

 

 

 

マシュハド駅は 大きく、
そのくせチケットカウンターが小さかった。

IMG_5468

 

よく見ると「男性用」と「女性用」に
入り口が別れている。
おっちゃんたちは気にしてないけど(笑)

IMG_5462

 

 

きっと事前に旅行代理店かなにかで
チケットをゲットするのかもしれないな。

カウンターに行くと
あっさりとテヘラン行きのチケットを
ゲットすることができた。
6ドルくらい。バスより安い♪

 

 

外でタクシードライバーのおっちゃんちと
タバコを吹かしながら談笑し、
僕は宿に戻った。

IMG_5467

 

 

 

 

 

 

にしても、
足が疼く。

IMG_5181

 

 

僕はベッドの上で
左足の側面にあるおでき
を見つめていた。

 

今日はけっこう歩いたからな…。

この疼きは一体なんなんだろう?

インドでケガしてから
そろそろ一ヶ月経つぞ。
病院に行った方がいいかもしれない。

左足の側面にあるおできには
ちょこんとカサブタのようなものが
あるのが分かる。

だが、傷口がどんな具合なのか
足の側面なので顔を近づけて見ることができない。

 

膿か何かが溜まってるなら早く出した方がいい。

よく見ることのできない足の側面の
カサブタを皮をひっぱるようにして剥くと
透明な体液が出た。

やっぱり!
溜まっているんなら出しちまえ!

そのまま爪で皮をむしっていると
出てきたのは白い石の破片。

IMG_5481

 

これが疼きの原因だったのか!

足の中に入ったこの破片が
長時間歩くいたり、足に負荷をかけると
チクチク刺さってたんだな!

てかこんな綺麗な白い石が
どこで僕の体内に入り込んだのだ?

足を怪我したのはインドのバラナシだ。
ということはこの石はインドからやって来たわけだ。

そう考えるとこの石を無下に
扱うことができなくなってしまった。

 

『インドからここまで
一緒にやって来たこの石は
ひょっとしたら僕を
守ってくれるかもしれないぞ?』

 

や、むしろ逆なのか?
早々に投げ捨てた方が良いのか?

吉と出るか凶と出るか。

僕はその綺麗な白い石の破片を
財布の中に入れた。

 

 

宿ダブルルームに泊まっていた
医者志望のドイツ人のお兄さんが
僕に袋に入った濡れガーゼをくれた。

 

「あとは綺麗にして絆創膏を貼っておきなよ」

僕は言われた通り傷口を丁寧に洗い、
傷口に絆創膏をした。

思い出したのは村上春樹の
「神の子供たちはみな踊る」の短編
日々移動する腎臓のかたちをした石
という短編だ。

サンタナバラナシにその本が置いてあった。

 

「その石は彼女を
揺さぶろうとしているのよ」

 

世にも奇妙な物語のような作中話。

主人公が導きだした応えは

「大事なことは全てを受け入れること」

ということだった。

————————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

まぁ、似た様な話だと子供の歯が
抜けたときどうしたかってことですよね(笑)。

清水家は「お~れの歯はお~にの歯!つ~よい歯ととりかえろ!」
と言って上の歯だったら軒下に。
下の歯だったら屋根の上に投げる風習がありました。

あれ?逆だっけ?だから僕こんなに歯が弱いのかな?

お菓子の食べ過ぎ?そうか…。

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒のまおくんが作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくです♪雑貨届いた?

★TwitterもアプリOPENDOORから「indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>