「オーストリアを抜け、再びイタリアへ」

世界一周403日目(8/5)

 

雨の中、

ガソリンスタンドのベンチに座って、
ぼうっと車が来るのを待っていた。

IMG_2951

 

 

 

ここはオーストリア、
インスブルック
隣国へと続くハイウェイがある街。

 

 

僕はイタリアに戻ろうとしていた。

イタリア自体にそんな魅力を感じない。

物価は高いし、バスキングは
そんなにレスポンスよくないし。

でも、ヴェネツィアは
行っておきたいなと思ったのだ。

「水の都」。

世界一周ブログに時々表れる綺麗な街並。

 

 

 

でも、この雨じゃどこにも行けそうにない。

そんな時に青いフォルクスワーゲンに
乗ったお兄さんに越えをかけられた。

 

 

「どこまで行くの?」

「イタリアまで」

「リエンズって言う街までだっら
乗せて行ってあげるよ?」

「え?!マジですか!
お願いします!」

 

 

 

 

 

ハイウェイを120km以上で
ぶっ飛ばすお兄さんの名前はミロー。

IMG_2952

 

 

 

同じくらいの速度で走る車の後ろからは、
路面の雨水がまるで煙のように巻き上げられている。

なんのお仕事をされているかは分からなかったけど、
車を運転することが多いそうだ。

かといってトラックの運転手には見えない。

自分の居心地の良いように
カスタマイズされた車内は綺麗だった。

 

 

 

ミローのご家族はそのリエンズという街に
住んでいるらしい。

国境もすぐ近くだ。

ハイウェイからは離れるけど、
ヴェネツィアには近づく。

まぁ、なんとかなるかな。

IMG_2953

 

 

 

 

最初はお喋りをしていた僕だったが、
だんだんだんだんと睡魔が襲って来た。

トルコだったら窓を開けて
「うぉ~~~~!」とか眠気覚ましができたけど、
時速100km以上で外に雨が降っている今の状態では、
睡魔に抗う手はない。

IMG_2956 IMG_2957

 

 

 

ウトウトして、気づいて、
「はっ!ごめん!寝てた!」ってなって、
そしてしばらくすると、再びウトウトする…。
その繰り返しだった。

そんな睡眠不足の感じはしないんだけどなぁ~。

やっぱり外に寝ると睡眠が
ちゃんと取れてないのかもしれない。

 

 

途中でコーヒーとサンドイッチをおごってもらった。

ありがとうね。ミロー。そして寝ててごめん笑。

IMG_2964

 

 

 

 

 

 

 

 

3時間ほどの
ドライブで

車はリエンズという小さな町に着いた。

「ここでは古くて価値のある車が
沢山見ることができるんだよ」
とミローは言っていた。

美しい山々に囲まれた
お金持ちの避暑地みたいな場所。

 

 

「ここでヒッチハイクすれば捕まるよ」

とイタリアへと続く一本道で降ろしてもらった。

お礼を言ってミローと別れる。

 

 

 

雨はやんでおり、路面が少しずつだが乾き始めていた。

バックパックを背負ってスーパーまで行き、
トイレを借ろようと、
入る場所を間違えて警報装置を鳴らしてしまい、
ちょっと気まずい雰囲気になる。

ヒッチハイクの前にタバコを一本吹かし、
また少し不安な気持ちになる。

大丈夫さ。きっと大丈夫。

 

 

 

 

 

ヒッチハイク開始10分で車が停まってくれた。

乗っていたのはドイツ人の老夫婦。

2週間くらいのショートトリップで
これからケルンに帰るらしい。

行き先はイタリアのボルツァーノという町。

僕がハイウェイではない道で
ヒッチハイクするのだと言うと、

ヒッチハイクならハイウェイの方が
いいとのことなので、僕は今朝方いた
オーストリア、インスブルックの町を
リエンズ経由で迂回して
イタリアへと戻ることになったのだ。

たぶんインスブルックから
ボルツァーノまでは2時間くらいってとこ。

地図が無いから分かりにくいんだけど、
ようは3時間かけて遠回りしたってことかな?

IMG_2967

 

 

 

ここまで来るための
3時間はなんだったんだ。

いや、きっと、人と出会うために
あった時間だ。うん!そうだよね!

IMG_2970

 

 

 

 

軽快な会話、綺麗な風景、
どこが国境だったかもわからない。

気づいたら寝てた。

今日はよく寝落ちする日だなぁ。

この際、
「仕方ない!ごめん!」
と開き直るしか無い。

 

 

 

山を抜けると、一気に気温が上がった。

着ていたアウターと7部袖のカットソーを脱いで
バックパックにしまう。

 

 

戻って来たイタリア。

どこだ?ボルツァーノって?
なんか火山でもありそうな名前の町だな。

 

 

 

 

僕を乗せてくれたドイツ人ご夫婦は
ボルツァーノのガソリンスタンドで僕を降ろしてくれた。

「どこがヒッチハイクにいい場所か分からないから」

とは言っていたが、そこはハイウェイ前のバス停で、
ここならヒッチハイクできそうな良いポジションだった。

IMG_2972

 

 

近くのガソリンスタンドで
高いお菓子を2.5ユーロくらいで買って、
エネルギー補給を住ませてヒッチハイクを開始する。

行き先はいきなしヴェネツィアではなく、
50kmくらい離れたトレントという町。

IMG_2971

 

 

 

元気よく親指を立てる。

車はどんどん向こうからやって来ては、
一台も止まること無く力一杯駆け抜けて行く。

僕は思った。

 

ここはイタリアなんだってこと。

 

 

 

 

なぁ、スイスやオーストリアなら
これの半分以下の時間で止まってくれたぜ?

なぁ、なんでみんなそんな無表情なんだよ?

 

 

時折、がんれよ~!
みたいにノリの良い車がいたが、
ほとんどはそのまま素通り。

国が違うだけで、こんなにレスポンスが違うんか…。

やっぱりイタリアはイタリアだよ!

IMG_2974

ここまでしたのにっ!

 

 

 

 

ヒッチハイク開始1時間で車が停まってくれた。

行き先は少し離れたオーラと言う村。

運転手のカルミネと
彼女のヴァレンティーナというカップルだった。

IMG_2975

 

 

 

そこに用事があるの?と尋ねると
「for you(君のためさ!)」
と言ってくれた。

やっぱいい人はどこにでもいるんだなぁと
しみじみする。

ヒッチハイクで疲れていて
そこまで明るく振る舞うことができなかった。

それでもありがとう。

IMG_2977

 

 

 

オーラという町からバスに乗れるとのことだったが、
実際に駅にまで言ってみると、
トレントの町までは電車しかないとのことだった。

そのかわり、頻繁に出ているらしい。

彼らに別れを告げ、僕は電車に乗り込んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、切符買い忘れた。

という確信犯だ。

 

 

だってたかだか40kmくらいの距離を進むのに
10ドル近くするんだぜ?
まったく信じられないよ。

それにこんな小さな駅からだったら
絶対バレないっしょー!

と高をくくっていたが、
オーラの駅から数駅先の駅で
すぐに駅員が入って来た。

 

 

「あれ?さっき、
切符買ってお財布の中に~…、
すんません失くしちゃいました。
いくらですか?」

 

 

特に罰金ということはなかったが、
10ドル近くのユーロが一瞬ですっ飛んで行く。

はぁ。

トレントで一旦電車を降り、
ヴェネツィアの手前の
ヴェローナという町までの切符を買った。

 

 

 

 

19時前にヴェローナの駅に到着する。

周りには僕と同じようにバックパックを
背負ったヨーロピアンの姿が。

きっと学生とかも旅行シーズンなんだろうな。

ただし、僕のように前にサブバッグを
かけているような人間はひとりもいなかった。

 

 

 

 

 

少しでも飛んで行ったお金を取り戻そうと、
町の中心部へと歩いて向かった。

IMG_2981

 

 

 

駅から少し離れたメインロードを歩き、
よさそうな路地を見つける。

他にもアコーディオン弾きのおちゃんバスカーがいて、
ここがバスキングができる場所だということがわかった。

 

 

音が届かないところでギターを構える。

やっぱり唄うって好きだ♪

ここも少しは観光地のようで
チラホラと観光客と思わし気人の姿もあった。

イタリアにしてはまずまずのレスポンス。

ほんの1時間ちょっとのバスキングで10ユーロ。

時給換算すればまずまずだ。

IMG_2983

 

 

 

近くのピザ屋さんで、
ディスプレイされたパンを眺めていると、
お店のお兄さんがニコニコしながら僕を手招きした。

 

 

「さっき唄ってただろう?
よかったよ。
どれが欲しいんだい?
ピザかい?サービスするよ」

 

 

日本人は「サービス」もしくは
「ディスカウント」という言葉に弱い。

それは日本人だけじゃないと思うんだけど。

 

 

1ユーロのコーラをタダでもらった。

焼いてもらった3ユーロのピザはめちゃくちゃ美味しかった。

ピザにかけてもらった
オリーブオイルがピザにばっちし合っている。

IMG_2985

 

 

 

「他にも何か食べるかい?」

「じ、じゃあ…(ゴクリ)

 

 

そう言われて思わず財布のガードがゆるむ。

なんだかんだで700円近くも
ご飯で使ってしまった。

 

 

 

 

お腹がふくれると心も満たされる。

ま、いっか。
節約して飢えた状態よりかは♪

 

 

 

 

 

 

 

満足してヴェローナの駅に戻る。

IMG_2988

 

 

 

ここに着いた時に買っておいた
ヴェネツィア行きのチケット。

ミラノみたいに切符を持っていないと
24時に閉め出されるとか嫌だからね。

 

 

駅のマックで1ユーロのエスプレッソを飲み、
日記を書くと22:00には閉め出されてしまった。

やれやれ。

トイレもアホみたいに有料で、
使う気にはなれなかった。

 

 

 

買った切符を忘れないように打刻して、
やって来た電車のトイレで用を済ました。

ペットボトルの水で歯磨きをして、
プラットフォームに「ぐしゅぐしゅぺっ」とうがいをする。

ベンチの上に寝袋をしいて
アイマスク代わりにタオルをかけた。

 

 

今日はよく移動した。もう疲れたよ。
そして明日はヴェネツィアだ。

——————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

オーストリアの滞在は24時間もなかったんじゃないかなと思います。
まぁ、また戻ってきます。時間があればね。

それにしても、EUってほんと移動しやすいと言えばしやすいし、
しにくいと言えばしにくいです。

国境はなくてスムーズに移動できるんだけど、
国によって物価が上がったり下がったり。

やっぱイタリア高いよ…。

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒の作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もどうぞよろしくお願いします。

チェコでバックパックまるっと盗難にあって、
いつもとは違ったスタイルで漫画を描いておりやす。

★Twitterもね!「Indianlion45」

4 件のコメント

  • 切符はちゃんと買ってください
    ホントにそれは良くないです
    いい大人ですから

    • >ゆんさん

      いけないことを「いけない」と
      言ってくださる方がいらっしゃることは
      ありがたいことです。

      まだまだ
      「ちゃんとした大人」
      にはなれてないですね。

      ここ数日
      『大人って一体なんだ⁇』
      ってぼんやり考えてました。

      『なんでルフィは海賊なんだ?
      冒険家じゃダメなのか⁇』

      とかです。

      僕の旅そのもの自体が大人の定義からは
      ちょっとだけ離れている気がします。
      いや、大分か。

      ご存知の通り、
      社会のレールから逸脱した
      クソヤローですので、
      捕まらない程度に
      もうちょっとワルガキ
      やらせてください。

    • >むぎさん

      時と場合によりにけりですね笑。
      優しいなー!と思うときが多いですけど。

      事前に『あそこはヒッチハイク楽勝!』とか
      先入観を持ってしまうと、
      実際、うまくいかなかった時なんかに
      「オイオイ…優しいんじゃなかったのかよ?」
      ってなっちゃいますから。

      いずれにせよ、
      乗せてくれた人には感謝!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です