「サブバッグ。ウソップの気持ち」

世界一周239日目(2/22)

 

土曜日。

と言っても僕自身の旅に曜日もクソもない。

平日の仕事に疲れたから
今日は丸一日休むなんてないし、
何かしないとソワソワしてしまう。

 

朝8時半。
僕が向かった先はお気に入りの
「Cozy Cafe」

ここは停電とかも関係なしに
Wi-Fiが思いっきり使える。

30ルピー(31yen)のチャイを砂糖抜きで注文して
(甘党の僕だってたまには糖分抜くさ!)、
窓際の通りが見下ろせるいつもと同じテーブルにつく。
そこで愛用のMacを広げて作業するのだ。

宿のベッドの上なんかよりも、
こうして椅子に座ってテーブルの上で
キーボードを叩く方がいい。

その方が気分的に作業がはかどる気がする。

 

 

 

 

 

 

14時を過ぎた。
ソワソワしてくる。

『おれ、今日一日ずっとここで
ネットしてていいのか?
他にやること沢山あるだろう?』

 

よし!
サブバッグを
探しに行こう!

Raw01481

 

 

 

観光客が多く訪れるタメル地区には
多くのアウトドア用品店がある。

Raw01503

 

 

そこでバックパックからテント、寝袋、
トレッキング・シューズ、ソックスまで
旅に必要な道具はほとんどそろうと言ってもいい。

ここで装備品を買い足して行く旅人もいるそうだ。

日本に送り返したソーラーパネルが
ここでも手に入ることには驚いた。

 

 

日本にいる時から一年以上使っている
NIXONのサブバッグ。

下北沢のVillage Vanguardで
6,300円で買ったものだ。

SmithⅡという型で21Lの容量。
スケートボードを取り付ける
アタッチメントがついているのと、
パソコンを入れる場所が
別についていることが購買の決め手だった。
(パソコンをケースに入れたままだとジッパーが閉まらないので、
ハサミを入れて中のスポンジを抜いた)

 

このサブバッグは僕と一緒にロシアから旅を始め、
モンゴル、中国、東南アジア、インド、ネパールと
7ヶ月一緒に旅をしてきたわけだ。

メインのバックパックを背負う時は前にかけ、
街を探索する時には後ろに背負った。

中にはMacBook ProやCanon kiss X3や
patagoniaのアウター、デッドベアのレックスくん、
MOLESKINのノートや筆記用具、
その他iPhoneのバッテリーやタバコや
洗濯バサミなど(お菓子の袋を閉じる時に便利!)
色々な物を入っている。

 

「いつもあんなに荷物持ってるの?」

とサンタナポカラのモミジさんに言われた。
そのくらい僕のサブバッグには
沢山の物が詰まっている。

 

 

1リットルのペットボトル(主に水)を入れるので
メッシュ素材のボトルホルダーはゴムが伸びきり、
穴が空いている。

少し前から片側のジッパーが
うまく噛み合ないくなってしまっているのも痛い。
デイパックのファスナー部分は
機能面での「肝」ではないだろうか?

それが閉じなければ荷物も落ちてしまうし、
中にしまった一眼レフを取り出す時に
いっつも噛み合なくなってしまう。
放置しておけばスリに遭う危険性も高まるだろう。

レインカバーをかけたり、
ファスナーがかみ合うまで何度も調整してきたけど、
ここらで新しいサブバッグを仲間に加えてもいいだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

片っ端から
アウトドア・ショップを当たっていった。

Raw01480 Raw01479 Raw01477

 

 

この街には、たぶん正規品ではない
ノース・フェイスやドイター、
あまり馴染みのないメーカー、
お気に入りのパタゴニアの製品などが
溢れかえっている。

程度の差こそあれ、中には
本格的な登山用品を扱うお店もあった。

 

『これだけお店があるんだから、
サブバッグを見つけることができるだろう』

 

だが、
『これだ!』というサブバッグは
なかなか見つからない。

分かったことは、
どこも似た様な製品でいっぱいだってこと。

 

スイスのバッグを試してみて、
購買直前の心理状態まで行ったが、
どうもひっかかるものがあった。
(荷物の移し替えまでして試したのに…。ごめんねスタッフのお兄さん…)

Raw01470

 

 

正規品ではないとしても、
4、5千円もだせばしっかりしたバッグが買える。

だが、今使っているNIXONのサブバッグには
どれも及ばない気がした。

前にかけるのに程よい形も、
MacBook Proをケースに入れたまま仕舞える部分も。

 

 

このまま簡単に
今使っていたサブバッグを
手放していいのか?

Raw01501

 

 

 

 

 

 

 

今なら分かる!
ウソップの気持ち(涙)!

 

「お前!そんな簡単にメリー号を
手放してもいいってのか!!?」

長い航海で修理不可能なくらい
ボロボロになったゴーイング・メリー号から
新しい船に乗り換える決断を下した時、
ウソップはそんなふうに叫んだ。

そうだよな…。
このサブバッグは7ヶ月分の
旅のストーリーを持ってるんだよな。

 

色褪せたサブバッグを見ると

 

 

 

 

「君はこれを長く使えるよ」

 

 

 

 

そんな言葉が頭に浮かんだ。

僕の足は修理屋に向かっていた。

Raw01597

 

 

 

 

 

 

 

 

カトマンズの街には
衣類からバックパックまでを
修理するお店がいくつかある。

ファスナーの修理なんて可能なのだろうか?

 

宿のすぐ近くにある一軒の小さな修理屋さん。

Raw01506

 

 

むっくりしたおじちゃんが
踏みミシン台を前に椅子に座っている。

人が3人もいたら
窮屈に感じてしまうだろう店内には
他の人から依頼されたバッグやら
衣類がぶらさがっていた。

 

「あの~…
この噛み合なくなったファスナーって
修理できるかなぁ?」

「あぁ、これね。
取り替えればいいよ」

 

そう言って、
お店のおっちゃんは職人の指で、
10分もしないで留め具を取り替えてくれた。

新しくなったファスナーを締めると
しっかりした手応えを感じた。

ファスナーが噛み合なくなる原因は
金属部分にあるようだ。
何回も開閉しているうちに、
金属部分が摩耗するのかもしれない。

 

「それと、
このボトルホルダーなんだけど、
1リットルのボトルを
取り付けられるように改造できる?」

「それなら
このナイロンベルトを使って~…」

「あとここ!
バッグの底が今にも穴が空きそうでしょ?
ここにパッチを当てて欲しいんだ」

さすがこの道で喰っているだけある。
おっちゃんは僕の要望を落ち着いて聞いてくれた。

 

 

 

「それじゃあ、お願いします。
明日取りにくるからね」

 

 

僕はそうおっちゃんに告げて宿に引き上げた。

僕にはまだ新しいサブバッグは必要ない。
ひとつのギアを長く大事に使って行こう。

—————————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

今回はサブバッグのお話でした。

ここには沢山物が溢れているけど、
やっぱり日本で買ったものがいいなぁと思います。
(後で見たらメイドイン・チャイナだったけど)

時にこのバッグは宿を出て街を散策する相棒であったり、
寝台列車の僕の枕代わりになったり
(中のカメラやら電子機器がゴツゴツして全然眠れないんだけど)、
タイのバスターミナルで盗難未遂に遭ったり(あれにはマジでビビった!)、
様々なストーリーを持っています。
 

壊れたらまた修理に出せばいい。
修理屋がなければ自分で直せばいい。
シンプルなことはいつだって大事なこと。

 

『あぁ。分かるよ。
ずっと使ってるバッグってなんか愛着が湧くよなぁ…』って人はポチを。

『うっわ!安っ!カトマンズのアウトドア用品安っ!』って君は
散財してしまうがいいっ!(まあ楽しいよね)

バナーをポチしてページの読み込みが完了するとポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★相棒のまおくんの作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくです♪
 

てか、ウソップって知ってる…よね?

2 件のコメント

    • >れーな★ちゃんさん

      清水家のONE PIECEは
      36巻あたりで停まっています笑。

      浪人時代に突入し、
      『だぁあああ!
      コミックスなんて集めてるヒマねぇぇえ!』
      ってなってからストップしたままなのです。

      だから
      懐かしネタしか出せないのです。
      今のONE PIECEはどうなってんだよいっ?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です