「時にはiPhoneのカメラで」

世界一周162日目(12/7)

 

インドの12月。

三年前に来た時は暑さに死にそうになったけど、
今のインドはかなり快適だ。

もしかしたら東南アジアより
涼しいんじゃないかってくらい。

夜は冷え込むので寝袋を使っている。

寝袋もだんだんと活躍する場がでてきたな。

IMG_7054

 

空港泊だとか
昨日の濃い一日もあったせいか、
12時前に寝たのに起きたのは9時過ぎ。
外ではワイワイと人々が朝に彩りを加えて行く。

 

僕はWi-Fiの入る「ブルーススカイカフェ」に行き
パスワードをゲットした後、

30ルピーホットコーヒーを
一杯だけ頼んでブログの更新をして
森川さんに会いに行った。

これからカトマンズへ行かれる森川さんは
「ネパールに来たら連絡してよ。一緒にどこかへ行こう」
と僕を誘ってくれた。

ほんの一日ずれていたら
森川さんいにお会いすることもなかった。
旅の偶然って本当にすごい。

IMG_7610

 

 

 

インド二日目。
さあて今日は何をしようか?

まず、バスキングの
反応を確かめるべく僕が向かった先は、
サダル・ストリートのもう一本先にある
ニューマーケットの通り

IMG_7050

 

 

1時過ぎのインドの太陽はまるで西日のよう。

ここでやったら
もしかしたら稼げちゃうんじゃないかな!!?

 

 

感触としては良いかもしれない。
僕が唄いだすと、まわりに10人くらいの人々が
取り囲んで唄を聴いてくれる。

2曲くらい聴いて去って行って、
また次の日とが2曲ぐらい聴いて行く。
そんなサイクル。

レスポンスはない。聴くだけ。
ここはダメだ。別の場所へ行こう。

IMG_7051

 

 

他に地下鉄の通路なんかでやってみたけど、
感触はおんなし。
警備員に注意されて終わった。

サダルストリートのまわりは
バスキングに向かないのかもしれないな….

 

 

置き引きやスリが怖かったので
荷物は財布とiPhoneとギターのみ。

宿に戻ってカメラを持って来るのは
ちょっとめんどくさい…

まぁたまにはiPhoneのカメラで
写真を撮るのもいいかもしれないな♪

IMG_7057IMG_7056

 

 

 

 

 

「独特の写真だね」
と言われたことがある。

IMG_7072

 

確かに僕の写真は
変なところばかり撮っていると思う。

路地裏だったり、建物の窓だったり、
停めてあるオンボロ自転車だったり。

IMG_7065IMG_7068

でもそれは漫画家のフィルターを通して
シャッターを切っているからだと思う。

背景は「THE 観光」のような
自己主張の強いものではなく、世界観を出しながら、
ほんのりアクセントを加える様な写真の方がいい。

IMG_7070

 

たぶん似た様なことを
プロの漫画家さんも言っていた気がする。

久々にiPhoneメインの写真を撮っていったので
ちょいちょい指が入ってしまった。
ケースに厚みがあるから人差し指が入っちゃうんだよ!

 

 

 

『三年前もここに来たんだ』

IMG_7084

 

一週間は相棒と旅をして
僕らはバラナシで別れた。

たった一人で訪れたコルカタ。

 

何十年も前からここで生活する人たちを
見守ってきたような古めかしい建物に
思わずシャッターを切ってしまう。
街を歩き、ハウラー駅へと向かう大きな橋を渡る。

IMG_7078

 

 

夕日の美しさに思わず足を止めた。

IMG_7082

 

 

あの駅に僕はやって来た。
そして三年経った今、
同じ場所にいる。

あいかわらずインドは人が沢山いて
人間の原始的なエネルギーのようなものを感じる。

人間の「生」を感じるのだ。

IMG_7083

 

僕のインドの旅は
コルカタから南に向かって行く旅だ。

つまり、この旅は三年前の旅の続き。

『あの先に一体何があるのだろう?』

まだ見ぬインドを僕は確かめに行く。

IMG_7086IMG_7087

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと寂しくなる
ようなことがあった。

自分がひとりぼっちに
なっちゃうんじゃないかと思った。

IMG_7096 IMG_7097 IMG_7099

 

 

思わずサダルストリートで
銀杏ボーイズの
「漂流教室」を僕は唄った。

レスポンスとか気にしないで
自分のために。

 

昨日と同じように
インド人が僕の周りを取り囲み、
昨日よりレスポンスをくれた。

日本人の男の子たちがやって来て
僕の唄を聴いてくれた。

IMG_7102

 

僕は集まったレスポンスを
「道端のひと」たちにあげると
道端の人は僕に

「メインの通りならもっと稼げる!」

と僕をニューマーケットの方に連れて行く。

IMG_7105

 

 

今まで東南アジアで
ちょっとだけ稼がせてもらったし、
ここいらでちょっとお返ししてもいいと思うんだ。

でもなぁ…
メインマーケットは全然稼げないんだよ。
ムリムリ。

 

 

 

 

 

「ブランケットは持ってるか?」
道端のひとがさっき僕に尋ねた。

12月のインドの朝は少し冷える。
僕のことを心配してくれているのだろうか?

 

「えっ、寝袋だったら持ってるけど」

 

「わたしたちにちょうだい。
朝は冷えるのよ」

 

「…
ごめん、それはちょと無理かな」

 

道端のひとたちに家なんてない。
外で寝ている。

あの薄っぺらい服で寒さをしのぐのは
けっこうキツいだろうな。

日本だったらホームレスが
新聞紙とか段ボールとか使って
寒さをしのいでいるけど、
そういうのじゃだめなのかなぁ?

 

「あそこのさ、新聞紙とか
ペーパーボックスとかは
もらえないの?

あれで使うと寒さをしのげるよ?」

売店の前で紐にくくられている
段ボールを指差して僕は言った。

 

「わたしたちじゃもらえない。
あなたが代わりにもらって」

 

そうか…
インドにはカースト制があったんだっけ?

たぶん、売店のおっちゃんとかが
彼女たちにあげてしまったら
その後も似た様なことをしなくちゃいけない。

どこまでは手を差し伸べていいとか
暗黙の了解があるのかもしれない。

 

「350ルピーあれば
ブランケットが買えるのに…」
道端のひとがそう呟いた。

そうか。

彼女たちはブランケットが欲しいのか…。

 

 

 

 

 

ニューマーケットで
僕はギターを弾いて唄い始めたが
レスポンスはさっき演った時と同じ。

人垣ができて僕の歌を聴いてはくれるものの
お金ははいらない。

それどころか
悪ガキたちがやってきて
ギターケースに売れ残りの花を入れたり、
僕にその花を投げつけてきたりした。

まぁ、それくらいじゃ怒らないけど
どうやらここでやっても
お金は稼げなさそうだ。

 

「ここはダメね。
サダル・ストリートに戻ろう」

道端のひとが言う。

 

今日一日中歩き回って疲れたのか、
自然にあくびが出た。

 

「疲れた?」

「そうだね。
もう今日は宿に戻ることにするよ。」

 

 

宿に戻ると
冷たい水シャワーを浴びて
髪が乾くと僕は寝袋にくるまった。

道端のひとたちは
ちゃんと眠れているだろうか?

IMG_7104

—————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しています。

三年前にもやってきたこの場所から
次に進むのがちょっと怖いです。

ビビってます。

こういう時、
保守的になってしまう気持ちよくわかるぜ…

てかなんで駅で切符買えないんだ!?
ウェイティングリストの仕組みがイマイチ分かりません。
あれってキャンセルが出るってことなのかなぁ?

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 
★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周

4 件のコメント

  • 陽介先輩、お疲れ様です!毎回楽しみにブログ拝見してます。
    いま、自分はインドネシアで暮らしています。ラオスの時にはタイ→マレーシア→インドネシアのルート来ないかなぁと薄く期待していましたが、インドへ行ってしまいましたね。。。でもでも、これからもブログ楽しみにしていますよ。個人的には中東編がすごく興味あります。
    体に気をつけて、充実した旅を!

    • >Masuko

      「先輩」って呼ばれるとハンド部に戻った感じがするよ笑。
      たかだか2年のことだったのにね。

      いつだったかOB会でMasukoが海外で暮らすことを聞きました。
      あの時は「え〜!うそっ!?なんかそれって大丈夫なの?」
      とギャグのように思っていましたが(ゴメンよ笑)

      こうして今、世界を旅していると
      日本の外で生きて行くことはすごい勇気のいること
      なんだなと感じました。
      そして、今の日本にはもっとMasukoみたいなグローバルな人が
      もっと必要なんじゃないかなとも思っています。

      先輩面するわけじゃないけど
      Masukoのこと尊敬するよ。ほんとうに。
      人と違うことをやるのは勇気がいるぜ。
      お互い頑張ろう♪

      てか、
      ブログ読んでてくれたんだ。意外な読者さん発見だ。
      マレーシア、インドネシアはね、飛行機乗るじゃん?
      お金かかるからやめちゃったのさ。

      いつの日かインドネシアを旅した時は
      是非Masukoの話を聞かせてね!

  • チケットうまくいってよかったですね!
    僕たちも今日バングラデシュのビザ申請がやっと通ったところです。
    清水さんが歌ってる時ムービー撮ってたんですけど、『イージュー★ライダー』大好きな曲で、時間あるときみて、元気もらってます!
    またいつか、会えることを楽しみにしています。明日またサダルで会っちゃたりして(笑)お元気で!

    • >三島拓也さん

      あー、サダルストリートではどうもです!
      とりあえずの目的は果たしたので昨日から
      自分のために唄ってます!
      上手い人から見れば「お遊びレベル」の僕のバスキングに
      そんな嬉しくなるようなレスポンス、
      ありがとうございます♪

      チケットですが、
      オンラインで登録して、自力でゲットしました!
      セカンドクラス。マジ怖ぇっす…

      バングラディッシュの旅楽しんでくださいね!
      Facebookの投稿、楽しみにしてます♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!