「元陽にいたら太ることは間違い」

世界一周56日目(8/23)

ラオジャイのユースホステルで
節約生活に励んだ僕は

(なんてったって
朝昼晩とも1元のインスタント麺と
ユースの1元のライスだったんだから!)

前回の失敗を活かして
15元でミニバスを捕まえ
新街(xinjie)に戻ってきた。
20130824-173325.jpg

ここから
ベトナム国境の町

河口(hekou)

へ向かう。

河口へ向かうバスは
朝方7:00、7:30と11:00の三本。

僕は窓口で明日のチケットを
買おうとした。
20130825-172804.jpg

「ニーハオ!

I want to go “Hekou”
can I buy tomorrow’s ticket?

挨拶以外は中学生英語で
筆談用に書いた
日付と行き先を書いた紙を見せる。

だが、
窓口のお姉さんは
困った顔をして首を横に振る。

えっ!?

売り切れちゃったってこと?

移動する時は

「うわっ」

一度に移動する
中国のみなさんのことは
分かってたつもりだ。

これはもしかしたら
もう一日、ここに滞在しなくちゃ
いけないかもしれないな…

僕はお姉さんに

「メイヨー?(無いの?)」

と尋ねると、

「ヨー…
(あるっちゃ、あるんだけど…)」

と答えるお姉さん。

「ん?

あるの?
じゃあ、売ってくれないかな?」

だけど、
お姉さんは僕にチケットを
発行してくれない。

中国語で何か説明してくるんだけど
何をいってるかさっぱり分からない。

5回くらい
同じやり取りを繰り返した後

お姉さんは業を煮やして
英語の話せる人に電話をしてくれた。

「Can you speak english?」

僕は電話越しに尋ねる。

電話の相手は
けっこう英語が喋れる人だった。

だが、

今度は僕のリスニング能力が
おっつかなくなった。

相手が何言ってるか分からない。

てか
周りうるせぇんだっつーの‼‼

クラクション何回鳴らしゃあ
気が済むんだコラァっっっ‼‼

左耳に小指を突っ込んでも
周りがうるさくて
相手の英語に集中できない。

どこかで

「電話で英語を
聴き取るのはさらに難しい」

って言ってたっけ?

まさにそうだ。
何言ってるか分かんねぇよ。

かろうじて

「not enough」

というワードが聴き取れた僕は、
乗客がある程度集まらないと
バスは出発しないことを思いだした。

電話の相手が言うには
明日になればチケットが買えるらしい。

僕は彼と窓口のお姉さんにお礼を告げ、

新街に着いた時、
ミニバス乗り場を教えてくれた
英語の喋れるお姉さんの宿に
向かうことにした。

(なんだか
「お姉さん」ばっか出てくるな…

お姉さんは大好きなんだけどさ)

ドミトリーで35元。
Wi-Fiもついているらしい。

中国を半月ばかり
旅してきて思ったのは
意外と泊まる場所があるんだな
ということだ。

僕は
Hostelworldやら
YHA(中国のユースホステルのサイト)
やらを利用して
宿を見つけてきたわけだけど、

それらに紹介されていない宿も
沢山あることを知った。

中国は旅しやすいぜ?

そして広大だ。

★★★

新街のバスターミナルから
歩いて7分のところに
お姉さんの宿がある。

案内されたドミトリーに
他の宿泊客の姿はなく、
僕ひとりの個室状態だった。
20130825-172813.jpg

そして
漫画を描くのに
うってつけの机があった。

東莞のサイゼリヤで
下描きを完成させたのはよかったが、

桂林に入ってからは雨に降られ、
湿気で紙が濡れせんべいみたいに
なってしまい、
ペン入れが思うように進まなかった。

どこでも漫画が描けるわけじゃない。
意外と環境に左右されてしまうのだ。
20130825-172834.jpg

まぁ、

下手くそな僕が何を言ってるの?
言い訳ですか?

ってそういう話なんですけど。

はい。

描きます!

描きますってば!!
20130825-172842.jpg

★★★★

誰にも邪魔されずに
漫画製作に取り組むことができた。

息抜きにギターを弾いても
誰も気にしない。

ドミトリーの占有ほど
旅人にとっての贅沢はないぜ。

西日に照りつけられながらも
根性で3ページの背景まで描き上げ、
残すところはベタのみ。

だが
ここで日が落ちてきた。

ドミトリー一室を
まるごと貸し切っているのはいいが

いかんせん
照明が薄暗い。

ベタを塗るための筆ペンの穂先が
よく見えなくなってきたところで
僕は一旦切り上げた。

19:00過ぎに外に出ると
外から低音の効いた音楽が聴こえる。

こいう野外の音楽を聴くと
大学2年の時、ごみゼロナビゲーションで
コアスタッフをやったことを思い出す。

音に誘われるまま広場に行くと
そこでは

大量のおばちゃんが

踊っていた。
20130825-172855.jpg

ここまでおばちゃんが集結すると
見応えがあるな。

日本の盆踊りのようなものかな?

一曲、一曲の振り付けを
みんなマスターしているのにも驚いた。

時々、ちっちゃい子も混ざってる笑。
20130825-172906.jpg

僕はおばちゃんたちのダンスを
しばらく眺めた後、
ご飯を食べに行った。

★★★★★

お昼ご飯に食べた
ぶっかけメシ的なご飯の量も
すごかったんだけど、

ここで食べた麺の量も凄かった。

7元(116円)にして
このボリューム。
20130825-172921.jpg

他の都市なら

「大」

とランク付けされても
いいくらいの量が普通に出てくる。

棚田が観光資源となり
観光地化が進む元陽だが、

まだまだ田舎的な雰囲気を残す新街。

安くて量が多いメシ。

それだけでも
貧乏バックパッカーは
来る価値があるんじゃないか?

(まぁ、交通費が
それなりにするんだけどね)

この町には
小学校、中学校もあるみたいで
学生さんたちもご飯を食べに来る。

いつもの様に

「韓国人?」

「日本人だっつーの!」

とお馴染みのやり取りを
居合わせた女の子たちとした後、

僕は宿に戻り
相棒のまおからもらった
KELTYのライトで手元を照らしながら
ベタ塗りを終えた。

明日は早い。
もう寝るとしよう。

はっ!

ゴキ◯リだはぁひやぁああああ‼‼

—————–
—————–
世界一周ブログランキングに
参戦しております。

漫画をアップしたいんだけど

只今
ベトナムです!

シミさん!
いつの間に‼

しかも移動続きで
一時間後に寝台なしの席で
ハノイに行っちゃうよーー!

雨降っとるよーー!!

なんか
おれが新しい国に入ると
いっつも雨降ってる
気がするんだよなぁ…

駅のホームに
パックセーフで包んだバックパックをダイヤルロックでベンチに固定して

サブバッグのみで
Wi-Fiフリーのカフェから
ブログ書いてるよー!

地味に心配!

そして

「ドン(ベトナム通過)」

の単位デカすぎ!

「ドン」っていったら
吉野家的なものか
マフィア的なものか
ONE PIECE的なものしか
思いつかないよっ!

さぁさぁさぁ!

「ベトナム縦断!
目指せ!ホーチミン!」編

のスタートだぜぃっ!

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援よろしくぅっ!

(あぁ〜…
バックパック心配だ…)

20130825-172823.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>