「君の笑い方は僕を安心させてくれる」

世界一周288日目(4/12)

 

「ここで降りな」

とバスのあんちゃんに肩を叩かれる。

IMG_4967

 

 

『ん?エスファハーンに着いたのか?』

日が昇っていないため、
辺りはまだ夜のような暗さ。時刻は5時半。

僕は言われるままにバスを降りた。

頭が全然回らない。
バスの中でよく眠れなかったみたいだ。

 

バスから降りてくる乗客を
待ち構えるタクシーの運転手たち。

インドほどしつこくはないんだけど、
「どうだ?どうだ?タクシー乗らないか?」
という勧誘方法にはちょっと身構えてしまう。

「いや。大丈夫っす」

バックパックを背負って、
サブバッグを前にかけて思った。

 

あれ…?
何か足りないような気が…?

 

 

 

 

 

ギターーーーーーーーーーーァァァァァ…!!!!!

 

 

 

 

おいおいマジかよ!
さっきのバスの中に
ギター置いてきちゃったよ!

昨日バスターミナルで嫌な目にあったから、
あえてバスの中にギターを持ち込んだのだ。

それがあだになった!ちょと待てってくれ!

急いでバスを追いかけようとするも、
後ろから2~3台後続のバスがやって来て、
さっきのバスがどこへ行ったかなんて分からない。

てかあのギター修理した
ばかりなんですけどぉおお~~~!!!!

 

 

「どうした!」

急に慌てだした僕の状況を察してか
タクシーのおっちゃんが訊いてきた。
急いで説明する僕。

「チケットを見せろ!」

「はっ、はい!」

「このバスは次の駅が最終駅だ。今から追うぞ!」

「い、いくらですか?」

「fifteen thothand(15,000)だ」

いそいでレートアプリで計算する僕。
なぜかイランの人たちはリエルではなく
桁のひとつ少ない「トマーン」という単位で
お金のやり取りをしている。

といういことは15万リエルだろー、
6ドル近くもすんのか!高い!

 

「高い!せめて10万!」

「fifteen」

「13!」

「フィフティ~~~~ン」

く、くっそ!ここでおっちゃんと
やり取りるヒマはない!

ギターを忘れたのは自分のせいだ。
ここは大人しくお金を払おう。

 

 

 

タクシーは夜明け前の街を走り出した。

IMG_4970
次のカーヴェ・バスターミナルまでは
少し遠いらしい。
本当にギターが戻ってくるのだろうか?

交通量の少ないイランの道路で
タクシーは平気で時速100kmで突っ走る。

東の空の一部が燃える様な変な色をしていた。

 

 

「あのバスか?」

「え?た、たぶん!」

IMG_4969

 

 

タクシーの運転手はバスの前に回り込み
ハンドサインでバスを停めさせた。

さっき僕の肩を叩いた添乗員のあんちゃんが
何があったんだ?と不思議そうな顔をしている。

僕は自分の座っていた席の上の荷棚を見る。

そこにはちゃんと僕のギターが置き忘れてあった。

 

 

 

「で、どうするんだ?」

タクシードライバーが僕に尋ねる。

「元の場所に戻るんなら
15,000(トマーン)で行ってやるぞ」

僕にどうしろって言うのだ?
こんな暗いよくわからない場所で降ろされても
もう一度タクシーに乗るしかないじゃないか。

「じ、じゃあお願いします…」

 

 

安宿を知っているとのことだったので、
同じ金額で宿まで連れて行ってもらった。
この短時間で出費が12ドル。くそぅ…。

だが連れて行ってもらった宿は
お世辞にも安宿とは言えない。
窓もなければWi-Fiもない。

いるだけで気分が
ふさぎ込んでしまう様な宿だった。
それで11ドル。

たぶん、もっと安い宿があるはずなんだよ…。

この時ばかりは
ガイドブックが欲しくてたまらなかった。

覚えていたのはブログで
紹介されたモスクの写真と

「エスファハーンは世界の半分と言われた」

という何かの抜粋くらい。

IMG_4971くそぅ…足下見やがって。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イランに入ってから
不便さのようなものを
感じずにはいられない。

IMG_4973

 

 

それほどまでに僕はインドに
慣れ過ぎれしまったのだ。

道路は綺麗に舗装されており、
安宿は事前に調べておかないと見つからない。

街は広く、徒歩じゃ回りきれないことが
マップから分かった。

それでも僕ができることは、
歩くことだけだった。

ここに来た目的は
「あれ」を見ることだ。

最悪、野宿か夜行バスで
次の街に行ってしまえばなんとかなる。

オフラインのマップアプリで
だいたいの場所に見当をつけ、
僕は歩き始めた。

 

 

思ったのは「中東」と言えども
全然暑くないということだ。

早朝のエスファハーンは涼しいくらいだった。
バックパックを背負ったまま歩いていても
そこまで汗をかかない。

ほとんど人が出歩いておらず、
時々黒いチャドルを身につけた女性を見ると
何か不自然に感じるほどだった。

歩いても歩いても同じような町並みだった。
ひたすらにまっすぐ続く道。
バスに乗ろうかとも考えたが
どのバスに乗っていいのか分からない。

そして眠い。ちゃんと睡眠が
とれていないので頭がフラフラする。

ベンチを見つけると僕はバックパックを置いて、
サブバッグを枕にして横になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40分後に
目を覚ますと、

おじいさんと目が合った。IMG_4982

 

 

とりあえず笑い返す僕。
「あっ、どもー」ってな感じで。

そして二度寝した(笑)
だって眠いんだもん。

通勤の時間なのか人が
急に行き交い始めたことに気がついた。
ベンチは人々の通りのすぐ近くにあったため、
たぶん僕の姿は彼らから丸見えだったと思う。

『この時間に
ベンチで寝ている僕って…』

と思わなくもない。

 

体を起こし、思考を整理する。

とりあえずモスクまで
行ってみようじゃないか。

さっき目を合わせたおじいさんは
まだ立ち去っておらず、
僕の横に座ってペルシャ語で何かを話始めた。

何を言っているのか全く分からないけど、
とりあえず「うんうん」と言っておく。

こっちも相手が理解していないだろうけど、
一応英語で喋りかけておいた。

 

 

「公園を散歩しようじゃないか」

的なこと言われておじいさんと
一緒になって公園を歩いた。

公園は人の手がちゃんと行き届いており、
いるだけでリラックスした気持ちにさせてくれる。

IMG_4978 IMG_4989 IMG_4986

 

 

「トイレはここだからな」

と僕の心を読んだのか、
おじいさんにトイレの場所を案内され、
僕は用を足した。

イランのトイレは全て個室になっており、
小便用の便器は今の所見かけていない。

それに、各トイレにはお尻を洗う
ホースのようなウォシュレットが完備されている。
トイレによっては温水が出るところがある。

イランのトイレはなかなかすごい!

 

おじいさんとベンチに座って
しばらくお喋りしたあと、
僕はモスクに向かうことにした。

結局おじいさんが何を話しているか
一切理解できなかったけど、
よしとしよう(笑)

IMG_4980

 

 

 

 

 

 

 

自分の目指している
場所の名前が分からない。

IMG_4992

 

 

だから地図を見ても、
どこに自分の見たい物があるのか
分からないのだ。

このもどかしさ。分かる?

それでも、形とだいたいの大きさ、そして勘。

マップを頼りにして
行き着いたのは
僕が行きたかった場所だった。

IMG_4994

 

 

イマーム広場とイマーム・モスクだ。

IMG_5013 IMG_4997

 

 

 

朝の時間帯はほとんど人がいないかった。

僕はバックパックを背負って
ゆっくりとモスクへと近づいていった。

水色のモスクの空に向かって突き出た
あの特有の形を見ると、
ここがイスラム圏であることが分かる。

 

人の全くいないモスクの前で
僕は思う存分、門の装飾美を堪能した。

IMG_5009

 

 

このモスクを知ったのは
高校生の時に使った
世界史の資料集からだったと思う。
IMG_4999

 

 

浪人時代で世界史を選択した僕の手元には
一年間ずっと世界史の資料集があった。

バイト時代に読んだブログには
時々この門が出てきた。

てっきりトルコかなんかに
あるもんだと勘違いしていた僕は

『なんだよ、
イランにあんのかよ。
行かねえかもな』

と思っていたが、
なんだかんだ言って僕は今こうして
イマーム・モスクの目の前にいる。

なんでモスクってこんな
綺麗な青色なんだろうなぁ?

青は僕の好きな色だ。
モスクの青を見ていると
吸い込まれそうになった。

IMG_5002IMG_5012

 

 

 

近くのハンバーガー屋さんで
35,000リエル(140yen)のバーガーを頼むと、
日本で食べる物の2倍くらいのサイズの
バーガーが出てきた。

IMG_5018

 

すっぱすぎる牛乳?ヨーグルト?を飲んで、
とりあえず200ドルほどの両替をしておく。

レートアプリで確認していた金額よりも
37ドル分多く返ってきた。
やっぱりドルの換金レートはいいんだな。

 

 

さてと、問題は宿だな。
一体どこにあるんだよ?

イマーム広場で「ハーイ!」と
声をかけてきたおっちゃんに
「安宿は知らない?」と尋ねると

「アミール・キャビールってのがあるよ」

と教えてくれた。

IMG_5028

 

すかさずマップアプリをおっちゃんに見せ、
宿のある場所にピンを打ち込んで
僕はその宿を当たってみることにした。

 

 

歩いているだけで、
イラン人たちは声をかけてくる。
特に用もないけど、フレンドリーに
「ハーイ!」だの「How are you?」だの
気さくに声をかけてきてくれるのだ。

インド人なんかよりも
よっぽど回数が多いと思う。

聞いていた通り「チーノ(中国人)?」なんて
声をかけてくる人もいるんだけど、
今の所バカにされるようなことはない。

てかいつも思うんだけど、
イラン以外の他の国でもそうだが、
なんでみんな
「アジア人=中国人」
で考えるんだろう?
そんなに中国人は世界中にいるのか?

そして中国人だからバカにされる
というのもいまいち理解できない。

中国ってそんなにネガティヴな
イメージ持ってるのだろうか?
イランではどんなイメージを
中国に対して抱いているんだろう?

IMG_5045

 

 

 

 

 

 

「アミール・キャビール」

IMG_5031

 

 

は表から見ると
こじんまりとした宿だったが、
入ってみると、中庭がついている
広々とした空間がある宿だった。

IMG_5091

 

 

案内されたドミトリーにはベッドが3つ。
僕がチェックインした時には
他のベッドを使っている二人は
どちらもどこかにでかけているようだった。

ちなみにWi-Fiフリーで朝食つき。
ドミは8ドル。

この時初めてイランで
ネットにつないでみたが、
幸運にも自分の使っているブログソフト
「WordPress」は規制にかかってはいなかった。

IMG_5029

「ぎゃっす!」

 

 

Gmailは送受信することができ、
アプリの「LINE」なら使える。
Googleも見れるサイトと見れないサイトがあった。

思っていたほど規制は
厳しくないんじゃないか?

アメブロやFC2ブログは見れないけど、
思っていたほど何でもかんでも
見れないというわけじゃない。

インドでダウンロードしておいた
iPhoneのアプリ「OPENDOOR」が役に立った。

ブログからの情報収集だったら
こっちでできるな。ちょっと遅いけどね。

IMG_5030

しばらくすると切り替わる画面。なんかお洒落だ。

 

 

僕はドミトリーのベッドで
横になって昼寝をした後、
Penny Boardとギターを持って街を散策した。

IMG_5037

 

 

やはり歩いていける範囲は限られてる。

IMG_5043

 

 

 

街は確かに広くて綺麗だ。

だけど、インドの様に一カ所に
お店や交通機関が集まっているわけではない。
バスターミナルも街の端にある。

IMG_5049 IMG_5051

あれ?写真と文書が一致していない笑。
バーガー屋のおっちゃんはいつもの様にフレンドリーだし、
普通にアイスボリューミーっす♪
甘党には最高だね!

 

 

軽くバスキングをやって僕は宿に戻った。

IMG_5055

 

 

 

 

 

 

 

 

18時過ぎになっても
日が昇ったままだった。

遠くの方からスピーカーにのった
祈りの声聞こえてくる。

IMG_5090

 

 

たぶんこの時間帯に
イマーム・モスクに行けば
綺麗なんだろうなぁと思ったが、
僕は外に出る気力が湧いてこなかった。

 

インド、バラナシで沐浴した際に、
ガートでコケて足を怪我してから、
左足の側面に「おでき」のようなものが
できてしまった。

傷やうちみなら一週間もすれば
完治するのに、どういうわけか
今回はなかなか治らない。

長距離を歩くと
おできがじわりと痛む。

ガンガーの汚さにやられてしまったのか?
何か菌的なものが足に入ったのか?

とも考えたが、沐浴の際、
コケて擦りむいた肘の傷は
今では小さなかさぶたになっている。

 

 

 

シャワーを浴びてベッドで横になっていると、
ドミトリーに日本人のおねーさんが入ってきた。

 

「あっ、ども」

と軽く挨拶をしておくが
内心はちょっと驚きだ。

イスラムって男女を分けて考えるくせに、
ドミが男女混合ってどういことなんだ?

旅慣れたその人のベッドには
サブバッグがパックセーフで
ベッドに固定してあった。

誰か別のヤツが言ってたけど、
日本人しかパックセーフしないっていうのは
今のところ当たっている。

もうひとつのベッドには
フランス人の男の子。

IMG_5092

 

 

別室のフランス領の
カリブの島出身であるという
オールバックのお兄ちゃんと一緒になって、
そのおねーさんは夜遅くまで英語でお喋りしていた。

日本人の特に女のコの英語って、
なんかカワイイよなーと思ったのはこの時だ。

オールバックのフランス人が

「なぁ、ユカチン(そのお姉さんの名前らしい)
ってどんなだ!?」

と鼻息を荒くして訊いてきたのが
少し面白かった(笑)

 

 

対する僕は中庭のコンセントに繋ぎながら
ブログのアップをしていた。

IMG_5095

 

 

最近思うのはブログなんて
やってない旅人の方が
一瞬一瞬を楽しんでいるじゃないかってことだ。

夜の時間に日記をかくようにしているけど、
こうして自分一人だけ何か作業していることに
味気なさを感じる時もある。まぁ残るんだけどね。

 

そんな僕に声をかけてきたのは
別のフランス人

この宿にはフランス人が多いなぁ。

 

「悪いんだけど、
パソコン貸してくれないかな?
メールをチェックさせてくれないかい?」

「ああ、いいよ」

 

乗りツッコミが上手い
スキンヘッドのファルークは、
一人で冗談を言ってはクスクス笑っているような
チャーミングなお兄さんだった。

 

「いや、聞いてくれよ。
フランスでは投げキスはごく自然なことなんだ。
ここの宿であったイラン人の女のコに
投げキスをしたんだけど、
その子ときたら『ハッ!』

ってリアクションしてね!
あぁ~!僕はなんてバカなんだ!はっはっは!」

 

やけに自分のことを
「stupid」と揶揄していたが、
僕としてはこのよく喋るお兄さんに
どこか好感が持てた。

Facebookは僕のiPhoneから
チェックすることができ、
ファルークは満足した様子だった。

 

「君の笑い方は、なにかこう、
こっちを安心させてくれるよね」

 

そんなファルークの一言が
ほんのりと心にしみ込んだ。

—————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

やっぱり来てみると全然ちがいますねぇ~。
こんなにフレンドリーだったの!?イラン人って?って感じです。
日本じゃまず味わえないこのフレンドリーさ。
ここは中東なのでしょうか?そもそもそんな
カテゴライズ自体意味のないことなのかもしれません。

最近可能な限りその日を綴ることを意識しているのですが、
なかなか書き終わりません。
そして「これ、面白いのかなぁ~?」と思わなくもないです。
ピンポイントもいいけど、相対的に見たら
僕の人生超面白いっすけどね~(笑)

ほんじゃ、今日も呼んでくれてありがとさんです。
バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ
旅する漫画家」もよろしくお願いします。

★Twitterもね!イラン中無理だけども☞「indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!