「そこはまるで水の中。見上げれば満点の星のよう」

世界一周289日目(4/13)

 

「カメラや
ギター修理した時の
レシートまだ持っている?」

IMG_5096

 

 

一緒のドミに泊まっている
ユカさんと朝食を食べている時に
そう言われた。

 

「や、持ってませんけど」

「あ~あ。
保険利いたのに」

 

ぬあぁああああにいいいいぃいいい!!!!

えっ!?じゃあカトマンンズで1万円近く払って直したカメラの修理代も、6千円のギターの修理代もカバーできたってことですかぁぃぃいいい…

やべぇ、朝からテンション下がった…。
もう何もする気しねえ…。

 

 

世界中至る所を旅したことがあるユカさんは、
僕の旅のコンサルタントでもあった。

しっかりと情報収集していて、
旅のテクニックなんかもあれこれ知っており、
スマートな旅人だ。

そのくせ荷物が30kgもあるってね。

お土産がけっこうあるみたいです。

 

 

「エミレーツ航空以外
そんなに手荷物で厳しく
チェックされたことないなぁ。
案外エアアジアとかもゆるいよ」

僕がドバイへ渡る際に、
服を着まくった話をすると
あっさりと言って退けた。

2つ以上の手荷物を持って
飛行機に乗る際に何か言われたら、
泥棒みたいに大風呂敷でひとつに
まとめちゃうんだって。

そんな話どこかで聞いたことあるぞ。

「これでひとつの荷物ですよね?」

って。

 

 

「それでこの後は
どんなルートで旅しようと考えてるの?」

「えっと、
まだ全然決めてないんですけど、
イランの後、アゼルバイジャン、
グルジア、アルメニア行って、そのままトルコ。
その後は飛行機でヨルダン、陸路から
ノースタンプでイスラエル、
そのままエジプト、
アフリカも行ってみたいですね~」

「今、エジプトって行けるの?
それにイスラエルから

エジプト陸路で行くの厳しいんじゃないの?

あと、そうなるとアフリカ行くのは夏頃だよね?
夏のアフリカは死ぬよ。
スーダンとか
50℃とか平気で越すよ思うよ」

「へっ…」

「アフリカはやっぱり
秋とかじゃないの?
季節選ばなきゃ」

 

旅する漫画家シミの旅路は
トルコからそのまま
ヨーロッパに入りそうです…。

できたらアフリカは
ユーロの前がよかったんだよなぁ。

マラリアとか病気のこともあるし、
南米は絶対行きたいしなぁ。

うぅ…。
好きな時に好きな場所へ行けないもんだなぁと
コンサルタント・ユカの話を聞いていると
そう感じた。
色々情報ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

物価の上昇に伴って、
僕はひとつの街に長くいる気が
起きなくなってしまった。

IMG_5109

 

 

イランの街が移動に
不便だというのもある。

あっちこっち行くのに
交通費がかかってしまうし、
僕はそんなに観光熱心な旅人じゃない。

イマーム・モスクも見ることができたし、
夜行バスで次の街に行ってしまおう。

そんなことを言う僕に対してユカさんは

「えっ?エスファハーンって
3日くらい滞在しないと楽しめないよ!」

と言っていたが、今は先に進みたいのだ。

とりあえず夜行バスのチケットを宿にお願いして、
僕は夜までの間、エスファハーンを
もう少し歩いてみることに。

 

 

昨日パソコンとiPhoneを貸してあげた
フランス人のファルークが

「ジャーメ・モスクには
絶対行ったほうがいいよ!」

とオススメしてくれたのだ。

ジャーメ・モスクは宿から
徒歩30分くらいの場所にある。
歩いて行ける距離だ。
Pennyだったらもっと早く行けるだろう。

 

 

 

確かに街の作りは単調だが、
歩いている分には退屈しないかもしれない。

IMG_5166

 

 

フレンドリーなイラン人たちは
アジア人の僕にしょっちゅう声をかけてくる。

あいかわらず「チーノ!」
声をかけてくる割合が多いので、
それに対しては瞬時に
「ジャポーン!」
と返すようにしている。

まるで合い言葉だ。

向こうもこっちが日本人と
分かっていた方がとっつきやすいだろう?

IMG_5112

 

モスクの近くのバザールで

IMG_5115
ギターを弾いてくれとせがまれたり、
アイスクリームを食べながらお喋りしたり、

IMG_5117

 

 

そのほとんどは男性(そしておっちゃん)だ。
僕としては女のコから
声をかけてもらいたいのだけど…。

IMG_5119

 

 

 

 

バザールにまぎれるようにして建つ
ジャーメ・モスク。

IMG_5126 IMG_5136 IMG_5140

 
こちらも見応えのあるモスクだった。

IMG_5149

 

 

圧倒的なデカさ、
ブルー基調のタイルに綺麗な模様、
びっしり書かれたペルシャ語、
モスクを訪れると
宗教ってすげーなと感じずにはいられない。

IMG_5153 IMG_5154

 

 

それが単なる歴史的建造物ではなく、
今もこうして祈りの場所として
機能しているってんだからね。

 

 

 

ジャーメ・モスクを後にして、
そのまま昨日訪れたイマーム・モスクへと向う。

途中、ナンのようなものを
焼いているお店を発見した。

「半分サイズで売ってくれない?」
とお願いすると、お店の人は
タダで僕にナンをくれた。

IMG_5161

 

 

「さあ!
写真を撮っていってくれ!」

とお願いするでもなく、
向こうから写真撮影のリクエストを頂く。

別の場所で会ったアーミーのお兄さんは
「ようこそイランへ!」なんて言ってくれた。
ほんとこの街はフレンドリーだよ♪

IMG_5164

 

 

イマーム・モスクの前でも声をかけられた。

IMG_5174

 

 

「ど~も~!」

お笑い芸人のような挨拶を知っている
ハットと眼鏡のまるっこい兄さんは

「友達は日本語ペラペラなんだぜ!」
と僕を絨毯屋を営む友達に引き合わせてくれた。

イマーム・モスクの前でタバコもらい、
お喋りしていると、僕の持っている
ギターに注目する彼ら。

「何か弾いてくれよ!」とお願いされ
「上を向いて歩こう」を唄う。
モスクのタイルにいい感じで音が反響する。

IMG_5175

 

 

絨毯屋のお兄さんは
「よかったら紅茶でもどうですか?」と
自分のお店の前で紅茶を
僕にご馳走してくれた。

IMG_5177

 

どこか不自然に感じる
イラン人の話す日本語に、
『ちょっと機嫌悪いのかなぁ?』と
感じないこともなかったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「じゃあそろそろ行くね」

「どこ行きますか?」

「モスク!」

 

正直、イマーム・モスクの中に
入ろうとは思っていなかった。
入場料は400円近くもする。
入ってガッカリだったら嫌しね。

世界史の資料集にも
モスク内部の写真はなかったし、
有名なのはモスクの
入り口だけなんじゃねえの?と
前日までは思っていた。

 

そんな貧乏性の考えを変えてくれたのは
他の人のブログだった。

今朝方情報収集していると、
このモスク内に入ったことが書かれていた。

その人の書き方がよかったのかもしれない。

ひたすら「すげ~!」の
連発だったんだとか(笑)

どんだけすげ~んだよっての。

 

 

いつもだったら『あ~、こんな感じなんだ』と
写真だけで満足してしまう僕だったが、
今回は自分の目でモスクの内部を
見たいと思ったのだ。

ためらうことなく100,000リエル払って
イマーム・モスクに入った。

IMG_5192

 

モスクの装飾は入り口に
ひけをとらないくらい綺麗だ。

IMG_5182

 

 

モスクの向かいにある祈りの場所は
一面鮮やかなブルーのタイルが敷き詰められており、
まるで水の中にいるような気持ちにさせてくれる。

IMG_5183 IMG_5189

 

 

僕はサンダルを脱いでそこにあがると、
日にさらされた場所は温かく、
日陰の部分はひんやりと感じられた。

タイルよりさらに一段上の場所で
僕は寝転んだ。
心が静まる…。

IMG_5195

 

ねえ、こうして
モスクの模様を眺めているとさ、
星空みたいに見えない?

IMG_5193IMG_5197IMG_5202

 

 

 

 

 

 

 

 

イマーム広場にある
バザールは雑貨で溢れていた。

イラン人の話を聞く限り、
雑貨の70%はエスファハーンで
作られるんだとか?(ほんとか?)

IMG_5070

 

 

まだイランに来たばかりで
荷物を増やしたくない気持ちもあったが、
ここで仕入れのチャンスを
逃してしまうのはもったいない!

旅する雑貨屋”Drift”。

今回の仕入れ先はイラン、エスファハーン。

 

前日も何軒かお土産屋をまわってみたが、
ここでは装飾豊かなブルーのタイルや焼き物。
絨毯や布製品を多く見かけることができる。

IMG_5075 IMG_5066

 

 

値段はもちろんインドより高いが
シーシャもここで見つけることができた。
割れ物だし。かさばるから
手が出せなかったけど、いいデザインだったな。

IMG_5079

 

 

僕が仕入れたのは
綺麗な模様が入った布。

日本のメディアでも
取り扱われたことのあるお店らしく、
ハンドメイドだ。

「洗っても色が落ちないんだ」と
お店の主人は僕にアピールする。

IMG_5222 IMG_5220

 

 

布の使い勝手はテーブルクロスとかかな?
その人のセンスでぐっと
お洒落に活きてくるはずだ!

お店のスタンプも布に押して
もらえるところがポイントだ。

IMG_5218 IMG_5219

 

これ一枚一枚その場で
スタンプしてくれるんだよ。
イランで仕入れたっぽいでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

雑貨を仕入れて
僕は宿に戻った。

IMG_5223

 

「さっき夜行バスの
チケットお願いしてたんだけど」

「チケット?そんなのないぞ?」

 

さっきとは違う受付のスタッフが言う。
お願いしたスタッフに電話をかけてもらい
確認したところ、
チケットがとれなかったとのこと。

オイオイてきとーだな。
ちゃんと引き継いでおいてくれよ!

その場で返金してもらい、
ローカルバスに乗って
ターミナルまで行った。

IMG_5224

 

 

次なる目的地はヤズド。
バスで4時間の距離らしい。

ぼんやりと明るい19時の空の下、
僕はバスに乗り込んだ。
100,000リエル(400yen)。

IMG_5232

 

今度は頭がぼやぼやした状態で
バスを降りないように、
時間に気をつけながら睡眠をとる。

 

 

 

 

ヤズドに到着したのは
夜中の12時だった。

 

僕は寝ていても起こられなさそうな
ベンチを見つけ出し、バックパックを
鍵で固定して、寝袋に入った。

IMG_5237

 

 

顔の部分から夜風がずっと吹き付けてくる。
視線を下の方に移すと野良犬が
脇目も振らずに横切っていった。

ここで野良犬なんて初めて見たな。
まぁベンチに寝ていれば
噛まれることもあるまい。

にしても寒いよ。パトラッシュ…。
やっぱりこの寝袋は室内用だなぁ…。

 

ここでも熟睡することはできなかった。

やっぱね、
野宿に寝袋は大事だと思う(笑)

—————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

エスファハーンの雑貨めぐりにもっと
時間をかけてもよかったかなーと思います。
見ていても楽しいしね。

でもなぁ~。移動したいんだよ。
ビザ延長も簡単にでできるらしいですが、
今回は駆け抜けます。

15日。東南アジアのノービザの国々を思い出すなぁ。

てか、またもや陸路で移動できるのかが
怪しくなってきました。
しかもアフリカに行く時期も微妙。お金も微妙(笑)。
先にヨーロッパなんて今の僕には想像つかんです。

 

今日も読んでくれてありがとさんです。
バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!