「バスターミナルは今日もヒマ」

世界一周291日目(4/15)

 

食べ放題の朝食を
めいいっぱいお腹に詰め込んだ。

IMG_5376

 

 

イランのグニグニしたナンに
カレーやバター、ジャム塗りたくって食べる。

それに飽きてしまうと
食パンを同じようにして食べた。

キュウリやトマトもしっかりと食べておこう。
旅をしているとどうしても
野菜が不足しがちになってしまうから。

早めにベッドを空けて
チェックアウトを済ませておく。

昨日の僕の様な旅人がここへ来ても
ベッドにありつけるように。

 

 

ここはイランの中心地ヤズドにある
「シルクロード」という宿。

ドミトリー8ドルという値段設定の割には
内装が抜群に素晴らしく、

バックパッカーなんぞが
ここに泊まっていいものかと
思ってしまうほど綺麗な宿だ。

レストランは宿泊客以外も
利用することができる。

きっとこの宿はそういう
宿の外から来るお客さんに
力を注いでいるのだろう。

 

 

宿の吹き抜け、
レストランは確かに素晴らしい。

だが、薄汚いバックパッカーの姿を
客に見せないようにか
ドミトリーは施設の地下に設けられている。

それは少々言い過ぎだけれども、
どこにでもある安宿と
違っていることは間違いない。

上半身裸でシャワーまでなんていけないし、
テーブルにパソコンを広げて
長い時間作業することもできない。

ランチやディナーの時間には
他のここに食事に来たお客さんの迷惑に
ならないように気を遣わなくてはならない。

ドミトリーはベッドと
いくつかの椅子があるだけだ。
清潔で各ベッドにコンセントがついてるけどね。

 

 

 

じゃあ何が不満なんだよ?

宿泊費だって高くないし、Wi-Fiもある。
朝食は食べ放題。

もちろん君はお金さえ払えば
いつだってご飯を食べられるよ?
それにツアーの手配だってできる。

 

そう言われれば文句のつけようのない
ハイ・クオリティな宿なんだけど
僕はここに長いする気にはなれなかった。

また別の時に行ったら
3泊くらいしたかもしれない。

 

ランチの時間までテーブルと
コンセントを使わせてもらい、
情報収集やブログのアップなどをしたあと、
このお上品な宿「シルクロード」を僕は後にした。

いや、良い宿なんだよ。

君がヤズドを訪れた際には
きっとここを気に入るはずだ。

だけど、僕は先に進むよ。

 

 

 

 

 
これから
マシュハド
に向かおうと思うんだ。

IMG_5378

 

 

最初はイランの南東部へ
行こうかなと考えていたんだけど、
どうやら場所によっては
ヤバイらしい。

ケルマンという街では
麻薬マフィアと警察の抗争
行われているとかいないとか。

情報収集をしていた僕は
ケルマンから命からがら逃げ出した
男の子のブログを読んで

 

『あ~、
ケルマン行くのや~めっぴ!』

 

と迷うことなくルートを変更した。

それに移動距離が長くなってしまうと、
その分交通費もかさんでしまう。

そこで僕はいくつか
行く予定だった街をカットし、
「聖地」と呼ばれるマシュハドに
行こうと考えた。

マシュハドからは
首都テヘランへ行こうと思う。

ここの区間はバスより
電車の方が安いんだとか。

じゃあもしかしたら
ヤズド、マシュハド間も
電車の方が安いかもしれないな。

 

 

 

バックパックを背負って駅を目指す。

IMG_5379

 

 

宿を出発して15分。

車をヒッチハイクできたらなぁと
Pennyに乗りながらそんなことを考えていると
一台の軽トラックが止まった

 

「日本人ですカ?」

イラン人、
やさし~~~~っっっ♪

 

「メルスウィィ~~~~~!!!」

軽トラックの荷台に
バックパックを置いて
僕は助手席に乗り込んだ。

 

乗せてくれたのは
日本で6年働いていたという
ヤズさん。

IMG_5383

 

 

しかも1990~97年という
日本国内において
イランが一番ホットだった時代
を過ごした人だった。

 

「あの時はお酒買って、
女のコとバイクでドライブなんてしてさぁ~」

なんて言うヤズさんは
さもプレイボーイだったことでしょう。

 

 

とりあえず、ヤズさんに
駅まで送ってもらうことに。

IMG_5381

 

 

ヤズさんは仕事へ向かう途中だというのに、
僕と一緒にチケットオフィスまで
ついてきてくれて、マシュハド行きの
チケットがいくらするのかを聞いてくれた。

ヤズドからマシュハドまで電車で言った場合、
20ドル以上してしまうことが発覚。

たぶんグレードの高い席だと思ったので、
それよりも安いチケットはないかと
尋ねたのだが、どうやらここで
買えるチケットはそれしかないようだった。

 

 

「ヤズさん、
仕事へ向かう途中なのに
送ってくれてありがとうね。
もし、すぐに仕事に行かなくちゃ
いけないようだったら、
僕のことここに置いていっていいからね。
ローカルバスかなにかでターミナル行くよ」

 

と日本人の謙虚さを発揮した僕だったが、
ヤズさんはそんなことを聞く様子もなく、

「ほら!ターミナルに行くぞ!」

と一旦職場に顔を出し、
そのまま僕をバスターミナルまで
送り届けてくれた。

 

 

ヤズさんは日本で震災が起こった時に、
日本で学んだ溶接などの技術を活かすべく、
大使館に日本で働けるよう
かけあったと言った。

僕はちょっとゲスだから

『単に日本で
働きたいだけじゃないの?』

と心のどこかで思わなくもなかったけど、

ヤズさんのように日本で
暮らしていたことのある人と話をしてみて
思うことは、彼らは日本に好意を
抱いてくれているということだ。

 

 

 

日本にいるとイランは
馴染みのない国に思える。

日本中にイラン人が溢れ帰っていた時には
僕はまだほんガキんちょだったし、

日本にいた時も「イラン」と聞くと
『核保有国』だとか『イスラム教徒の国』とか
とっつきにくいイメージがあった。

だが、実際にイランに来てみてどうだろう?

まだ一週間も旅していないのに、
イランに対するイメージは大分変わってきた。

ロシアとか中国もそうだったな。

日本でネガティヴな情報を
与えられている国に行ってみると、
そのイメージはほんの一部分
でしかないことが分かる。

情勢不安定で行けない国もあるけどね。

 

 

ヤズさんはヒッチハイクのお金を
一切請求しなかった。

困っていそうな人に声をかけて、
自分のできる範囲で手を差し伸べる。

信仰心の差こそあれ、
イスラム教の国が浸透したこの国では
助け合うことはがごく自然なこと
なのかもしれないな。

IMG_5387

 

ヤズさん、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

マシュハド行きの
チケットは

10万リエル。4ドルくらいだった。

IMG_5389

 

出発の時間は19:30。
現在11:00。

わーお。クソ時間があるじゃねえか。

IMG_5413

 

 

幸いバスターミナルには
漫画を描くのにうってつけのテーブルがある。

僕はパックセーフを外し、
一番上に置いてあるサンダルの入った
ビニール袋と服が入った3つの圧縮袋を取り出し、
背中の部分に差し込まれている
原稿用紙とカッター・ボードを取り出した。

IMG_5392

 

 

ある程度荷物を出さないと
漫画製作の道具を取り出せないのは
めんどくさいが、準備するだけだったら
5分もかからない。

ドリンクを注文して、
僕は漫画の構想を原稿用紙の裏に描き始めた。

IMG_5401

 

 

バスターミナルがなんで
街の中心部から離れたところに
あるのか分かる気がした。

ヤズドのバスターミナルは
立派な作りをしているのにも関わらず、
ほとんど人がいないのだ。

もちろん、バスが到着すれば
人が増えるのは当然なんだけど、
それもせいぜい30分くらい。

バスターミナルは
人が少ない状態の方がほとんどのようだ。

IMG_5397

「スカーフ着用は9歳からよ!」

 

 

テーブルを貸してもらった
アイスクリーム屋のおっちゃんは
ほんとヒマそうにしていた。

IMG_5393

 

 

ここで働くって
そうとうヒマだろうなと
思わずにはいられない。

IMG_5412

 

 

僕も世界一周の資金集めの時、
串焼き屋さんでバイト
していた時のことを思い出す。

お客さんがいる時、
特に混雑時には時間は
あっという間に過ぎていった。

反対にノーゲスの時は時間は
ちっとも進まなかった。

そういう時はなんとか時間を
やり過ごそうとお店の掃除を
することがほとんどだったのだが、

ここで働いているおっちゃんたちは
時間とどうつき合っているのだろうか?

隣りの売店も、またその隣りの売店も
お客さんは全く来ない。

IMG_5395

 

 

だからバスターミナルに
漫画家が現れたら、
そりゃいい暇つぶしにはなるよね。

もちろんおっちゃんたちは僕に絡んできた。

こちらとしても、絵を描いているだけで
コミュニケーションが取れるのは
ありがたいなと思っている。

 

 

「お!何やってるんだ?」

「どれどれちょっと見せてみ?」

IMG_5404

 

 

とかペルシャ語でよく分からないけど、
まぁ、たぶんそんな感じだろう。

おっちゃんたちは僕のテーブルの周りで
興味深そうにして製作現場の見学をしていた。

そして一通り見学してしまうと、
また各々の持ち場に戻り、
ヒマそうに携帯をいじくっていた。

こっちも初日なので
なかなか思うようにはノらなかった。

IMG_5407 IMG_5406

「何か?(イラッ)」

 

IMG_5405

「だから机を揺らすなっていってんだろうが!」

 

まぁ、いい時間の
使い方ができたかなと思う。

 

 

 

頼んだコーヒーは
洗面台の水を湧かした物を

IMG_5398

 

韓流ドラマのプレートに

IMG_5400

 

こんな風に乗って出てきた。

IMG_5403

い、インスタント…。

 

 

 

さてと、マシュハド行きますかね。

IMG_5421 IMG_5417

 

 

僕はさっさと道具をバックパックにしまって、
パックセーフを装着すると、
30分前にやって来てバスに乗り込んだ。

まだいくらか外は明るい。

窓際の席でインドで新しく買った
ペーパーバックを僕は読む。

IMG_5426

——————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

日本語の喋れるイラン人にあう度に、
『当時の日本を体験したことがあるのか?』
と思ってしまいます。思わず。

けっこう楽しかったんじゃないかな?
だって毎週土日に7万人が代々木公園でしょ?
その時の思い出もあってか
日本語の喋れるおっちゃんたちは優しいのかもしれません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

  ★そろそろインドの雑貨が相棒の家に届いたんじゃないかな?
Facebookページ「旅する漫画家」もよろしくお願いします。

★Twitterなんぞも「indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!