「ややっ!また会いましたね!」

世界一周137日目(11/12)

 

テキパキと
寝床を片付け、
僕は早めにバスターミナルへ向かった。

朝日がまぶしい。

IMG_4958

 

スマートに出発したつもりだったが、
荷物を固定しておく
ワイヤーロックをばっちし忘れた。

最近こういうの多すぎる…

 

 

 

バスターミナルに到着して
しばらく時間があったので
ブログの下書きをする。

IMG_4965

 

 

徐々にバスに乗る人が集まってきて、

8時になるとバスは

「Kengtong(チェントン)

向け走り出した。

タイとは30分の時差がある。
国境を越えただけで
この30分が妙にぎこちなく感じる。

 

ラオスの様な山道を
バスはゆっくりと走る。

道路は舗装されてはいるものの道幅が狭く、
くねくねと曲がりくねっているため、
対向車に気をつけながら。

 

前日が野宿だったこともあり、
バスの中ではうたた寝を繰り返していた。

車内で流れる
タイのコメディー映画の内容だけは
なんとなく覚えている。

IMG_4969

 

 

チェントンに到着すると、
僕はさっそく情報収集を始めた。

IMG_4972

 

 

チケット売り場のお姉さんに
駅はどこに行けばあるのか尋ねたが、
お姉さんは英語を解せず困った顔をした。

大体こういう時には
近くに英語が喋れる
トゥクトゥクのドライバーがいるんだ。

 

モトゥと名乗るドライバーからは
衝撃の一言が発せられた。

 

 

 

「この町に駅なんてないよ」

 

 

 

 

 

はっ?

 

 

 

 

ミャンマーということだから、
あまりマップアプリを
頼りにはしていなかったのだが、

ここで確認すると、
鉄道駅どころか地図さえあやふやだ。

 

 

 

 

 

ちきしょーっ!

タチレクの旅行代理店のオヤジ!
適当なこと言いやがったな!

 

 

 

「それにここから
次の町に行くことはできないよ。

ここはタチレクとの
往復便しかバスはでてないからね」

 

モトゥと話しているうちに、
列車に乗るためには

「Taunggyi(トンジー)

という町に
行かなければならないらしい…

 

 

「だけど、
外国人は陸路からトンジーには
行けないよ。
外国人には
開放されてない
から。

行くんなら飛行機しかないね」

 

 

はい!出ました!

それで高額ツアー
組ませる気だろいっ!

 

 

 

 

やはり、どうしても
彼らの言うことが信じられない僕は

トンジーの町へバスが出る
ローカルなターミナルへ徒歩で向かったが、
場所が分からないため、
バイタクで向かったのであった。

IMG_4982

「徒歩30分」と言ったモトゥ。
そんな距離にはターミナルはなかったぜ。

くそ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「外国人に
チケットを
売ることはできない」

 

どこのチケット売り場に言っても
同じことを言われた。

IMG_4984

こんなに売り場があるのに、
どこも紋切り型の同じ台詞しか口にしない。

 

使っているのはTOYOTAや
日産や中小企業のロゴの入った
日本の中古車なのに!

日本人の僕が乗れないなんて
こんな話があっていいのかぁっ!

 

 

それにみんな口を揃えて

「トンジーへは飛行機」

と言う。

トンジーへの陸路は完全に断たれた。

IMG_4985

 

ちょっと待ってくれよ!
そんなの聞いてないぜ?
タイからの陸路入国が可能になった
って情報を得たから
ビザまで取って入国したのに、

飛行機に乗らなくちゃゃだめだなんて
結局、空路しかダメってことかよ!?

 

 

 

 

 

こうなったら…

 

 

 

 

僕はローカルバスターミナルの前を走る
トンジーまでの道路で
ヒッチハイクを試みたが、

乗せて行ってくれる人は
まったく現れなかった。

 

運良く停まってくれた
日産の車を運転する
ミャンマー人のご夫妻は
僕を車に乗せてくれた。

 

だが、行き先は
すぐそこの
ローカルバスターミナル。

IMG_4986

 

くそぅ…

どうやってもチケットは
売ってくれないらしい。

 

 

 

 

 

 

目の前に停まったトンジー行きのバス。

僕はこっそりバスに乗り込んだ。

 

一番最初に話しかけた売り場のお兄さんは、

いたずらっぽく
『一番前の席に座っちゃえよ』
アイコンタクトを送ってくれた。

 

 

 

こ、これは…

もしかしたら行けるかも!?

IMG_4990

 

 

お兄さんは忙しそうに
バスの中に箱詰めされた
大量の缶飲料や食料を搬入している。
僕は何も言わずに笑顔で搬入作業を手伝った。

 

そう。

 

 

 

ここで媚を
売っておけば!

乗っけてもらえる
可能性が上がるだろうぅっっっ!!!

うわぁ〜…おれゲスだぁ…

 

 

 

 

搬入作業が終わり
他の乗客もバスの中に乗り込むと、
僕は最前列の座席で行きを潜めた。

顔がめだたないように
ヘアバンドをアイマスクのようにして目をつむった。

 

 

しばらくするとポンポンと肩を叩かれた。

目の前には
焦げ茶色の制服を着た警察官の様な人
僕をにらみつけている。

 

 

「イミグレーションオフィサーだ」

 

 

ぐっ…だめだったか…

 

 

僕は穏便にことを済まそうと

 

「勝手に乗って済まなかったよ。

分かった。
一度タチレクに戻って飛行機に乗るよ
(もちろんそんなつもりはない)

 

とその場を去ろうとしたが、
彼らは僕のような外国人を
野放しにしてくれるほど甘くはない。

 

 

「車に乗りなさい」

 

 

「いや、だから、一回タチレクにー…」

 

「車に乗りなさい!」

 

彼らは僕のパスポートを取りあげ、
僕は言われるままに車に乗り込んだ。

 

 

 

連れて行かれたのはプリンスホテル。
そこで電話をかけ、
パスポート情報をどこかに伝えている。

IMG_6847

 

幸いお金は請求されなかった。

 

どこのホテルに泊まるか尋ねられたが、
まだ決めていないと言うと
安宿の名前(それでも10ドル)を教えてくれたが、
どんな名前だか聞き取れなかった。

それにそんなことはどうでもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はひとまず、
タチレク行きのバスチケットを
泣く泣く購入し、

今晩の寝床を探しに町をふらついた。

 

だって払ってられないすもん。
バス代も無駄にかかっちゃったし。

 

 

 

お寺を当たってみたが、
どこのお寺も
寝かせてくれることを拒んだ。

IMG_4997

 

 

てめぇ!なんでだ!この野郎!
ほんの建物の物陰に
ひっそりと寝かしてくれるくらいいいではないかぁああ!!!

はぁ…はぁ…

 

 

一体誰が、
「お寺に泊まれる」
なんて言ったのだろう?

タイもラオスもミャンマーも
同じ仏教人じゃねーかよ。

 

 

 

 

 

ようやく見つけたのは、
学校らしき敷地内の校庭。

 

日が沈む前に親子が入ってきたので
物陰で様子を見ていると、

 

お父さんは子供をベンチに座らせ、
校庭を徒歩で10週ほどして去って行った。

あれは…なんだったのだろう?

 

 

物陰で息をひそめていると、
僕の姿を近所女のコが発見した。

気まずくなるのをさけるために
(っていうかこのシチュエーション自体気まずいんだけど…)

 

「よっす!」

 

と軽いノリで挨拶したのだが、
女のコはガンダッシュで逃げて行った。

そりゃそうか。

僕、どう見ても不審者ですもん。

 

 

 

 

裏手からフェンスを乗り越え、
校庭に野宿セットを準備する。

バックパックは重過ぎてフェンスの内側に
持って来ることができなかったので、

パックセーフをつけたまま
南京錠でフェンスに固定した。

 

 

寝袋にくるまって夜空を見上げると、
月明かりで僕の姿が照らされていることが分かった。
でもじっとしていれば目立つこともあるまい。

 

地元の女の人が
「なんだあれ?」的にフェンス越しに
10秒ほど見つめていたが、

特に気にしなかった。
こういう時こそ堂々としていれば案外うまくいくー…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔を懐中電灯の明かりが照らす。

 

見回りに来たおっちゃんに
フェンス越しに
「一晩だけ寝ていいか」と尋ねると。

おっちゃんは
「ノープロブレム。安心しろ。寝てもいいぞ」
と言ってくれた。

 

しばらくすると、
見回りのおっちゃんたちが3人に増えた。

 

「そこは寒い。
すぐ近くにオフィスがあるから
そこで寝るといい」

 

3度目の正直かな。

こういう優しい人もいるんだ。

 

案内されたオフィスの中で
勧められたタバコを吸っていると、
見覚えのある顔が。

 

 

 

 

「またお前か!」

 

あちゃぁ~~~~~…

 

 

日本だと
「そうか!ひらめいた!」
とでも言わんばかりに、

握りこぶしを反対側の手のひらに
パチンと打ち付ける
イミグレーションオフィサー。

 

「You are problem man!!!」

 

とけっこうなご立腹なご様子。

 

「タチレクへのバスチケット買ちゃったから
お金がなくなっちゃったんです」と言っても、
もはや何も通じない。

さっきと同じように
パスポートを取り上げられ
僕は近くのホテルに連行された。

 

連れていかれたホテルには
日本語を話せる従業員さんがいた。

明日の朝に発つとのことなので
10ドルでいいですと。

もちろん選択肢はイエスしかない。

 

たった一日野宿しただけなのに、
ベッドが懐かしく感じた。

僕は水圧の弱いホットシャワーで
ベトベトの体を洗い、
Tシャツと下着を洗濯すると、
扇風機にS字フックで取り付け

ベッドに潜り込んだ。

IMG_4999

——————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

なんだかんだで、ミャンマーに切り込んでいます!

宿代が高い高い!
そしてWi-Fiが遅い遅い!

写真のアップはまたのちほど
ということで
今回は文章だけで失礼します。

インドに入る前に
一度タイに戻る予定なので

その時になってしまうかもです。

 

あっ、
バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周

5 件のコメント

  • お~ミャンマーに入ってこれたのね。おめでとう。

    そう、ミャンマーでは、外国人たち入り禁止の所があったり(許可が必要だったり)、ホテルに泊まらないといけないからお金がかかるんだよね。

    私達昨日まで首都のネピードにいたけれど、来月にアセアンオリンピックがあるから、今からクリスマス頃までここではホテル泊できないよ。日本長期滞在の人も、出されたらしいから。宿泊料金も10ドルなんてないのよ。

    • >ふくさん

      ついに僕もミャンマー入国です。
      ネット環境がすこぶる悪くてようやくお返事が返せました。
      いまはマンダレーの9ドル(値切りました笑)のホテルに泊まっています。

      ふくさんとご主人のミャンマー生活はいかがでしょうか?

      最近僕はミャンマーの人たちの優しさに触れる機会が多いです。
      「騙す」とかそういう考えからくるのではなくて
      純粋な親切さを感じます。

      ふくさんたちのミャンマーでの生活も
      素敵な物でありますように♪

  • てっきり飛行機で入国するのかと思ってました!大変そうですが、旅は続けられているようですね。
    良かったです。

    ミャンマーは外国人の民泊が禁止されていました。私がお金なくて困ってた時に市場のおばちゃんが「家でご飯はご馳走してあげられるけど、あなたを泊める事はできない。逮捕される。」と…
    野宿を断られてしまうのも、庭などの敷地内に外国人を泊めたとみなされてしまうからでしょうか。

    • >マルルさん

      ターペー祭いかがでしたか?
      バンコクで会った旅人仲間がめちゃくちゃ感動してました!
      「死ぬ前に2回は行きたい」って笑!

      僕も行きたかったんですけど、
      どうやらターペーとの縁はなかったみたい。
      (かわりに素敵な出会いがありました)

      ミャンマーの事情はそんな感じになってるんですね。
      今、マンダレーなのですが、
      「外国人は宿泊できないのよ」と言うゲストハウスもありました。

      野宿はできませんね笑。

      • お祭りはとても感動しました…..。
        チェンマイでお会いした日本人の方も「来年も来たい!」と
        言ってましたが私は1回見れただけで大満足です。
        何回見ても感動するのかもしれませんが、何回も見る事により
        初めて見た時の感動が薄れてしまうのが怖いです。

        私は今までの旅の思い出の中でも、ミャンマー人との出会いが
        最も印象深くて一生忘れられないと思っています。
        シミさんも素敵な出会いがあったみたいで★
        ブログ楽しみにしてますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!