「前に進もう」

世界一周138日目(11/13)

 

イミグレーションオフィサー
7時に僕をバス乗り場まで連れて行くらしい。

早めに起きてパッキングを済ませて
レセプション前に降りてぼぉっと待っていた。

IMG_5000 IMG_5005

 

 

スタッフさんが
「朝食を食べて行く?」
と言ってくれたので、
揚げパンとコーヒーとバナナをいただいた。

パスポートはまだ返してもらえていない。

これからどうなるのだろうか?

 

 

7時過ぎにやって来たのは、
校庭で野宿している僕に
寝ていいよと言ってくれた人だった。

IMG_5007

 

 

ややっこしい問題に発展してしまったのを
悪く思ったのだろうか?

ホテルの宿泊代を立て替えてくれようとしたので
僕は「これは僕の問題ですから」と
10ドル分のミャンマー通過で支払った。

 

5分後に昨日のオフィサーたちがやって来て
そのまま車でバスターミナルまで連れて行かれた。

 

「いつパスポートを返してくれるんですか?」

 

「まだだ!」

 

 

バス乗り場では
もたもたと他の乗客たちが
荷物を運んだりしていた。

バスの出発までは時間がありそうだ。

オフィサーたちはパスポートのコピーを取ったり、
僕の乗るバスの写真を撮ったり、
何度も何度も僕のパスポートを眺めていた。
そんなに見たってなにも出てこないのに…

IMG_6849

 

 

ただ、一緒に来てくれた
オフィサーCさ(多分この人はイミグレ職員じゃない)

 

「安心しな。パスポートは返ってくるから」

 

と言ってくれた。

 

昨日と同じように
僕にタバコを勧めてくれた。

 

不安になっても仕方ない。

ここまで来たら成り行きに
身を任せるしかない。

僕はお礼を言って
タバコを一本受け取った。

こういう時タバコには助けられるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

出発する直前になり
ようやくオフィサーは
パスポートを返してくれた。

僕はオフィサーたちに脱帽して頭を下げ
タチレク行きのバスに乗り込んだ。

 

昨日と同じ最前列。

たぶん外国人は最前列に座らせられるんじゃないかな?

IMG_5011

 

窓の外に年配の欧米人の旅行者の姿を見た。
彼らはこの行き止まりの町に
何をしにやって来たんだろうか?

 

バスが走り出しても
いつものように眠りに就くことはなかった。

ずっと同じことを
ぐるぐるぐるぐる考えていた。

IMG_5014

 

 

『これからどうしよう?』

 

 

 

パスポートを返してもらう直前に
イミグレーションポフィサーに
旅のルートを確認してもらうと

トンジーにさえ行けばあとは陸路で
マンダレー、ヤンゴン、タイまで行けると言っていた。

Taunggyi(トンジー)にさえ陸路で行ければ…

 

無駄に払ってしまった
往復2,000円分のバスチケットと
10ドルのホテル代が痛い。

IMG_5017

 

 

『そうだ!

タチレクの町に来た時、
あの英語を全く解さなかった
ローカルバスのチケット売り場の女のコは

もしかしたらトンジー行きのチケットを
売ってくれるかもしれない!』

 

 

バスが関所のようなところを通過する。

バスは補助員がさっと降りて
お金のやり取りを済ませるが、

ミニバンはすぐには通過できずに
制服を着た職員とやりとりをしている。

 

もし仮にトンジー行きのチケットが買えたところで
途中でバレたらおしまいだ。

今度はきっと国外追放だ。

 

 

 

『もういっそ
タイに逃げ帰ってしまおうか?』

 

 

 

そんな考えも浮かんだ。

 

こんな時、アイツならどうするかな?

おれがミャンマーに感じたものは
こんなものではなかっただろう?

写真アプリfotopediaで見た
美しい景色を見ないでいいのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タチレクに
戻った僕は

再度バスターミナルに行き、
トンジー行きのバスチケットがあるか尋ねたが

英語を話せるトゥクトゥクドライバーが
(いいタイミングでいるんだよ!)
トンジーへは飛行機じゃないと
行けないと教えてくれた。

 

 

もう何回同じことを聞いただろう?

僕は入って来るところを間違えたのだ。

タチレクと言う町は
タイのメーサイという町からの
ビザランの目的しか果たさない。

 

 

 

 

腹をくくった。

前に進もう。

この先にある物を僕は見よう。

 

 

 

ローカルの航空券を扱うお店では
外国人向けのチケットは販売していない
とのことだったので、
離れた旅行代理店へ徒歩で向かう。

「2キロだぞ!タクシーを使え!」
とお店のおっちゃんは言ったが、
2キロくらいなら歩けると思った。

 

 

 

だが、いくら歩いても
教えられた代理店は見えてこない。

他の人に道を訊くも
「あっち」と指をさすだけ。

見落としてはいないんだろうけど…

 

 

のたのた歩いていると
バイクに乗った三つ編みの女のコが
「乗せて行ってあげるわよ」と
ニケツさせてくれた。

め…女神だ…!!!

そこから100メートルも進まないところに代理店はあったのだけど。

 

「チューズテンバーデー!(ありがとう!)

 

とお礼を言い女のコに別れを告げた後
旅行代理店に入ると僕は翌日のチケットを
99ドルで購入した。

IMG_5020

 

 

こういう時のためにタイで
新券の100ドル札を用意しておいたのだが

デザインが新しくなったため、
お店の女性スタッフは「これ本物?」と言ってきた。

僕も新しい100ドル札には驚いているんだ!

折れ曲がった旧100ドル札を見せると
彼女たちは安心してそれを受け取ってくれた。

 

もう後には退けないぜ。

 

 

 

 

ここで野宿をして
また厄介ごとになるのは避けたい。

今日は宿に泊まろう。
僕は安宿を探してタチレクの道を歩き出した。

 

チケットを買った旅行代理店から
いくら歩いても宿の看板は見えてこない。

 

 

『おれは…
なんでこんなひーこら言いながら
旅をしているんだろう?』

 

 

 

「思い通りにはいかないのも旅」

 

 

誰かがそう言った。

 

 

 

 

やっと見つけたモーテルの値段は
300バーツだったが、
値切って250(787yen)になった。

Wi-Fiは24時間100バーツから。

IMG_5023

 

 

ほんの数時間でいいから
半額にしてくれと言っても

レセプションのおばちゃんは
電球を換えるように手をヒラヒラとさせて
「NO」のサインを作るだけだった。

IMG_5022

 

 

 

洗濯物を済ませて軽くシャワーを浴びると
僕は国境付近のマーケットに足を運んだ。

そこで買ったのは
この旅始まって以来の3代目の腕時計。

パチもんのCASIOの耐水性の腕時計。
値切って300バーツ。

 

なんで買っちゃったんだろう?
たぶん

「前に進むぞ!」

っていうことなんだと思う。

 

買って15分も
しないうちに壊れた。

 

ベルトを調整しようと思ったら
留め具が「バキャッ!」と外れた。

この時計が日本製であるわけがない!

 

 

 

 

 

よしっ!
クレームに行こう!

 

 

さっきの腕時計を買ったお店に行こうとするも
どこだったか分からない。

なぜかタチレクの国境付近のマーケットには
パチもんの腕時計屋が死ぬほどあるのだ!?

他のお店の店員は
「うちなら200バーツで売ってるよ」
ファッキンな事実を抜かしやがる!

 

 

迷いながら辿り着いた
さっきのお店には別のスタッフがいた。

腕時計を交換してくれ!と言うと
ヘラヘラしたヤツが
「もう100バーツ払ったらな」と言う。

 

ふざけんなよ!
30分も経ってないのに壊れたんだぞ!
とごねていると、

さっき僕に時計を売った男のもとへ連れて行ってくれた。

 

 

「オォ~!!!
ブルガリ!ブルガリ!」

 

 

とよくわからない単語を連発しながら
ささっと留め具を別の留め具に取り替えてくれた。

IMG_5030

 

おぉ!意外と素直だったな。

まぁ、買ってすぐのことだったしな。

 

すぐ買って壊れてしまう
200バーツの腕時計より
留め具を交換して僕だけのものになった
300バーツの腕時計の方がいい。

IMG_5028

 

 

いいことあるさ。

IMG_5032

 

明日の飛行機で
僕はミャンマー第三の都市
Taunggyi(トンジー)へ向かう。
——————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

ただいまマンダレー。

Wi-Fiも快速ではないものの、
なんとかブログをアップできます。

これから溜まりに溜まったブログの下書き
これから「ドバッ」っと編集して行こうと思いますよ!

世の中には「予約投稿」と言う
スマートなブログアップ方法もあるようですが、
僕のブログは「◯月◎日」的な日付形式なので
予約投稿するにはある程度期間が空かないとダメだし、

それに
リアルタイムの方が好きなんスよ♪

「旅してる」って感じがするから。

一応前回のブログも写真をアップしました。
イミグレーションオフィサーとのヤツ。
よかったら覗いてみてください。

 

毎度長文のブログですが、
本を読むのが好きな人が通勤電車の中で
暇つぶしにスマホから読んでくれたら
ちょうどいいんじゃないでしょうか?

なんてね♪

僕は毎日全力で旅を楽しんでます。

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!