「カフェにいるアイツ」

世界一周204日目(1/18)

 

「明日の
夕方のバスで
ムンバイに向かうんだけど、

バックパック預かって
もらってくれないかな?」

「じゃあここに置いておけばいい」

IMG_0410

と交渉した昨日。

荷物をまとめて
チェックアウトしなければならない9時には
部屋を空けた。

 

 

「4時にはバックパック
取りに戻ってくるんで」

「ほい。50ルピー(84yen)ね」

「えぇぇえええ!!!なんで!!!???
ちょっと高いってそれ!
せめて30!」

「わかったわかった。いいよ。」

 

このゲストハウスにチェックインした時も
400ルピー(675yen)から
300ルピー(507yen)に簡単に折れた。

ここの宿のおっちゃんはインド人にしてはすぐに折れる。

まぁ、本当はもっと低い金額か
お金がかからないんじゃないかとは思うんだけど、
旅人に値下げ交渉は必須!

 

バックパックのメインの取り出し口は
外から取り出せないように
付属の南京錠でパックセーフを閉めた。

サイドポケットに入っている物は
シャンプーや圧縮袋のスペアとか。
盗られてもダメージの少ない物を入れている。

パソコンやパスポートはいつもサブバッグに入れているし、
バックパックの中に入っていて
盗られたくないものと言ったら
旅の写真のバックアップをとっているHDとかかなぁ?

 

バックパックには他にも漫画製作の道具も入ってるけど、
盗ったってしょうがないものだしね。
それなりに上質な紙とペンさえあれば漫画は描けるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして向かった先は
「Cafe Coffee Day」

IMG_0475

 

 

インドの中規模以上の街だったら
必ずと言っていいほどあるコーヒーチェーン店。

僕、ここのチェーン店のお得意さんだよ。

オーダーするのはいっつも
一番安い60ルピー(101yen)の
サモサとコーヒーのセットだけどね。

IMG_0476

 

 

 

テーブルに旅ノートを広げて
ちょこちょこ落書きをした後、
漫画製作に取りかかった。

お客さんは僕の他に
英語で会話するおじいちゃん二人。

静かなカフェはいいもんだ。

2階のガラス越しにゴアの町並みが見える。
この街もゆっくりと一日の活動を始めるのだ。

 

最初の2時間はよかったのだが、
すぐに変なヤツがやって来た。
(そういう僕も相当な変なヤツなんだけどさ)

 

インド人なのかどうかはわからない髭面。
20代後半から30代前半くらいにいちゃん。
アディダスのブルーのジャージ、手にはバイクの半ヘルメット。

僕は自然光の一番届く
お店の一番すみっこにある二人がけのテーブルに
座って漫画を描いていたんだけど、

ガラガラにすいているお店で
ソイツは僕のすぐ後ろに座った。

 

近くに置いてあったサブバッグやギターを指差して。

もそもそと

「ここ座ってもいいか?」

と英語で訊いてきた。

 

あぁ、そういえばその席に
いらなくなった番号札置いてあったんだった。

 

「え~っと…」

となんと説明していいか分からないうちに
ソイツはさっさと自分のパソコンをテーブルに置いて
オーダーをしにいってしまった。

 

まぁ、お客さんがどこに座ってもいいんだけどさ、
わざわざ人がいる近くに
(それもすげえ狭いテーブルの配置なんだよ)
座るのはどうなの!!?寂しがり屋さんかなんかなの!!?

 

僕はソイツに背中を向けて座っていた。

『よし、下描きも終わったし!
ペン入れいきますか!』

って時にみょうな音が聞こえる。

 

 

 

「あ~うあ~うあ~…」

 

うわぁ~…
なんか後ろのヤツ、ホーミー
(モンゴルの遊牧民がやるうなり声みたいなもの)
みたいなのやってるよぉ~…。

 

し、集中!集中!

ペンがノらない…

 

5分くらいしてホーミーが止んだと思ったら、
今度はパソコンでトランスを垂れ流しにし始めた。

マジ迷惑だよぉ~…

音楽かけるんだったらせめてイヤホンしてくれよっ!

 

「Cafe Coffee Day」自体も
割と大きめで店内音楽をかけるお店なので、
我慢して作業していればホーミー(今あだなつけてやった)の
トランスもそれほど気にならなくなった。

 

それにしてもこうして周りのことを一切気にせず、
自分テリトリーを作ってしまうヤツは嫌い。

僕だって何時間も作業するけどさ!

周りのお客さんに迷惑かけないように意識したり、
混んできたら席をはずすくらいの
マナーはわきまえてるつもりさ。

 

ホーミーはその後もトランスを垂れ流しにし続け、
トランスが途切れ、やっと静かになったかなと思うと
再び「あ~うあ~…」とホーミーしていた。

 

後からやって来た離れたテーブルに座った欧米人の家族たちは
周りを気にすることなく、子供向けに
パソコンでアニメを垂れ流しにしていた。

カフェの秩序はいずこに…?

 

 

僕はペン入れしている時には
極力イヤホンで音楽を聴かない。

ペンと紙がこすれる小さな音も
ペンタッチに関わってくるからだ。

それでも4時間カフェで作業して、
昨日約束した通り、同じ場所にギターを抱えて向かった。

IMG_0474

 

 

 

 

 

 

 

 

3時前の昼下がり。

「明日もここで唄いなよ!」と言ってくれた
CITIZENのオーナーに挨拶をして、ギターを構える。

IMG_0483

 

 

人通りは全然ない。
唄うのが楽しめりゃいいかな?

時折、木陰に涼しい風が吹き抜ける。
CARAVANの曲を静かに唄う。

唄ってないと声出ないなぁ。

IMG_0482

 

 

 

「Good memories makes me relief still now.

Sometime I want to go back that time.

But We have to keep on moving foward.

(よき思い出たちは今でも僕をほっとさせてくれる

時々、あの頃に戻りたくなるよ

でも僕たちは前に進み続けなくちゃならないんだ)」

 

 

そんな歌詞を書いた自分の歌を唄った。

語法だとか文法とかグロービッシュにはあまり関係ない。

聴いてくれる人たちがちょっとでも
理解できるような旅の歌を作っていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

4時半に
バックパックを宿に取りに戻った。

ギターを見た宿のおっちゃんがこう言った。

 

「ギターは荷室に預けない方がいいぞ。
盗まれてしまうぞ!」

 

マジでっっっ!!!?

 

ビビリの僕はバスターミナルまでの道のりで
車内に持ち込めるようにギターをはずし、
パックセーフを南京錠で締め直して
上からレインカバーをかけた。

IMG_0485

 

 

 

そして18時にムンバイ行きのバスに乗り込む。

IMG_0487

 

 

窓からゴアの別の顔が見える。

IMG_0488 IMG_0493

 

 

ゴアにはこんな一面もあったんだなぁ。

IMG_0502 IMG_0503

 

 

遠ざかっていくゴアの町並みを横目に
CARAVANの「Kay of Life」がよく合った。

IMG_0499

 

 

バイバイ、ゴア。

IMG_0496

————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

ゴアにはビーチもあるみたいっすねー。あとから知ったけど。

訪れた街を100%理解するなんて無理な話。
でもこの街は面白い街でした。

安宿があればなぁ~…。
300ルピーで「安宿」なのかなぁ?

5ドル。う~む…

そう考えてしまう貧乏パッカーの僕です。

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★新しい短編もアップしました!
Facebookページ「旅する漫画家」もどうぞよろしくです!
作ってくれた相棒のまおくんには感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!