「吠えてくる近所の犬と愉快なコリアン・フレンズ」

世界一周329日目(5/23)

 

近所の犬どもが

やたら僕に敵意をむき出しにして吠えて来た。

IMG_9122

 

 

朝ご飯を買いに行く途中。
宿の近所には番犬を飼っている家が多い。

彼らはちゃんと番犬としての
役割を果たしているのだ。

IMG_9123

 

 

それにしても、グルジアの犬どもは
デカいヤツらが多い。

IMG_9126

コイツは通常サイズだけどね。

 

 

野良犬はほとんどいないんだけど、
飼い犬のデカさといったら
今まで旅した国で
ダントツじゃないだろかってくらい。

全ての犬がそうじゃないよ。もちろん。

でも、グルジアの犬はデカいんだ。

 

 

僕が朝ごはんにソーセージの入ったパンを買って
外に出ると、外に首輪のついていない
小綺麗な犬が待ち構えていた。

IMG_9127

 

 

こちらを見て、
尻尾をちぎれるんじゃないかって
くらい振っている。

僕はこれ見よがしに
焼きたてのパンにかぶりついた。

噛むと中からソーセージの肉汁が
「じゅわっ…」っと口の中に広がった。

IMG_9128

 

「ほらっ」

ついつい犬にパンをやってしまう。

僕は犬好きなんだ。

 

 

 

 

 

宿に戻りパソコンを広げてキーボードを
叩いていると、重度のお喋り好きのカナダ人、
マイクが急にわめきはじめた。

 

 

「財布がない!
昨日ここに置いて、
最後に自分のポケットにいれたのに!」

「ア~~~!」とか「シット!!!」を
連発するマイクおじさん。

スタッフのエリザさんの顔が曇った。
こんなところで盗難なんて起こるはずがない。

宿泊客の入れ替わりははげしくないし、
宿の心地よさから貴重品の管理は厳重にはしていない。
パソコンをテレビの前のテーブルに
起きっぱなしにする人もいるくらいだ。

そのくらいここではみんな
みんなのことを信じ切っている。

 

 

だが、反面、それがよくない点もある。

マイクと韓国人のナヤおばさんは
ここに長期で滞在している。

宿にある二つのテーブルのうち一つは
「二人専用(お互い半分づつ使っている)
と言ってもいいくらいだ。

他にこのテーブルを使いたいという人が
いないからかもしれないが、
二人はだいたいパソコンやノートを
いっつもこのテーブルに出しっぱなしにしている。

カズさんやエリザさんも
これには困ったもんだと顔をしかめている。

エリザさんも優しすぎるのか、
彼ら二人にはなかなか言い出せないようだった。

 

 

「イッチュ・オーケー♪
いっつもこのテーブルにパソコンを
置いているけど、何も問題ないわ」

テーブルの半分にパソコンとノート、
筆記用具を散乱させたナヤさんがお気楽に言う。

 

いやいや、
そんな問題じゃないだろ?IMG_9130

 

 

一ヶ月以上滞在してる
長期宿泊者の特権なんてものがあろうか?

飲食店の席キープじゃないんだから、
いくら他に使う人がいなかったとしても、
終わりにはちゃんと片付けようよ。

僕はどちらかと言えばしっかりしたヤツじゃない。
ルーズなヤツだ。それは自覚している。

 

 

僕も「財布がない!」って
同じことをやってしまったことがある。

それも日本人宿で。インドのサンタナ・バラナシで。

結局はバックパックの隙間に
財布が挟まっていたんだけど、
あの時はスタッフさんたちに嫌な思いをさせてしまい、
非常に申し訳ない気持ちになった。

そんな僕なのだが、
たまにどうしても、
こういうことにイライラすることがある。

二人ともいい歳した大人なんだから
そこはしっかりしようぜ?
ファック!とかシット!とか言ってないでさぁ?

 

 

結局お財布はマイクが使っている
ベッドの脇に落ちていたようだ。

それを知った時のエリザさんのほっとした顔は
僕をスタッフの一人のような気持ちにさせた。

まだオープンして一年経っていないこのホステル。

どうもエリザさんは宿泊客のレビュー、
特にネットの書き込みを気にしているようだった。

ここの宿ではエリザさんが
晩ご飯を作ってくれるけど、
韓国のみんなが自炊をし始めた時、
「私の料理がダメなのかしら?」
とけっこうヘコんだらしい。

 

 

ネットのレビュー、ブロガー…。

 

 

このナヤおばさんというのも
韓国で有名なブロガーなんだか。
カズさんがそう言っていた。

たぶん、そんなことはないんだろうけど、
僕にはどこかブロガーが居心地のいい宿で
ハバをきかせているように思えた。
だから注意しないのか?

 

 

その日、僕はなかなか
イライラから抜け出すことができなかった。

なんか妙にイライラしながら漫画を描いていた。

自分もテーブルの半分を
占領してるっていうのに、
自分勝手な一方的な不満…。

IMG_9133

 

 

 

 

僕は漫画の製作に入った。

そっからエリザさんに
「ヨスケ!ディナー!」と呼ばれるまで
僕はずっと漫画を描いていた。

IMG_9131

 

 

製作二日目。

内容はペン入れの主線から背景の途中まで。
明日で終わる作業状況。いい感じのスピードだ。

 

 

 

無性に食後のアイスクリームが
食べたくなった僕は外に出た。

IMG_9138 IMG_9137

 

 

帰ってくると韓国のみんなが
テレビの前のテーブルに
2Lペットボトルに入ったビールやワイン、
割物のコーラ、つまみにサラミなんかを出して
酒盛りをやっていた。

「シミ、一緒に飲もうよ!」

いつもの様にキューが誘ってくれる。

僕もずっと作業してるのはつまんないしね。

彼らは明日クタイシに出発してしまうようだ。
これが最後の酒盛りか笑。

 

 

同じドミトリーに泊まっている
カメラウーマンのお姉さんが
ショートパンツとTシャツという姿で、
ソファにくつろいだように座って、
友達とスカイプをしてた。

IMG_9143

 

 

それが僕に
日本人と韓国人の違いを意識させた。

 

 

日本人はけっこうプライベートな領域を持っている。

そういうのを意識すると、
話しかけずらかったりする。今回なんてそうだ。

お姉さんにはお姉さんの
プライベートな時間があるのだ。

ここまでネットがどこでもできると、
ここにいない友達と連絡を取ることが多い。

僕も相棒なんかと雑貨の仕入れや
くだらないことまでけっこうやり取りをしている。

 

 

それに比べて韓国のみんなは
フレンドリーだなぁと感じた。

アルメニアで会ったチャンソク、チュニ夫婦と
キュー、イヴァンカップルはグルジアが初対面。

それなのに、一緒にカズベキを訪れたり、
今ここでこうして酒盛りをしている。

「韓国人の旅人は全体的に
グループが小さく、繋がりが強いんだ」

カズさんがそう言った。

 

 

今僕が置かれているシチュエーションはとてもレアだ。

ほんとに彼らの仲間に入れて
もらえているのはたまたまだと思う。

アルメニアのリダさんちで会ったからってのと、
同い年で建築や製品デザインの
勉強をしていて話が合うってのもあった。

今回のはたまたまなんだよ。
他じゃこんなに仲良くはできない。

特に欧米人なんかは未だに英語で
なんて言ってるのか分かんない時があるし、
お酒の飲めない僕は仲間に入りづらいんだ。

そんなことをキューに言うと

「韓国人だってそんな誰それ構わず
仲良くなれるわけじゃないさ」

と言っていた。まぁ、そりゃそうか。

 

 

寂しさからか、ドミに泊まっている
ウクライナの男の子が同じソファに座って来た。

IMG_9144

 

 

何も話さず、黙ってスマートフォンの
画面をいじっている。

た、たぶんからんで欲しいんだろうな。
だってさっきまで他のテーブルにいたもん。

急に気を遣い始めるみんな。

質問をなげかけてみるも、
ウクライナの男の子は口ベタなのか
話が全くと言っていいほどはずまない。

 

 

アジア人同士で目配せをする。

それは僕に日本での
「飲み会」を意識させた。

人がまわりに沢山いても
口数が少なくなってしまうときがある。

 

 

『一体何を話せばいいんだ??!!』

今は立場がまるっきし逆だけど、分かる!分かっちまうよぉっ!このシチュエーション!おれ一人で黙っちゃう子だったぁぁぁぁあああ~~~~!!!

 

 

 

彼はきっと会話が
振られるのを待ってる!!!

IMG_9146

 

年長者のチュニ姉さんが
ウクライナくん(ごめん名前分からなかった)に
会話を振るが、3センテンスくらいで
話が終了してしまう。

 

 

「が、ガールフレンドはいないの?」

「いない…」

「そ、そんなぁ~、
私あなたのことハンサムだと思うなぁ~」

「…」

 

 

気マヅイ…。

 

 

 

「なぁシミ、
なんであの日本人のお姉さんは
あんなセクシーなんだ?
露出し過ぎじゃないか?」

お姉さんがドミに戻った後で
キューがそっと僕に耳打ちした。

「何言ってんだよ?
イヴァンだっていっつも
ショートパンツ穿いてんじゃん」

「え~?コイツ?
コイツの太ももにはそそられないよ」

「何言ってんのよ!」

じゃれあう二人。
へっへっへ。お似合いの二人だぜ。

 

 

今日はノムヒョン大統領の命日だそうだ。

チャンソクがネットでダウンロードした映画は
韓国語オンリーだったので、その日の宴は幕を閉じた。

そこでも彼らは外国人の僕たちに対して
気を遣ってくれた。
「そろそろお開きにしよっか」と。

僕としては韓国の映画に興味を持っていたんだけど、
気遣いを察知して、僕も自分のベッドに引き上げた。

 

漫画しか描いていなくても、
そんなささやかな旅の日常が転がっている。
そんな一日だ。

—————————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

なんか日記らしい日記だったような気がします。
つくづく今回は珍しいケースだと思います。
ここまで仲良くなれたのは初めてかも知れない。

いっつも声をかけてくれるキューの人柄にもよるのかもしれません。

もちろん、日本人でも気の合うヤツはいるけどね。その反対もしかり。

受け売りじゃないけど、僕は全ての人と
仲良くしなくちゃいけないとは思わない。

惰性で行く飲み会なんて気を使う必要なんてない。

つまらなきゃ帰る。それでいいのさ。

100はないんだ。合わない時はしかたない。

それは僕が19歳の時に
青春18切符で小田原から鹿児島まで
一人旅をして出した答え

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★今はしっかり更新しております。
相棒のまおくんが創ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくぅっ!現在98!

★Twitterも!「Indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!