「サムワン、エニワン」

世界一周52、53日目(8/19,8/20)

中国の列車に乗る度に
教育の大切さを感じる。

まぁ、

『何をエラそうに
言ってるのあなた?』

20130820-210503.jpg

って話なんだけどさ、

日本との文化と言うか、
物事の考え方というか、
カルチャーショックを感じずには
いられないわけです。

———————

いつものように僕は
食費は削れないくせに
旅費を節約するため
硬座のチケットを買った。
20130820-210520.jpg

桂林から昆明まで18時間の旅。
いつも耐久レース。

デカいバックパックは
荷棚に乗らないから
僕の席はいつも通路側。

——————–

「トゥイブチ!」

と形だけは謝って
自分の席までたどり着くと
想像してた通り、
僕の席には既に他のヤツが座っていた。
20130820-210512.jpg

「 そこ、おれの席だからさ」

このシチュエーションには慣れっこだ。

自分のチケットを見せて
自分の正当性をアピールする。

「チッ」

舌打ちが聞こえる。

いやいやいや笑。
そこ僕の席だから。

———————

先に座っていた人たちは
両親と3歳くらいの子供ひとりの構成で

僕が席に着くと、
持ち込みんでいた簡易椅子に座り
タバコを吸い始めた。

うん。

ここ禁煙だよね。

———–

一応、喫煙スペースもあるのだが、
どういうわけか
彼らは(というかお父さんは)
何食わぬ顔でタバコをふかした。

子供はバタバタとはしゃぎ回る。

まぁ、可愛い年頃なのは
分かるんだけどさ。
ちょっとうるさいよね。
20130820-210540.jpg

お母さんも他の乗客に
迷惑なのに気がついたのか
子供を叱る。

はしゃぐのをやめない子供。

ついには
お母さんの手がでる。

けど、子供はやめない。

僕は思った。

『コイツ…
叱られるのに慣れてやがる!

ぶたれるのに慣れてやがる‼』

お母さんは半ば諦めた様に
食べかけのお菓子のごみを
床に捨てる。

オイオイ…
ごみ箱は目と鼻の先だぜ?
20130820-210548.jpg

★★★

ここ数年で
中国の人々のマナーは
だいぶ向上したと聞く。

街にはいつも掃除している人がいるし、

列を作って順番を待つ。

痰を吐く人も減った(らしい)

だけど、
こういう場面を目の当たりにすると
日本と比べずにはいられないのだ。

もちろん、
この家族みたいな人たちだけじゃない
ことはわかるんだけど…

これはそういうものなんだと
割り切るしかないのだろうか?

————

先輩は言った。

「そういうものだと
割り切るんじゃなくて

ここはマナーを
身につけた国の人間として
手本を見せるべきなんじゃないか?」

優越感に浸るつもりはないけど、
もっと良くした方がいいことはある。

そうなんだけど…

駅員さんが数時間ごとに
車両の掃除をする。

床から掃き出されるごみの量は
一行に減る気配を見せない。
20130820-210533.jpg

やれやれ。

なんでったって
こんなにごみが出るんだ?

★★★

18時間の列車の旅を終え
やって来ました

昆明(クンミン)駅

20130820-211118.jpg

ユースホステルは
ほとんど予約で埋まっていたため、
僕はHostel Worldで見つけた
少し離れたホステルを予約した。

バスに揺られて30分。

今回はGoogleマップと
オフラインでマップが見られる
有料アプリのダブルチェックだ。
迷うことはないだろう。

そう思っていた。

えっ?

方向はあってましたよ。

けど、
見つからない‼‼‼

位置的にもあってるはずだ!

僕は何人もの中国人に
道を尋ねたんだけど

誰一人として僕の予約した

Kunming
Chase Dream hostel

を知る人はいないのだ!

それらしいマンションまで
辿り着いたので

井戸端会議副部長的な
ポジションにいそうなおばちゃんに
ホステルがあるか訊くと

親切にも管理人室まで
つれていってくれた。

管理人さんたちも知らないというので
Wi-Fiをお借りして
住所を検索するも

英語表記の住所のみで
中国のみなさんには分からない。

いや、僕だって分からないのだ。
20130820-210609.jpg

うむ。

いかがなものか?

————–

もともと昆明にやって来たのは
目指す元陽(yuanyang)へ行くためには
ここからバスに
乗らなくてはならないからだ。

こうなったら
ホステルは諦めて
バスに乗ってしまおうと

僕は彼らにお礼を言い、
再び昆明駅行きのバスに乗った。

——————

85リットルも入る
バカデカいバックパックを
公共の乗り物に持ち込むのは
非常に気が引ける

いつも

『す、す、すんません!

僕のことは
空気かなんかだと思ってください!

っていうか
気にしないで‼』

って
息を殺して
気配を消しているつもりなんだけど、

そんなこと
できっこないよね笑

はは。

一体何が僕のバックパックを
こんなに重くしてるんだい?

分かってるんだけど、
それじゃあ普通の旅人になっちゃう。

Pennyboardに
martin backpackerに
200枚の原稿用紙
その他諸々…

————–

極力他の人の迷惑にならないように
バスの通路にポジショニングする。

僕と目があったおばちゃんが言う。

「あんた!
こっち座んなって!」

「いや、いいっスよ」

「いいから!いいから!」

するすると他の人と席を入れ替わり
おばちゃんたちは
僕のために席を用意してくれた。
20130820-211113.jpg

さっきホステルを
探すのを手伝ってくれた
管理人さんたちや

バスのおばちゃんたちと言い、

日本では受けられないような
親切を僕は感じた。

旅に出てそういうことの繰り返しだ。

日本の良さを感じることもあれば、
僕たちに足りないことを
感じることもある。

日本に帰った時に
今の彼らと同じ行動が
僕にできるかなぁ?

旅って勉強だ。

★★★★

ユースホステルは全滅。
頼みの綱のホステルは見つからない。

最悪僕は野宿も考えた。

が、

諦めるのはまだ早い。

漢字が読めるというアドバンテージ。

中国には

「招待状」

と呼ばれる安宿がある。

外国人を宿泊させるのには
許可がいるらしいので
宿泊を拒否される場合もあるのだが、

今回はこれにチャレンジ
してみようと思った。

さっそく昆明駅の近くで
「招待状」の看板を見つける。

眼鏡をかけて、
飛び出した鼻毛がちょっと可愛らしい
お兄さんに僕は声をかけた。

「ねぇ、
40元の部屋ってまだあるかな?」

「ほっ?はっ!えっ?
あ、あ、あるよ?

いや、でも、
もうちょっと
広い部屋の方がいいかな?」

たどたどしい英語で
ちょっとふっかけようとしてくる。
可愛いヤツめ。

「いや、
おれは40元のじゃなきゃ泊まらないよ。
どーする?」

「お、オーケー。
ついて来てよ。すぐ近くだから」

案内されたのは
構想マンションの19階。
20130820-211127.jpg

彼と家族で宿を経営していた。

Wi-Fiは繋がらないけど個室だ。
20130820-211133.jpg

—————

最近、日本人の方々と
一緒にいる機会が多かった。

だんだん
旅が容易なものに思えてきた僕には
一人になる時間が必要だった。

上手くいかないことも旅だ。

昆明はすぐに立つけど、
まだ見ぬ明日に胸を踊らせて
僕は旅を続けよう。

——————
世界一周ブログランキングに参加しております。

えっ?

どこからブログ書いてるのかって?

それは〜…

ユースホステルの真横です笑。

さっき、
「あっ、おれ予約してますが何か?」
的な演技をキメて
ユースホステルに侵入し、

「ねぇ、パスワードなんだっけ?」

ってWi-Fiのパスワードを
ゲットしたのはいいんだけど、

ソッコーバレて

「ボスが『今すぐ出てけ』って
言ってる」

って追い出されました笑。

幸い、外でもWi-Fiが拾えたので
不良少年ばりに
ウンコ座りでiPhoneいじってます。

教育の話はどこいったかって?

それとこれとは別の問題。
旅人にWi-Fiは不可欠ぞな!

僕に共感できるあなたはポチを。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

列車の中で辺り構わず
ポイ捨てできる君は
中国で楽しく暮らせるぜ!
20130820-211139.jpg

(いや、毎回掃除する駅員さんの顔
嫌そうだもんなぁ〜…
あれは直したほうがいいと思う!)


「サムワン、エニワン」” への6件のコメント

  1. 中国の人本当にふつーにゴミ捨てるから驚きですよねΣ( ̄。 ̄ノ)ノなんでかなー。

    • >れーな★さん(「ちゃん」のがいいのかなぁ?)

      たぶん
      「赤信号みんなで渡れば怖くない」
      的な心理だと思います。

      周りがやってるから自分も捨ててしまう。

      でも、やっぱりオリンピックと万博の影響は
      デカかったみたいですよ。
      この二つによって大分マナーが向上したそうです。

      『やっぱキレイにせんとな…』
      っていう中国人が増えれば変わっていくと思います。

      あっ、そうだ。
      山奥の元陽ではもちろんペニーは乗れません笑。

  2. 本日夜に昆明に着きました。でも、もういないですよね。
    自分は元陽からそこそこ近い蒙自から列車で来たので、多分すれ違ってますね。

    • >ヤムチャさん

      えっ⁉そうなんですか‼

      雲南をご旅行されると聞いておりましたが
      まさかすれ違いとは…

      今、僕は元陽のユースホステルにいます。
      かなりアクセスしにくくて、
      お金も多めに払ってしまったので
      インスタントコーヒーとひまわりの種で
      節約してます笑。

      ヤムチャさんもよい旅を!

  3. WordPressって写真のっけるの容量決められてますよね?
    毎回シミさん写真載っけてるけど、容量大丈夫なんですか?
    お金払って容量UPしてるんですか??
    同じWordPressユーザーとして是非教えていただきたいです!

    • >TJさん

      えっ⁈
      WordPressに容量なんてあったんすか?
      (そりゃもちろんあるんだけど…)

      僕、そういうのに全然詳しくないんすよ。
      ブロガーの青木優さんに影響されてWordPressを始めました。

      ヘテムルさんに年契約でお金を支払ってサーバーをお借りしております。
      だから、容量はレンタルサーバーってことになるのかな?

      それと写真はサイズを変えたり、
      有料アプリの”jpeg mini”で圧縮したりしてます。

      そんなとこでしょうか?
      どうやったらサクサク快適なブログが作れるか
      ご教授願いたいくらいっす笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>