「ふっふっふ…面白くなってきやがった」

世界一周319日目(5/13)

 

出発の時だ。

IMG_7038

 

 

朝7時に起きた。

同じドミトリーで寝ているお姉さんを
起こさないように、薄暗い部屋の中で
パッキングを済ませる。

前日の夜にある程度パッキングを
済ませておいたので、あとは延長コードとか
最後まで出しているものをしまうだけだった。

バックパックに全ての物を詰め込み、
忘れ物がないかiPhoneのLEDライトで
ベッドの下までチェックする。うん。大丈夫だ。

部屋の中でPenny Boardと
ギターをバックパックに取り付けるのは
面倒だったので、一旦部屋の外に
バックパックを持って行った。

ベッドの中からお姉さんが
「それじゃ、気をつけて」と
眠そうにして僕に声をかけてくれた。

 

 

リダさんに最後の
アルメニアコーヒーをいただいて、
お別れを言った。

IMG_7039 IMG_7042

 

 

リダさんは僕の頬優しく撫でた。
おばあちゃんのもつ優しい儚さを持つ手だった。

いつからだろう?
リダさんが僕のほっぺをスリスリなでてくれるのは?

確かバスキングで稼いだコインで
宿代を支払うようになってからだと思う(笑)。

リダさんはムツゴロウさんのようにとまでは
いかないまでも皮肉をこめて

「おぉ、でかしたぞ。
ちゃんとお釣りなく払えたな」

って僕の頬をスリスリしてくれたんだと思う。

 

 

みんなに見送られて僕は宿を出た。

IMG_7046

 

 

誰かに見送られるのってちょっと好きだ。

IMG_7047

 

 

いっつも朝ご飯を買っていた市場で、
パンとリンゴを2つ買っておく。

いくらかお金が残っちゃったけど、
どこかで使う機会があるだろう。

別の国に行く時、お金がなくて
お菓子ですら我慢しなくちゃいけないこともある。

使い切らなくても、
アルメニアに来る予定の誰かと交換できるだろう。

僕は駅前でマルシェルートカを探した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョージア。

ってのは缶コーヒーの
メーカーを指すのだと思っていた。

ねえ、なんで日本の缶コーヒーの
CMのほとんどが男の人向けなのか知ってる?

それはね、
日本で缶コーヒーを飲む人の
ほとんどが男の人
だからだよ。

まぁ当然っちゃ当然なんだけどさ、
特に肉体労働する人は
缶コーヒーを飲みたがるらしい。

僕も大学受験の時に
缶コーヒーの美味しさに気づいてからは、
カフェイン中毒者の仲間入りをしてしまった。

ふと疑問に思うんだけど、
缶コーヒー好きな女の子っているのだろうか?

「やっぱり私は
エメラルドマウンテン派だなぁ~!」

「そう?わたしは
マックス・コーヒーの
甘さがたまらないなぁ~」

「ウチは寒い冬の日に飲む
「まろやかミルクのカフェラッテ」
が好きやな~♪」

どんな女子だ!!!

だがそんな娘がいたら
僕は2秒で惚れる自身がある!

 

 

 

 

次に向かう先は
グルジア。

アルメニアで
「グルジアに行きたいんだけど」
って言っても通じない。

みんな「ジョージア!ジョージア」と言うのだ。

グルジアからアルメニア来た日本人の方では
「ジョージアってさぁ」と
すっかり言い方が変わっていた。

Wikipediaで調べたら、
グルジア政府は日本に対して
「ジョージア」と呼ぶようにお願いしているらしい。

それでも「グルジア」と表記を変えない日本。

きっとこれは日本コカ・コーラ社が
裏で圧力をかけているに違いない!

「「ジョージア」しちゃったら
ウチとかぶるじゃないですか!」

って。

いやぁ、どっちでもいいんじゃない?

 

 

 

でも、これは日本人の僕が
世界を旅する航海日誌だからね。

航海してないけど、心はONE PIECEさ。
だから航海日誌ってしばらく言わせてくれ。

だからグルジアって書くことにするよ。
それでいいね?

 

 

僕はエレバン駅の前でグルジア、
首都のトビリシ行きの
マルシェルートカ(乗り合いタクシー)を探した。

てか本当はここ「エレバン駅」って
名前じゃないんだけどね。

 

 

駅の前には何台も車が停まっていた。

IMG_7049

 

 

運転手たちに何人も訊いて
見つけたトビリシ行きのマルシェ。
値段は7,000ドラム(1,716yen)だった。

時刻は朝の8時。乗客は僕一人。

おっちゃんはバックパックを
一番後ろのスペースに置くと
「ほら乗った!」と僕を
マルシェの後部座席に乗せた。

IMG_7051

 

 

やることがないので、
昨日iTunesのクレジット払いで買った
the HIATUSの4枚目のアルバム
「Keeper Of The Flame 」をiPhoneに移す。

 

 

ついにクレジットで音楽を
買うようになっちまったよ。

CDの持つあのリアルな手触りや
歌詞カードが好きだったのに、
データだけ買ってしまった。
そこまで今回のアルバムには動かされた。

リード曲の「Thirst」のMVを見た時、
なんだか漫画を描くモチベーションを
上げてもらったのを覚えている。

だって今、細美さんは41歳だよ!
マジありえねえくらいパワーに満ちあふれた人だ。

衰えるどころか、ますます勢いに乗っている。

体づくりもしっかりやっていて、
やっぱり何か物を生み出すのには
体力が必要なんだなと考えさせられる。

 

 

イヤホンで音楽を聴きながら、
外の風景を眺める。

いつの間にか雨が降り出した。

市場のみんなは商売上がったりだと思っているだろう。

アルバムの曲がそんな雨のアルメニアに溶け込んでいった。

 

 

 

 

それにしてもー、

いつになったら
車が動きだすのだろう?

IMG_7052

 

 

1時間過ぎても乗客は僕一人。

 

 

 

2時間過ぎても僕一人。

 

 

 

2時間半ほど過ぎた時に
チラホラと他の乗客がやってきた。

 

 

「な、何時に車出るんですか?」

腕時計の文字盤を指でさして
ジェスチャーで尋ねる。

 

「11時だ」

 

まーじーかー….。

 

 

これならリダさんちで
もっとゆっくりできたじゃないか!

てかトビリシまで6時間かかるって
情報ノートに書いてあったぞ?

ということは着くのは17時?

それなら朝に到着する5ドルくらい高い
夜行列車で行った方がよかったかも…。

 

 

11時を回っても車は動きださなかった。

きっと最後の駆け込みの乗客を
待っているのかもしれない。

15分のロスタイムをもって
ようやくマルシェは動き出した。

マルシェの中でまつこと3時間。

時々外に出ることはあったけど、
ほとんど何もせず音楽を聴いていた。

こ、こういう時間も大切だよね…。

 

 

日記を書くのはいつもパソコンだ。

車の中でパソコンを開いて
日記を書く気にはならない。

しかも日記を書く環境も大事だ。
気分が乗らないと文章が書けない。

こりゃあいつか
盗難にあった時なんかに大変だな。

 

 

それでも車の中では
インストールしていたevernoteで日記をつけてみた。

気泡の入りまくった保護シールのせいで
フリッカーがうまくできないし、
なんだかいつもとは違った気分になる。

長ったらしい文書を書くには
やっぱりキーボードだよなぁ。

いまだにブラインドタッチすると
打ちミスするけどさ。

 

 

 

 

 

 

 

隣りに座っていた
ガッシリした体格のお兄さんが
僕に日本人か?と尋ねてきた。

IMG_7055

 

 

「そうだ」と応えると、
「おれは日本が大好きだぜ!」と言う。

極真空手を習っているんだか、
先生なのかしらないけど、
僕に「〇〇は知っているか?」と
空手家の名前をいくつか尋ねて来た。

残念だけど空手家の名前なんて知らないや。

 

前の席に座っていた別の人が
「おい!コニャックはいるか!」と僕に訊いてくる。

僕は日記書いていたのを
中断してコニャックをいただいた。

辛い。

お酒が強くない僕には
なかなかパンチの強いお酒だ。

僕以外の乗客たちは各々に
コニャックを飲んだり、ビールを飲んだり。

おいおいすげえな。

こんな昼間っから。国境越えの宴だ。

IMG_7054

 

 

 

ガタガタと揺れるマルシェ。

いつの間にか眠ってしまっていた。

一度どこかの街で休憩を挟み、
16時にはグルジアとの国境に着いた。

ほんとうにあっと今の出来事。

ハプニングと言えば
マルシェの中にバックパックを置いたまま
入国審査に向かったため、
ドライバーのおっちゃんから怒られたとか
そんなことくらい。

そのまま同じマルシェでグルジアを突っ走る。

IMG_7056

 

 

他の人が言っていた通りに、
グルジアの方が道路が整っているような気がした。

それ以外はそこまで変わらないかな?
グルジアの方がいくらか町っぽい。

 

 

太陽がどんどん西に沈んでいく。

僕は一体どこで
降ろされるのだろうか?

ちょっと不安だった。

ガイドブックも持っていなければ、
情報も調べていない。何があるんだ?

マップアプリでグルジアを
ダウンロードしていなかったので、
頼りはアルメニアでiPhoneで
写真に撮った宿の名刺のみ。

グルジアにはマクドナルドがあるらしく、
そこでWi-Fiが使えるそうだが、
どこにマクドナルドがあるのか分からない。

 

 

グルジアに入ると、
乗客たちは一人、また一人と
途中で降りていった。
みんな最後まで行くわけじゃないのだ。

IMG_7057 IMG_7059

 

 

田舎っぽい風景が、
いつの間にか首都の町並みになり、
僕はサムソンと大きく書かれた
建物の前で降ろされた。

IMG_7064 IMG_7063

 

 

運転手のおっちゃんに
「ほら!降りた!」と急かされ、
どこに行くかも分からずに
バックパックを背負う。

どこだよ…、ここ。

IMG_7069

 

エレバンのメトロのようにWi-Fiが
そこいらで拾える物かとiPhoneでチェックしたが、
フリーのWi-Fiは流れていない。

 

 

 

 

 

ふっふっふっふ…、
面白くなって来たぜ。

IMG_7065

 

 

太陽が沈むまで残り3時間。
タイムリミットのついた宿探し。

もしかしてメトロに乗るんじゃないかなぁ?

となるとお金が必要だ。

 

 

ATMは比較的すぐに見つかった。

IMG_7067

 

 

他の人が言っていた通りに
ドルでおろすか、グルジア・ラリでおろすか
選択肢が出てきた。

てかそこいらじゅうにある
「PAYBOX」ってのはなんなんだろう?

とりあえず200ラリ(11,605yen)を引き下ろす。

そして宿の場所を知っていそうな人に
かたっぱしから近くの通りの名前を尋ねていく。

マルシェのドライバーたちは
ピンポイントで通りの名前を
知っているはずはなかった。

「え?Tianeti通りだって?知らないなぁ」

そこまで英語が通じなので、
iPhoneの写真と筆談で道を訊く。

だが、すぐに目当ての通りの場所を知っている
子連れのおっちゃんに僕は巡り会うことができた。

「〇〇駅まで行って
そこから歩けばいいさ」

IMG_7074

 

よしっ!有益な譲歩ゲットォォォ!!!
やっぱ人に訊くことっすよ!

 

 

一応、現地の言葉でも
駅名と通りの名前を書いてもらう。

メトロに乗ればそこまで行けるらしい。

2.5ラリ(145yen)払ってチャージされた
メトロのカードを手に入れた。

手には目的地の名前が書かれた紙とボールペン。
それと今買ったメトロのカード。

IMG_7077

 

 

路線図を見ると、
教えてもらった駅は終点らしい。
けっこう遠くに宿があるんだな…。

 

係員さんに訊いて、
どちらの路線に乗れば
目的地まで辿り着けるのか訊いた。

それに地下まで降りると
フリーのWi-Fiにありつくことができた。

すかさず相棒に安否確認のメッセージを送り、
マップアプリのグルジアをダウンロードする。

思っていたよりもWi-Fiの速度が速い。

ダウンロードが完了し、
目的地の名前を入力して調べる。
二重チェックは大事だ。

 

 

だが、マップアプリに表示されたのは
もっと近くだった。4駅先。

うん。やっぱりネットだよね!

てか、そんなピンポイントで
通りの名前知ってるわけないもんね。

うんうん!いやぁ~マジ危なかった。

危うく郊外に
強制送還されるとこだったよ!

IMG_7078

 

 

 

 

 

 

メトロは
どこか薄暗かった。

人々の顔もどこか無表情だ。

日本にいた時を思い出す。

 

降りてしまったのは、目的地の一コ手前。

同じ名前の通りがいくつもあり、
ひとつもふたつも前の通りの名前まで調べて
宿への距離を詰めていく。

IMG_7082 IMG_7084

 

 

だが、ほんとの直前になって、見つからない。

一体「111a」ってどこにあるんだよ!

番号が112から通りを挟んで109,107となっていた。

107と書かれた家の門が開いていたので、
おばちゃんにiPhoneの画面を
見せながら道を尋ねようとした。

 

「あ~、分かんないから。
分からないわからない!」

 

超絶めんどくさそうに、
僕の言葉になんて一切耳を傾けずに
門から閉め出される。もはやギャグだ。

外国人に拒否反応を示しているとしか思えない。

いやぁ~聞いていた通り、
グルジアの人が冷たく感じたよ。

 

 

近くで遊んでいた子供たちに、
同じようにして道を尋ねると、
彼らは僕と一緒に宿の場所を探してくれた。

IMG_7086

 

 

通りをひとつ曲がった場所。
てか、ここ「Tianetiストリート」じゃないよね?

でも、看板にはしっかりと

 

「Comfort Plus」

と書かれていた。

IMG_7087

 

 

かなり清潔感溢れるう宿。
笑顔のキュートなスタッフさんが
僕を案内してくれた。

 

 

「コーヒーにする?それともワイン?」

まさかこんな時間から、
っていってももう8時だけど、
ワインを勧められるとは思わなかった。

「あ、コーヒーで」

 

 

お湯を沸かす音が聞こえる。

「コーヒーは時間がかかっちゃうのよ。
ごめんなさいね」

「じゃあワインで」

と応えてしまう日本人(笑)。

コーヒーとワインの両方が出て来た。

 

 

「ご飯もできてるからね。
レンジで温めて食べてね」

グルジアの宿にはご飯がついてくるのだ。

IMG_7089

パスタ…。うめえ。

 

 

ドミトリーで10ラリ(581yen)。
ん~~~~…安い!

IMG_7091

 

 

そんな風にして僕のグルジアの旅は幕を開けた。

———————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

いやぁ~~~~…今日も長かった。

文章書くのが(笑)。

ラジオの収録じゃないですけど、
現在日付が変わって5/17の0:12。
ほぼ3日前の日記を書いているわけですね。

まだ滞在3日目ですけど、グルジア。
メシは喰えるし、ワインは飲み放題。

お酒弱いのに毎日ワイン飲んでます(笑)
酒好きにはたまらないね!
しかもビザも3ヶ月らしい。やばい!

欲を言えばグルジアのみなさんに
もうちょっとスマイルがあればいいんだけどね…。

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが完了するんだけどさ、
自分で自分のブログ面白いって思ってるから、
ハッピーハッピー♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
この海で一番自由なヤツが海賊王です。

★Facebookページ「旅する漫画家」もよろしくです。
むしろこっち見て(笑)!

★つい痛ー「Indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!