「曇り空とカップルの楽園」

世界一周318日目(5/12)

 

キヨタさんの
いびきで目が覚めた。

IMG_6953

 

 

時刻を確かめると7時半。

二度寝しようかなとおもったが、
いびきが気になって眠れなかった。

 

 

たまには早起きもいい。

ベッドから出ると僕は市場に朝食を買い行き、
中庭のテーブルで早めの朝食を済ませた。

朝の空気はひんやりとする。

「さみぃ~!」と言いながら
肘と肘を擦り合わせた。

明日、僕はグルジアに向け出発するのだ。
それまでに済ませておかなければ
ならないことがある。

 

 

 

それでもキヨタさんが宿を出発する
10時くらいまでは
グダグダしてたんだけどね(笑)

IMG_6929

 

 

だってお店が開くの10時くらいっしょ?

早く待ちに出過ぎても
散歩するくらいしかやることがないよ。

雑貨を包む新聞紙がないか、
キヨタさんの持っていた
「指差し会話帳」を頼りにリダさんに尋ねると、
いつの間にか違う内容で
伝わっていたのが面白かった。

IMG_6928 IMG_6932

リダさんがロシア語を勉強している笑。

 

 

「別についてこなくてもいいよ?」

キャリーバッグを持って
リダさんの家から出ていこうとするキヨタさん。

「お客さんをお店の外まで
お見送りするのが「串焼きおんば」です♪」

IMG_6934

 

 

またこうしてリダさんちに泊まった人が
次の目的地へと出発していく。
僕も明日にはその一人になる。

IMG_6935

 

 

今泊まっているのは
僕の他に韓国人のチャンソク、チュニ。

そして新しく来た中国人カップル。
女のコの方がめちゃくちゃ美人。
男の子の方は背が高く、
「コンニチハ」と僕に挨拶してくれた。

ここは日・中・韓に有名な宿なんだね。

 

 

 

 

 

 

 


郵便局に僕は向かった。

IMG_6937

 

仕入れたカップを新聞紙でくるむ。

 

IMG_6938

 

 

リパブリックスクエアの
近くにある、ごっつい建物。

もう見るからに高そう…。

一体どれだけ送料がかかるのだろう?
入る前から手に汗を握る。

 

 

内装の方もこらまたゴージャスな感じだ。

IMG_6949

ここ…、郵便局だよ…ね?

 

 

受付のお姉さんに
どこが郵送できる窓口なのかを尋ねる。

並んだ先には先客がいて、
カウンターの向こう側には
ガムテープでグルグル巻きにされた
段ボール箱が計りの上に乗せてあった。

IMG_6944

 

 

自分の番がまわってくるまでの
時間が長く感じられた。

ああ、ここでWi-Fiが手に入れば
時間をつぶせるのに…。

ついついそう思ってしまう。現代っ子シミ。

 

 

15分ほどしてまわってきた。自分の番。

受付のおじさんは
英語が少し話せる程度だった。

だけど、手続き自体はどこの国でも同じだろう。

郵送する荷物を大まかにチェックして、
計りに乗せる。3,06kg。

今回はコーヒーカップがあるからな。

IMG_6945

 

「荷物はふたつに分けて送るのか?」

「いや!ひとつでお願いします!」

おじさんは紙に金額を書いて僕に渡した。

 

 

 

「45,780(11.273yen)

 

うそ….。

IMG_6994

 

 

たかだか3kgの荷物を送るのに
1万円以上もかかるのか…??!!

じゃあヨーロッパで荷物送る時なんて
どうなっちゃうんだ!!!
うわぁ~やべえよ。アルメニアで稼いだお金の
ほとんどが消えちまう
てか今そんなにお金もってないぞ…。

 

頭の中で色んな不安要素がチャンプルする。

 

 

「えっ?あっ、
マジでこの値段なんすか????」

てかこの「15,000」って書かれたのは
荷物ひとつに対して加算される金額なのか!!??

こっちのあわてふためきように
「めんどくせえな」って表情のおじさん。
英語の話せる別の人を呼んで来た。

 

 

「荷物をひとつに
まとめると45,780ドラムね。
荷物を二つに分けて送るなら
15,000ドラムよ」

 

 

ってなんだそりゃ!!??どんなシステムだ!!??

もちろん迷わず荷物を
小分けにして郵送するほうを選ぶ。

IMG_6948

 

 

肝心の支払いだが、
バスキングで稼いだコインを
ここぞとばかりに積み上げる。

IMG_6946

 

 

最後の最後で1,280ドラムが追加されたが、
なんとか手持ちの小銭を減らし、
支払いを済ませることが出来た。

えっと3kgで4,000円くらいだったかな。
参考程度に。

財布の中がすっからかんになってしまった。

郵便局の外にあるATMで
10,000ドラム(2,462yen)引き出し、
キヨタさんからもらったタバコをふかした。

 

 

この後、ヨーロッパでは
雑貨を仕入れつつ移動する旅が
僕を待ち受けていることだろう。

ヨーロッパで雑貨送ったら
それこそ殺人的価格だ。

一体どうすりゃいいんだ?

い、今は考えるのをよそう。

さーて、次は。

 

 

 

 

 

 

 

向かった先は
前回行った楽器屋さん

ここいらで弦のストックを
物価が上がる前にまとめて買っちゃえば、
長期的に見てお得だよね。

3,500ドラム(862yen)の弦を三セット。
それと9,000ドラム(2,216yen)のチューナーを買った。
やっぱチューナーないと心もとないよ。

IMG_6955

 

 

支払いはカードでって言おうとしたら、
よりによってここのお店ではカードが使えなかった。

そんな入り口には
VISAとかMASTERとか書いてあったじゃん!

しかたがないので泣く泣く
近くのATMで20,000ドラム(4,924yen)おろす。

まとめて買うので割引してもらって
トータルの金額は18,000ドラム(4,432yen)。

さっきの郵送費よりかかってる。

 

 

なんだかんだでバスキングで稼いでも
必要経費にとんでいく。まぁそんなもんさ。

今回連日のように唄ってたけど、
それなりに楽しい経験ができた。

普通に観光してるだけじゃ
得られない出会いばかりだった。

お金じゃねーよな。うんうん。

 

 

買ったチューナーは日本製。
日本で買ったら1500円くらい。
輸入品なんだね…。

帰り道にのぞいたYAMAHAの楽器屋さん。

格安のチューナーだと
5,000ドラム(1,231yen)だった。

マジで返品しようか悩んだ(笑)。

エースが「来いよ。高みに」って
言ってくれなかったら、
僕は返品していたことだろう。ぐぅ…。お金が…。

 

 

 

 

チューナーを買ったら
バスキングがやりたくなるというのが
人の性というものだ。

どうせ明日にはグルジアに行ってしまうのだから、
余計なお金を持っていてもしかたない。

ギターを持ってきていなかったので、
一旦メトロに乗って僕はリダさんちに戻った。

IMG_6956 IMG_6958

 

 

 

「シミ!食べる?」

IMG_6960

 

 

時刻は13時。

リダさんちに戻ると
チュニができたてのパスタを僕に分けてくれた。

まったく、なんてったって
みんなこんなにフレンドリーなんだい?

IMG_6959

 

 

二人にお礼を言って、
僕はひとまずクイーン・バーガーへ
最後のWi-Fiをしに行き、
切りのいい所でバスキングに向かった。

IMG_6987

 

 

っとその前にいつも横切っていた教会に入ってみる。

IMG_6962

 

 

ここに来てから観光らしいことを
してなかったからね。うんうん。
こんなでっかい教会だったのか。

IMG_6970

エレバンに着いた初日
ここに野宿させてもらったのは
いい思い出です(笑)

 

 

外はどんどん天気が悪くなっていった。

IMG_6990

 

 

もちろんこういう時には
もちろんレスポンスも悪いし、
『おれなんで唄ってるんだ』ってなってしまう。

今日は気持ちよく唄いたいだけなのに…。

楽しもうと思っても気分がノらない。
レスポンスもイマイチ。

こういう日もあるんだなぁ…。

声の調子も大分戻ってきたんだけどな…。

 

 

 

 

さて、気持ちを
切り替えるんだ!

 

 

 

これは僕に
観光をしろ!と何かが
言っているのかもしれない。

そんなに無理して
唄わなくてもいいじゃないか。
だよね?そうそう。

そんな風に無理矢理ポジティヴに
気持ち切り替えて、僕はエレバンの街が
一望できる高台へと向かった。

 

 

空はどんより、
だけど、ちょっと不思議な空間に
僕は足を踏み入れることとなった。

IMG_7005 IMG_6997 IMG_7000

 

 

ボテロの名前は
他のブロガーさんの名前で知っていた。
たぶんその人のデザインした像…なのかな?

IMG_7003

 

どういう意図でこの場所に
こんなシュールな彫像を置いたのかは
僕には理解できない。

かなりアーティスティックな場所だ。

 

 

頂上へ向かう階段の途中。
何組かのカップルを見かけた。

IMG_7024

 

 

中には熱烈にキスを交わす
カップルもいたくらいだ。

ガン見しないように視界の端に
彼らの姿をとらえていた。

いいよなぁ。アルメニア男子はさー。
カワイイ女のコとつきあえてさー。
おれだってチューしてえよ!!!
あっと、本音が…。

IMG_7014 IMG_7021

 

 

息を切らせながら辿り着いた頂上。

ここでも何組かのカップルを見ることとなった。

IMG_7027 IMG_7028

 

 

頂上から眺めるエレバンには
僕はそこまで心を動かされなかった。

IMG_7034IMG_7033IMG_7030

 

 

最後の最後でバスキングが
上手くいかなかったのもあるいし、

さっきから僕のテンションを下げるかのように
カップル共が僕の視界に入ってきやがる。

さっきまでの暗雲は
そんな僕の卑屈な気持ちを乗せて
エレバン市内の向こう側へと移動し行った。

時刻は20時前。

西日が雲の隙間からエレバンの街を照らす。

IMG_7029

 

あぁ、僕はあの街に20日もいたんだな…。

遠くの方に見える、
台形の形をした建物は発電所だろうか?

 

 

高台の頂上は強風が吹いていた。

僕はタバコに火をつけて
煙を少しは肺まで吸い込んだ。

メンソールが余計にひんやりと感じられた。

そして僕は風に吹かれて
ちょっとだけみじめな気持ちになる。

後頭部で結んでいる伸びた髪は
前髪だけみすぼらしくはだけ、
とてもじゃないが女のコを口説けそうじゃない。

ギターを取り出し、
買ったばかりのチューナーで音を合わせ、
奥田民生の「さすらい」をシャウトしたら、
どこからともなく警備員が現れて演奏を中止させた。

そうかい。

ここはカップルの楽園なんだな!ふぁっく!

帰り際に聴いてくれていたお兄さんが
「グッド!」と親指を立ててくれたことが
僕のみじめさを少し紛らわせてくれた。

帰ろ帰ろ。

最後の悪あがきに
声の響くメトロの地下道で僕は唄った。

声が気持ちいいくらいに響く。
それに合わせて最後の最後でレスポンスが入った。

 

 

 

 

 

またドミトリーに
別の日本人がやって来た。

グルジアからやって来た女の人で、
3回にわけて世界一周をしている人だった。

トルコあたりから旅を再開し、
東南アジアを抜けて事実上世界一周が
達成されたことになるらしい。

7年使っているという
オーストラリアでのワーホリ時代に
買ったと言うバックパックは
随分と年期が入っていた。

こういう風にずっと使っている物って
なんだかかっこいいな。

いつもならお喋りな僕は
黙って頭の後ろで手を組んで
ベッドに横になった。

 

 

ここに20日もいたのか…。

ここを離れることに
寂しさの様なものは感じない。

また、別の場所に移動する旅が
再開するわけだ。僕がやっていることは
ひとつの場所に長く留まることじゃない。

世界一周という一方通行に世界を進む旅だ。

先のことを考えると、
どこか不安な気持ちになった。
行く場所はどこも知らないところばかり。

それは当然なんだけど、
未知なる場所に足を踏み込むのに
不安を抱く時がある。

慣れ親しんだ場所を
離れたくないと思ってしまうのは、
日本にいても、エレバンに長く滞在しても同じだった。

だけど、それだけじゃ
何も得ることができないぜ?

グルジアかー。一体どんな国なんだ?

知ってることは
トレッキングができる場所がいくつかあって、
ワインの飲み放題とメシが美味しいってことくらい。

 

 

「グルジアに行くのが
ワクワクするような話、
なにかしてくれませんか?」

寝る前にちょっと無茶ぶりをしてみる。

「うーン、特にないですねぇ」

な、ないのかよっ!!!

「強いて言うならー…」

 

 

そんな風にして僕は
アルメニア最後の一日を過ごした。

————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

どんより雲り空。時々天気悪いんすわ~。
グルジアもそんな感じなのかなぁ?

僕、名前に「陽」って字が入ってるから、
天気が悪いとテンション下がるんすわ。

いや、誰だって天気が良くない日にはそんな感じだよね。

まぁ、色々ありました。アルメニア!
エレバンしかいなかったけどね。
それでもすっげえ楽しかった!
女のコ可愛かった!よし!今日も最高!

意外とテンションって些細なことで
上がったり下がったりするから、
積極的に楽しいことを見つけていこう。

まぁ、いつも悪いんだけどさ、バナー押してよ。
ページの読み込みが完了するとポイントが入るんだってさー。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒のまおくんが作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくお願いします。
最近過去に描いたマンガもアップしてるから、楽しめるよ。きっと。

★Twitterもね「Indianlion45」

 

 

誰か俺に元気をくれ! 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!