「使ってもらえる雑貨がいいね♪」

世界一周317日目(5/11)

 

「よかったら食べる?」

「マジで!ありがとー!」

IMG_6900

 

 

フォンが僕にあまった朝ご飯を分けてくれた。

既に市場で買ったトマトやパンを
食べてしまっていたが、
せっかくだからいただいておく。

もらえるものは
もらっておくのだ。それが旅人だ。

IMG_6899

 

 

お皿にガッツシもられたおかゆ。

茹でたキャベツ入り。
味付けは野菜の甘みのみ!

ベジタリアンのフォンにふさわしいご飯だ。

せめて塩が欲しいところだが、
リダさんちのどこに塩があるのか分からない。

他に頂いたほんのわずかのベーコンの塩味を活かして、
おかゆ7:ベーコン3くらいの割合で口に運び、
絶妙なバランスで食べていく。

口の中でベーコンと淡白なおかゆが
生み出すハーモニー。この感じ伝わらないかなぁ?

ほら、白米だけで食べてると、
どうしても物足りない感じじゃない?

小さいときはふりかけがないと
ご飯が食べられなかったよ。
おかずってけっこう大事なんだよね。

IMG_6901

朝から元気だぜ。学校は休みなのかなぁ? 

 

 

 

 

そろそろアルメニアを出る時だと思う。

IMG_6907

 

 

ビザの延長はしない。

僕はエレバンにしかいなかったけど、
この街を楽しめたと思う。

それでも行かなかった場所もあったけどね。

ちょっとくらいそういう場所を
残しておいた方がいい。

きっとまたここに来たくなるはずだから。

それに20日もいれば十分だ。

これ以上いると逆に

『滞在し過ぎてしまったかな?』

と感じてしまう様な気がした。

IMG_6904 IMG_6906バイバイ。フォン。色々話せて楽しかったぜ! 

 

 

 

ベッドの上に座って、
頭の中であといくらあれば足りるだろうか考える。

次の目的地はグルジア。

駅の前から出ているマルシュ(乗り合いタクシー)
行こうと考えている。
列車で9,000ドラムくらいだから、
だいたい7~8,000でいけるだろう。

それと、イランとアルメニアの雑貨、
原稿用紙も郵送しなくちゃならない。

一体いくらかかるんだろう?
もうここは東南アジアやインドじゃないんだ。
5千円くらいだろうか…?

昨日手に入らなかった
雑貨も仕入れておきたいし、

そうだ。

ギターの弦もストックがなくなってきたから
まとめて買っておこう。
きっとトルコやグルジアだと
値段が上がってしまうに違いない。

手持ち13,000円から始まったアルメニアライフ。

今日まで一回もお金を降ろしてないけど、
ここらでATMを使うことになるな。
手に汗握るよ(笑)。

 

 

あぁ、そうだ。
髪も洗っておこう。

IMG_6910

「ねえ見てみて〜!」
「ギャアッッッ!!!」

 

 

 

リダさんに今日明日の分の宿代を支払って、
あさってチェックアウトすることを伝えた。

リダさんとアランは僕がいなくなるのを
寂しがるように泣きまねをしてくれたことが
ちょっと嬉しかった。

 

 

 

僕は最初に楽器屋さんに向かったのだが、
今日は日曜日。楽器屋さんは閉まっていた。
そういうところが海外っぽい。

日曜日に定休日になるお店はけっこうある。

楽器屋は明日だね。

 

 

続いて向かったのはバザール。

IMG_6920

 

もう何回ここに足を運んだろうか?

雑貨の仕入れは
正真正銘今回がラストチャンス。

何回もここに足を運んでいるから、
どこらへんに何のお店が出ているのか
なんとなく分かってきた。

お店の人が出店する場所もだいたい同じ。

昨日はバザールに来る時間が遅かったけど、
今回は大丈夫だろう。

 

 

記憶を頼りに向かった先に
目当ての雑貨が売っていた。

その時はバザールの写真を撮るだけで、
そこまで気に留めていなかったのだが、
写真を見返すとジワリジワリと僕を揺さぶったのだ。

今回はまおくんに相談はしていない。

僕の独断と偏見で仕入れる雑貨。

 

 

なんとも味のある絵の描いた
コインケースとポーチ。

IMG_6914

 

 

フクロウの絵が描いた
コインケースが忘れられなかったのだ。

前回写真を撮った時には分からなかったが、
裏の刺繍もしっかりしていることに気づいた。
これなら長く使ってもらえるはずだ!

いつものように何個か買うから値段を下げて!
とお店のおばあちゃんと値段交渉をして
僕はコインケースを3つ、
サイズ違いのポーチを3つ仕入れた。

IMG_6913

 

 

雑貨の値段もインドなんかと比べたら
2倍以上にに跳ね上がってる。

だけど、良い物にはそれなりのお金を払おう。

おばあちゃんは自分のお店で売られている物と
同じポーチにお金を入れていた。
それが僕を安心させてくれた。

IMG_6915

 

これは単にカワイイだけの雑貨じゃない。
使ってもらえる雑貨なのだ。

 

 

 

次に探したのがピンバッチだ。

このバザールには何店か
レトロなピンバッチを扱うお店がある。
お店というか雑貨を売る人がいる。

いくつかのピンズは安全ピンではなかった。
ただの「ピン」。

IMG_6919

 

 

布にそのままぶっ刺すピンで、
鞄とかにつけていたらすぐに
外れてしまいそうなものばかりだった。

いくら味があっても
ちょっと問題点があったら買うのはやめる。

だって、そこに想いを込めて欲しいから。

 

 

僕が探していたピンズを
扱うお店はひとつしかなかった。

IMG_6918

ちなみにこれ全部お買い上げしました。

 

 

年期の入ったピンズたち。

アルメニア製というわけではないが、
何年も時間をおいた物が持つ独特の味があった。

お店の人からしてみたら

『なんでこんなに古めかしい
ガラクタみたいなバッチが
欲しいのだろう?』

と思ったかもしれない。
バッチひとつひとつは格安だった。

だけど、これは日本では手に入らない物だ。

日本の外で年代物のワインの様に
時間を過ごした雑貨たち。

あ、僕お酒全然飲まないんですけど(笑)

まぁ、こういレトロなものっていいよね!

飾るだけじゃなくてさ、
バッグとかにつけて欲しいよ。

 

 

 

 

 

雑貨を仕入れた僕は

いつものようにクイーン・バーガーで
パソコンを開き、どどどっとブログを予約投稿し
(なんだかんだでやってるのです。そんな多くはないけどね)、
仕入れた雑貨を相棒に報告した。

いつもはセンスのなさで
ダメだしされまくっている僕だけど、
今回はいい評価をもらえた。

僕も今回の雑貨たちは
自信を持って他の人に届けられるよ!

IMG_6922

 

 

外が涼しくなった頃、
僕はギターを持って路上に立つ。
これも日課のようなものだ。

 

 

「はいっ♪」

 

 

突然差し出されたアイスクリーム。
目の前には可愛いアルメニア女子三人♪

IMG_6924

 

 

彼女たちも日本の漫画やアニメが好きで、
三人のうちの一人は日本語を喋ることができた。

 

 

「なんでアルメニアに
来ようと思ったのですか?」

IMG_6925

 

 

「なんでって、そりゃ
アルメニアの女のコたちが
カワイイって評判だったからだよ!
君たちみたいにね!」

IMG_6926

 

 

ってこれ日本で言ったら気持ち悪いヤツだけど、
待て待てここはアルメニアだぜ?
どストレートに言った方が丁度いい。

 

えっ?誰が十分に気持ち悪いって?
失礼だな!コミュニケーション能力が
高いって言って欲しいよ!まったく…。

IMG_6927

 

 

 

 

 

 

同じドミトリーに新しい人
がやって来た。

キヨタさんという40代くらいの
日本人の男性の方で、
セールスマンをやってらっしゃる方だった。

僕よりふたまわりも歳が
離れているのにも関わらず、
腰が低過ぎるんじゃないかってくらい
僕に合わせて話をしてくれる。

履いているデニムがどこかかっこよかったので、
「どこで買ったんですか?」と僕が尋ねると

 

 

「リプチチヒで買ったんですよ」

とキヨタさんは応えた。

ライプチヒってどこだ?

 

 

「みんなそう言うんですよ。
ほら、「ライプチヒの戦い」とか
歴史でやりませでした?」

「あ!それ聞いたことあります!
えっとー..ドイツっすか?」

「ほらね、
「ライプチヒの戦い」
って言うとみんな分かるんです」

 

 

よくわからないやり取りだが、
キヨタさんはドイツがお好きなようで、
頻繁に足を運んでいるらしかった。

キヨタさん自身は楽器はやらないが、
ハイドンやシューベルトを好み、
絶対音感を持つという謎に満ちた人物だった。
それと縦笛(リコーダー)が吹けるらしい…。

 

 

外は雨が振り出し、気温もぐっと下がった。

僕が歯を磨いて、
トイレでうがいをして戻ってくると、

キヨタさんは上はTシャツ、
下はトランクスという格好で
部屋の外でタバコを吸っていた。

「なにやってるんすか!?」

と思わず尋ねてしまったくらいだ(笑)

 

 

だって部屋には
キヨタさんと僕しかいないんだぜ?

なのに、日本人らしく
部屋の外でタバコを吸うキヨタさん。
しかも外は寒い。

寒さをしのぐように体を少し丸めて
タバコを吸う姿はまさに日本で
形見の狭い喫煙者の姿のそれだった。

日本のタバコを持って来ており、
僕が「一本交換しませんか?」と
Winstonのタバコと交換しようとすると、
キヨタさんは僕にまるごと
ワンパケットくだすった。

VIRGINIA S.のライト。
メンソールで通常サイズよりもちょっとだけ長い。

久しぶりに吸う日本のタバコは
海外のそれと違ってどちらかと言えば薄味だ。

ニコチンやタールが強いと
すぐ肺がぜーぜーしてしまう僕にとって、
久しぶりに吸う日本のタバコは美味しく感じられた。
ありがとうございます。

 

 

「明日にはチェックアウトしちゃうんですよね?」

「はい。明日は自動車レンタル
しようと思ってるんですけど、
13日なんだよなぁ~。なんだか嫌な感じだ。
別に金曜日じゃないんですけどね。
あぁそうだ。寝る前に薬飲まなきゃ。
好むと人格変わっちゃうから、
なんか変なこと言ったらごめんなさいね」

 

 

そう言ってキヨタさんは
時差ぼけ解消のための睡眠薬を飲んだ。
ちょっと酔っぱらった感じになるらしい。

キヨタさん独自のギャグセンスが
なんとも子気味よかった。
歳の差を感じさせない話しぶり。

どちらもお喋り好きということもあって、
部屋の電気を消しても夜中の1時まで喋っていた。

 

 

ここは修学旅行の男子部屋か何かか?

話した内容はくだらないことだったり、
若い世代の生き方だったり。

僕みたいなクソヤローと話すのは初めてみたいで、
2ちゃんねるの意見が若い世代の大多数だと
キヨタさんは受け取っているようだった。

僕は2ちゃんねるは見ないし、
僕たちの世代がどんな物の考え方を
しているのは分からない。

ただ、同じ日本人同士でも話を聞いてみると
色々なことが分かる。

あぁ、明日は早起きできねーな笑。

————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

やっぱパソコンのキーボードで書くと早いなぁ。
この前evernoteにiPhoneで下書きしたけど、
全然感じが違いました。フリッカーよりも断然キーボードだな。

でもこの後きっと南米とかアフリカで
荷物盗られちゃうんだろうなぁ~と思って旅をしています(笑)
すでに諦めてるっていう。

まぁ、可能な限り気をつけよう。

今日も読んでくれてありがとね♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★僕が行く先々で描いているビジネスカードもアップしております。
Facebookページ「旅する漫画家」もよろしくね~♪

★ついったー「Indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!