「アイツと地元で再会したことが僕の人生を変えた」

世界一周369日目(7/2)

 

昨日ベッド
に入ったのは

4時過ぎだった。

IMG_1930

 

 

目が覚めて時計を見ると12時。

閉め切ったカーテンは部屋を薄暗くし、
外の活動がすっかり始まっていることなんて
僕には分からなかった。

 

 

ここはトルコ。イズミルという街。

昨日バスキングをしていたら出会った
クルド人のサジュークの
シェアルームのベッドの上。

ルームメイトには
ここでITの勉強とトルコ語の勉強をしている
イラン人のアーシャがいる。

彼はとっくに外に出かけていったようだ。

IMG_1938

これがルームメイトのイラン人、アーシャ。

 

 

 

昨日シャワーも浴びずに寝てしまったので、
眠気覚ましのシャワーを浴びる。

トルコではトイレの洗面台で
髪を洗うことに慣れてしまったので、
いかに自分がリッチな環境にいるのかが分かった。

トイレに入っていく人の目を気にすることなく
思うぞんぶん髪を洗うことができた。

 

 

それにしても、ちょっとお腹が減ったな…。

サジュークが
「キッチンにあるものは好きに食べていいからね」
と言ってくれたので、お言葉に甘えさせてもらった。

電子ケトルでカップ一杯分のお湯を沸かすと、
インスタントコーヒーを作った。

テーブルの上にコーヒーを持っていき、
角砂糖を4粒ほど溶かして、糖分を摂取する。

コーヒーを飲むと大分頭がすっきりした。

 

 

 

サジュークは29歳だが、
まだ大学に通っており、音楽理論を学んでいる。

今日はテストがあるらしく、
9時には家を出ると言っていた。
彼も大学に行ってしまったんだろう。

シェアルームの奥の部屋が彼の部屋となっていたが、
僕はそこを確かめることをしなかった。

人の部屋ってちょっと入りにくいじゃん?

 

 

僕もまた日記が書きたまってきたので、
テーブルでパソコンのキーボードを叩いた。

動く日もあれば、そうでない日もあっていい。

今日は思う存分文章を書こう。

 

 

電気もつけない薄暗い部屋の中で
僕はずっとパソコンに向かっていた。

そして時折、ベランダから見える海を
ただぼっと眺めていた。

海の見える街はいい。

高い場所から見下ろすと、
街が海より下に位置しているような気がした。

IMG_1935

 

 

 

 

 

 

 

それから数時間

経ってのそのそとサジュークが起きて来た。

 

 

「あ、おはよう。あれ?テストは?」

「はは…、起きられなかった」

 

 

おいおい。
ずいぶんスローペースだな。

 

 

今日のテストは自分の学んでいる分野とは
全く違うものらしいが、
大学のテストってけっこうデカくなかったか?

僕はけっこうなビビリだったので、
大学のテストはしっかり受けて来た。

大学生時代が人生において
一番自由な時間が多いと言われているが、
僕は大学とはなんて自分の人生を
浪費する場所なんだろうと、何度も思った。

単位取得のために毎回退屈な講義に出席し、
やる気のない雇われ教授の授業を受ける。

ただただ、時間過ぎていき、
配られたパワーポイントの資料だけが増えていった。

時々運良くモチベーションの高い先生の授業を受けられると、
どこか救われた気がしたものだ。

 

 

大学からは何も学ばなかった。

いや、一時的に頭に詰め込んだことは
忘却の彼方へと消えていった。

そんなものだ僕の大学生活なんて。

大学の外に仲間ができてよかった。

心からそう思う。

 

 

 

 

 

 

僕は大学2年の秋に
地元の新百合ケ丘という駅で
中学校の同級生と再会した。

僕がブログで頻繁に書いている
相棒の「まお」だ。

 

 

高校は別々だったし、
中学卒業以来めったなことでは
顔を合わせなくなった。

住んでいる場所は歩いて10分もかからないのに、
地元の同級生たちとは全く会わなくなる。

そんな中、たまたま地元で再会したのだ。

 

 

 

 

「おー!清水。久しぶり。最近何やってんの?」

IMG_1943

 

 

 

この時僕はほとんどバイトしかしていなかった。

地元のうどん屋さんで時給850円(土日900円)の
大阪に本社のあるうどん屋さんで、
パートのおばちゃんからは
「バイトのエース」呼ばれていた。

稼いだバイト代は好きなことに使っていた。

ほとんどは服と本に消えていったと思う。

 

 

アルバイト以外に自分が
「何かやっている」ことアピールしたくて、
僕は彼に友達とショートフィルムを作っていると言った。

1分30秒ぐらいの映像だった。

僕が演じて友達が撮って編集した。

賞には応募したがかすりもしなかった。

 

 

「今さ、おれ
ごみゼロナビゲーションっていうNGOで
学生スタッフやってるんだけど、
清水ならぜったい向いてるって!
お前にぴったりの場所さ!」

 

 

まおはそう言って、エクセルシオールで
僕に活動の写真を見せた。

彼の持っているMacBook Propが
デキる大学生を演出していた。

 

 

僕も新しい何かをしてみたかった。

まおが誘うままにボランティアに参加し、
スタッフになるための当時新宿にあった事務所で
ミーティングを受けた。

「新しいことにチャレンジしたい!自分を成長させたい!」

だとか大学生にありがちな志望理由で
スタッフの一員になったわけだ。

主な活動内容は野外イベント(主に音楽フェス)で
環境対策活動をして来場者にも
問題意識を持ってもらうこと。

IMG_1960

 

 

 

毎週新宿にある事務所に通い、ミーティングをする。

分けられてたセクションごとに割り振りがあり、
僕は物作りや絵を描くことの多いセクションに入った。

最初はわけもわからないミーティングに、
まおに誘われるとおりに出席するだけだった。

信頼関係や人間関係があり、
うまくいかずに統括から怒られることだってあった。

 

 

だけど、僕はここにいたことで
仲間を見つけることができた。

IMG_1945

 

 

 

まおは僕より1年半も前に
スタッフをやっていたので、
事務所でよく会うようになった。

同級生としてのなれ合い感は
出さないように意識するまおからは
どこかプロ意識のようなものを感じた。

 

 

ミーティングの後は終電で地元の新百合ケ丘まで戻った。

ごみゼロのことはもちろんのこと、
将来だとか夢だとか「青い話」をいっつもしていた。
今もしてるけど笑

IMG_1946

 

 

 

それから僕は色んなところに行った。

ハイエースをレンタルして備品を詰め込み、
会場に前乗りする。

代々木公園で行われるイベントや、
宮城の荒吐ロックフェスティバルや
大阪のサマーソニック、
世界で一番クリーンなフェスと呼ばれている
フジロックフェスティバルにも。

あれも僕の中では旅だった。

色んな世界を見ることができた一年間。

 

 

だが、僕はごみゼロに一年間しか所属しなかった。

フジロックに行くために大学のテストを放り投げて
活動に参加していたため
(大学の事務は頑として追試を認めなかったのだ)、
僕の後半の単位はヒドいことになっており、
このままごみゼロで活動していくことが難しくなった。

 

 

そして「漫画家になる」という
人生の指針ができたからでもある。

 

 

 

 

これが僕の21歳から22歳の大学時代。

大学2年の秋から3年の終わりまで。

大学のキャンパスは表参道になった。

僕はお金を浮かすために歩いて
新宿御苑の横を早歩きでつっきった。

そんな一年間だった。

 

 

 

 

 

 

ようやく自分の人生を生きている。

 

よくそう思う。

きっと今までの人生は
今こうして僕が僕でいるためにあったんだ。

IMG_1940

 

 

 

 

 

 

サジュークは

僕にトルコの有名な曲を教えてくれた。

日本で言う「上をむいて歩こう」みたいな曲だ。

人生観を含んだ歌詞で
トルコ人なら誰でも知っているらしい。

 

 

薄暗い部屋の中で練習をして、
日が沈むと僕たちは外に出た。

IMG_1947

 

 

 

サジュークの元カノのお姉さんに、
彼女の私物を渡すらしい。

IMG_1950

 

 

待ち合わせ場所にいたお姉さんともう一人の女性。

あれ?彼女かな?

IMG_1948

 

 

 

「違うよ。彼女のワイフさ」

 

ちょっと考え、すぐに二人がどういう関係なのか分かった。

トルコは意外と同性愛にオープンなのだ。

IMG_1956

 

 

 

サジュークが彼女たちと話している間。

僕は彼らと同じテーブルでカフェバーのWi-Fiを使って、
iPhoneの画面をいじくっていた。

時折「ジャポン」というワードが聞き取れると、
「あははは」と笑った。

 

 

時間も遅くなり、サジュークが彼女たちと別れ、
シェアルームに戻る路地で肌の露出した服を着た
大きな女性が突っ立っているのが目に入った。

 

 

「彼女たちがさ、言ってたよ」

「なんて?」

「『シミをゲイバーなんかにつれてっちゃだめよ!
カワイイ顔してるからゲイにモテちゃうから!』って」

 

 

僕たち二人が大柄のオカマの横を通りすぎると、
彼は低い声で「チンチャ~ン」と言った。

ホられたらマジで笑えねえ。

トルコでは日本人の女のコがモテるという。

男子も例外ではないようだ。

IMG_1959

 

 

 

 

 

 

夜型の

サジュークと一緒に海沿いの芝生へと向かう。

海から吹き抜ける夜風が最高に気持ちがいい。

そしてこの適度な暗さが心地よかった。

 

 

23時をまわっても、
海沿いの芝生の上には沢山の人がいた。

これといって特に何かをするわけでもなく、
ただただビールを飲んで話をする。

新しく設置される予定の電柱には
電灯部分がとりつけられていない。

だが、いずれこの海沿いも電灯だらけになって
無駄に明るくなってしまうのだろう。

 

 

サジュークの友達が集まっている場所を見つけて、
僕たちもそれに入った。

バスカーの友達と一緒に
サジュークはガットギターを鳴らす。

 

 

「それ何の曲?」

「ん?ジャムしているんだよ」

 

 

僕も即興で英語の歌詞を当てシャウトした。

 

 

 

男が歩いて来る。

僕たちに話しかけて来た。

「2リラくれないか?ビールが飲みたいんだよ」

そんなファニーな場所さ。イズミルは。

最高の仲間がここにはいるよ。

僕は今トルコを旅している。

IMG_1957

—————————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

イズミルには野良犬がいます。
それもまるまる太ったヤツが。
暑い日中は日陰でごろんと横になっているんですが、
全然汚くないんです。むしろ毛ヅヤがいい。

なにやらイズミルの野良犬は区だか市が
一時的に保護して病気にならないように注射しているっていうんです。
驚きですね。
「検査済み」の犬の耳にはプラスチックのナンバープレートが
とりつけられているので、どの犬が安心かはすぐに分かるんですよ。
それにけっこう大人しいし人懐っこいし。
ただ、空き瓶回収のおっちゃんたちには異様に吠えるっていう…。
なんででしょう?

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了するとポイントが入る仕組みです。

回想も挟みたいさ。ONE PIECEみたいにね。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★相棒のまおくんが作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくお願いします。

★Twitterも最近またやってます。
トルコ編は楽しいはず!アカウントは「Indianlion45」

 

今日も読んでくれてありがとう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です