「ちょ、なんか最近マセガキに頻繁に遭遇するんですけど」

世界一周349日目(6/13)

 

「ハッ!」

と目を覚ます瞬間がある。

外で寝ている時に限るけど。

 

 

パッと目を空けたら、気の弱そうな男が
僕のギターケースのジッパーに手を当ててる所だった。

ここは世界で二番目の長城があるトルコの
ディヤルバクルという町の公園のベンチの上。

IMG_0310

 

 

「お、おお…?ハロー?」

 

 

戸惑いながらもフレンドリーに挨拶をしておく。

男は気まずそうに笑いながらすぐに去って行った。
もしかしたらギター盗まれてたかも??

 

 

僕の持っているギターはギターの形をしていない。

Martin Back Packerという
小ぶりの三味線みたいな形のギターで、
インドでひび割れの修理に出した時に
格安で買ったケースに入っている。

さすがメイドイン・インディアとでもいうかのように
そのケースは使っているうちにみるみる縫い目がほどけ、
今では中のスポンジが切れ目から露出している状態だ。

 

 

きっとさっきの男は中身が気になったんだろう。

まずバックパックは重た過ぎて僕が寝ている間には
まず盗まれることはない。
持ち上げたところですぐ頭の横に置いているから気づく。

サブバッグはそんな重たいバックパックを支えるように
下に置いているので、持ってくには
重たいバックパックからジェンガのブロックを抜くように
引き抜くしかない。

ちなみにサブバッグが一番盗まれたくない物だ。

中にはパスポートやパソコンなど旅を続けるための
必需品が入っているからね。

 

 

 

 

6時半には寝袋をたたんで動き出した。

IMG_0311

 

次の目的地はマルディンという町。

これもヒッチハイクで乗せてくれた方に
オススメしてもらった場所だ。

トルコ人がオススメするくらいだからね!
行って間違いはないはず!

 

 

今いるディヤルバクルからマルディンまでは
幹線道路がまっすぐ続いている。

これはヒッチハイクできるだろうと、
僕は町のはしっこまで行ってみることにした。

トルコでのヒッチハイクがいかに簡単であるかが分かってきた。

それはこのトルコのみんなの国民性とでも言うべき
オープン・マインドなフレンドリーさに由来するんだろう。

もちろん危険もあるだろう。特に女のコの場合。

だから僕は「トルコでのヒッチハイク楽勝~~~!!!」
なんては口が裂けても書けない。

てか、ヒッチハイクするまでが大変なんだ…。
ぜえ…。遠いし、重い…。

IMG_0314

 

 

 

 

マルディンまえの幹線道路に出ると
バックパックを背負いながら親指を立てて歩いた。

IMG_0317

 

 

すぐに止まってくれる車。

開始10分も経っていない。朝からいい出だしだ。

乗せてくれたのはエルトンさんというお医者さんの方だった。

IMG_0320

 

 

「マルディンで暮らしてるんですか?」

「いや、上からの命令でね。
本当はマルディンなんかに行きたくないんだよ。
500日働かなくちゃいけないんだ。
その後は好きにしていいことになっている」

 

 

トルコのお医者さんのシステムが
どんな風になっているかはよくは分からないが、
人事異動みたいなものなのかな?

 

 

エルトンさんは
「えっと、これは英語でどう言うんだったけな?」
とそこま英語が堪能じゃなかったが、
それなりに会話を楽しむことができた。

僕がトルコに暮らすクルド人のことを訊いてみると
エルトンさんはこう言った。

 

 

「僕は別にクルド人が独立してもいいと思っている。
だって僕たちは同じ人間だろう?
あれは政府や無理矢理に括りを
作ってしまっていることが問題なんだと僕は思うよ」

と。

 

 

なんだかお医者さんらしい意見だなぁと思った。

どっちつかずと言えばそうなってしまうんだけど。

そうだよな~。同じ人間だもんだ~。

 

 

「国」というひとつのまとまりは
どうやってできたんだろう?

日本だったら、戦国時代みたいな内戦が沢山あって、
外国からの脅威にさらされたりして、
日本という国ができあがってきたわけだけど、
その構成員に無理矢理組み込まれた人たちもいる。

ふーむ…

 

 

 

 

徐々に重たくなってくる瞼。

ヒッチハイクさせていただいて
ひじょ~に申し訳ないんだけど、
助手席に座って話のネタがなくなってくると
すぐに眠くなってくるんだよね…。

顔をゴシゴシしていると、エルトンさんは
「気にすることないんだよ」と優しく言ってくれたが
おれは寝ないぞ!日本男児の誇りにかけてぇ~…

眠い…。

IMG_0329

 

 

そんなエルトンさんはカフェで
コーヒーをごちそうしてくれた。
僕も名刺をプレゼント。

IMG_0321 IMG_0322 IMG_0323

 

 

 

 

 

マルディンという町は

新市街と旧市街で別れているようだった。
観光地なのはオールド・マルディンの方。

 

 

「今日はホテルに泊まるのかい?」

「や~、キャンプかな?」

「それはちょっとよくないよ。
あのスイマセン、安いホテルは知りませんか?」

 

神がかった親切さでエルトンさんは
僕を旧市街まで送ってくれただけじゃなくて
安い宿まで僕を乗せて行ってくれた。
マジでありがとうございます。

9日間キャンプしてきた。トルコで初めての宿だ。
35リラ(1673yen)。地味にWi-Fiがあった。

やるな。それに今日くらいは泊まってもいいだろう。

IMG_0342

 

 

僕は迷うことなくチェックインして、
部屋にバックパックを置くと、
外までエルトンさんを見送りに出た。

僕がバイトしていた串焼き屋さんは
お客さんを外までしっかりとお見送りするお店だったから。

 

 

 

僕は洗濯物を済ませ、シャワーを浴びた。

脱いだジーンズからは
ほんのりと公衆トイレの臭いがした。

これがレベルアップするとホームレスの
強烈な臭いになるんだろう。

やっぱ体を洗うって大事だなぁ~。

てか宿の安らぎようはんぱねぇぇえええ~~~~!

IMG_0338

 

 

 

体もさっぱりして、サブバッグだけも持って外に出る。

いつも町歩きはフル装備で
はぁはぁ言いながらだったけど、この身軽さはなんだ!

 

 

オールド・マルディンは山の上にある。

IMG_0427

 

 

乾燥地帯にあるため、見下ろすと辺り一面、
地平線まで茶色い地面が続いていた。

そして、この町はほどよく観光地化されており、
メインの通りにはお土産屋さんが沢山軒を連ねている。
それが僕をウキウキさせた。

IMG_0374

 

 

 

マルディンでよく見かけるのは天然素材の石けんだ。

IMG_0364 IMG_0352

 

 

これで頭も洗えるらしい。

値段はローカルな物からブランド物まで。
これで頭も洗えるらしい。

 

 

この石けん、どこかで見たことある気がする…。

キャンプ生活を始めて毎日シャワーを浴びれなくなり、
果たして体を毎日洗うことが重要なのか
調べてみたことがあった。

実際、毎日お風呂に入らなくてもいいそうだ。

ここまで毎日欠かすこと無くお風呂に入るようになったのは
ここ最近の話らしい。

そして、洗い過ぎだと肌の必要な分の核質まで落としてしまらしい。

また市販されているケミカルなものは肌によくないそうだ。
アトピーなんかも石けんを変えるだけで改善するとかしないとか。

まぁ話がまた長くなっちゃったんだけど、
そこで見かけたのが
シリアの「アレッポ石けん」
というものだった。

マルディンはシリアに近い。

だから影響を受けてるんだろう。
シリアは内戦で行けないけど、ここで石けんを買うしかない!

 

 

いくつか石けん屋さんをチェックして、僕は町歩きを続行した。

IMG_0388 IMG_0399 IMG_0404 IMG_0396

 

 

見晴らししのいい高台でギターを弾きながら
奥田民生の「さすらい」をシャウトしていると、
近所の大学生の男の子から彼の家に招待を受けた。

なんだか今試験期間中だそうだ。

お父さんがアラブ語、英語、クルド語を話す通訳さんらしく、
お父さんと一緒に今度、イスタンブールに働きに行くんだって。

ここだとそんなに仕事がないんだ。
という彼からは何か日本に通ずるものを感じた。

IMG_0406 IMG_0409

 

 

なんかトルコのガキんちょはマセてるのかなぁ?
コイツらずっと「あっ!あっ!はぁはぁ」って喘いでたんだけど。
僕の後ろをついてきながらずっと。

IMG_0442 IMG_0433 IMG_0432

そして写真を撮ろうとすると逃げるっていう笑。

 

 

 

 

町歩きを終えて、僕は目をつけていた
石けん屋さんに入った。

 

 

ここでは「サブーン」と言う。
色とりどりの石けんが店内にディスプレイされている。

5種類、2個づつで買おうと思っていたのが、
12個になり、リクエストされて店内で一曲唄ったら
奥さんから1個石けんをおまけしてもらった。

IMG_0454 IMG_0451

 

 

 

そしてプレゼント様に麻袋を売ってもらい、

手持つと重量感…。

IMG_0457

あ~、今は考えないようにしよ!うんうん!

 

 

 

シリアに近い乾燥した岩山の上にある町、マルディン。

ここは僕のお気に入りに加えてもいいだろう。

久しぶりの宿の居心地のよさがたまらなかった。

外のライブバーからは夜遅くまで音楽が鳴り止まない。

IMG_0469

———————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

最初はシリアの内戦の影響もあってちょっと危ないかなぁ~っと思っていたのですが。
観光地にそんなことは関係ないようでした。新市街の方も安全そうだったしね。

まぁ、今回は宿があって正解。あんな坂道だらけの町、
フル装備じゃ楽しめないもんね!
宿を探してくれたエルトンさんには本当に感謝です。

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★地味に更新しておりますFacebookページ
旅する漫画家」もどうぞよろしくお願いします。

★Twitterもね!「Indianlion45」


4 件のコメント

  • 初めてメールします。
    タイの日記から楽しく拝見させて頂いています。毎晩寝る前に楽しみに読んでいます。だいぶ逞しくまた人間的にも幅が出てきて、羨ましく思います。
    これからも良い経験と、健康をお祈りしています。
    さて、今まで何度もメールしようと思い、しなかったのはご自分の写真がいつも悪ふざけっぽいのが多く、何と無く私の苦手な弟と重なるから。
    因みに私はもうすぐ50歳〜(・_・;
    本題です。石鹸は薬事法に引っかかるので、送る際は必ず個人使用、私物として送りましょう。 もしくは石鹸とわからないように。 売物とわかると、税関で没収で廃棄処理にも金が掛かるので、あくまで個人使用としてね。
    私の仕事は商社で輸入関係でして。
    以前石鹸で税関でトラブったので。余計なお世話かもしれませんが一応。
    では良い旅を。
    いつの日か日本で。

    • >ヤス坊さん

      ニヤっとしてしまうようなコメントと
      雑貨についてのアドバイスありがとうございます。
      雑貨の方はプレゼントとしてなので
      (そもそもビジネスよりかは遊びの域なので)
      大丈夫かと思われます。

      写真の方ですが、
      悪ふざけだなんて笑。

      僕はすまして写真に写るのよりかは
      見る人が「クスッ」となるような、
      『コイツアホやなぁ』と思ってもらえる様な
      自分写真を撮るように心がけています(笑)

      小さい頃から目立ちたがり屋でした。
      (よく言えばエンターテイナーでしょうか?)

      まぁ、お笑い芸人にしても個人の好みは別れます。
      100はないですからね。

      コメントありがとうございます。元気出ました♪

  • 初めからブログを拝見させていただいて、ようやく最新記事まで追いつきました。中国入国の頃と現在のシミさんの顔つき、オーラの変化がハンパ無いです。あとレックスくんの汚…日焼けっぷりもなかなかのナイスガイです。
    トルコは比較的治安はいいですが、カッパドキアでの事件等ありましたので、どうかお気をつけて旅をつづけてください。帰国の際には漫画原画展等の企画を是非!

    • >モリタさん

      もうお読みになられたんですか!!??
      お疲れさまです。
      さぞ徒労感に苛まれていることでしょう(笑)。

      冗談です♪

      僕の拙くてくどくど書くようなブログを
      最初っから読んでいただけるなんて
      頭が上がらないくらい嬉しいですし、

      自分の成長を見ていただけて、
      ブログを書いてきてよかったなと思いました。

      僕の旅はようやく折り返しにさしかかったところです。
      よかったらまた読んでやってください。

      今日も僕は元気に旅をしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!