「とある旅漫画家の日常」

世界一周27日目(7/25)

 

サインシャンドの町に
来てみたかった理由。

IMG_6444

 

 

ひとつは単純な興味
ダランザドガドの町から
道は続いているのにもかかわらず、
民間人の交通手段はない。

UBを経由せずにショートカットしたかった
その町を見て見たかった。

 

モンゴルはUB(ウランバートル)
「ハブ」にして交通網が整備されている。

だから、端っこまでいくと
国内で飛行機を使わない意外は
またUBに戻ってこなくっちゃいけないのだ。

 

 

もうひとつは
ここで漫画を仕上げること。

 

 

 

 

泊まったホテルはイマイチだった。

サインシャンドは
ゴビ砂漠にアクセスできることから、
ホテルがそこそこあるのだが、
そのいずれもバックパッカーにとっては
高かった。

 

 

昨日、
タクシーのあんちゃんに見つけてもらった
最安値のホテルは20,000トゥグリル。

IMG_6416

 

これならUBのゲストハウスの方が安い。

他に泊まる場所も見つからなかったので
ここに決めたのだが、

ここには
シャワーがなかった。

 

汗まみれで辿り着いた僕は
シャワーを心の底から求めていたのだが…

 

くっそ。
モンゴル人は
一体どうやって体を洗ってるんだ!?

幸いホテルに
漫画を描くためのテーブルがあったのだが、
こらまた絶妙な高さだった。

備え付けの椅子だと低すぎるし、
床に座ると高すぎる。

 

僕は持って来たPennyboardと
シーツを折り畳んで高さを調整し、
漫画の製作にあたったが、

diarrheaでダメージを受けた僕のお腹もあって
思ったように集中できない。

 

 

でも
描くっきゃない!

 

 

 

 

テーブルはほんとうに

どうしようもない高さだった。

ペンタッチが思うようにフィットしない。
カフェに行って仕上げる事も考えたが、
ホテルが高いかったため、我慢した。

 

 

僕はついに

 

バックパックを
椅子代わりにして

IMG_6449

 

テーブルに向かった。

 

 

途中、
モンゴル人のビッチ

(化粧もアホみたいに濃かったし、
トイレットペーパーを貸してやったら
しょっちゅう僕の部屋に入ってくるので、
最後の方は鍵を閉めて居留守を決め込んだ)

の妨害もあったが、

僕はなんとか3ページの漫画を仕上げた。

 

 

 

意外と
早く片付いたので、
その日はモンゴル国境の町、
ザミンウデまでの
切符を買いに行った。

IMG_6418

 

 

 

町の中心地から駅までは2キロ。
日本だったら歩いて行くくらいわけないが、

暑く荒涼としていて、
それでいて砂で髪の毛が
パサパサするような町での2キロは全くの別物だ。

幸い道路のコンディションが良かったので、
Pennboardが役立った。

IMG_6425

 

 

僕は7/26に出発したかったので、
その日の宿泊代を払い込み、
サブバックを背負ってここまできた。

だが、筆談で手に入れた切符の出発時刻は

 

「2:08」

 

えっ?
これってどういうことなんだ?

26時なのか
今日中にここを離れるのか訳が分からない。

英語の話せるおっちゃんに尋ねたら、

 

「今18:00だから8時間後の出発だね」

 

とのこと。

あんだよ!もう宿代払っちまったぞ!

 

 

 

 

 

案の定、
払い込んだ宿代は戻ってこなかった。

そもそも英語が通じないのだ。

それに、安宿ってこともあり、

ホテルのおばちゃんは

テレビを見ながら
ミルクティーをすすっている。

 

サービス精神ゼロ。

交渉の余地はなかった。

 

筆談で交渉しようとしたら、
モンゴリアンビッチが呼ばれたので
(ホテルのおばちゃんは
ビッチが英語を話せると思ったのだろう。
だが彼女も話せなかった)

僕は早々に退散した。

 

 

 

 

 

こうなったら….

 

 

 

路上ライブを
やるしかない!!!

 

 

 

 

僕は覚悟を決め
サインシャンド駅の入り口脇で
Martin Backpackerを取り出した。

IMG_6481

 

 

この駅は列車が来ないことには人通りもない。

売店も閉まってしまう
(なんて効率的なんだ!人件費がかからねえ!)

 

僕は時間を見計らって唄った。
アガリは3,000トゥグリル。

 

 

長く聴いてくれたおばちゃんと
仲良くなったんだけど、

僕の隣にべったり座り、
僕が歯磨きに行こうと立ち上がると
ついて来る。

ばばあ

 

 

さらにはトイレに行く時でさえ
途中までついて来るのだ!

ていうかモンゴル語分からないのに、
ずっと話しかけてくる。

連絡先を書いた紙をもらったが、
丁重に列車の中に
置き忘れたことにさせていただいた。

 

 

 

それにしても、
またお腹の調子が悪くなって来たな。

僕が駅構内のベンチで寝ていると、
見覚えのある顔が。

 

 

アルタだ!

 

 

僕をダランザドガドまで
導いてくれた聖母の様な方!

これからUBに戻ると言うので
ほんの10分程度の再会であったが、

彼女が言うには、

 

「2日後にサインシャンドで
大きなお祭りがある」

 

らしい。

 

そうかい。
つくずくこの町に縁がないわけだ。

IMG_6478

 

 

ようやく来た列車はコンパートメントで
僕と入れ替わりに同室の乗客たちは降りていったが、
コンパートメント内はお菓子が散乱し、
「辛ラーメン」の香りがいつまでも消えなかった。

 

僕は寝台の上段に避難し、
SUZUMOKUの「モンタージュ」を聴いて
眠りに就いた。

 

 

———————————
世界一周ブログランキングに参戦しとります。

まあ楽しいだけが旅じゃないよね。

モンゴルでは素敵な人に出会えば、
変に個性的な人たちにも出会います。

今日ね、買ったパンにカビが生えてたんだよ。
うん。気づかないで食べたよね
4分の1くらい。

どうりで買う前におばちゃんが
違うのと取り替えたわけだ。

「えっ?なんで?そっちの柔らかいパン売ってよ!」

って講義したら売ってくれたけど
まさかカビパンだったとはね…

どうりで昨日の夜からお腹痛かったわけだ…

そんな僕にポチして元気をください。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>