「気分はまさに家猫のよう」

世界一周377日目(7/10)

 

早起きした。

IMG_2417

 

 

って言っても10時半だけど。

サジュークや他のみんなは
明け方になってようやく各々のベッドに入る。

僕たちにベッドを提供してくれている
ビギンのおっちゃんは夜にバーで働いているので、
どうしても生活サイクルが
ずれ込んでしまうのは分かるんだけど、

サジュークやペリンは
イスタンブールでの生活を
かなりスローに送っているようだった。

 

 

泊めてもらっている身としては、
一人でどこかに行くような勝手な行動ができないし…。

こんな風に気を遣ってしまうのは
やはり僕が日本人だからろうか?

 

 

いつまで経っても起きて来ないみんなをよそに、
一人ソファに座って黙々と日記を書いた。

もちろん日記を書く意外にやりたいことはある。

いくら観光に興味がないと言っても、
行ってみたい場所はあるし、
雑貨を仕入れに行きたい。

あっ。そうだ。
サバサンドまだ喰ってないや。

IMG_2433

 

 

今まで一人で気ままに旅してきた僕は
いささか窮屈な思いを感じ始めていた。

寝る場所も食べ物も用意してくれるサジュークたち。

彼らはお金は受け取ろうとしないので、
僕は昨日ビギンにビールとタバコを買ってお返しした。

やっぱりそっちの方が良いみたいだ。

 

 

 

 

お昼を過ぎたころに
サジュークたちはのそのそと起きてきた。

キッチンで簡単な食事を作り、それをみんなで食べる。

その後はLGのパソコンでYouTubeで
音楽を聴いてまったりしている。

一体いつになったら外に出るのだろう?

 

 

 

夕方5時をまわり、僕たちはようやく外に出た。

はぁ、なんか一日を無駄遣いした気分だな。

今日も夜遅くまで起きてるんだろうな。

IMG_2419

 

 

 

 

なかなか言い出しにくいんだ。

「一人で行動したい」って。

何度か「そろそろ宿に泊まるよ」と
口にしにしてはみたのだが、
サジュークは「そんな必要はないさ。
明日は友達の家に泊まるからさ」とすぐに
答えを用意してしまう。

IMG_2421

 

 

 

一体どうやって言えば別行動がとれるんだろう?

「何もしないでグダグダ一日を
過ごすのが嫌なんだ。
一人で行動したいんだ」

ってストレートに言ったら、
間違いなく彼は傷つくことだろう。

よくしてもらっているだけあって、
そんな風には言いたくない。

 

 

カウチサーフィンなんかを
利用したホームステイももしかしたら、
きっとこんな感じなんじゃないだろうか?

『泊めてもらう身だから…』

とか気を遣って、
自分の自由行動が制限されてしまうような。

1~2日だったらそんなことはないだろう。

でも、サジュークと一緒に行動して始めてから、
気づけば10日間も経ってしまった。

IMG_2423

 

 

 

 

ひとまず今日、僕たちを泊めてくれる
彼の友達の家へと向かう。

イスティカル通りを路地4本分ほど
奥にある小さなアパートメントに
彼の友達(の弟)は住んでいた。

IMG_2427

 

 

 

「それじゃあ今日、よろしくお願いします♪」
と日本語で挨拶する。第一印象は大事だから。

バックパックを置かせてもらい
僕たちはメイン通りに出た。

IMG_2428

彼はサジュークのいとこ。

 

 

 

 

夕方のイスティカル通りをグダグダと歩く。

IMG_2432

 

 

 

さっき、
サジュークのいとこと
そのガールフレンドを見つけて
上機嫌になるサジューク。

ビギンは仕事へ。

サジュークの元カノのペリンも
どこか他のところへ行ってしまった。

仲良く肩を組み合う3人の後ろを黙ってついて行った。

 

 

時々サジュークが
「How are you??man?」と尋ねて来るが、
僕は「fineだよ」と返すだけ。

 

 

いやいや、考えてみろよ?

いとこと久しぶりに
再会してかれも嬉しいに決まってるじゃないか。

そうだよ。
僕はここにタダで泊まらせてもらってるんだぜ?
彼と一緒に行動するのは当然じゃないか?

IMG_2425

 

 

 

 

週末の人で混み合ったイスティカル通りの
端から端まで歩いて行き、
ビールを買ってもと来た道を引き返したと時に

僕は決めた。

 

 

『何があっても
明日は一人で行動しよう』
と。

 

 

まさに気分は家猫の気分だった。

こんなに束縛されるのが苦痛だなんて。

目的もなしにグダグダ過ごすことが嫌いだ。

 

 

 

 

 

 

大学時代。

友達でもなんでもないクラスメートが集まって、
講義と講義の間の時間にのそのそ群れて歩く。
彼らが言うセリフはこうだ。

「どうする?」

僕にはそれが耐えられなかった。

すぐにー群れから離脱して
図書館に本を読みに行った。

 

 

せめて、これからどうするのか
説明してくれれば少しは楽なのに。

いや、僕が訊けば当然彼は応えてくれるだろう。

だが、たかだかビールを買うために
イスティカル通りを往復する必要なんて
あるのだろうか???

IMG_2435

 

 

 

 

僕たちはこれから
知り合いのライブバーに行くらしい。

IMG_2437

 

 

 

そのライブバーが見つからずウダウダしていた。

途中彼の知り合いのおねーさんが登場して、
群れは盛り上がった。

IMG_2438 IMG_2436

 

 

 

立ち話でもなんだしと歩き始める彼ら。

どこに行くのかなぁと思ったら、
バーでもなんでもない。

閉まったお店の前で座ってビールを飲み始めた。

 

 

だ、ダメだ。

この目的のない行動につき合ってられない。

 

 

ニコニコと
「じゃあバスキングに行くわ!」
とその場を抜け出した。

歩き出した瞬間、どこか開放された気持ちだった。

稼げない夜の路上で
おもっくそフラストレーションを爆発させる。

 

 

この日、唯一の救いは
ブルガリアのバスカーの女のコ2人と一緒になって、
ライブバーに行ったことくらいだった。

IMG_2440

 

 

 

狭い室内の最前列でとりあえず踊ったけど、
心の底から楽しいとは思わなかった。

 

 

「明日はオールド・イスタンブールの宿に移るよ。
友達へのプレゼントも買わなくちゃいけないし、
修理に出したサンダルやカメラを取りにいってないからね。
一人で行動する時間が必要なんだ」

 

 

今日の僕の口数の少なさからか、
サジュークもいくらか落ち込んでいるようだった。

 

 

「明日シミの予定について話合おう。
宿に泊まる必要なんてないさ」

「そうだね。
でもね、ほら、洗濯ができないんだよ」

Scrubbaの中には4日前の衣類が入ったままだ。

 

 

日本にいると、遊ぶ時間がないだとか、
自分の時間がとれていないだとかよく耳にする。

だけど、何もしないと反対にそれが苦痛になってくる。

学びがあったと言えばそうだろう。

 

家猫にでもなったような気持ちだった。

そんなイスタンブールの5日目。

IMG_2441

—————————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

僕は贅沢なんでしょうか?

そうですね。きっとそうなんだと思います。

じゃあ一体何が一番ベストなのか?
彼の気持ちを気遣って無目的に一日の大半を過ごすのか。
はっきりと自己主張すべきなのか?

こういうシチュエーションに置かれて
色々と考えました。うん。

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ
旅する漫画家」もよろしくお願いします

★Twitter「Indianlion45」

2 件のコメント

  • わかるわー。わたしも人の家に泊めてもらってたけど、リズムが狂うのよね。
    なんだかんだで気を遣うし。だからカウチサーフィンとかはしない主義です。
    せっかくの旅なんだから、自由じゃなくちゃ!っておもうよ。

    • >vavakappaさん

      まぁ、難しいところですよね。
      カウチサーフィンも、もちろんいいところもあると思います。

      でも、僕も自分のリズムがあるので、使っていません。
      「明日の何時までにここ、あさってはどこそこ」
      ってのができないんですよね。

      もっと気ままに旅していたですから。
      (っていうかヒッチハイクうまく行くか分からんのです笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!