「ハッピーだったらハグをして」

世界一周372日目(7/5)

 

リビングに置かれた
ソファ・ベッドが
ふたつ。

IMG_2083

 

 

隣りを見るとサジュークにお母さんが
覆い被さってほっぺたに
キスをしているのが見えた。寝よう。

次に目を開けると姪っ子が
彼を揺さぶっているのが見えた。寝よう。

 

 

ここはトルコイスタンブールの郊外にある
クルド人サジュークの両親が住む家。

僕は昨日彼と一緒にイズミルから
ヒッチハイクでここまでやってきたのだ。

その距離400km以上。かなりの長旅だった。

 

 

イズミルで彼のシェアルームに
泊まらせてもらう予定だけだったのに、

「両親の家にも泊まりにおいでよ!」とか
「イスタンブールの友達の家に
泊まらせてあげるよ」とか

節約旅をしている僕にはありがたいお話だったので
お言葉に甘えさせていただくことにしたのだ。

 

 

それにしてもすっかり昼夜逆転したような生活だ。

彼と行動を共にするようになって僕の起きる時間も
12過ぎが当たり前になってしまった。

 

 

 

ベッドから起き上がり、顔を洗ったあと、
サジュークママに用意してもらった
ブランチを食べる。

IMG_2086 IMG_2087

 

 

 

イズミルで一人暮らしをする息子が
久しぶりに帰ってきた。

彼の両親はとても嬉しそうな顔をしている。

僕もおもわず同じテーブルで
ついつい笑顔になってしまう。

温かさを感じる。いい家族だ。

IMG_2096

 

 

 

ちなみに
これが幼少期のサジューク。
IMG_2097

 

そして19歳の時とその10年後。IMG_2099

 

何があった??!!!

 

 

 

 

サジュークの一家、クルドのみんなは
ムスリム教ではないようだ。

彼ら独自の宗教があるみたいで、ラマザンは関係ない。

トルコは規律のゆるいムスリムで
ラマザンなんてやらない人の方が多いみたいだけど、
近隣の住民の何人かは日の沈むまで
飲み食いしない礼の戒律に従っているらしい。

 

 

 

ここ数日間で一気に時間が変わった。

日本人の僕だったら少し罪悪感を感じてしまう
ゆっくりなスローライフだ。

まぁ、ひさしぶりの帰郷なんだもんな。

せかせかしたとことろで何も変わりはしない。

 

 

 

 

ブランチを食べた後、
まったりしていると
ご近所のお兄さんがやって来た。

 

 

サジュークと同い年の29歳。

僕の伸びた髪の毛とおでこの狭さを見て
お兄さんはうらやましがった。

「だいたい僕たちは
おでこから禿げていくからね」

 

 

そんなお兄さんには
美人の奥さんがいた。

IMG_2094

ふふふ。謙遜か…。

IMG_2101

 

 

 

お隣さんが帰った後は
家の庭になっているイチゴを食べる。

今日もスローな時間が流れる。

IMG_2104 IMG_2102

 

 

 

 

 

 

「よし。それじゃあ出かけようか」

IMG_2108

 

 

サジュークママと一緒に少し歩いた所にある、
サジュークのお姉さんの運営する美容室があった。

まだオープンして一ヶ月も経っていないそうだ。

お店の中は仲の良い友達が
足を運ぶ憩いの場のようになっている。

そこにいた彼の姪っ子ニーサを見つけると、
サジュークはキス魔に豹変した。

IMG_2110

 

 

 

 

「ぎゃ~~~~!!!
やめて~~~!!!」

IMG_2114 IMG_2115

 

 

ニーサが嬉しそうに大声で叫ぶ。

「ム~~~~~~ッチュ!!!」

 

 

 

いやぁ…

ほのぼのするよ♪

IMG_2117

 

 

 

サジュークのお姉さんは離婚しており、
娘のニーサちゃんと一緒に両親の家で暮らしている。

父親は養育費を払って二人の生活を
サポートしてるらしいけど、
お父さんの存在ってやっぱデカいよなぁ。

ニーサが家族のみんなから
大事にされていることが分かった。

 

 

 

 

サジュークの家に引き返す帰り道、
近所の子供たちが僕に興味を示した。

IMG_2118

 

 

 

こういう時に長男の血が騒いでしまうのが僕なのだ。

彼らの持っていたサッカーボールを奪い、
「メッシ!メッシ!」と叫んで
架空のゴールにシュートをぶち込む。

 

 

 

「ゴォォォォオオオオルッッッ!!!」

「うわぁ~~~~!」

「いぇ~~~~~!」

「ロナウド!ロナウド!」

 

 

ふっふっふ。

ガキンチョにはやっぱりサッカーだよな♪

 

 

「よしよし。
じゃあお前はメッシな。
君はロナウドだ。チーム分けすんぞ!」

なかなかまとまらない
ガキンチョどもを二つに分けた。

上から苦情を言いたそうに
にらみをきかせているおばちゃんの気配を察知し、
近くのコートに移る。

草サッカーのトルコ国内線の開幕だ!

IMG_2120 IMG_2121 IMG_2122

 

 

 

ちょっと動いただけでジーンズが汗で濡れた。

そしてビーチサンダルで走り回っていたので、
気づいたら足の爪の付け根から血が出た(笑)

IMG_2123

 

 

 

「ちょっと待っておれ!着替えて来るから!」

 

 

 

そうガキンチョでもに言い残して
着替えてピッチに戻ると誰もいなかった。

 

 

大声で盛り上がっていたのがダメだったらしい。

近所のおっちゃんが耳に手を当てて
「うるさいから辞めろ!」と僕にジェスチャーした。

 

 

サジュークの家の前で
またガキンチョが集まるのをしばらく待っていたが、
冷めてしまった遊びの熱は元に戻らなかった。

僕も同じ様なシチュエーションを何度も経験して来たよ。

遊び場はあってないようなものなのかなぁ。

元気いっぱいかけまわるのも子供だと思うけどね。

いつまでたっても童心を忘れない25歳の無職だ。

IMG_2124

 

 

 

 

 

 

家に帰ると

さっきのお隣のお兄さんと奥さんがいた。

IMG_2128

 

 

 

「これ、シミにプレゼントだよ」

IMG_2125

 

 

渡されたのは
「LC WAIKIKI」と書かれた青いビニール袋。

中にはTシャツが二枚入っていた。

サーファーたちのプリントがされた赤いTシャツと
文字でバイクの形が描かれたネイビーのTシャツ。
サイズはL。

IMG_2126

 

 

「冗談でしょ?
これ、本当にくれるの?」

「冗談なんかじゃないさ。
もし感謝しているのならハグしてくれって」

 

 

「ありがとう」と言ってお兄さんとハグをする。

たまたまここに着た僕は他人でしかないはずなのに。

この優しさはどこから来るんだろう?

 

 

色々な国々でいろんな人たちから優しくしてもらった。

その度に僕は同じことを考えた。

そして自分に何ができるのかを今もまだ問い続けている。

 

 

荷物はこれ以上増やしたくなかったので、
日本から着て来た無印良品のVネックを
ここに置いていくことにした。

IMG_2130

 

 

すっかり色あせヨレヨレになったTシャツ。

おへその横くらいに小さな穴が空いており、
バックパックを背負った際に擦れたために
左肩にも穴が空いていた。

IMG_2131

 

 

このボロボロ具合を気に入っていたのもあるけど、
これからヨーロッパに入るんだ。

ここでコイツとはお別れしよう。

一年間僕の旅につき合ってくれてありがとう。

 

 

 

 

夕食をサジュークの家族とお隣さんと
彼のいとことその彼女で食べた。

IMG_2135 IMG_2134

 

 

相変わらずご飯の量は多い。

僕が太っていることは間違いないだろう。

 

 

日記を書く時間なんてない。

それでも別に構わない。

だってこれは僕の旅なのだから。

—————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

そして後日、一気に数日分の日記を書き上げるのでした。

ほら?これでも一年間続けて来たわけでしょ?
続けることが大事なんだよぉ~~~…。

はぁ、おれは小説家か何かか?

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家」もよろしくお願いします。

★Twitterもね「Indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です