「トロールのハナクソ」

世界一周201日目(1/15)

 

朝7時に
ホスペットに僕は到着した。

目指すは世界遺産に登録されている
ハンピ!

 

迷わず駅の前から出ている
ハンピ行きのバスに乗り込んだ。

IMG_0273

 

フットワークが軽いぜ!

っていうか
何も考えていないだけだけど(笑)。

 

 

 

バスは20分そこらでハンピに到着した。

砂っぽいバスターミナルには
欧米人やインド人、多くの観光客たちでにぎわっている。

IMG_0313

 

 

 

一応近くの宿に値段を訊いてみると
1000ルピー以上した。

ははは。マジウけるね。そのお値段。

 

マップアプリを見るに川を渡った向こう側に
いくつか宿があるみたいだけど、
ここは滞在する様な場所では
ないように思えたんだ僕は。

 

ハンピってのは
奇岩がそこいらじゅうにゴロゴロ転がってる
観光地みたいなんだけど、

そんな場所に数日滞在して何が面白いんだろう?

「ハンピの奇岩制覇!」とか言うのかな?

「おれはハンピの奇岩全部見たよ」みたいに?

ここはサクサク一日でまわって
次の場所へと進むことにした。

 

でもバックパック持ってきちゃったんだよな。

アホ高な宿と交渉して
荷物を50ルピー(84yen)で預かってもらった。

そして僕はハンピの探索へと向かう。

IMG_0275

 

 

 

 

 

朝から
じわじわと暑い。

サブバッグだけを背負っていても
歩いていると背中にじっとりと汗をかく。

そんな中、遺跡に向かってずんずんと進んでいく。

IMG_0277

 

 

 

あたり一面に自然の造形物とは
信じられない様な形の岩が転がっている。

すげえな。ここは見応えがあるよ。

IMG_0278 IMG_0282 IMG_0285

 

 

 

遺跡内で朝ご飯を食べていたインド人たちに
いつものように写真を撮ってくれとせがまれる。

IMG_0281

 

 

 

冗談めかして「10ルピーね!」と請求したら
かなり渋っていたのが可愛かった。

たしかにめんどくさい時がほとんどだけど、
さすがに写真を撮るくらいでお金はとらないよ。

 

写真を撮ってあげたインド人が
「岩の上の方にある石窟寺院に行くぞ!」と言って
僕を連れて行く。

IMG_0287

 

 

今日初めて会ったばかりのインド人(男)が
「足場が悪いから」と言って
僕の手を握る。

朝から複雑な心境だ。

 

インドでは中の良い男性通しが
手をつないでいることは
別に同性愛でもゲイでも
オカマでもなんでもないんだけど、

実際にインド人に手を握られるとー…

なんかー…

うん、嬉しくはないよね。

 

 

「逆に歩きずらいから!」と言って
手を振りほどき、自分のペースで
上へ上へと登っていく。

IMG_0290

 

 

はぁ、はぁ、朝からいい運動させやがって。

IMG_0294

 

 

 

頂上から辺りを見渡すと
ほんとうに一面岩だらけだった。

IMG_0291 IMG_0296

 

 

 

ここだけまるで他の惑星みたいだ。

ここから見える全ての奇岩たち
会いにいくには時間がかかるだろうな。

プリーで会った日本人の旅行者方が
「『ハンピはよかった』って聞きますよ」と
教えてくれたけど、
わざわざここまで足を運ぶ価値はあるよ。

IMG_0293

 

 

 

なんでここいら一帯に
変な形の岩が集まっているんだろうか?

インド人たちが何百年もかけて岩を運んだり、
形を整えたりしたのだろうか?

もちろんそんなことはないと思うのだが、
そう思わずにはいられないほど
面白い形の岩でハンピは溢れていた。

IMG_0302 IMG_0306

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなので
川の向こう側にも渡ってみることにした。

ハンピの川は水遊びをしたり
体を洗ったりするインド人たちでにぎわっている。

IMG_0327

 

世界遺産と言えどもそういうところがインドだよなぁ。

 

 

 

乗り場がどこかわからない船着き場。

IMG_0329

 

 

10ルピーの渡し賃。

地元の人も足として使う
ちっぽけなモーターボートが5分で僕を向こう岸まで運ぶ。

IMG_0330

 

 

 

 

向こう岸にいくつか欧米人向けの
小綺麗なゲストハウスをいくつか見かけた。

IMG_0345

 

 

宿泊客向けの食堂があったり、Wi-Fiも飛んでいる。

あぁ、ハンピに滞在する旅行者は
ここに泊まるんだな。でも僕はいいや。

 

 

ひとつのゲストハウスの前に

「Today’s Show “Lock Stock
& Two Smoking Barrels」

の看板が。

 

って!それ!
僕の大好きな映画じゃないか!

イギリスの映画でマドンナの元旦那の
ガイ・リッチー監督の作品。

音楽もめちゃくちゃセンスがよくて
なにより構成が秀逸!

み、見たかったぁ~。

まぁ、そんな欧米人パッカーたち向けの
宿があるんですね。川の向こう側には。

 

 

 

それにのんびりとした田園風景も見ることができる。

IMG_0350

 

 

 

100%観光地にしてしまうのではなく、
ハンピにもともとからあった部分も
残しているのはいいことだ。

IMG_0348

 

 

 

 

 

僕が楽器屋でギターの弦を見ていると
「耳掃除屋」のおっちゃん
声をかけてきた。

IMG_0335

 

 

 

肩から耳掃除をする道具の入ったポーチをぶら下げ、
僕に「耳掃除はどうか?」と訊いてくる。

IMG_0333

 

 

 

耳掃除かぁ。

日本を出てから半年。
小指でかき出すくらいでまともに掃除してねえな。

英語や日本語のレビューが書かれた
写真入りのノートを僕に見せてくれたが、
どうやらものっすごい量の耳クソを取り出してくれるらしい。

気になるお値段はー…
250ルピー(422yen)!!!

高っ!それ宿代に近いぞ!

 

 

「え~!そりゃ高過ぎでしょ。
いくらなんでも。
せいぜい50ルピーじゃない?」

「いやいや!見てくれこのレビューを!」

「う~ん…」

 

 

耳掃除なんてやろうと思えば
持って来た綿棒でできるんだけど、
この耳掃除屋がどれほどのものかちょっと気になる。

僕が渋っていると耳掃除屋のおっちゃんは
「仕方ない。50ルピーで掃除してやる」と折れた。

耳の穴の中が見れるくらいの自然光が届く場所で
ミニバイクの足を置く部分に座らされる。

IMG_0332

 

「うっ!これはひどい!
何年も掃除していないレベルだ!」

えっ?そんなにひどいの僕の耳の穴!
まぁまぁ。だいたい大げさに言うんだよ。彼らは。

 

編みかき棒のような金属の棒を
「クリクリ」っとまわして掃除をする。

そんなんで耳クソとれんのかよ?

 

「ほれ!」

 

出てきた耳クソを僕に見せる。
そして出て来た耳クソを親指の付け根につける。

 

「う、うそだっっっ…!!!」

 

日本では決して見ることのないであろう、
「ハリー・ポッター」に出てくるような
トロールのハナクソ並の
ねばねばした物体
が僕の耳の中から摘出された。

 

「埃や髪を洗った時に
汚れが蓄積されていくのだよ…
うっ!これはひどい!
石が中に詰まっている!」

 

い、石!!!?とってとって!

 

「それには薬品を使うんだ。
250ルピー。」

「なんだよ!
50ルピーの約束だろ!」

 

ピンセットを耳の穴に入れられ
摘出されたトロールのハナクソの中に
BB弾よりさらに小さな黒い固まりがあった。

ひえぇ、怖すぎる!
こんなのが耳の穴に入っていただなんて!

その衝撃的な光景に僕は
値下げをしたのにもかかわらず
50ルピーを追加で払ってしまった。

 

だが、耳を掃除してもらった後、
信じられないくらいの衝撃的な光景に

僕はおっちゃんがトリックかなにかを
使っているのではないかと疑った。

自分が隠し持っているハナクソ的な物を
金属棒にくっつけて
「ほれ!」と見せているのではと。

 

おっちゃんがインド人の
耳掃除をしているのを発見して
その真偽を確かめるべく、
おっちゃんの仕事ぶりを見学した。

IMG_0346 IMG_0347

 

 

 

中には耳の穴の綺麗なインド人もいたが、
僕の見学した3人中2人の耳の穴からは
僕のより酷くないまでも、
トロールのハナクソが出てきていた。

もちろんトリックなど一切なし!

いろいろな意味でヤバいぞ!インドの耳掃除屋!
(ちなみにインド人は20ルピーという激安価格だ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衝撃的耳掃除を体験し、
僕はハンピを後にした。

 

バスで再びホスペットまで戻り、

IMG_0364 IMG_0365

 
バスターミナルの近くにあった
100ルピー(169yen)のドミトリーにチェックインした。

IMG_0352

 

 

明日の朝イチの列車のジェネラルチケットで
ゴアのヴァスコ・ダ・ガマ駅まで行ってみようじゃないか。

 

早く寝過ぎた僕は夜中に目を覚ました。

iPhoneの電波の影響を気にして
ポケットに入れずに体の脇に置いておいたんだけど、
それが見当たらないのだ。

 

 

焦った!!!

寝ている間に盗られた!!?

 

 

インド人が周りで寝ている中、
とりあえずかけ布をひっぺがし、枕元を探し、
サブバッグをどかして、
なんならベッドの下も見たがiPhoneの姿は見当たらない。

 

や、ヤバいぞ…。

 

遅くまでテレビを見ている宿のスタッフに
「iPhone知らないか?」と尋ねると、
彼はおもむろに引き出しから
僕のiPhoneを取り出して僕に渡した。

 

お礼の言いにくい複雑な心境。

体の横(壁際)に置いていた僕のiPhone。
ベッドから落ちるような場所にはなかった。

寝返りを打った時にとられたのか?

バッテリーは60%以上あったのが
5%にまで減っていた。

きっと中のデータを見ていたんだろう。
人のプライバシー侵害するの大好きだからなインド人は。

 

 

 

だけど、ここで一度考え直す。

本気で盗もうと思えば、
僕が尋ねても知らん顔をすればiPhoneを盗めたはずだ。

だけど、僕が尋ねたらあっさりと返してくれた。

まぁ夜中の1時過ぎに「iPhoneがない!」って
騒ぐヤツがいたら迷惑な話なんだけどさ。

 

 

最後の最後でそんな怖い体験をした。

iPhoneくんが戻って来てくれてなによりだ。
あと3時間ちょっとしか寝れない。

高ぶった神経は
僕をすぐには寝かしつけてくれなかった。

IMG_0367

———————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

iPhoneマジ大事!

だからこそなくなってしまった時のことも
考えておかなくちゃいけないのかもしれません。

どっかでシムフリーのiPhone5Sを買う…とか?

でも、それでめちゃくちゃお金飛んでいきそうだしなぁ。

 

最悪の自体を想定しつつも、しっかりiPhoneは死守する。
それに限りますねぇ。

トロールのハナクソにしろ、iPhone盗難未遂にしろ、
今日はいろいろ怖かったっす。

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページできました!作ってくれたまおくん!サンキューです!
旅する漫画家」もよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!