「ヴァスコ・ダ・ガマって誰でしたっけ?」

世界一周202日目(1/16)

 

5時半には
パッキングを始めた。

列車の時刻は調べてある。
あとは直前に発券されるジェネラルチケットを買うことだ。

 

目指すはゴアにある
ヴァスコ・ダ・ガマ駅。

なんで行くかって?

 

聞いたことある
名前だからだ!

世界史に出てきたろう!
そんなことも忘れたのか!!?

あんなに

「ここ中間に出すぞ!」

って言ったのに!

 

 

で、ガマさんって何した人でしたっけ?
確か航海士だったんだっけ?

あはは。忘れちった。
ネットもないから調べようにも調べられません。
インドです。

 

 

 

今いるホスペットのバスターミナルから駅までは
昨日町歩きの時に計ってみて
徒歩15分くらいだった。

だけど、時刻は日の登る前。

野良犬と戦うのを避けるため
トゥクトゥクを利用する。

昨日のリサーチでは駅まで30~50ルピー。

 

宿のスタッフを起こして扉を開けてもらい、
目の前に停まっていたトゥクトゥクに
「30ルピーっしょ?普通は?」
さも「も知りなん」的演技を駆使し
交渉を済ませて駅に向かった。

ドライバーさん、日も昇る前からご苦労さんです♪

 

 

 

 

 

 

なんなく
購入できたジェネラルチケット。

6:30発の列車で
ヴァスコ・ダ・ガマ駅に到着するのは
15時過ぎの予定だ。

 

ホームには欧米人の旅行者の姿がチラホラ。

IMG_0381

 

 

楽しそうに。

彼らはきっと寝台のチケットを持っているのだろう。
僕はジェネラルだけどね。はは。

今日もインド人の中にまじって旅をします(笑)。

 

 

 

 

 

ホームで列車を待つ。
少し遅れているようだ。

だんだんと橙色に染まっていく東の空。
今日も旅が始まる。

IMG_0382

 

列車に乗りこもうと待ち構えているチャイ売りから
7ルピーのチャイを買った。

朝イチバンのチャイは格別だ。
小さな紙コップから湯気が立ちのぼる。

そして、40分ほど遅れてやってきた列車。
電光掲示板に「GNR」とかかれた車両に乗り込んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェネラルコーチは甘くない。

IMG_0387

 

 

いつものように座れない。
こんな朝早くだってのに車両には
インド人がひしめきあっている。

とりあえずバックパックで
ポジショニングだけして
自分の居場所を(立つ場所)を確保した。

 

 

目の前で窮屈そうにしていた
エンジニアのお兄さんと
文字通り立ち話をした。
というか一方的に話しかけてきたんだけど。

僕の方は現状をどうやって
やり過ごすかに意識を集中していたもんだから、
お兄さんとは楽しくお喋りというわけにはいかなかった。

 

 

バックパックをカバーするように
立ちながら乗って思ったこと。

席はなくて、まわりは100%インド人だけど
(洗面台前にお母さんと子供二人が寝ているのが非常に気になるけど!)

ここは日本の満員電車ほどではないな
ということ。

あれもあれでやり過ごすの、大変だよね。

ここではまだスペースがある。
早い時間ってのもあるけどね。

 

 

 

目の前にいたエンジニアのお兄さんは
2時間くらいして小さな駅で降りた。

「うちに遊びに来なよ!」と誘ってくれたが、
ここからずっと先の目的地のことを考えると
断らざるえなかった。

なんとか床に座れるポジショニングまでこぎつけ
体育座りで時間をやり過ごした。

入り口近くで新鮮な空気が入ってくることが
せめてもの救いだ。

 

 

 

 

 

 

 

そしてー、
いくつ駅を通過したころだろう?

フブリという大きい駅で
ジェネラルコーチの乗客たちが一斉に降りた。

しばらく辺りの様子を伺って
僕の思考回路は瞬時にこう判断した。

 

 

 

 

 

 

 

「今だぁぁああああああ!!!!」

 

トイレ付近にバックパックを置き、
自分はそれに一番近い席に腰をおろした。
この間20秒!

 

 

 

はぁ…はぁ…やった!
やったぞ!ようやく席にありついた…!!!

 

しばらくすると
瞬く間に席が埋まっていった。

いやぁ、時間との勝負でしたね!

 

 

 

 

 

そこからの列車の旅は
セカンドクラスとあまり大差ない。

IMG_0391

 

自分の席が確保されているか、自由席かの違い。

同席したおっちゃんたちから
なぜかチャパティをごちそうになったり、

IMG_0389 IMG_0390

 

 

車内販売のぶどうを食べ過ぎて気持ち悪くなったりした。
20ルピーでけっこうな量なんだよ。

長時間の移動で横になれるのに越したことはないけど、
席があればだいぶ楽になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

列車は呑気に走る。
15時に到着予定だったのに
気づけば16時を過ぎた。

外に顔を出すと潮風と海の香りがした。

IMG_0393

 

 

そして8時間の列車の旅を終えやって来たのは

ヴァスコ・ダ・ガマ駅。

と、泊まる場所あるのかなぁ?

IMG_0397

 

 

 

マップアプリにはたった一軒しか
宿の情報が記載されていない。

とりあえず宿のありそうな場所を探してみるが、
宿の数はほんとうに3~4軒くらいしかなくて、
安くても400ルピー(675yen)。

 

 

そもそも町が寂れている。

IMG_0400

 

 

ヴァスコ・ダ・ガマとは名ばかりで
いるだけで気持ちが滅入っちゃう様な
寂しげな場所だだった。

IMG_0401 IMG_0403

 

 

 

僕と同じ様にこの町に来たばかりで
宿を探しているであろう、
髪の毛ヒッピーな欧米人の旅人がいた。

僕がこれから当たろうとしている宿から出てくるのを見て、
この町に安宿がないことを確信した。

すぐさま宿の多いパナジ行きのローカルバスを探し、
28ルピー(47yen)のチケットを買ってバスに乗り込んだ。

IMG_0402

 

時刻は17:30。果たして今日の宿は見つかるのか?

 

 

 

 

 

写真はないけど、
夕日がびっくりするくらい綺麗だった。

海沿いで夕日は綺麗に見れるんだろうなぁ。

パナジ…早く着かないかな?

 

 

 

 

 

 

 

30分…1時間と
バスに乗ってるうちに
どんどん焦ってくる。

パナジ!パナジ!
パナジはまだか!!?

 

三人掛けのシートの真ん中に座らされて、
一刻も早くパナジに着きはしないかと
不安でソワソワしていた。

だって今日の予定では
ヴァスコ・ダ・ガマで一泊する予定だったんだもん!
今日はめちゃくちゃ移動している。

 

 

 

 

 

パナジに到着し、
すぐに宿のありそうな方向へ歩いて行った。
日が沈んでもまだいくぶんか空は明るい。

IMG_0404

 

短期決戦だ!ここから宿を見つけなくちゃいけない。

 

 

 

だが、
当たる宿は満室やら値段が高いやらで、
あっという間に辺りは暗くなり、
当然ながら土地勘なんて皆無。

IMG_0405

 

 

 

マップアプリ先生も最近Wi-Fiを通してないから
自分のいるであろう位置から
200メートル離れた場所を示している。

バックパックの重さが肩にきはじめたころ、
日本語のちょっと話せる胡散臭いおっちゃんが
救いの手を差し伸べてくれた。

IMG_0407

 

 

 

「250ルピー、
300ルピーの宿って…
ないですよね?」

「う~ん…
じゃああそこに当たってみたら?」

 

おっちゃんに言われた通りに
安そうなゲストハウスに入っていき、
部屋があるかを尋ねる。

 

 

 

 

「あるよ」

 

あんの!!!???

 

 

「シングルで400ルピー。」

「いやぁ…
そこを300にしてくれませんかぁ?」

 

いつもの値段交渉。
なんとか300ルピーで話をつける。

ふぅ。とりあえず今日の宿確保ぉ~ッッ!

 

 

 

ベッドは2台と扇風機一台。
窓には窓ガラスが入っておらず、
ボロボロのカーテンでカバーされている。

トイレは排水溝が詰まって
水たまりができている。

共同シャワーのシャワーヘッドはなぜかない。

 

20時過ぎ。町はすぐに静かになった。

駆け込みで買ってきた食パンが今日の夕食。

IMG_0406

—————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

1月22日で25歳になりました!

お祝いのメッセージくれたみんなありがとう。
(つっても自分でFacebookに誕生日ですってカミングアウトしたんだけどね笑)

25歳。
旅をする年だ。

「旅する漫画家」シミの旅はまだまだ続きます。

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★こちらも是非!相棒の作ってくれた
Facebookページ「旅する漫画家」も

よろしくお願いします!
漫画製作現場とかもアップしております。 

2 件のコメント

  • シミくん誕生日おめでとう!インド楽しそうだねー、いいなー^_^
    異国で迎える誕生日ってどんな感じなんだろ?
    これからも気をつけて、楽しんでねー♪^_^

    • >ムネさん

      お祝いのコメントありがとうございます。

      ミャンマーのマンダレーでほん数時間ご一緒しただけなのに、
      こうしてコメントをいただくと、
      日本で勉学に励まれているムネさんの姿が思い浮かびます。

      異国で迎える誕生日、
      僕は最高でした!
      詳しくは「1月22日」分のブログで!

      はやくおっつかなくちゃ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!