「旅をクリエイト」

世界一周111日目(10/17)

 

ピックアップバス
が宿の前に停まる前に

もう一度
昨日時計を落としたと思われる
露店に行ってみた。

だけど、結果は昨日と同じ
お店のおばちゃんはそんな時計
見てもいないと言うし、

もちろん自分の座ったテーブルの下を
探してみても見つかるわけもない。

これは完璧に
ロストしてしまったな…。

 

 

 

串焼き屋のバイト時代から
お世話になったG-SHOCK。

 

いままでありがとうよ。

僕もまた、
別の相棒を見つける事にするよ。

お前も次の持ち主と仲良くな。

へへっ…
しみったれた別れは好きじゃないだ。
お互いスッキリ分かれようや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って!
忘れられるか!!!

あ〜…
なんでこんな
ピンポイントでなくなるんだろう?
不思議でなりません…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9時半
宿の前にやってきた
ピクアップバスを2回乗り換え、

欧米人たちに混ざって僕は

バンビエン行き

のバスに乗り込んだ。
35,000KIP(430yen)。

IMG_3004

 

 

 

バスの中で
どうしてこんなにも
寝てしまうんだろう?

4時間の移動の中で
起きていた時間は
通算で30分くらい
だったと思う。

外の首都のビエンチャンから
景色がどんな風に変わっていたのか
ちゃんと見ときゃよかったよ。

IMG_3007

 

 

 

14時にバスはバンビエンの
ターミナルに到着し、

そこからミニバンに押し込まれて
ホテルの前で降ろされた。

すぐそこが宿の密集する通りらしい。

 

 

バンビエンの自然を見ると
心がざわついた。

IMG_3028

 

 

周りのヤツらはみんな
宿を予約したり、行く場所を調べ
目星をつけているようだったが、

僕はなにも調べていなかった。

 

また新しい町で
安宿探しから始まるんだ。

果たしてすぐに見つかるだろうか?

見つかったとしても満室だったら
どうしようか?

 

 

そんな不安と冒険心を胸に
ダメもとで突撃したホステル

Central Backpackers

ドミトリーは30,000KIP(373yen)

IMG_3009 IMG_3013

 

 

 

僕の前には
先ほど一緒にバスに乗り合わせた
欧米人のグループがあった。

やはり予約しないと
安宿にはありつけないのか…

僕は彼らが受付を済ませるのを待って
おそるおそるスタッフに尋ねた。

「あの〜…

ドミ、空いてる?

もしかしていっぱいかなぁ?」

 

「あいてるよ〜。
ちょっと待ってな」

 

『ってオイ、
楽勝ぉ…!!!』

IMG_3011

 

 

そりゃそうだ。

観光地だもんねここ。

あぁ〜、
何を無駄な心配していたんだ僕ぁ。

 

ドミトリーにある
二段ベッドの上段が割り当てられ

IMG_3051

 

荷物を置くと
サブバッグだけ背負って
僕はバンビエンの散策に出かけた。

 

 

 

 

いつものように
露店やゲストハウスの物販で
値段をサーチするが、

この町はビエンチャンに比べて
価格が高いように思えた。

観光客向けのクレープ屋や
バケット屋ばかり。

IMG_3029

 

 

バンビエンの日本人宿(?)
でお会いした爽やか系おにいさんは
(すいませんお名前忘れました…)

IMG_3018

 

 

ここで食べ物の底値は
10,000KIP(120yen)
だと言うじゃないか。

おいおい。
東南アジアにしちゃあ高いぜ。

またインスタント麺でしのがなくちゃ
いけないかもなぁ。

 

 

 

 

 

おにいさんと別れた後、
僕は裏通りで果物屋さんを発見した。

そして栄養価の高いバナナを発見!

IMG_3025

 

おばちゃんと交渉して
3,000KIP(37yen)分売ってもらうことに
成功した。

 

 

そのあと僕はインスタント麺(1パック37円)
を二つほど買い込み、

バスの値段を調べるため、
バンビエンのバスターミナルに向かった。

IMG_3015

 

 

どこの国にも
地元の人が使う交通手段が
あるとは思うのだが、

ここの近くには列車も走っていない。

となると
バスを利用しなくちゃならないんだけど、

けっこう高く感じたのだ。

 

 

次の目的地に考えているのは

ルアンプラバン。

 

えっ?なんでかって?

 

聞いたことある名前だから笑。

 

 

そのルアンプラバン(「ルアンパパーン」とも言うのかな?)
へのバス代はゲストハウスを通すと
1000円近くするのだ。

いやいや、
ビエンチャンからここまで
500円もかからなかったし、

ゲストハウスが
マージン取り過ぎなんじゃないの?

そう思ったわけだ。

 

真偽を確かめるべく
実際に自分の足でバスターミナル
へと向かった。

 

 

 

 

途中、

「Ice Cream→100M」

の看板を発見。

 

こじんまりとしていて
宿の集まる通りの騒がしさからとは
ちょっと離れリラックスした感じ。

IMG_3043

 

ひとつ2,000KIPの
ヨーグルトアイス

IMG_3041

 

プリン

IMG_3042いや、「アイス」って書いてあったんだよ? 

をおいしくいただいた。

IMG_3037

 

 

 

20分ほどでバスターミナルに到着し
ルアンプラバンまでの値段を見ると
その価格は

100,000KIP(1,200yen)

 

なんだ…
ここも変わらないじゃないか。

ラオスの移動ってけっこう高いのかなぁ。

そんなことを思っていると
日本人の男性から声をかけられた。

 

「おっ!
また会ったね!」

 

 

ゲストハウスの前に停まった
バスから降りた時も、

「すごい遊び道具もってるね♪

と声をかけてきてくれた人だ。

 

 

彼ははバンビエンで6年ほど住み、
飲食店を営んでいる人だった。

副業でツーリストもやっているらしい。

 

「ワーホリの終わりかなんか?」

 

「いえ。
去年フリーターでお金を貯めて
旅をしてるんです。

それにしてもラオスのバス…
高いですよね。
どこもこんなもんなんですか?」

 

「こんなんで高いって言ってるの?

東南アジアで節約とか意味ないでしょ?

中東とか行ったら
比べ物にならないくらい
お金飛んでいくよ。

どうせ浮くって言っても
20〜30円でしょ?」

 

 

 

 

この旅とは切っても切り離せない
お金の問題。

僕はあまりツアーや観光地には
行かない旅をしている。

 

ここまで旅をしてきて
タイまでの総出費は

223,667円。

109日分だ。

帰国後の相棒との企画、
雑貨屋さんの仕入れも含めて。

 

これが高いのか
節約できてるのかは
わからない。

食費に関しては
けっこうルーズだと思う。

 

観光で言えば
そりゃお金を払えば
いくらでも楽しい経験ができるだろう。

観光地には必ずと言っていいほど
ツアーの広告なんか出てるし、

お金を持ってれば
旅は豊かになるだろう。

けど、

お金をかけなくても
旅を豊かにすることは
できるんじゃないか?

 

観光がメジャーなら

僕はマイノリティーだ。

 

 

なにも観光を否定するわけじゃない。

ここへやって来たのも
観光化した

「あること」

をするためだ。

 

 

 

そうだな。
これはあの感覚に似ている。

友達が高価なゲームや服を持ってて
自分は持っていない状況。

よく母親が言った。

「うちはうち
よそはよそ」

 

 

そうだ。
人をうらやんでいても
しょうがないんだ。

いかに自分の旅を
自分の物だけにしていくか。
面白くしていくか。

それには
クリエイティヴな姿勢が
必要になってくる。

 

自分の旅をクリエイトしていくんだ。

 

 

僕にとって旅とは

「遊び」であり

「学び」であり

「創造」だ。

 

さあて、
どうやったら
自分の旅が面白くなっていくだろう?

考えろ。

そう。僕はアホみたいに
ずっと同じ問題を考えて
「旅」を創っていくことだろう。

 

 

 

 

飲みきってしまった
5,000KIPのラオコーヒー。

ゲストハウスのWi-Fiは
利用者が多くて
死ぬほど遅い。

僕はWi-Fiを求めて
カフェに逃げ込んだ。

IMG_3057

 

 

周りには中国人の旅行者たち。

カフェのスピーカーからは
「ホテル・カリフォルニア」
が流れる。

IMG_3054

 

—————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

「考えろ!考えるんだ!マクガイバー!」

って伊坂幸太郎の小説に
出てきたのを覚えています。

そうだ。
考える事をやめちゃだめだ。

旅をクリエイトしよう。

今日も長い文章におつきあいいただき
ありがとうございます。

さあ、あとひといきですよ。
バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!