「マイソールへ」

世界一周197日目(1/11)

 

炭酸のような
体の寒気は昨日に比べたらだいぶおさまった。

やっぱ睡眠不足はよくないね。

頭フラフラになるから。

 

 

バンガロールの朝。
空気は寒いと言った方がいいくらい。

IMG_0110

 

 

 

朝、外のトイレに行って
自分の部屋に戻ろうとしたら
急なめまいを覚えた。

 

 

『やべっ…』

 

 

トイレから自分の部屋まで
徒歩7歩の距離をふんばって進む。

そのまま南京錠でロックした自分の部屋のドアを
開けることなくその場にしゃがみこんでしまう。

気づいたら倒れてた(笑)。

あんな経験は初めてした。

 

 

体調が良くない上に、食欲がなくて
ご飯も全然食べてなかったからかな。

エネルギー摂取も大事ってことっすね。

 

そんな朝からぶっ倒れるという
体験をしてしまったもんだから、

朝イチで列車に乗る予定だったけど、
パッキングをちょっとだけ残して
ベッドの上に横になった。

 

あぁ、出発ダルいなぁ。
このままずっと寝てたいなぁ。

 

 

 

でも僕は、この街に
そこまで魅力を感じていなかった。

次に行こうとしている街は
Mysore(マイソール)。

バンガロールから列車の当日チケットが買えるのだ。
だいたい3時間の距離。

 

 

8時になってふと気がついた。

 

『ここってー…
24時間制だよな。

昨日ここにチェックインしたのってー…』

 

宿代を払い込んだ時にもらったレシートをチェックする。

 

やばい!
あと23分以内に
チェックアウト
しなくちゃ!!!

 

だ、大丈夫!
おれなら23分以内にチェックアウトできる!

そう自分に言い聞かせ
残りのパッキングを
軍隊並みの速度で終わらせ部屋を出た。

 

階段をワンフロア分降りたところで
ジーンズのポケットに
iPhoneが入っていないことに気づく。

 

バックパックを背負って
ダッシュで自分の部屋まで戻って、
枕の下にiPhoneを発見し再びレセプションまで降りた。

 

チェックアウトのリミットまで残り2分。

マジで危なかった…。

 

しっかりパソコンで宿泊者の情報を管理して
顔写真まで残している様なしっかりした宿だったから、
時間を超過してたら余分にお金とられてたかもな。

 

 

「はぁ…、はぁ….。お世話になりました。
これからマイソールへ列車で向かおうと思います」

「マイソール行きなら8時15分だよ。
次の列車は9時半。朝食食べた後に出発すれば?」

 

なに…。
頑張って早く出発していれば列車に乗れたのか。

 

なんて思っても、
列車の時刻なんて知らないんだから
次の列車に乗らざる得ない。

たかだか1時間。されど一時間だ。

 

予定ではホスペット行きの列車のウェイト・リストが
消化できていればマイソールの滞在も1日の予定だ。

だから一時間の行動時間が
削られてしまったことがちょっと悔しかった。

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ体調は
元には戻っていない。

バックパックを背負って
ゆっくりした足取りで駅を目指す。

IMG_0115

 

 

 

とりあえずマイソール行きのジェネラルチケットを
30ルピー(51yen)で入手し、

売店で日清カップヌードル
発見して食べてみた。

IMG_0114

 

 

日清のカップヌードルだってのに
お値段は30ルピーでかなりお得感があったのだが、
お味の方は

 

お世辞にも
美味しいとは言えない

 

麺も柔らかいし、味も薄味。

インドではあんなに味付けの濃い食べ物ばかりなのに
なぜカップヌードルだけ!!?

麺を食べきるのがやとだった。

 

残ってしまったスープは、
ちょっと申し訳なく思いながらも、
チャイの空きカップを捨てるごみ箱へ
そっとおいてきた。

誰かがひっくり返さないことを願おう(笑)。

 

 

 

 

ジェネラルチケットには
列車の到着時刻も列車の便名も書いていない。

マイソールまでと言って買ったチケットだけど、
この列車は一体何番ホームにくるんだ?

むすっとした顔のインフォメーションのお姉さんに
「このチケットの列車なんだけど…」と尋ねたら、
チケットをろくに見もせず
「eight!」と言い放った。

ね、ねえ、お姉さん、ちゃんと確認した?

 

 

 

ここへやって来る時もそうだったけど、
バンガロールでは列車は
時刻通りにやって来ないみたいだ。

9:30のチケットを買ったのに
列車がやって来たのは10:15。

 

バンガロールってなんなの?

大きな街のくせして、
列車の時刻はかなりルーズ。

まぁ、昔に比べたら大分早く来るように
なったんだろうけどさ。

だって三年前アーグラーからバラナシまで行く時
7時間遅れて来ることもあったからね。

今はどうなんだろう?

 

 

 

 

 

マイソール行きの列車はすいていた。

IMG_0119

 

 

 

ほとんどの車両がジェネラル用で
座席番号とか関係なしに好きな席へ座ることができた。

4時間の移動でマイソール駅に到着し、

IMG_0123

 

バナナとオレンジでビタミンを摂取する。

体がこういうフレッシュなものを求めている気がする。

 

 

まずは明日のホスペット行きのチケットの
ウェイト・リストがどれくらい消化できているかを
確かめにIRCTのオフィスへ向かった。

4日前に買った時点で自分の番号は「11」。
いくらなんでも10人くらいだったら
消化できているだろうと調べてもらうとー、

 

 

 

「10」

 

 

 

なにそれ…?
ちっとも進んでねえ。
それじゃあ明日移動できないじゃん!

がっくりと肩を落とし、
マイソールの街で宿を探すことに。

 

この街はそこそこの大きさの割に
バンガロールのように汚くない。

IMG_0125

 

 

 

メインの通りだったら道路もしっかり舗装されている。
たぶんPenny乗れる。乗れる体調じゃないけどね。

IMG_0129 IMG_0136

 

 

 

偶然見つけた小さな旅行代理店で、
3日後の列車のチケットをとってもらった。

マージンは30ルピー。
けっこう良心的だったな。

 

 

 

 

最初に当たった宿で値段を訊いてみると、
なんと一泊150ルピー!

IMG_0139

 

 

 

うひゃぁ~!マジかよ!

ここに来てこんな安宿にありつけるなんて!

マイソールは安宿があるんだなぁと
案内された部屋は
ベッドとも言いがたい貧相な寝台が一台と
バックパックがやっと置けるわずかなスペース。

そして薬の臭いが鼻を突いた。

IMG_0202

 

 

『う”っ…』

 

一瞬ためらったが、
宿の安さと臭いにも慣れるだろうと
楽観的に考えてしまったため
3日分の宿代を払い込んでしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一休みして
街をプラプラ歩き、ネット屋を探したのだが、
ここでも簡単にネット屋を見つけることは難しかった。

IMG_0140 IMG_0147

 

 

 

やっと見つけたネット屋は
一時間40ルピー(68yen)。

もっと安いところはないのか?

インド人はほとんどスマホでネット使ってんだろうなぁ。

IMG_0151

 

 

やっぱりネット屋は廃れていく運命にあるのかもしれない。

それならもっとWi-Fiを使える様にして欲しいもんだよ…。

IMG_0138

 

 

久しぶりの2時間のインターネットを満喫した後、
少し食欲が出てきたので小さなレストランで
マサラ・プリーを食べる。

IMG_0162

 

野菜が沢山入っていて、それがありがたかった。

 

 

 

そして宿に戻り、水シャワーを浴びる気力もなく、
ブログの下書きをして寝ようと思ったのだが、

外から映画館ばりの大音量で
テレビを見ているアホどもがいる。

もううるさくって眠れやしない!

 

 

そして痒い!

おいおいおいおい!
ぜってーここの部屋シラミいんじゃんかー!

 

バックパックからブルーシートを
引っ張りだしてベッドに敷き、寝袋に入るもー…

IMG_0195

 

 

 

バンッ!!!

 

 

 

「おめえらうっせーんだよ!眠れねえじゃねえか!ボリューム下げろ!ボリューム!VOLUMEDOOOOOWWWWWN!!!」

 

下の階のドミトリーの階段に
神棚みたいにしてテレビが置いてある。

流れているのは映画のエンドロール。

ヒマそうなインド人スタッフが2人
驚いた顔でこちらを見ている。

 

はぁ…。

あと2日もここに泊まらなくちゃならないなんて。

明日もこんなんだったら
テレビのコンセント抜いてやるんだから!

IMG_0156 —————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

安すぎる宿ってのもダメですね。いや、ここは最悪だった。

ここに来てインドならではの体調不良編です。熱が出たり、シラミに刺されたり。

そして毎度のことながら列車のチケットが手に入らねえ。
一週間以上先回りしてもWLとかあるもん。

もう!なんなの!体調戻して
立ち乗りするっきゃないってことなのか!!?

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページできました!
作ってくれたまおくんにはサンクスです!
こちらもどうぞよろしくお願いします
☞「旅する漫画家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!