「アイ・ヘイト・バンガロール」

世界一周196日目(1/10)

 

ぜんっぜん
眠れなかった…!!!

IMG_9998

 

 

 

ベンチの間の微妙な段差のせいで
どうしてもうまく眠りに就くことができなかった。

何度も何度も寝返りを繰り返し、
外から入ってくる冷気を
少しでも低減させようと寝袋を体に密着させた。

睡眠と呼べるような眠りができたのは
明け方5時~6時の1時間だけ。

 

始発が走り出す頃には駅のアナウンスが
途切れることなく繰り返され、
殺意を覚えた。

あと、一時間だけ寝かせてくれてもいいではないか!

IMG_9997

 

 

 

ここはバンガロール駅。

今まで降りた駅の中でもワーストの印象だ。

トイレは高いし、ドミトリーはない。

 

いい点を挙げるとするならば
24時間営業の飲食店があることと、
駅が綺麗なことくらいだろう。

 

 

昨日の21時過ぎに駅に到着したのだが、
構内で眠ることは駅員が許さなかった。

僕は仕方なしに
プラットフォームのベンチで一晩を過ごしたのだ。

 

 

熱はないけど、
体の温度を感知する機関の調子がおかしい。

体の中に炭酸が入ってるみたいだ。

寒さを感じると体の中が
「しゅわしゅわ~っ…」となる。

ただでさえ体の調子が良くないってのに
ここで更なる負荷をかけてしまったな…。

 

 

 

 

 

 

 

7時半に
バンガロール駅を出発した。

 

外から駅の写真を撮ろうとしたら
荷積みのあんちゃんに止められた。

こっちもそれに従うことはなかったのだが、

「写真を撮るくらいいいじゃないか!
他の駅はそんなこと一切言われなかったぞ!」

と僕が抗議すると、

 

「これがバンガロールさ!」

とジャイアニズムを発揮してきた。

わけわからねぇ…。

 

 

 

絶え間なく突っ走ってくる
トゥクトゥクやバスや自動車に
ちっとも道路を横断することができない。

IMG_0001

 

 

 

体調も戻ってないので歩調もゆっくりだ。

早く歩こうなんて、そんな気力は一切湧いて来ない。

IMG_0003

 

 

 

宿の集まっている場所へ辿り着き、
いつものように宿の値段を訊いていった。

だいたい500ルピー(844yen)以上。

IMG_0011

 

 

 

こういう町の物価が高そうな街ってさー、
宿も示し合わせた様に高くなるんだよねー。

ほんと嫌になっちゃうよ。安宿はどこいった!!?

 

そんな中、「Delux」と書かれた

いつもなら絶対素通りしてしまう様な
宿にシングルルームの値段を尋ねてみると
衝撃の返答が。

 

「ACなし、共有トイレ/シャワーで
275(464yen)だけど、それでいいか?」

 

 

安宿あったし!

 

 

宿の屋上にホテルのレセプションからは
想像できない簡易な部屋がいくつかあった。

IMG_0013

 

 

 

それでも不潔な感じはなかったし、
この寒さと体調では水シャワーも浴びたくない。

そなえつけの毛布がありがたかった。

IMG_0014

 

 

一泊分だけの料金を支払い、
洗濯を済ませ、頭だけは洗っておいた。

IMG_0019 IMG_0021

 

 

 

 

 

 

 

9時になると
バンガロールの街も他のインドの街同様に
どんどん温かくなっていった。

IMG_0024

 

 

 

ここへの滞在は1日の予定。

明日には次の街に行く
細美武士流強行軍な移動プラン。

 

寝不足でフラフラの頭を抱えて、
街に繰り出した。

IMG_0028 IMG_0033

 

 

 

食欲も全然ない。

100%の生絞りオレンジジュースとバナナが
この日の朝食だ。

確実に痩せてるな。こりゃ。

むしろ食べなさ過ぎて自分の体が心配なくらいだ。

 

 

この街を楽しむぞぉ~…!おぉ~…!

IMG_0051

 

 

いつもの様にパシャパシャ写真を撮りながら
大きな公園で一休み。

IMG_0060

 

 

 

緑の中で喧噪から引き離されると
嫌でも落ち着ける。

マジで動く気がしねえ。

IMG_0065

 

 

 

 

そして辿り着いたのが
マクドナルド。

IMG_0067

 

 

とりあえず何か喰わなくちゃと思った。

きっとインド的な物以外だったら食べられる!

今の僕にはエネルギーが必要なんだ!そしてWi-Fi!

IMG_0069

 

 

 

頼んだ151ルピー(255yen)のマックチキンには
ポテトとコーラがついてきた。

IMG_0071

 

そしてどういうわけだか
これはペロリと完食することができた。

 

 

いちおう従業員に「Wi-Fiは使えますか?」と尋ねてみる。

従業員の返答は「使えません」。

Wi-Fi検索画面にはマクドナルドのWi-Fiが。

 

はっ?

 

従業員の言う通り、
Wi-Fiはあるのにネットには繋げなかった。
やれやれ。

IMG_0072

 

 

 

 

この街は確かに大きい。

割としっかりしたアパレル店や
電化製品店やその他にも沢山のお店がある。

交通量も多くて市バスも何台も走っている。

 

僕がこの街で感じたのは
その「不便性」だ。

IMG_0052

 

 

 

街を歩くとなると本当に不便なのだ。

横断歩道なんてどこにあるのだというくらい
歩行者のことが考えられていない。

自動車優先。イライラさせられる。

 

列車もどういうわけか
この街では遅れてやってくる。

 

街は大きくてもたとえ自然公園があっても、
道路の脇にはいつものように
砂やらごみやらが積み重なっているし、

IMG_0077

 

 

 

舗装されていないボコボコした場所や、
コンンクリートが砕けて放置されている道もある。

IMG_0091

 

 

こんな風に。

IMG_0094

 

 

 

そのくせバンガロールから他都市へ行き、
再びバンガロールに帰ってくる往復のツアーバスが
何本も出ている。

何を好き好んでこの街に帰って来にゃならんのだ?

 

 

この街は特に歩いていて
ワクワクするような街ではないことは確かだ。

IMG_0086

 

 

 

僕が寝不足だってこともあるんだけど、

いつも通りのコンディションだったとしても、
そこまでこの街に魅力を感じなかったんじゃないか?

IMG_0087

 

 

 

移動の連続は大変だけど、
バンガロールの滞在は一日で十分だ。

 

 

 

 

 

 

 

宿に戻ると
干した8部袖のロンTが見当たらなかった。

4階から下を覗くと
電線に上手い具合にひっかかっている。

IMG_0107

 

 

2階からうまいことモップの柄を使って
回収してもらったけど、

う~む…。

 

 

この街、
好きくねえな…。

IMG_0073

 

この街のいいところ?

 

あっ、メシは安かった!
——————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

好き嫌いは人それぞれ。
僕はバンガロールの魅力に気づけなかったのかもしれません。

でも、そんなワクワクしなかったんだよ。

欧米人ツーリストは何人か見たけどね。
この街には何があったんだろ?

行けた範囲も狭かったし、
今回は下調べが必要だったのかもです。

 

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家」も
どうぞよろしくお願いしますです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!