「作業日、バーガー、バスキング」

世界一周305日目(4/29)

 

アラームも
かけていなので、

二度寝から目覚めたあとも
しばらくの間ベッドの中でグズグズしていた。

iPhoneのホームボタンを押して
時刻を確認すると10:00。

お寝坊ねぼすけ。
シミズヨウスケ。

そろそろ活動しよう。

 

 

と言っても、
僕は観光に興味のあるヤツじゃない

世界各地の観光名所を訪れたい人なら
今頃エレバン周辺の観光地は
もう全部制覇しちゃって、

『アルメニア物価も安いし、
もうちょっとのんびりしようか?
そろそろ自炊でも始める?』

なんて言ってるころだと思う。

もしかしたら近所のボーリング屋さんで
アルメニアの女のコと
いちゃいちゃしているころ
かもしれない!くっそ!

 

 

対する僕はというと、
宿のばあちゃんや孫のアランとカルロスに
(情報ノートには「ひまご」って書いてあったけど)
「グッモーニン」と挨拶をして顔を洗う。

いつものようにアランが
僕の顔を見て発する言葉は

 

 

「シミ、スケート?」

だ。

 

 

こんな幸せなスケートボードが
あるだろうか?ってそう思うよ。

アルメニアでここ数
日毎日ガキんちょたちに乗り回されているのは
オーストラリア産のちいさなスケートボード、
Penny Boardだ。

日本で12,600円。僕の大好きなブルー。

買った時はウィールが赤で
スーパーマンみたいな色の組み合わせだったけど、
日本を出発する直前に黒いウィールに買い直した。
ベアリングもPenny Boardの純正の物だ。

最初貸した時は
いつぞや壊されるのかと半ば諦めていたけど、
そんな簡単に壊れるようなシロモノじゃない。

二回目以降はアランたちにPennyを
貸しっぱなしにして僕は外に出かけるようになった。

 

 

ガキんちょたちにスケボーで遊ぶ一方、
僕は小銭入れだけ持って
エレバン駅の目の前にある朝市へと出かける。

IMG_6451

 

 

自炊をするのはめんどくさい。

だからせめてフルーツとかで
栄養を摂取する作戦だ。

朝市では野菜をメインに
様々な食べ物が売っていた。

この日僕が買った物は
バナナとリンゴとデカいパン。
それと近くでコーヒーを飲んだり。
ピロシキも食べておく。

朝からそこそこの出費だけど、いいのだ。
朝は喰っておくのだ。

一旦リダさんちに戻って食事を済ませ、
ようやく僕の活動が始まるわけだ。

やることは沢山ある。

IMG_6452

 

 

メトロに乗って向かった先は

Queen Burger。

ここのバーガー屋さんは
コーヒー一杯しか頼まなくても、
僕を追い出すようなことはない。

お店の席数もあるし、意外にすいている。

うん。
だってね日記とかブログとか
アップできてないしさ、日記も書いてないし、
こういう作業日だって大切だよね!

IMG_6450

マジこういう時間必要っしょー?

 

 

16時頃までは作業。

未だにブラインドタッチが
うまくない僕だけど、
一生懸命にキーボードを叩く。

想像するのはタイプライター。

僕は今執筆中。

僕はアルメニアのカフェで
小説を作っている売れない小説家なのだ。

そんな漫画家にゆるされた妄想力を
十分に発揮して僕はグダグダとした日記を書く。

文書力って上がっているのだろうか?

やっぱ他の人のブログを読むと
自分にはまだまだボキャブラリーが
少ないような気がするよ。

書いた日記もそんなに読み直したりしないしね。

だからたまに読み直すと誤字脱字、
変換ミスを発見するけど、それはご愛嬌だ。

だってこれは一切の賃金が発生しない
個人的な日記なんだから。

だからさ、読んでくれる人にはほんと感謝っす。

 

 

 

 

そうだな。

じゃあちょっと

「サブちゃんの話」

をしようかな?

IMG_6459

 

 

や、別に書くことがないからとか
そういうわけじゃないよ。

僕だって書こうと思えば
その日一日を短編小説並に
書くことだってできるんだぜ?

 

 

サブちゃんは
アルメニアのビザを3回延長した
と言っていた。

僕が彼に会ったのは
ベトナムのホイアンという町の
ユースホステルだった。

僕の2つ下、同じ大学の出身だった。

大学を休学して一年かけて
世界一周をしたといういわば
「旅の先輩」で僕はサブちゃんから
沢山の話を訊かせてもらったもんだ。

カメラの上手いヤツでね。

撮った写真は僕のなんかと
比べ物にならないくらい綺麗で
かっこいい写真ばかりだった。

世界はこんな光景で
満ちあふれているのか?

そう思わせてくれる写真たちだった。

カメラの性能を思うと今使っている
Canon kiss X3の限界を感じずにはいられない。

 

 

そのサブちゃんがアルメニアで
何をしていたのかというと、
アルメニア美人と劇的な恋に落ちるとか
そういうんじゃないんだ。

日本語学校に行って、
現地の学生たちと交流していた
っていうんだよ。

頭のいい彼だったたか、
そんな沈没まがいなことは
しなかったはずだ。

きっとここに何か素晴らしい魅力を
感じたに違いない。

 

 

ここに1ヶ月以上いる意味。

IMG_6458

 

 

 

僕はアルメニアのエレバンという町で
そのことを考える。

周囲に比べて異様に発展している。

食べ物も安いし、市内だったら交通費も安い。
メトロなんて25円で終点まで行ける。

リダさんの家にいるぶんは宿泊費は
400円もかからない。

観光名所に行かなくたって、
行ったことのない駅で降りて
周辺を散策するだけでも面白いのだ。

 

 

こんな風に僕は人にぺちゃくちゃと
どうでもいい話を語って訊かせるのだ。

ごめん今日も喋り過ぎちゃったね。

「そういえばー、
あなたはどんな人なんですか?」

なんてこともしょっちゅう。

人から話を聞くことも大事だ。
一時期病的に人の話を聞くのが
好きだったどっかの小説の主人公のように。

話すことよりも、話を聞くことによって
得られることの方が多い。

だからー、もしこの僕のたわいもない
話のなかから君が何か
面白いものを見つけてくれると嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

16時をまわると
僕はクイーン・バーガーを後にした。

コーヒー一杯で僕をいさせてくれる
店員さんたちに軽く一礼する

彼女たちにそれの意味は
たぶん伝わってないだろう。

 

 

『気持ち悪いアジア人が
頭をさげたわよ!?
何かしら??!!
何かの呪いなのかしら!
うひぃ~~~っっっ!!!
気持ち悪い!』

 

 

まぁそれは僕の被害妄想だ。
明日も使わせてももらいます!

そして僕はバスキングの場所を探した。

サブちゃんが日本語学校に行ったけど、
僕はバスキングだ。

 

 

 

そして僕はまた別の演奏場所を
探して町を歩き回った。

行き着いた先は昨日の路地のもう少し先。

IMG_6454

 

 

昨日の通りは
シネマに面していたといえども工事中で、
ロケーション的にはよくなかった。

声をかけてきてくれた人が
「やるんならあっちの通りだよ」と
教えてくれた場所。

通りの左右には高いビルが立ち、
「NewYorkers」と書いたブランドアパレル店もある。

こんなところで唄っていいのだろうか?

まぁ、ビビったところでしかたねえ。
注意されたらやめればいい。
怒られたら謝ればいい。
ここで捕まることはないだろう?

 

 

そして僕はバスキングを始めた。

持ち歌のほとんどは未だに日本語の曲だ。

大好きなCaravanもどこで演奏するか場所を選ぶ。

今回の演奏場所は最適だった。

いい感じに建物に声が反響する。

ちょっと迷惑かな?と思うくらい笑。

いいのいいの!
怒られたらやめれば!萎縮してんじゃねえぞ!

 

 

歌に集中やコードを抑える指に
集中してしまうと人の反応が
分からなくなってしまう。

意識して人と目を合わせるようにする。

こんな場所で突然唄いだす日本人。

 

 

多くの人は僕に見向きもしない(60%)。

迷惑そうな顔さえする(5%)。

目が合うと笑い返してくれる人(30%)。

そして5%の声をかけてきてくれる人。

 

 

もちろんこの比率は国によって違う。

イランなんて声をかけてくれる人はもっといた。

ここアルメニアで僕が出会ったのは
ノリのいい男の子たち。

IMG_6455

 

 

恰幅のいい一人が僕に
「ギターを貸してくれ!」と言ってきた。

『何か弾けるのかな?』とギター貸すと、
ろくすっぽコードも抑えられないのに、
楽しそうになんちゃってバスカーを演じていた。

友達はスマートフォンで彼を写真に撮り、
僕もそれに習った。

IMG_6456

 

そう言えば何人かは
目の前のベンチで聴いてくれているな。

 

 

日本語の喋れる女のコに
Facebookのアドレスを教えたりもした。
日本なんかより大分積極的だ。

IMG_6460

 

 

インネーションも上手な女のコだった。

それなのに、日本には行ったことがないと言う。

大学を卒業してIT関連で
職探しをしている最中だとそうだ。

日本のカルチャーが大好きで
日本語の勉強を始めたと僕に話してくれた。

日本のポップ・カルチャーの影響は凄い。

 

 

「どうですか?アルメニアは?」

「いいところだね。物も安いしね」

「えっ?安いですか?
高いですよ。
特にエレバンは」

 

 

その一言に金銭感覚の違いを覚えた。

そうか、僕たちにとって物価が安く感じても、
ここはアルメニアの首都だもんなぁ…。

エレバンに暮らす彼女にとって、
お金のやりくりをしていくのは
大変なのかもしれない。

僕も都心で一人暮らしなんて
とてもじゃないけど、できないと思う。

とくに「都心に住む」ということに対して
魅力を感じないけどね。

 

 

路上にも出会いがある。
稼ぎもそこそこだった♪

IMG_6457

 

 

 

 

 

宿に戻ると
トモミさんがゴリスから戻って来ていた。

テーブルにはトモミさんの他に
日本人の姿が二人。

お母さんと大学院生の息子さんで
旅をしているという
面白い組み合わせの方々だった。

海外旅行に頻繁に行くご家庭らしく、
今回は3ヶ月という旅の期間だそうだ。

中国、インド、ドバイ経由で
アルメニアに来たという。
最終目的地はローマ。

お喋り好きなお母さんの話ぶりを見ていると、
パワーのようなものを感じた。

トモミさんもゴリスの方で
色々と楽しい経験をされてきたそうだ。

そんな風にして僕の一日は今日も幕を閉じた。

 

 

「あれ!!??トモミさん、
今どっからでてきました!!??」

「いやぁ、ドミトリー他の人が泊まっててね。
シミさんとルームメイトですよ♪」

 

 

 

ぶはっっっ…!!!

 

 

(す、すいません、鼻血が…えっと、僕二日間シャワー浴びてないんだった…。体臭うかな?)

 

 

 

トモミさんは明日の朝、
グルジアに戻ると言う。

ホテル・ジョージアに
キャリーバックを預けておいたそうだ。

僕も明日は早起きしよう。
やることはいっぱいある。

電気を消したあとも離れたベッドの上には
旅の会話が行き交った。

————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

どんなことに楽しみを見いだすのかは人それぞれっすよね。

唄って稼いで出会いがあるだなんて、
僕には最高のエンターテイメントっす。
まぁずっとこんな感じでもないです。
旅する漫画家。漫画も描きます。

でも、今は唄わせてください。
知らない駅で降りるのは楽しいっす。

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★最近相棒がアツい!
もしかしたら旅する雑貨屋”Drift”が
形になるのは早いかもしれません。
Facebookページ☞「旅する漫画家

★Twitter「indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!