「弦を探しに」

世界一周306日目(4/30)

 

韓国人の男の子が
宿にやって来た。

IMG_6473

 

 

それは昨日のことなんだけど、

童顔の女のコのような顔をした
26歳の兵役終わりの
「チャン」という名前の男の子だった。

まさか僕より年上だなんて思わないくらい、
その風貌にはどことなく幼さが感じられた。

 

リダさんの朝のコーヒーをいただいたあと、
僕たちは一緒に朝市へとでかけることにした。

チャンはATMでお金がおろしたいらしく、
僕たちに(今現在この宿には僕を含めて4人の日本人が泊まっている)
お金を下ろせる場所を尋ねて来た。

つってもなぁ、ATMなんてどこにでもあるよ。

 

 

朝市で、僕はその日の食べる物の
ほとんどは買ってしまう。

そしてここではできるだけ、
フルーツや丸かじりできる野菜を
買うことを心がけている。

アルメニアではそこいらで
パンやケバブやピロシキを食べることができるが、
安くてお手軽な物だけ食べていると
どうしても野菜が偏ってしまう。

ここ数日、食べなさ過ぎて
口内炎ができてしまった。
ちゃんと野菜を摂取しないと。

朝市で手に入れたのはトマトとリンゴ、
バナナをひとつづつ。そして安くて巨大なパン。

 

 

「そのバナナいくら?」

お金を 降ろし終えたチャンが尋ねた。

 

 

「えっと250だよ(62yen)」

「え…、うん、いいや。あとで買うよ」

急に渋りだすチャン。

えっ?高いか?!
けっこうな倹約っぷりだぞ!

 

 

そう言えばトモミさんが
オーストラリアでワーホリをしていた時の
ことを話てくれた。韓国人についての話だ。

 

 

「オーストラリアってすごい時給が高いの。
20ドルくらいのところとかザラにあるの。

だけど、どこの町が稼げて、
どこの町が稼げないとかもあるのね。
それを見分ける一つの目安が
「韓国人が多くいるか?」ってことなの」

 

 

オーストラリアにワーホリしにくる
韓国人はかなりやり手らしい。

ワーホリに来ているのに
シェアハウスを運営しちゃって、
自分の仕事とは別に
お金を稼ぐ人もいるそうだ。

シェアハウスと言っても、
もちろんそんなすぐに運営できるわけじゃない。
手続きが煩雑でいろいろと大変なようだ。

 

 

「でも、外国人でシェアハウスを
運営する人はたいてい韓国人なんだよね」

とトモミさんは言っていた。

 

 

 

朝ご飯を調達し終えて
リダさんの家でご飯を食べながら、
僕はチャンの旅の話に耳をかたむけた。

するとチャンの旅での
お金の使いっぷりが徐々に見えてきてた。

ドバイに8泊したというチャン。

ドバイだって?ドミトリーですら高いのに
一体どこに泊まっていたんだ!!??

 

 

「空港だよ。
シャワーもあるし快適だったよ」

 

く、空港に8泊も…。すげえ根性だな…。

 

「そのかわり、
七つ星ホテルの朝食を
60ドルで食べたよ。予約してね」

ろ、60ドル!!??

 

泊まったら一泊うん十万円もするで
あろう七つ星ホテル。

予約をしないと中に入ることもできないらしい。

そこでチャンは朝食だけ予約をして
60ドルの朝食を楽しんだそう。

こんな彼だからブルジュ・カリーファにも
もちろん登っている。

いやぁ、お金を使うことに関して
メリハリがはんぱねえな。
62円のバナナと60ドルの朝食。

 

 

別に彼は世界一周という
長期の旅をしているわけじゃない。

ロンドンから旅を始めて現在3ヶ月、
東方向に進んで来ているそうだ。

 

 

「いつ韓国帰るの?」

「わかんない。予定なんてないんだ。
韓国に帰るチケットも持ってないよ」

 

自分の生まれた国に帰る航空券を
持っていないのは僕も一緒だ。

2年の旅の予定も
もしかしたら伸びるかもしれない。

ただ、彼の言い方から
「世界を気ままに旅をする」
そんな感じを受けた。

IMG_6482

 

 

 

 

 

いつまでも
弦の再生でしのぐわけにもいかない。

気づいたらタイでインドで買った
バラ売りの弦のストックがなくなってきた。

連日のバスキングで必ず一回は弦が切れる。
そのほとんどは1~3弦。

せっかく修理したのに、
また他の弦が切れることなんてしょっちゅう。

そのたびに僕はギターケースを閉じて
しゃがんでギターの弦の再生に
とりかからなくてはならない。

せっかくノってきてレスポンスも
得られるようになった時に弦が切れると、
今までの流れの様なものが失われてしまう。

「場を温める」

っていう表現があるように、
お笑い芸人の気持ちが少し分かったよ。

あれ、冷めるちゃった場を
もう一度温めるのってけっこう大変ね…。

 

 

 

僕は楽器屋さんを求めてメトロに乗り込んだ。

IMG_6470

 

 

リパブリック・スクウェア周辺を
一通り歩いてみて、楽器屋が
ないように思えた僕はフィーリングを頼りに、
エレバン駅から4つ目の駅まで
メトロで行ってみることにした。

IMG_6467
楽器屋はどこにあるんだろう?

 

 

そういう自分のまだ行ったことのない
場所まで行ってみて、そのエリアの
雰囲気を味わう目的もあった。

別に今日楽器屋が
見つからなくてもいいのだ。

スローにいこう。急ぐ必要はない。

IMG_6475

 

マップアプリで自分のいる場所を確認すると、
少し歩けばショッピングモールがあることが分かった。

街の電子広告に
「Dalma Mall」というのを見たことがある。

けっこうお洒落なCMだったし、
もしかしたら、そこへ行けば
楽器屋さんもあるんじゃないか!!??

 

 

期待に胸を膨らませて僕は歩いた。

大きな橋を渡り、遠くの方に
まるで富士山のようなアララト山が見えた。

IMG_6495 IMG_6497

あぁ、僕の街があんな遠くに見える…。

 

 

IMG_6500 IMG_6507

 

 

 

そして辿り着いたショッピングモール。

IMG_6508 IMG_6509

 

 

モール内にはシネマもあるようだ。

映画の宣伝広告が
建物の外に大きく出ていた。
今回のスパイダーマンの敵はけっこう手強そうだ。

モール内のほとんどのお店は
TOPMNやGAPなどのアパレル店だった。
一階のフロアにはまだテナントが
入っていない箇所もあった。

IMG_6513 IMG_6515

 

 

そして時計を扱うお店や高そうなカフェがあり、
モールの中央には車まで置いてある。
もう見た感じ楽器やさんなんてない。

IMG_6514

 

 

一応、モール内のスタッフに
楽器屋があるか尋ねると。
案の定「ノー」と言われた。

IMG_6510

そうだよね…。うん。わかってた。

 

 

12時前のモールにはほとんど人がおらず、
とてもじゃないがここでバスキングなんて
できたものではなかった。

まぁ、アルメニアの
ショッピングモールに来た。そんなとこだ。

このモールにはフリーのWi-Fiが飛んでいた。
やっぱり楽器屋さんを探すのに調べた方が無難だった。

「Yerevan instrument」なんて検索をかけた。

ないこともない。
アランストリートというところに行けば
楽器屋さんがあるようだ。

住所を調べ、マップアプリで
だいたいの場所にピンを打って、
僕はDalma Malをあとにした。

IMG_6529

IMG_6537えっ?誰が女のコのおしりを追っかけてるって? 

 

 

 

 

一軒目に僕が足を運んだのは
「YAMAHA」の楽器屋。

IMG_6542

 

 

さすが首都。見た感じしっかりしている。
お店のスタッフたちは店内にある
大画面の液晶テレビで音楽の編集をしていた。

見るからにお金を落としそうにない僕が
入って来ても見向きもしない。

申し訳程度に接客してくれた店員からは
あまりやる気のようなものを感じなかった。

中ではもちろんYAMAHAのギターの弦も売っていた。

だが、僕が選んだのは500円の一番安い弦だ。
店員いわく「ドイツ製で練習にはぴったり」らしい。

10ドル以上する高い弦はまだ僕には早い。
バスキングの稼ぎの半分以上が
飛んでいってしまうからだ。

弦の具合もどのようなものか分からなかったので、
とりあえず1セットだけ購入しておいた。

店員には愛想のかけらもない。そんなもんだ。

 

 

 

だが、もう一つここには楽器屋があるのだ。

そっちはどんな感じだろう。

IMG_6545

 

 

次の楽器屋はなかなかすぐには
見つけることができなかった。

注意してみないと楽器屋だとは分からない。

ガラスドア越しにギターが見えなければ、
閉店してしまったのではないかと
勘違いしていたことだろう。

IMG_6547

 

 

中に入ると店員さんたちは
僕を温かく迎えてくれた。
楽器屋によって印象が変わるなんて。

 

 

「うちのお店では日本のメーカーの物も
扱っているんだよ。ピアノだとカワイとか」

確か「カ」行から始まる
メーカーの名前だったと思う。
聞き慣れないピアノメーカーの名前を出され
一瞬「ん?」っとなる。

弦はお客が自由に手に取れるようには
ディスプレイされていなかった。

自分の欲しい弦をスタッフに伝えると
10ドルくらいのエクストラ・ライトの弦を
スタッフは渡してくれた。

これも楽器屋さんによって対応が全然違う。

イランなんてエクストラ・ライトの
弦そのものがなかったし、
外国人の僕の対応をすげーめんどくさそうに
していたのを覚えている。\

IMG_6550

 

 

「外からやって来たお客さんですからね。
少し割引しますよ♪」

とスタッフが言ってくれた。

そりゃ安い方がいいんだけどさ、
やっぱ人だよなって思う。
こっちちょっとくらい高くたって
僕は気持ちよく買えただろう。

 

 

「どうしてここのお店が分かったんですか?」

スタッフさんは僕がここのお店に来たことを
少し驚いているようだった。

ここで僕は3,500ドラム(865yen)に
割引してもらったフェンダーの弦を購入した。

 

 

 

弦のストックがあることで、
バスキングをする際に僕を安心させてくれる。
まぁ、一つの弦の再生が3~4回だから、
最低でも6回は1弦が切れても大丈夫だぞ!と
貧しい計算を頭の中で叩き出す。

よし、それじゃあここいらでも唄ってみるかな。

 

 

目をつけたのは地下道だった。

IMG_6551

 

 

地上では信号もついているのだが、
アルメニアには大通りの下を
地下道が通っていることがある。

僕も何本か調べて来たが、
そこまで人の通りはないの地下道が多い。
ここもそうだった。

だが、地下道のいい所は
声が反響するところだ。

地上で車の走行音を気にして
声を張り上げる必要性もない。

地下道の一部は工事中で、
どこかオシッコの臭いがした。

わざわざこんな場所で
やる必要はないんだけど、
地下道を発見した以上、ものは試しだ。

人通りも少ないがレスポンスが
ないわけでもなかった。

少し離れたところから
しばらく僕の歌を聴いてくれるおっちゃんもいた。

IMG_6553

 

ここはアップみたいなものだ。次に行こう。

 

 

 

 

ここに来てから同じ場所で
なるべくやらないようにしていたけど、
この日僕が向かったのは昨日と同じ場所。

IMG_6555

 

 

ここも『迷惑なんじゃないか!!??』
ってくらい気持ちよく声が通る。

でも、さすがに昨日とは
全く違うレパートリーで唄うことはできない。

僕のレパートリーは
せいぜい20曲にも満たないだろう。

だが、唄い方は変えることができる。

いくつかの歌は
自分のなりのアレンジが入っている。

今回はクラムボンの唄い方を意識して、
呟くような、ぶつ切りになるような唄い方だった。

もう自分さえノれればいいや。

と歩行者と目もほとんど合わせないで
ひたすらに自分の世界に入った。
何かに取り憑かれたように唄った。

レスポンスが入ったことに気づけば
「メルシー!」とお礼を言うが、
この日は入るお金もまったく気にしなかった。

そんな僕に興味を持ってか、
英語で話しかけて来てくれた女のコと
お喋りすることによって僕の路上演奏は終了した。

 

 

いつものクイーン・バーガーで
集計すると15ドル分くらいだった。

そんなもんかぁ。

やっぱり、聴いてくれる人との
コミュニケーションがないと
レスポンスにも関係してくるんだなあと思う。

IMG_6557

 

 

 

こうして一日の終わりに
バスキングをしてリダさんの家へ帰る
生活リズムになり、変わったことと言えば
食事の量も減ったことだ。

IMG_6558 IMG_6560

 

 

20時過ぎには飲食店はほとんど閉まってしまう。

夕飯は売店でパンを買ってコーヒーを飲むくらい。

そしてお風呂に入らなくなったこと

実は今日で3日目だ。

リダさんの家にシャワーが
ないのもそうなんだけど、
ここにいると不思議とお風呂に入らなくても
大丈夫になってくるのだ。

てかシャワー行くのがめんどくさい笑。
ケチケチしてんのさ。

汗をかいても体が臭わないし、
ベトベトしないのだ。
髪もそこまでゴワゴワしない。

国によってこんなに違うものなのか。

IMG_6563

 

 

日本では1日お風呂に入らなかっただけで
気持ち悪くなるのに、ここでは一週間だって
大丈夫な気がする。
空気が感想しているせいもあるだろう。

 

 

そんなことを言っても
やっぱり頭は洗っておきたい(笑)

リダさんの家のトイレで頭を洗う。
ねえ知ってるかい?

「頭を冷やせ!」
って言葉があるけど、
頭を冷やし過ぎると痛くなるんだぜ?

そのくらい夜の水は冷たかった。

この調子じゃたぶん明日も
シャワー浴びねえな。

IMG_6565

————————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

いや!そんな不潔じゃないって!マジで!
君もこの季節のアルメニアに来てみればわかるよ!
普通に過ごす分にはシャワー浴びなくても
平気になってくるんだから!

って…おれだけ?

まぁ、国によってそんなに変わるもんなのです。
地球って不思議。

 

いつもおつき合いいただきありがとうございます。ほんとに。
バナーも押してね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★相棒のまおくんのアップがアツい!
ワクワクすること計画中!
Facebookページ
旅する漫画家
もよろしくお願いします。

★Twitterもね!「indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!