「ベトナムへ」

世界一周57日目(8/24)

 

朝6時
iPhoneのアラームで
僕は目を覚ました。

 

外はまだ暗い。

 

もう少し寝てたかったけど
今日は国境の町

河口(hekou)

へと向かう。

バスは7時30分に出るんだ。

 

前に進まなきゃ。
棚田も見れたことだし
次の町へ行こう。

 

 

 

パッキングを済ませると
お姉さんが部屋の鍵を取りに来た。

僕は占有したドミトリーの鍵を
お姉さんに返して
バスターミナルに向かった。

IMG_8158

 

 

 

 

昨日買えなかった
バスのチケットは
あっさり買えたものの、

バスが出発した段階で
乗客は僕を含め

たったの3人しかいなかった。

IMG_8161

 

「乗客が十分にいないから
今日はチケットが買えないのよ」

 

と言っていた割には
けっこうゆるいな。

まぁ、
当日じゃないと
販売していないんだろうな。

 

 

 

バスは山の上の新街(xinjie)から
麓の元陽へと下って行く。

 

元陽の街でバスは一旦停まり
新たな乗客を乗せた。

IMG_8163

 

元陽の町は
中途半端な都市化が進み
空気が汚かった。

バスやタクシーはひっきりなしに
道を走り、
クラクションの音はうるさい。

店先のおっちゃんやおばちゃんは
暇そうにしている。

僕は5角(1元の半分)の
アイスを食べ終わると
再びバスに乗り込んだ。

 

3歳くらいの小さい子供まで
平気でバスにごみを捨てるのを見て
やっぱりここは中国なんだなと思った。

こういう風にして
風習が根付いてしまうんだろうな。

 

 

 

コーヒー色をした川を横目に
バスはぐんぐんスピードを上げていく。

IMG_8168

 

 

次の町は
一体 どんなところなんだろう?

 

宿の予約をしないまま入る国境の町に
期待と不安を胸に
バスは山を下っていった。

 

元陽の自然を抜けると
窓から見える風景は
バナナの木が生い茂る風景へと変わった。

出店でもバナナの販売が目につく。

僕はベトナムに近づいているんだ。

IMG_8167
 

 

 

辿り着いた
河口の町。

中国最後の町だ。

 

前回の入国から9日間が経過し、
あと残り6日中国に滞在できる。

さてどうしようか?

 

バスターミナルで
声をかけて来たタクシーのおっちゃんに

「ベトナムの国境までいくらで行ける?」
と訊いたら
10元で行けると行った。

 

おっ?
案外近いのかもな

まだ時間もあるし、
このままベトナムに突入するのもありだ。

僕の頭にそんな考えが浮かんだ。

 

 

 

 

 

タクシーを走らせる事15分。
ベトナムとの国境で僕は降ろされた。

IMG_8171

 

歩いて越える国境。

なんかいい感じだ。

 

僕は細かい元を使い切り

 

 

ついに 
ベトナムに
入国した。

IMG_8172

 

 

 

世界一周を始める旅人たちが
必ず通る東南アジア。

僕はロシア、モンゴル、中国とまわって
ようやくこの土地へ
足を踏み入れたのだ。

 

 

 

うざったい客引きをするりとかわし
「写真だけはやめて!」って
行ってくるヤツは間違いなくボッてくるヤツだ笑

国境で手持ちの1300元を両替すると

80万ドンで返ってきた。

 

 

『えっ!
80万ももらえんの?』

 

ちょっとお得な気分になり
僕はラオカイの町で立ち止まった。

 

さて、
これからどこへ行こうか?

 

 

全く何も調べてないこの状況。

僕はモチさんから教えてもらった
“Map with me”
とにらめっこし、

親切なホテルマンにWi-Fiを借り
(「いーよ!いーよ!使いなー!」
とめちゃくちゃいいヤツだったなぁ)

 

ハノイ

 

へ向かう事にした。

 

 

 

 

何でハノイかって?

 

 

 

 

 

聞いた事のある
名前だから笑。

そんだけ。

 

今こうして
淡々とブログを書いているけど

「突入ぅ!!」

 

とかテンション上げまくってたからね!
なんでここまで文章のトーンが落ちているのかは
そのうち分かるでしょう…

 

 

 

 

ラオカイ駅
なんとか歩いて行ける距離にあった。

IMG_8175

 

途中に売店やホテルで
値段を聞いてまわったんだけど
そこまで安い印象は受けなかった。

国境近くってこともあるのかな?

 

 

降っている雨のせいなのか
汗のせいなのか
はたまたその両方なのか

 

とりあえず僕は
ベトベトになりながらも
ラオカイ駅に到着した。

IMG_8189

 

とりあえず
ハノイまでの切符を買ってみよう。

買えなきゃどっかそこら辺に
安宿があるだろう。

 

 

 

買えた切符は
18:40分発の

Hard Seat
(座席のみ!)

 

中国で「硬座」が
クセになっちゃったのかなぁ?

まあ節約だし、
地元の人の目線で旅ができるのも面白い。

 

僕は時間まで近くのカフェで
練乳の入ったコーヒーをすすり、
久しぶりのFacebookで
友達の近況を知った。

IMG_8187

 

 

 

駅の片隅から
ジャンベの様な
打楽器の音が聞こえた。

少し弱いがギターの音も聞こえる。

 

お揃いのオレンジ色の
Tシャツを着た人たちが
ベトナム音楽を奏でている。

IMG_8211

 

僕はリズムに合わせて体を揺すっていると
一人が僕にこっちに来いと言う。

 

もちろん輪に入る僕。

 

なんて言ってるか全然分からなかったけど、
僕は彼らと一緒に歌い、

自前のギターを取り出して数曲披露した。

 

 

 

「Storong Vibration!」

 

 

 

僕のノリを見て
一人がそう言った。

 

音楽は国境を越える。

 

それは間違いない。

 

 

警備員に何度もストップをかけられても
僕たちは歌う事を止めなかった。

 

ベトナムの人たちは
優しそうな顔をしている。

なんだかこの国が好きになれそうだ。

 

 

 

 

3時間以上遅れて
列車はラオカイ駅に到着し、
ハノイに向けて出発した。

乗り合わせたお姉さんが
僕たちが歌ってるところを
バッチシ写真に撮っていたことが
面白かった。

IMG_8236

 

 

すぐに眠れないので

アプリの
「eCurrency」
でレートを確認しながら
列車の机でMOLESKINのお小遣い帳に
今日の出費を書く。

 

 

あれ…?

おれの手持ちってー…

 

こんなに
少なかったっけ?

 

 

 

 

Wi-Fiでアップデートされるレートは
間違ってるはずがない。

だけど

 

 

僕の手持ちは
3,000円
ぽっちしか
なかった。

 

 

 

真っ白になる頭。

計算では1,300元で2万円分の
ベトナム通貨が出に入るはずだ。

それが何故か手元には
3,000円分しかない。

 

 

 

 

 

 

ボられた…

 

 

 

 

 

まさか国境の職員が
騙してくるなんて思わなかった。

手に入れたドンを一枚一枚確認し

 

『80万も手に入るんだぁ〜♪』

 

と思った僕が馬鹿だった!

 

通貨の桁がアホみたいに上がって
こちらが馴染めてない隙を突かれた。

当然のように出された3,000円分の通貨。

 

ここは戦場か?

 

 

列車の中で
振り払う事のできない
失った17,000円の使い道を
何度も何度も考えながら

僕は車内で放心した…

IMG_8239

———————————-
世界一周ブログランキングに参戦しております。

ポジティヴに考えられない時もあるよね。

自分を無理に納得させようと

「おれの今の経験に比べたら
1万7千なんて安いぜ!」

「くれてやんよ!」

とか考えても
どうしても「もしも」が
ぬぐい去れないのです。

 

だけどそんな僕が
溜飲を下げられたのは

「他の旅人のボられ談」

を聞いたからでした。

 

自分だけじゃない。
ちょっと安心したんです。

 

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 


2 件のコメント

  • しみさんっ!ベトナム入国おめでとうござります!
    ゼロが多いとややこしいですよねえ。。。
    17000は大きすぎる。。お気持ちお察しします。。(T-T)(T-T)
    この国、いろいろと気をつけてくださいね(T-T)
    わたしも昔、騙されまくり、殺されるのかという目にあい、
    人間不信になったあげくラオスに逃げましたから(T-T)
    おいしい料理たくさんたべて気をまぎらわせてくださいー。
    よい旅を!ぼんぼやーー(*^^*)

    • >もちさん

      もっちすわぁああああん!!!

      ベトナムのみんなは優しいヤツばっかなんだけど
      「ボる文化」が定着していて

      心が…
      心が開けないよぉぉおおお!!

      まぁ、おれだけじゃないみたいです。
      みんな多かれ少なかれボられてる。
      ベトナム人ですら正規の価格で買うのは
      難しいそうです。

      もちさんも良い旅を!
      アプリマジ使えます!
      ありがとです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」を目指す、清水陽介(シミ:24歳)の世界一周ブログです。