「ここで唄ってもいいですか?」

世界一周249日目(3/4)

 

宿に荷物を
預かってもらい、

僕はジャパンさん
(ちなみにアクセントは一番最初だ。ルパンと同じ)
ホームステイさせてもらうべく、
彼の働くテンジン・ロックに向かった。

IMG_2120

 

 

インドのファニーなお話をきかせてくれた男の子。
どうやらデリーからアーグラーに
強制送還させる手口は今も健在らしい笑。
4年前、僕らもそうだったから。

IMG_2129

 

 

前回は歩いて行ったが、
ジープでも行けるとのことだったので、
メイン・バザールのタクシーの乗り場で
テンジン・ロック(付近)行きのジープを探す。

話によると10ルピーで行けるそうだ。
それは安いじゃないか。

IMG_2131

 

 

ここダージリンでは
バスよりジープの方が主流だ
山道は細く、起伏が激しい。
バスは大きな道しか走れない。

何人かの運転手に尋ねたが、
テンジン・ロック行きのジープなんてないという。

タクシーは200ルピーもするので論外。

「テンジン・ロックそれなら
あっちに歩いていくんだ」なんて、
僕がなんでここに来たのか
分かってくれていない。

IMG_2134

 

 

現地人じゃない僕が言うのもなんだけどさ、
こういう時って、せめて
「どこそこの近くまで行くよ」
と教えてくれたっていいじゃないか。

ようやく
「動物園の前までだったら行くけど」
という運転手を発見して、
僕はジープに乗ることになった。

 

 

 

 

動物園の前でジープを降り、
テンジン・ロックまでの道のりを
軽量化したバックパックを背負って歩く。

IMG_2136

 

 

ジープは排気ガスをまき散らして
テンジン・ロックの方へと突っ走っていった。

なんだよ…。
もうちょっと先まで乗せていって
くれてもよかったではないか。

 

 

 

昨日に引き続き、
やってきたテンジン・ロック。

だが、ジャパンさんの姿はない。
休憩でもしているのかな?

IMG_2142

 

 

同じ露店でダージリン・ティーを飲んで
ギターを弾いていると、
別の露店のおっちゃんがやって来て言った。

IMG_2141

 

 

「ジャパンなら
今日は葬式で来ないぞ」

 

身内の不幸があったらしい。
「それじゃあ明日!」なんて、
ホームステイとか言ってる場合じゃないか。

 

「そっか。じゃあ、僕は
シッキムに行くことにするよ」

「また、ここに
戻ってくるんだろう?」

「うん」

おっちゃんにジープを拾ってもらい、
僕は再びメイン・バザールの方へ戻った。

IMG_2143

 

 

 

 

 

 

 

 

シッキムへ入るには
パーミットが要るらしい。

ウエスト・ベンガルの中国に近いエリア。
1950~60年代には、
シッキムをめぐってインドと中国が
戦争をした経緯もあるそうだ。

また、シッキムでは
お酒の販売/製造が認められているらしく、
そうではないインドの別のエリアの人たちが
密輸まがいのこともやるんだとか。

そんな面白い話を昨日お会いした
ダージリン在住のコウジさんから
教えていただいた。

 

パーミットの取り方も
コウジさんから教えてもらっている。

「Foreginer Regisration」へ行って
書類を作ってもらって、
それをDMオフィスに提出に行けばいいそうだ。

パーミット発行の費用はかからない。
貧乏バックパッカーは「タダ」に弱い。

IMG_2146まずはフォーリナー・レジスレーションで書類をもらう。

IMG_2144

 

 

DMオフィスまでは少し歩くことになったが、
パーミット発行の手続き自体は
合計で15分もかからなかったと思う。

IMG_2151 IMG_2155

 

 

パーミットの他にパスポートに
スタンプが押されていた。

なんだか違う国に入国するみたいだな。

IMG_2157

 

 

 

 

 

 

車の排気ガスに
咳き込みながら、メイン・バザールに到着し、
昨日バスキングをさせてもらった通りにやって来た。

IMG_2148

 

 

ここをインドと考えるなら、
今まで一番レスポンスがいいのは
間違いなくダージリンだ。

DSCN4137 DSCN4139

 

 

 

最近になってようやく
切れたギターの弦の再生方法を覚えた。
弦の端っこの丸い金具が大事なんだと思う。

切れた金具と余った弦をより合わせて
エンドピンにを差し込む穴に埋め込む。

2~3回目の再生の時は弦の切れ端が
エンドピンを差し込む穴に
引っかかってしまうのでー…、
爪切り買おうかな?

弦の再生に手こずっていると、
キーホルダーに爪切りを付けた
おっちゃんが手を貸してくれた。

 

遠くに日本人の姿が。
服の着こなし方でなんとなくだけど分かった。
ちょっと遠くの方で聴いてくれてる。

演奏が終わった後、
声をかけてくれたその人はなんと
「旅する(元)遊具設計士」!

IMG_8058 IMG_8057

 

 

なに?遊具設計士って!
そんなお仕事あったんですか!?

 

「写真撮らせてもらったんですけど、
よかったらコピーします?
自分が唄ってる姿って写真撮れないですよね?」

「マジっすか!あざっす!」

 

近くのカフェでチャイをすすりながら、
Macに写真をコピーさせてもらった。

DSCN4128 DSCN4133 DSCN4126

 

 

他にもデザインした遊具の完成写真を
見せていただいたり、旅をされたという
イランの話を聞かせていただいた。

てか、シャルージャからシーラーズまで
船で行けるって…しかも5千円って…。

 

 

にしてもひでぇ頭と顔だな。
これでよくレスポンスもらえたなぁ…。

DSCN4136 DSCN4140

 

 

旅をしていると
面白いことがしょっちゅう起こる。

ホームステイはできなかったけど、
素敵な出会いがあった。

これから向かうシッキムも、
ついこの間までの僕の予定にはなかったから。

アンテナを研ぎすまし、面白そうな方向へ。

DSCN4142

—————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。 

でも、可愛い娘でもまばたきの瞬間とか写真に撮ると、
けっこうヒドい顔になってたりしません?
「あー…ごめんね…」って。逆にこっちが謝りたくなるような。

 

『いやさ、シミさんバスキングの時の表情、
いい顔してんじゃん!』って僕をフォローしてくれる心優しい人はポチも。

『その写真、一刻も早く削除しないと殺す…』と身に覚えがある女性は、
そうですね。苦情はCanonやNikonに言ってください。
それかカメラを構えている人の前では
決してまばたきはしないことですな(笑)

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒の作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくね♪
★Twitterも「indianlion45」がアカウントだから!フォロー・ミー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!