「ここはポスト・オフィスだよな?!」

世界一周248日目(3/3)

 

警戒心を抱くくらいに
フレンドリーなネパール人のおっちゃんが
「是非うちに泊まりに来てくれ!」
と誘ってくれた。

IMG_8035 IMG_8036

 

 

外国人の僕に対して
友好的に接してくれるのは
とても嬉しいんだけど、

タバコを何本もくれたり、
チャイをごちそうしてくれて、
一銭たりともお金を受け取ろうとしない
このフレンドリーさに僕はどうしても

『あ、怪しい…!!!』

と思ってしまうのだ。

 

そんなおっちゃんの名前は
ジャパンさん(偽名なのだろうか…?)。

テンジン・ロックという場所で
ロッククライミングの仕事をしているらしい。
他にもツアーやトレッキングの
ガイドをしているのだとか。

なぜか朝しか使えないチョーラスタ広場の
フリーのWi-Fiにありついたあと、
僕はテンジン・ロックとやらに
行ってみることにした。

IMG_2048IMG_2063

 

 

山の上にあるダージリンから
ヒマラヤ山脈を見ることがでる。

IMG_2052

 

 

ここから見える一番高い山が
エベレストというわけではない。

どこから見るかによって
表情を変えるヒマラヤ。

青空と同化するように
遠くの方にあるヒマラヤを見ると
思わず足を止めてしまう。

 

 

 

途中、何人もの人に道を訊いて
やって来たテンジン・ロック。

 

 

どうやらロッククライミングも
できる場所みたいだ。

IMG_2068

 

 

山道の途中に「デンっ!」と
急遽出現するこの岩。

IMG_2065

 

ガードレールの下の方まで続いている。
どれくらい大きな岩なのだろうか?
てか誰が一番最初に登ろうとしたんだろうか?

 

 

僕が近くの売店でダージリン・ティーを
飲んでいるとジャパンさんがやって来た。

IMG_2069

 

 

 

正直言うと、ジャパンさんのことを
そこまで信用していなかった。

『どうせ来ても
いないんじゃないだろうか?』

なんて思っていたわけだ。

IMG_2073

 

 

道具も何も着けずに
スルスルと岩に登る姿を見た僕は
このおっちゃんのことを
ちょっとだけ信じてみることにした。

IMG_2072

 

 

「今日うちに来るのかい?」

「いや、実は今日の分も
宿代を払ちゃったんだ(これは本当だ)
だから、明日ホームステイ
させてもらってもいいかな?」

「ああ。いいとも」

「それじゃ、
明日のこの時間に来るよ」

IMG_2070

 

 

インドで初のホームステイ。

まぁダージリンは随分独特な
雰囲気を持った場所だし、
相手はネパール人だけどね。

だけど、面白い体験になるかもしれない。

いつもだったら警戒して
適当な理由をつけて断っていた僕だけど、
今回はいつもと違った環境に飛び込んでみよう!

僕はジャパンさんと別れ告げ、宿に戻った。

IMG_2074

 

 

 

 

 

 

 

ネパールから
持ち込んだ雑貨。

相棒のまおと企画している
雑貨屋「Drift」

出発点は「ごっこ」だけど、
仕入れを重ねる度に
お店のストーリー(コンセプト)や
どんな雑貨を仕入れていくのかが
見えてきた気がする。

今回仕入れたのはブランケットや
タイダイTや僕たちの大好きなライトカバーetc…。
手提げ袋×2で重さもハンパない。

IMG_2076

 

 

なぜネパールで郵送しなかったのかと言うと、
その評判の悪さからだった

日本に着くのに時間がかかるだとか、
中の物が盗まれてしまうだとか、
ネパールにいた日本人の方々も
「郵送するならインドの方がいいよ」
と言っていたからだ。

だけど、ここは山の上。ダージリン。
郵送費どれくらいなんだろう…?

不安な気持ちを抱えて向かったポストオフィス。

IMG_2078

 

 

めっちゃ人おる!!!

IMG_2081

 

 

もう列なんて
どこにあるのかも分からない。

週明けだからか?(今日は月曜日)
大声でどこに行けばいいのか訊いて、
言われた窓口に行くも、人がいない。

窓口の向こう側では郵
便局員たちが忙しそうに仕事をしている。

 

「ほら、こっちだ」

 

机に座ったおっちゃん。

 

あぁ、なんだ。
おっちゃんが担当の人なんだね。

よかったよ。一体いつになったら
自分の番がまわってくるのか心配してたんだ。

もしかしたら今日は一日郵送手続きで
終わっちゃうかもって思ってたからさ。

 

おっちゃんは机に雑貨を広げ、
ちょっと考えたのち
「段ボールを持ってくる」
と言ってどこかに行ってしまった。

確かに仕入れの量は多いし、
ライトカバーのフレームなど
かさばる物も入っているけど、
段ボールくらい置いておこうよ。

 

5分ほどして返ってきたおっちゃん。
手ぶらだ。

「見つからなかった」

そういって雑貨をまとめ、
トウモロコシの絵が描かれた
ずだ袋で雑貨をくるみ始める。

IMG_2082

 

 

「ちょっ!!!」

オイオイオイ!
なんかストールにトウモロコシの
カスがついちゃってるぞ!

 

「ポップコーン!」

や、ポップコーンだけどさ!
無農薬だ。安心しろ
とでも言うのかい?
違うよ!そういう問題じゃない!

 

いつも郵送する時は
段ボールに入れて送ってもらうんだけど、
今回はこれか…。

描き終えた漫画の原稿用紙も入ってるから
濡れるのだけはマジで勘弁なんだよね。

雑貨は思うようにまとまらず、
おっちゃんは何回も配置を変えて
梱包しようとする。

IMG_2083 IMG_2084

 

 

 

いきなしストールを
広げ始めるおっちゃん。

「ちょっ…!!!」

「ノープロブレム!
安心しろ!」

イヤイヤイヤ、
そういう問題じゃないって!

 

おっちゃんはストールを縦長に折り、
紙素材のライトカバーや原稿用紙、
小物類を包み込むようにしてストールで覆った。

IMG_2085

 

 

そして形がまとまるとビニール紐で
「これでもか!」
というくらい念入りに、
きっちしかっちし縛り上げる。

IMG_2087

 

僕は空いた口が塞がらない。

ひ、非効率だ…。

後ろには順番を待つ人数人。ごめん…。

 

 

資源ゴミに出される新聞紙の
10倍くらいの結び方で
なんとか一つの形にまとまった雑貨。

それに僕が持って来たビニール袋をかぶせる。

IMG_2090

 

 

極めつけにはシーツのような薄い布を切り、
雑貨をくるんだかと思うと、
その場で針と糸を使って縫い上げるではないか!!!

IMG_2091

もはや僕に対する当てつけとしか思えない!

 

 

「そりゃいくらなんでも非効率でしょ?
インドの他のとこだと
段ボールに宛名書いておしまいだったよ?」

「これがダージリンのスタイルなんだ!」

 

完成したのは不格好な枕みたいなもの。

IMG_2094

 

 

それに相棒の家の住所を書いた紙を張りつけ、
赤いロウソクを溶かしてスタンプな様な物を押す。

IMG_2098

 

 

ここまでの行程、
かかった時間は30分以上。

このおっちゃん、
いちいち不細工な枕を作るのか?

非効率過ぎる!!!
梱包にかかった費用は200ルピー(329yen)。

IMG_2089

 

 

 

 

そして、今度は
この枕を抱えて窓口に並ぶわけだ。

おっちゃんに言われた窓口には列は存在せず、
みんな体を押し込むように自分の番を待っている。

「これって…列あるの?」

「さぁ?」

近くにいたお兄さんが言う。

やれやれ。

 

「おれはここに並んでいるぞ」と
ジェスチャーで自己主張し、
僕は辛抱強く順番を待った。

みんな手にオレンジ色の封筒を持っている。
次に順番がまわってくるであろう人に
横から次々に書類がパスされていく。

おいおい。なんだよそれ?

窓口の郵便局員のおばちゃんは
忙しそうに書類にバーコードが
書かれたテープを貼付けたりしている。

「これってなんなの?」

「求人に対する応募」

さしずめ、日本の就職活動で
言うエントリー・シートのようなものか…。

 

 

「次にもう出しちゃいなよ」

とお兄さんにアドバイスされ、
ようやくまわってきた僕の番。

いつものように荷物の重さを計り、
お金を支払った。総量は6.81キロ。
今までで一番重かった。

IMG_2099

 

こうして不格好な枕は
日本の相棒の元へ送られることになったのだ。

IMG_2102

 

 

 

レストランでチャイを飲んだ後、

IMG_2112

 

 

僕は気分転換するように
バスキングをすした。

IMG_2116

 

 

好感触だ♪ IMG_2113

 

 

 

 

 

この日の夜、
僕が宿の下の旅行代理店で
Wi-Fiを利用していると
(ここに来ないとWi-Fiが使えないのだ)
オーナーのおっちゃんが僕にこう言った。

 

「日本人がここに住んでいるんだが
会いたいか?」

「えっ、あ、まぁ。
会えるのであれば…」

 

この先の旅のルートに関して
ちょっと情報が欲しかった僕は
オーナーの紹介のもと、
ダージリンにお住まいの
日本人の方に会うことになった。

その人の名前は「コウジ」さんと言うらしい。
オーナーとコウジさんは仲良しだとか。

でも、こんな夜中にお伺いして
迷惑じゃないだろうか?

 

 

寒空の下、コンコンとドアを
2回ノックして中へ入れてもらう。

コウジさんは僕よりひとまわり年上の
短髪に髭をはやした、物腰の低い方だった。

お食事中だと言うのに、
僕の質問に快く応えてくださった。

 

 

 

「この後、ウエスト・ベンガルを
旅しようと思っているのですが、
どこかオススメの場所などがあったら教えてください」

僕はガイドブックを持たない。
だけど、出会った人から教えてもらった
情報を頼りに旅をすることがある。

 

人との出会いは偶然の重なり合い。

ダージリンに来た時、
客引きについて行ってチェックインしたのが宿で、
その宿のオーナーがコウジさんと知り合いだった。

 

そして僕はコウジさんと奥さんから
美味しいクッキーとレモンティーをごちそうになり、
シッキムを旅するプランを手に入れたのだ。

IMG_8050 IMG_8049

————————————————————-
世界一周ブログランキングに参戦しております。

そう言えば、カトマンズで送ったポストカードが
1週間くらいで日本の実家に届きました。
手紙は早いんですね(笑)。

ちなみに、この時の送料は3500円。
まぁ、安いっちゃ安いかな?無事に日本に届くことを祈ります!

 

『ダージリンの就職活動も大変なのね…』って人はポチを。
人の苦労を想像できる人だ。
5階のバルコニーで飼われていた豚が落下した時も、
お父さんだけではなく、豚さんの安否も気になる人でしょう。
(なんの短編だっけなぁ?ヘミングウェイだっけ?)

『えっ?シミさん、就職活動したことあるんですか?』ってヤツは、
ええいっ!うるさい!エントリーシートくらい知ってるよ!

バナーをポチしてページの読み込みが完了するとポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★相棒の作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくです。
旅に持って来た道具の紹介などやっております。

★Twitterのアカウントは「indianlion45」。
まったりツイートをお届けです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!