「思い出すのは出会った人の顔」

世界一周284日目(4/8)

 

日本人宿にいると
まったりと過ごしてしまうものなのだろう。

IMG_4576

 

 

同じドミトリーのリュウさんは
カザフスタンのビザ待ちのため、
ここを動けないとい言う。

コウスケさんに至っては
インドの時間軸の中で
生活しているような気さえする。

 

「今日は何する予定なんですか?」

「なにしょっかな?分からん」

IMG_4534

 

ここはインドの旅、
最終目的地ニュー・デリー。
泊まっている宿は日本人宿サンタナだ。

 

 

僕はインド最後仕入れをしに
コンノートプレイスへ
リュウさんと一緒に向かった。

メインバザールから
700メートルほどの距離だ。

リュウさんは
サイクルリキシャーが二人で
10ルピーだったら乗ろうと
駅前のおっちゃんたちに声をかけていったが、

どの漕ぎ手も一人20ルピーだ!
と自己主張の強いヤツばかりだった。

 

 

「3年前は10ルピーで行けたんだけどね」

三年前もインドを訪れたというリュウさん。

メインバザールは2011年に
道路の幅を広げるために
大規模な工事が行われたらしい。

よく見るとノックアップ・ストームに
削り取られたような建物がいくつか目についた。

二人で10分ほどかけて
コンノートプレイスまで歩く。

リュウさんはインドの秋葉原と呼ばれる
電化製品街にメトロで行くらしい。

ここでリュウさんと別れた。

IMG_4578

 

 

 

 

「Khadi」

IMG_4582 IMG_4591

 

 

というインド・オリジナルの
ブランドを知ったのは、
昨日の片手間の雑貨屋(本職はマッサージ屋)
チャコ姉さんから教えてもらったからだ。

IMG_4553

 

 

値段も手頃で、
インドらしからぬお洒落な感じが出ている。

チャコ姉さんは
バスタオルと一緒に売ると言ってた。

チャコ姉さんに会わなかったら
石けんを仕入れようななんて考えは
浮かばなかったと思う。

旅する雑貨屋ドリフトが
また少し雑貨屋っぽくなってきたわけだ♪

 

 

店内は日本で言う
「無印良品」のような
さっぱりとした清潔感を持っている。

IMG_4585

 

 

調理に使う香辛料や
シナモンも売っていれば、
コスメティックもそろっている。

IMG_4586 IMG_4588

 

僕は石けんを10個ほど仕入れたほか、
ダスターとハンドタオルを仕入れた。

 

 

 

コンノートプレイスで何やら
炊き出しのような物がやっていた。
インド人の列に僕も加わる。

IMG_4592

 

 

プレートにカレーとプーリー、
ちょっと甘いツブツブした物の
三点にありつくことができた。
何のお祭りなんだろうか?

ちゃっかり横入りしてきた
ロシア人のカップルは
僕が日本人だということを知ると

「カワイイ~!」
と知っている日本語を披露してくれた。

IMG_4594

 

 

えっと、僕の知っている
ロシア語ってなんだっけー?

そう考えているうちに二人は
どこかへ言ってしまい、
僕がようやく思い出したロシア語は
「フクスナ(おいしい)」だけだった。

 

 

 

 

 

 

 

僕は宿に戻ると
仕入れをまとめ始めた。

だが、今回の仕入れ量は
今までとはわけが違った。

4箱にもなるシーシャ、
50組以上のスターライトカバー、
かさばる布系も何点かある。

IMG_4608

 

 

5袋にまとめるのが限界だった僕は
どうしようか考えた。

郵便局までこの仕入れを
持っていくのは骨が折れるぞ…。

IMG_4609

 

 

だが、待てよ!
幸いこのドミトリーに
貴重なヒマ人人材が2人。

 

「あの、今から
郵便局に行くんですけど、
手伝ってくれませんか?
マンゴージュースが
美味しいところがあるんで、
それバイト代で!」

「あぁ、全然構わんで」

IMG_4616

 

 

昨日サンタナにやってきた、
ケンジくんにも手伝ってもらい、
三人で仕入れを一階のレセプション前まで持っていた。

 

「パーセル?」

噛みタバコを口に含んでモゴモゴしながら、
ここのスタッフである
スワラジ(「ジ」は敬称)が尋ねてきた?

 

「あぁ、今から日本に送るんだよ」

「今日はガバメントの休日で
郵便局は休みだ!カレンダーを見ろ!」

そう言われてカレンダーを見ると
確かに赤い線で「8」と書かれていた。

「えっ!そんなの知らないよ!
じゃあ明日は?」

「明日は選挙でお休みだ!」

 

ちょー…と

待て待て待て待てぇええええい!!!!

おれ、あさっての朝イチに
メトロで空港まで行くんだぞ!
今日、明日で郵送できないと死ぬ…。

 

「ど、ど、ど~~~したらいいんすかぁああああ!!!??」

「落ち着くんだ!
個人経営のカーゴだったら大丈夫だ!」

「そ、そ、そ、それって
どこにあるんですかぁああ~~~!!!」

 

激近にありました(笑)

サンタナから徒歩4分
これ… 一人で行けたかもぉ….。

IMG_4613

 

 

 

郵送屋の兄さんは
「よくきたね!」と言うように
僕を出迎えてくれた。

IMG_4612

 

 

お店の壁に貼られた料金チャートを
指でなぞって、いくらかかるか教えてくれる。

国ごとに料金は異なり、
ひとつの荷物に対して1,200円ほどかかる。

それに1kgにつき
232ルピー(393円)が加算されるのだ。

お兄さんは大きめの段ボールを持ってきたが、
今回の仕入れはおさまりそうにない。

それでも隙間なく箱に詰める様子は
女のコなみだった。

IMG_4614

 

そしてひとつめの箱の気になる重さは…。

 

 

「13,05」

 

 

「え~と、13kg半ね~」

しらじらしくお兄さんが言う。

 

「待て待て!
ってこれどう見ても13kgだろ?
なんで13Kg半なんだよ!」

「いやいや13kg半っしょ!
これから布でくるむんだ。13kg半!」

 

よくわからない
お店の決まりを並べやがって、
食い下がる郵送屋の兄さん。

結局仕入れは2つに分けて日本に送ることに。

しかももう片方の仕入れにも
「500g」加算されてしまった。

お願いするところろをミスった感がハンパない。

総重量は16kgちょっと。
郵送費は5490ルピー(9,309yen)。

あははは…。パねえ。

 

 

「さ、さあ!
マンゴージュース
飲みに行きましょう(かすれ声)」

 

 

メインバザールから折れ込むように
曲がった道に続くローカルバザール。

そこにあるマンゴージュース屋さんは
一杯15ルピー。大ジョッキだと
20ルピーのはずだったのに、

なぜかこの時は一杯10ルピーだった。

うん、15ルピー浮いた。あはは。

 

 

あれは適正価格だったんだ。
望みをかけて宿のスタッフさんに尋ねる。

 

 

「だいたい6千円ちょとじゃないですか?」

はうっっっっ…!!!

「や、でも、
16キロですよね?
もしかしたらそのくらいかかる…かも?」

 

 

コーンノートプレイスで
バスキングすれば少しは稼げたかもしれないのに!

何でこんな時に限ってギターが手元にないんだ!!?
明日修理から戻ってくるマイ・ギター!

うう…。旅が続けられないかも…。

 

 

 

「あれ?」

 

 

思わぬ大出費に意気消沈していた僕に
声をかけてきたのは、バラナシでお会いした
メヘンディ(ヘナ)・アーティストのMASUさん。

 

「あれ!MASUさん!
ここに泊まってるんですか?」

「違うよー。てか今日バラナシ行くし。
ねえねえ、それより、
アツシくんって知らない?
ロン毛のイケメンなんだけど!」

「いや、知りませんね。
探してきましょうか?」

 

サンタナ・デリーはバラナシのように
広い共有スペースがない。

みんなが顔を合わせる機会は少ないのだ。

僕も他の部屋に誰が
泊まっているかは分からない。

 

「アツシさ~~ん」

少し大きな声で名前を
呼ぶとすぐに返事が返ってきた。

「あ!は~い!」

出てきたのは
ノッポさんのような帽子をかぶり、
僕より長くてお洒落にカールした
髪の毛のお兄さんだった。

 

「漫画家さーん。
MASUさんが読んでますよ?」

二階の喫煙スペースでしばらくまったりしていると、
アツシさんから声がかかった。

 

 

「私、7時の列車に乗って
バラナシに行くんだけど、
それまでヒマなんだよね。
だからそれまでどっか遊びに行こう」

ぎゃ、逆ナン!

い、いや、や、ったよ!お母さん!
僕も素敵ロン毛お兄さんの仲間入りだよぉおおお!!!

 

「アツシくんが
私にとってどストレートなもんだからさ、
逆に誘いずらいんだよね」

「…」

 

「ロン毛男子は神!」と断言するくらいの
ロン毛フェチのMASUさん。

ふふ…。わかってマスよ。

どうせ僕なんて都合のいい男なんですよね?

 

 

 

外のチャイ屋でヒマそうにしていた
同じドミトリーにいる大学生の男の子も誘って
メインバザールを見下ろせる
「CULUB INDIA」というカフェで
ソフトドリンクをすすった。

IMG_4621 IMG_4624

 

 

旅をすることで出会う日本人の話は面白い。

その人の生い立ちや職業なんて訊かせてもらうと、
こんな生き方もあるのかと感心するし、
その度にインドという国の持つ面白さを噛みしめている。

たとえ同じ場所に訪れていたとしても、
その人にはその人のインドがある。

飛行機でラダックに行ってきたという
MASUさんの話は面白かったし、
やっぱりデリー入りした大学生たちは
面白いようにボられている。

 

やはり、インドはいつ来たって
「出会いの地」なのだ。僕にとっては。

トータルで3ヶ月半に及びインドを旅してきた。

その中で出会った人たちを
メインバザールを見下ろせる
カフェのテーブルで風に吹かれながら
思い出していた。

IMG_4625

 

「あッ!何あれ!
行ってみようよ!」

MASUさんが言う。

メインバザールでは音楽と共に
パレードのようなものが行われていた。

IMG_4632 IMG_4636

 

 

「明日、あさっては選挙らしいですよ。
夜8時以降は外出禁止だって言ってました」

「えっ!!?おれ明日の早朝出発なんだけど」

「大統領選挙だとか」

 

マジっすか!!??

 

ここにきてまさかの展開!
無事インドを出国することができるのか!!??

待て!次回!

IMG_4638

 

★世界一周ブログランキングに参戦しております。
バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!