「スターライト」

世界一周283(4/7)

 

朝食を食べると
僕と油やさんはパソコンに向かっていた。

同室のリュウさんとコウスケさんは
ご飯を食べるとどこかに行ってしまった。

キーボードを叩く音だけが室内に響き渡る。

作業中はむやみに話しかけないところが
大人のたしなみだ。

 

 

 

 

 

いやいやいやいや!
そんなんじゃダメっしょ!!!

ここに何のために
来たんですかぁ~~~!!!

 

仕入れっしょ!
(どんっ!!!)

 

 

 

 

デリーのメインバザールは
ツーリストにとって
必ず足を踏み入れる場所
と言ってもいいかもしれない。

メインバザールの周辺に宿があるし、
インド中の雑貨がここに流れてくるそうだ。

そういえばハンピで仕入れた
皮のコインケースと同じ物を見かけたなぁ。

それでも、ゴアで売っているらしい
お洒落なデザインのタイパンとか

コルカタで笛吹きのおっちゃんが売っていた
「竹クラリネット」とかは

さすがにここでは見ていない。
もちろんデリーでしか見かけないような雑貨もある。

 

今回デリーで仕入れようと思っているのは

「シーシャ(水タバコ)」

だ。

IMG_4517

 

 

 

「シーシャ・カフェなんて
やったら面白そうじゃない?」

という相棒のまおくんの
アイデアを実現すべく僕は
シーシャを仕入れるべく
この二日間、何回もお店に足を運んだ。

シーシャは4つ仕入れる予定だ。

3つはシーシャ・カフェの用に。
ひとつは相棒へのお土産。

4年前まおくんはここで
シーシャを買って行ったらしいんだけど、
日本に着く前に割れてしまったそうだ。
そりゃショックだったね…。

これで4年ぶりに
シーシャが吸えるわけだ。
良い物を仕入れなくては!

 

僕はしつこく何回もお店に足を運んだが
『これだ!』というシンプルなデザインが
なかなか見つからなかった。

最近のトレンドなのか
装飾が付いているシーシャの方が多いのだ。

IMG_4525 IMG_4526

 

 

デリーには自分のセンスに頼ってしまうと、
悲惨な結果に終わることが多い。

僕はそのことをよぉく知っているから、
できるだけシンプルな物を買おうと思ったのだ。

 

 

 

そんな中で見つけた一軒のお店。

IMG_4521

 

 

ちなみにメインバザールには
4軒くらいシーシャを扱うお店がある。

外から見えるショー・ケースに
飾られたシーシャは30センチくらいの大きさで
余計な装飾のない、ほんとうにシンプルな形だった。

お店の中に入って、実際にシーシャを手に取る。
思っていたほど重くない。

だが、長い間ここで
ディスプレイされていたのか、
埃が膜のようにシーシャを覆っていた。

シーシャを指でなぞると
細かい埃が指の先端に付着した。

 

「あの~、
シーシャが欲しいんですけど、
他のカラーってありますか?」

お店のおっちゃんに僕は尋ねる。

 

「ああ、あるよ。これなんてどう?」

箱から取り出されたのは、
ディスプレイとは若干違う型。

 

「いや、こういう装飾のない
シンプルな型が欲しいんです!」

「いくつ買うの?」

「4つっすかね?」

「ついて来な」

IMG_4527

 

お店の二階に上がると
そこは在庫部屋だった。

大きな段ボールの中からおっちゃんは
ひとつひとつシーシャを取り出し、僕に見せてくれた。

 

「色は?」

「赤/黄色/緑/青ですね」

 

僕は出されたシーシャを
ひとずつチェックしていった。

箱に入っているのにも関わらず、
中に埃が入っているものが多い。
これは日本で一度掃除してもらわなきゃだめだな。

IMG_4528

 

自分のリクエスト通りのシーシャを
無事に4つゲットし、お店で
炭やフレーバーも購入しておく。

IMG_4529

 

う~ん…。

たぶん他のお店で買った方が
安いかもしれないけど、
一度にここで購入した方が
お店の人も割引してくれるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

大きなビニール袋を
ぶら下げて、僕は一旦宿に戻った。

IMG_4532

 

ドミのみんなは僕の
大きな荷物を見て少し驚いている。

 

「何買ったんですか?」

「シーシャっす♪」

「飛行機乗るって言ってたのに、
そんなに買ったんですか!?」

「日本に郵送しちゃうんすよ」

 

 

これで僕の仕入れが終わったわけじゃない。
もう一度メインバザールへと足を運ぶ。

今度は

「スターライトカバー」

だ。

 

4年前、この場所で星形の紙でできた
ライトカバーを発見した時の衝撃ったらなかった。

裸電球に被せるだけで、
その空間を演出してくれる素敵なライトカバー。

日本のフェスでもよく見かけるコイツを
僕はここで仕入れておきたかったのだ。

コルカタから始まり南へ西へと
インドの雑貨屋さんをざっくり見てきたが、
どうやらちゃんとした「スターライト・カバー」は
デリーにしか置いてないようだ。

IMG_4540

 

 

チェックしておいたお店に向かい、
店頭に山積みされているライトカバーを
チェックしていく。

中には塗装がはげてしまったり、
先端が折れてしまっている物がある。

人の手に届くまではできるだけ
綺麗な状態で持っていたい。

そこからどんなストーリーを
このスターライトカバーに
詰め込んでいくかはお客さん次第だ。

IMG_4541

 

「この9つに三角のある
カバーって他にないですか?」

僕がそう尋ねると、おっちゃんは言った。

 

「ついて来な」

と。

 

まさかこのパターンは!!?

ドキドキしながら
お店の細い階段を上がっていった。

IMG_4544

 

 

空気のこもった感じがする。

案内された倉庫にはー…

 

 

 

 

 

テンション上がるっしょ…。

IMG_4545

 

これはまさに「宝の山」だ。

ほとんどがビニール袋に入っていた。

おっちゃんは「ビニールの空いている
やつだったら選んでいいよ」と僕に言ってくれた。

いつもは貧乏性の僕だが
ここでは選びに選びまくった。

これが欲しかったんだ!

IMG_4548

誰が買ってくれるか分からないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満足して宿に戻ると、
バゲッジルーム(倉庫)で
倉庫整理のようなことをやっていたお姉さんから
ドミにいる僕らに対して声がかかった。

 

「パズル得意な人いる?
誰か手伝ってくれない?」

 

雑貨も仕入れたし、
満足して昼寝をしようと
思っていた僕だったが、

何か「面白いことが起こる」予感を
察知したのだ。

 

「あ!手伝います!」

 

宿のバゲジルームには沢山のバッグやら、
丸めたカーペットくらいの大きさの
何かにビニール袋を被せたものやら、
物が散乱していた。

 

「これをこの箱に詰めたいんだよね」

とサッパリした口調の、
薄い水色のタイダイタンクトップを
着たお姉さんが言う。

 

「これ、全部ですか?」

「全部だね!」

「無理っしょ~…」

後ろから顔をのぞかせた
コウスケさんが思わず口に出した。

 

この大量の荷物を見れば分かる。

このお姉さんは雑貨屋だ!

 

「もしかして雑貨屋さんですか?」

「やー、違うよ。マッサージやってる」

 

 

富山でマッサージを
やっているというチャコさん。

片手間で雑貨を仕入れたそうだ。

「まあ売れたらビールで
「かんぱーい!」みたいな?」

にしても、凄い量の雑貨だ。

IMG_4552

 

 

そしてインドっぽくない。

中でも驚いたのは
マナリで仕入れたという皮製品たちだ。

特にルームシューズのチョイスは秀逸。
10年は使えると言う。

先ほど丸めたカーペットだと
思っていたものはランプシェイドだった。

 

 

手伝うとか言ってたくせに、
チャコさんが仕入れた雑貨は
僕には扱えない様な気がした。

部屋の入り口につったって
チャコさんい色々と質問をする。

どれくらいの予算で仕入れたんですか?とか
どこで仕入れたんですかとか。

友達に現職の雑貨屋さんや、
雑貨に詳しい海外の友達が
チャコさんの周りにはいるそうだ。

このクオリティの高い雑貨たちを見ると、
現職の雑貨屋さんなんじゃないかと思ってしまう。

チャコさんの作業中はずっと質問をしていた。
逆に作業の邪魔をしてしまったんじゃ
ないかと思ってしまう。

それでもチャコさんはそんなこと
全然気にしない様子で僕に色々話を聞かせてくれた。

 

 

毎回「仕入れ」とか
それなりのことを言っているけど、
別に雑貨屋で食べていこうだなんて考えていないし、
「ごっこ」の域であることには変わりない。

それでも真剣に遊んでいるから、
良い物を仕入れようと思っている。

でも、チャコさんの仕入れた雑貨に囲まれ、
チャコさんの話を聞けば聞くほど
格の違いのようなものを思い知らされた。

そして、もっと良い物を仕入れたい
という気持ちになることができた。

すげえ勉強になりました。
ありがとうございます。

 

 

 

 

「何やってるの?
大丈夫?インキ?」

寝る前に、喫煙スペースで
日記を書いていると、
チャコさんに声をかけられた。

「インキ(陰気)?」

「インキンだなんて言ってないよ(笑)!」

 

聞き間違いなのは分かるけど、
チャコさん面白過ぎです(笑)

 

 

雑貨以外の話もとても面白かった。

チャコさんの旅したインドの話や

(ボラれた話も含む)そこで会った
瞑想中毒の男の子の話。

凄腕の日本人ディジュリドゥ吹きの話や、

名前の由来の話、守護霊の話、
エネルギー問題の話。

話はいつまでも尽きなかった。

 

「パソコンでやってたの?」

「日記書いてたんすよ」

「日記かー。私全然書いてないなー。
「今日も最高だった!」
って(笑)」

 

一瞬一瞬を全力で楽しんで生きる。

やることがあまりなさそうな
ここデリーでも、僕はなんだかんだで
素敵な人たちに出会えている。

その出会いを引き寄せてくれた
インドに感謝しよう。

IMG_4572

 

かつどーん!

————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

「京都にいるとねー、疎外感を全く感じないんだよね」
と言うチャコさんの話を聞くと
、京都には濃ゆい人たちが沢山いるそうです。

京都ぉー…行こうかな(笑)?

☞バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒のまおくんが作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくお願いします。

★Twitterも「indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!