「カエルダッシュはドブロヴニクにいた」

世界一周411日目(8/13)

 

7時前には
目を覚ました。

IMG_3525

 

 

今日こそはなんとしてでもドブロヴニクへ行くぞ!

僕はガソリンスタンドの裏で目を覚ました。

 

 

ここはクロアチア、
ボスニア・ヘルツェゴビナとの国境の町、
オプゼン。

 

 

 

 

僕が本格的にヒッチハイクを
始めたのはトルコからだったけど、
なんだかんだで必ず目的地までヒッチハイクしてきた。

だけど、昨日初めて
目的地まで辿り着けない状況に陥った。

挙げ句の果てに
14kmを歩いて行くっていう…。

いやー、昨日は散々だったよね。

それもいまではいい思い出さ♪(はやっ!)

 

 

 

 

荷物を整理して、目をつけていた
ガソリンスタンドへと向かう。

朝焼けに、心地よい風が体に当たる。

なんだか旅してるなぁ。
そう思わせてくれる光景だった。

IMG_3527

 

 

 

 

ガソリンスタンドの手前にあるバス停で
朝早くからチェコ人のカップルがバスを待っていた。

 

「ドブロヴニクまで行くの?」

「そうよ。7時半のバスでね」

 

 

iPhoneを取り出して時刻を確認する。
現在7時15分。ドンピシャのタイミングだ。

 

 

「ねえ、バスがいくらかかるか知ってる?」

「さぁ、でも高くはないはずよ」

もういいや。ここは素直にバスに乗って
無難にドブロヴニクを目指そう。
もう余計なタイムロスはなしだ。

IMG_3529

 

 

 

このドブロヴニク
(って何回この単語書けばいいんだろ?)は
ボスニア・ヘルツェゴビナとの
領土問題のイザコザがあってか、
一度クロアチアからボスニア・ヘルツェゴビナへ
入らなければならない。

たぶん海に面した領土を持っていると、
漁業権なんかが違ってくるんだろう。

観光資源の取り合いがどうのこうのってのも
誰かのブログで読んだ気がする。

 

 

まぁ、ドブロヴニクに行くのはめんどくさいんだ。
バスに乗ってサクっと行きましょう。
最初っからそうしとけばよかったのかもしれない。

やってきたバスに乗り込んだ。
10ドルちょっとの料金だった。

 

 

バスの中では爆睡。

ウトウトしながらいつもの綺麗な海を見た。

 

国境はあっという間に越えたのは覚えている。

パスポートのチェックなんてなかったな。
バスに乗って正解だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗客たちは一斉に
バスを降りた。

IMG_3535

 

僕ものそのそと一番最後に降りた。

 

 

ようやくドブロヴニクにやって来たのだ。

 

 

マジでここまで来るのにえれえ苦労したよ。

 

 

そして明日には
モンテネグロへ言ってしまおうと考えた。

手持ちのクロアチア・クーナで
モンテネグロ行きのバスチケットを買う。

よく分からないけど、コトルまでの
チケットを買っておいた。26ドルくらいだった。

 

 

 

マップアプリで確認すると、
僕が今いるバスターミナルは
みんなが行くいわゆる「ドブロヴニク」から
5kmくらい離れた場所にあった。
観光客たちはそそくさとバスに乗り込む。

手持ちのお金は8ドルちょっと分のクーナ
マジでこころもとねえ。

どうせ宿には泊まらないし、
食費もいつものパンとトマトだから
安くあがると思うけど、ここは節約しておきましょう。

バックパックをクロークに預けることもなく、
町へと繰り出す僕。

 

まぁ、僕には僕の街の歩き方があるさ♪

IMG_3539 IMG_3542

朝のマーケットで会った香港のおばちゃん。

 

 

 

途中のマーケットで食糧を買い込み、
クルーザーが停泊している港を横切る。

なんどか休憩を挟んだ。

アップダウンの多いこの街を
ぶっ通しで歩くのは骨だった。

昨日長い距離を歩いてきた疲れからか、
ちょくちょく休憩を挟んだ。

なんでおれ、こんなクソ重い荷物かついで
歩いてるんだろう?って何回も思った。

IMG_3546

あれ?全然イメージと違う?

 

 

 

 

このドブロヴニクというのは
城壁のある要塞の町のようだった。

海に面していながら、
城壁みたいなのがぐるっと囲んでいる。

 

 

誰が言い出したんだろうな?

「魔女の宅急便」って。

悪いけど、キキはこんな場所に来ないと思うぜ?

 

 

自分の中には自分のイメージしたあの世界観がある。

むしろこのリアルの世界で
あの場所とそっくりな場所なんて存在しないで欲しい。

あれは桃源郷なんだ。

 

 

 

 

城壁の中に入る前に昼寝をすると頭が大分スッキリした。

近くにあったトイレは有料だと思いきや、
ゲートのバーが緩んでおり、
みんな出口側からタダで出入りしていた。
そのことを他の観光客が教えてくれた。

トイレを済ませてアイスクリームを
ワンスクープ買うと、もう心は観光客だ!

IMG_3558 IMG_3568

 

 

 

あれ?バックパック背負って
歩いているのは僕だけだ。
でも気にしないぞーーー☆

IMG_3577

気にしな…

 

 

 

 

 

 

 

 

一通り、

城壁の内部を歩き周ると、
僕はコインランドリーで一休みした。

IMG_3580

 

 

 

『あれが僕の思い描いていた
ドブロヴニクだったっけ?』
と自分に問いかける。

あの町は上から見渡すと、
屋根がみんな一様に赤く見えて、
それがまるでー…、

ってここまでにしておこう。

 

 

やっぱり、この町は上から
見渡さないといけない気がする。

 

 

そこまで手っ取り早く行くのには
ケーブルカーに乗っちまうのが一番だ。

だが、僕にはお金がない。

マップアプリを確認する。

最近使わなくなったパックセーフを取り出し、
バックパックを包むと、それを柱に固定した。

洗濯機の後ろにPenny Boardを隠せば僕はもう身軽だ!

IMG_3579

 

 

 

いいよ!

金なんて払わなくてもなぁ~!
てっぺんまで行ってやんよ!

 

 

 

 

足早に頂上を目指した。

その途中でふと足を止める。

IMG_3586

 

 

 

少し高いところに登っただけでも、
ドブロヴニクの旧市街を一望することができた。

あんなに海って綺麗だったけ?

IMG_3582

 

 

 

汗をかいた体に風がひんやりと気持ちいい。

どこが一番眺めがいいだなんて誰が決めんだよ。

今の僕にはここからの景色で十分だ。

 

 

町を一望して満足すると、
僕は再びコインランドリーへと戻った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コインランドリーには

なんとフリーのWi-Fiが流れていた。

IMG_3591

 

 

 

壁にWi-Fiのパスコードが書かれた紙が貼ってあった。

なんだかお洒落だけど、まさかWi-Fiまで使えるとはな!

 

あいにく電源は確保できなかったが、
Facebookの近況報告をしたり、
ブログのアップをしたりした。

そんな時に今さっきしたFacebookの投稿に
メッセージが返ってきた。

インドのバラナシ、サンタナゲストハウスで会った
カエルダッシュ(リンク貼っときました)
ツバサさんからだった。

 

 

 

「今僕もドグロ?
ドブロにいるんですよ!」

 

 

またぁ~。

いつものギャグっしょ?
今はギリシャにいるんじゃなかったでしったけ?

 

 

「いや、僕も同じ場所にいますよ」

ってマジ??!!

 

 

 

すぐにメッセージを送った。

しかも会いに来てくれるっていう!

30分でそちらに向かいますとのことだったので、
僕はコインランドリーで待つことに。

 

 

「あ~、でももしかしたら
すっぽかすかもしれません」

その時は丑の刻参りで
呪殺してさしあげます♪

 

 

 

 

 

 

そこから僕はコインランドリーに
入って来るお客さんにソワソワしながら
ツバサさんのことを待った。

時間きっかしにツバサさんが
現れると思わずハグをした(笑)。

それは僕にとって世界一周という旅路の中で
たまたま軌跡が重なったことを祝う
一種のボディーランゲージだった。

IMG_3597

 

 

 

 

不思議なものだ。

お互い会って話したのは4ヶ月前の
インドでの2時間あまり。

それなのに、全然懐かしい感じはしなかった。

あれ以降僕はすっかり
「カエルダッシュ」のファンになってしまって
ブログをWi-Fiが入る状況で
しっかり読んでいたってのもある。

これもお互いブログやってるからなんだよな。

 

 

 

近くのスーパーで缶ビールと
おつまを買うとベンチに座って旅のことについて話した。

ツバサさんは僕の旅を

「旅っぽくていい」

と言った。

IMG_3598

 

 

 

「電波少年、よく見てたんですよね。
ああいうヒッチハイクとか野宿とかする旅って
憧れるところがあって」

毎回毎回、充実した旅を
ブログにしているツバサさんがこう言ったのだ。

 

 

「そんなことはないっすよ。
ツバサさんだって相方さんと二人で
旅してるじゃないですか。
あれって僕には”できない”旅なんですよ?」

 

 

夫婦で世界一周という言葉に、
僕は高橋歩と奥さんのことを
思い出さずにはいられない。

世界で一番大好きな人と一緒に
世界を旅するなんて素敵過ぎる!

それに、世界でたった二人だけになったら、
相方さんから相当「男」としての
価値が問われると思う。

 

 

『マジ、コイツ使えねえな』

 

 

とか思われたら終わりじゃんね!ツバサさん!
ピンチの時に相方さんを盾にするのは
やめてくださいね!

 

まぁ、いずれにせよ、
大好きな人と世界を旅するってのは
とても素敵なことだと思う。

そして旅は人それぞれ。

やっぱり隣りの芝は青いのだ。

IMG_3609

 

 

 

 

 

僕とツバサさんは夢を語った。

「ブログには書いてないんですけど」という
ツバサさんの口から聞かされた夢に
こっちまでワクワクしてしまった。

 

 

こういう時、いつまでもグダグダ喋ってしまうので、
タイム・キーパーをすることを僕は忘れない。

ちょくちょく「時間大丈夫っすか?」と訊き、
ツバサさんの要望もあって、バスキングをかますことに。

 

 

内容としてはアルコールが入って、
全然声の出ないダメダメなバスキングだったけど、
周りの人はニコニコしてレスポンスをくれた。
自分でも驚きだった。

 

 

お互いの旅路にエールを送る意味で
奥田民生の「さすらい」を唄い終わると、
ツバサさんは「ちょっと泣きそうになりました」と言った。

いつものギャグだろうけど、
なんだかそれが嬉しかった。

 

 

だって

「さすらいもしないでこのまま死なねえ」
んだぜ?

今僕らは世界をさすらってる。

やりたいことをやらないで死ねるかってんだ。

僕たちはまだまださすらいの途中だ。

IMG_3601

 

 

 

 

「相方とは19時に
待ち合わせしてるんですよね」
というツバサさん。

時刻は既に19:19

 

 

「まぁ、でもいい笑い話ができたんじゃないっすか?」

「それじゃあ気をつけて」

まるで親しい友達との別れのように
ツバサさんは観光客の中にまぎれていった。

後に残された僕は雑貨を仕入れて
コインランドリーでWi-Fiにありついて、
夜が深けてくると寝床へと向かった。

IMG_3603

 

 

新市街を見下ろせる場所でタバコを吹かした。

街のかすかな灯りが海にきらきらとゆらめいていた。

IMG_3610

———————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

まさかドブロヴニクで再会できるとは思いませんでした。
二度あることは三度ある?またどこかで会えたら嬉しいっす♪

同い年(っていうか僕の方が2ヶ月ばかし年上)なのに、
敬語なのは
「社会人経験があって、
写真写りの良い奥さんがいる」

っていうリスペクトからです笑。

同じようなヤツだったらマジタメ口っすよ~!

なんてねお互い良い旅を♪クロス・マイ・フィンガーです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」

 

 

 

 

 

 

あ~…ヨメ欲しっ…。

 

2 件のコメント

  • シミさん

    コメント遅れてすみません。

    いや〜めちゃくちゃいい感じに書いてもらって嬉しいッス!!

    さすらいもしないで〜このまま死なねぞ〜〜〜!!!

    いいね!

    またどっかで会ったときは、新しいギターで新しい曲を聞かせて下さい!!

    • >ツバサさん

      Facebookページにコメントしましたが、
      ツバサさんたちのアイスランドキャンプの話も
      すげーよかったっす。

      『やりたかったことができてんなぁ〜』って。

      航空券を間違って買ってしまったのは
      確信犯???!!

      そう思わなくもないです笑。

      またどっかで会いましょう。
      ひとまずお帰りなさい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!