「ナイトハイクは14km」

世界一周410日目(8/12)

 

しれ~っと
ホテルから抜け出した。

IMG_3438

 

 

 

「おい!あんた!鍵を返してくれ!」

とスタッフに言われて、
「友達が中にいるから」と
なんでもないように切り抜けた。

あとから昨日一晩の宿を与えてくれた
心優しきアサイくんがやって来て、
スタッフに事情を説明した。

特に使いの料金が発生するでもなく、
「友達にシャワーを貸して
そのまま泊まってったんだ」で済んだらしい。

 

 

 

ここはクロアチア、スプリットという港町。

「20日間でチェコを含む
国々を回る強行軍ツアー」

を僕はやっている。現在2日目。

 

 

 

クロアチアでどうしても行きたかった場所がある。

日本にいたころから、
いろんな人のブログを通してその街の写真を見てきた。

日本人にありがちな
「〇〇っぽい」と当てはめるのが
ちょっと気に喰わなかったけど、

頭の中で美化されたイメージと実物がどんなものかを
照らし合わせてみたい欲求があった。

 

 

 

ドブロヴニクへ行こう!

IMG_3450

 

 

 

今日もヒッチハイクだ。

距離はざっと200kmくらい。こんなのわけないよ!

だって海岸線を一直線だもん。
らくしょーらくしょー♪

IMG_3439

もうnudie jeansが修復できないくらいに
ボロボロになってしまった。

 

 

 

 

 

 

ヒッチポイントへとバスを乗り継いで向かった。

バスの窓からクロアチアのビーチが見える。

ここはビーチの国なんだなぁ。山もあるらしいけどね。

IMG_3446 IMG_3452 IMG_3457

 

 

 

海はつながっているのに、
なんで日本と海外の海ってこんなにも違うのだろうか?

僕はそこまで海に行ったことはないけど、
海外の海って綺麗だなぁって思う。

ここが観光地化されていて、
海外から来る観光客のために
しっかり海を管理しているってのもあるんだろうな。

 

 

 

 

 

昼の11時に僕はスプリットから
20kmほど離れたヒッチハイクのポイントに到着した。

そこには先客がいた。

IMG_3461

 

 

暇そうに日陰で足を伸ばして座っていた。

 

 

「ドブロヴニクかい?」

「まぁね」

「行き先を代えた方が
良いと思うぜ?」

「なんでさ?
だってドブロヴニクまで
一本道だろ?」

「でも、ここからじゃ遠いよ。
やるんならハイウェイとかだろ」

 

 

どうみてもヤル気を感じられない
彼をよそに僕はいつもみたいにヒッチハイクを始めた。

IMG_3462

 

 

 

海岸沿いのバスの終着点は
少し高い場所に位置しており、
車が速度を落として登って来る。

それにバスの止まるスペースがあるので、
絶好のヒッチハイクポジションなのだ

とサイトには書いてあった。

 

 

だが、レスポンスは
まったくなし!

 

 

え???ここで楽勝でドブロヴニク行きの
車をゲットできるんじゃなかったの??!!

クロアチアってヒッチハイクしやすい
国じゃなかったのぉぉぉ~~~~~???

 

 

 

 

 

 

一時間が経過した。

ブランコ(先にいたヒッチハイカー?の名前だ)は言う。

 

 

「2ヶ月前もここで
ヒッチハイクしてたヤツがいたけど、
最低で2時間待ちだったぜ?

場所を代えなって。
マカースカまでだったら
15分もしないで車がつかまるぜ?」

 

ぐぬぬ…。

 

 

 

確かにドヴロクニクまではかなり距離がある。

ハイウェイじゃないので車もそんな早くは走れない。

ここは助言に従おう。

持っていた段ボールに
「MAKARSKA」と新しく書き加えた。

そして一時間が経過したころに
ようやく車が止まってくれた。

話が違う…。

 

 

 

 

 

 

 

僕を乗せてくれたのは陽気なカップルだった。

IMG_3464

 

 

マカースカの手前までだった行くよとのことだった。

海岸沿いを音楽を流しながら車は飛ばす。

彼女さんは僕に残ったコーラを全部くれた。

IMG_3468

 

 

 

 

 

そしておろされた場所で再びヒッチハイクを開始する。

IMG_3471

 

 

 

止まってくれたのは助手席に座った犬とその飼い主。

IMG_3473

 

 

ワゴン車の後ろには
DIYの資材みたいなのが積まれていて、
僕はその隙間に立ち乗りするような形で
マカースカまで乗った。

 

 

 

 

 

そしてガソリンスタンドで僕はヒッチハイクを開始する。

IMG_3477 IMG_3476

 

 

 

 

てかもうそろそろドヴロブニク行きませんか…???

 

ガソリンスタンドで
ちょっと高めのお菓子屋ドリンクを買い込み、
ガソリンスタンド内でボードを掲げる僕を
フロントガラス吹きのバイトの女のコたちは
笑いながら見ていた。

 

 

なんとなくドライバーからのレスポンスはある。

だけど、途中まででも乗せてくれるような
車は現れなかった。

旅行シーズンのクロアチアでの
ヒッチハイクで一時間なんてザラだ…。

 

 

 

 

 

 

このガソリンスタンドには
僕の他にもヒッチハイカーがいるようだった。

IMG_3479

 

 

ポーランドから来たらしいカップルのヒッチハイカーは
僕と同じドヴロブニクが目的地だったが、
もうヒッチハイクなんて飽きてしまったのか、
二人でずっとじゃれあっていた。

 

IMG_3480

 

「ハッ!」

IMG_3481

サッ!「甘い!」

IMG_3483

ハイキックの合間に
ハットのズレを直すこの余裕(笑)。

 

 

IMG_3485

「だからそうじゃないって、」
「と申しますとー…」

 

 

IMG_3486

「半身ズラして金的でしょ」
「ハウゥゥッッッ…!!!」

 

 

 

 

 

しばらくしてオレンジ色の髭を蓄えた
背たかのっぽの
ドイツ人のバックパッカーがやって来た。

ドイツからヒッチハイクで
やって来たという彼は
なんと一日半でここまでやって来たというのだ。

その距離1000km以上。ってすげえ。

IMG_3487

 

 

 

バックパッカーにしては
お洒落な格好をした彼だったが、
大分ヒッチハイクに慣れているらしく、
直接ドライバーに交渉していった。

彼の目的地は少し先の山なんだとか。

 

 

「君もここよりは向こうの
ガソリンスタンドの入り口の方が
いいかもしれないよ」

ドイツ人の彼の助言に従って場所をガソリンスタンドの
入り口に代えてみる。

視点を変えればもっといいヒッチハイクが
できることを学んだよ。

同じポジションでやりつづけても意味はないんだ。

 

 

 

20分もしないで車が止まった。

 

 

『え?僕のために止まってくれたの?』

って感じ。自分でも分からなかった。

 

 

「ドブロヴニクまでね。
乗せてってあげる」

中から女のコが出てきて僕にそう言った。

IMG_3503

 

 

喜ぶ僕に、ガソリンスタンドの
スタッフたちが拍手してくれた。

所要時間は2時間あまり。

これでようやくドブロヴニクに行ける…!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボロボロの赤いベンツのワゴン。
中はまるで映画のセット。

IMG_3488 IMG_3489 IMG_3497 IMG_3490

 

 

 

乗っていたのはドイツ人の旅人たち。

そのうちの一人は僕と同じヒッチハイカーだった。

運転手のヤツは上裸でハンドルを握る。
女のコたちはエスニックな服装をしていた。

 

 

『これはまるで
ヒッチハイカーバスだな』

と僕は思った。

いっつも思うのは、
あの2時間は僕がこの車に乗るための
時間だったのではないかなってこと。

こういう出会いがあれば
2時間待った僕も救われる。

IMG_3496

 

 

 

 

 

巻きたばこを吹かし、窓の外の景色を眺めた。

相変わらずクロアチアの海は綺麗だった。

「行き先はどこなの?」と訊くと、
女のコは「分からない」と行った。

僕が乗ったのはまさに旅する車だった。

IMG_3502

 

 

 

「どうする?
私たち今日は途中までしかいかないの。
私たちと一緒にくるかヒッチハイクを続けるか?」

 

 

たぶん彼らと一緒にいたら楽しいんだけど、
僕はほんのちょっと気を遣って、
「ヒッチハイクを続けるよ」と言った。

彼らにお礼を言ってバス停の前で
「DUBROVNIK」と書かれたボードを掲げる。

 

 

 

 

時刻は17時。

他にも地元のヒッチハイカー
みたいなのがいたけど、彼らはやる気なく
親指を立てているだけだった。

IMG_3507

 

 

 

30分おきにバスがやって来て、乗客を乗せて行った。

そしてまた次の乗客たちがバス停に集まってきた。

なんだかヒッチハイクの見物されているみたいだな。

僕は別に構わないけど、
このシチュエーションってもしかしたら
ドライバーは止まりにくいのかもしれない。

 

 

さっきまで地元ヒッチハイカーがいた
ポイントに場所を移り、再び親指を立てた。

隣りには二人の女の子が物珍しそうに
僕のことを見ている。

笑いたきゃ笑えよな!ふんっ!

IMG_3508

 

 

 

 

 

 

結局ここでも1時間以上車を待った。

なんとしてもドブロヴニク行きのバスが
出ているであろう隣り街までは行きたい!

 

 

乗せてくれたクールなマダムとその旦那さんの車に
さっきまで横にいた女のコ二人も
ちゃっかり便乗ヒッチハイクしてきやがった。

IMG_3509

 

なんだよー…。
おれだけ頑張ったのってそんなのアリか?

 

 

 

クールマダムに
「ここでヒッチハイクをしなさい!さぁ!行くのよ!」
と降ろされたのはどローカルなバス停。

IMG_3512

 

日没までもう残り時間もわずか。

や、やるしかなかろうー…。

 

 

 

 

 

 

向こうからやってくる車のナンバーは
「DU」ナンバーが多かった。

それでも僕を乗せてくれる
希有なドライバーさんは現れなかった。

さっき僕を通り越して行った
散歩中のツアー客がまた戻って来た。

辺りはどんどん薄暗くなり、
僕はついにヒッチハイクを諦めた。

 

 

 

 

 

アメリカンスピリットを一本吹かし、気を落ち着ける。

マップアプリを見て、今日の目的地だった
「Opuzen」の位置を確認した。

うん、なんだか行けそうな気がするぞ…。

ていうか行くしかねえ。

明日もここでヒッチハイクなんて嫌だ。

 

 

 

トボトボと歩き出す。

看板に「OPUZEN 14km」と
発見した時にはもう遅かった。

 

 

 

車がヘッドライトをつけて僕を追い抜かして行く。

恐怖でしかない。かすったら致命傷だぞ。

IMG_3514

 

 

 

こういう時に
「よかったら乗せてってあげるよ」
と声をかけてきてくだすったドライバーさんがいたが、
残念なことに目的は逆方向だった。

 

 

 

僕は道路の脇の白線の外側を
一歩一歩かみしめるように歩いた。

横幅50cmが僕の安全地帯。

こんな暗くても、そんなのお構いなしに
速度を出す車にマジで呪いの呪文を
投げかけようと思った。

誰一人として、
「おいおいどうしたんだ?乗ってくか?」
なんて優しい運転手はいない。

甘えだけどー、くそぉ。

IMG_3516

 

 

 

後ろかやって来る車と安全地帯に
心もとなさに僕はiPhoneのLEDライトを
つけっぱなしにして歩いた。

途中にある小さな町の小さなバーで
フリーWi-Fiにありつくことができた。

Googleマップのルート検索で
目的地まで
「徒歩2時間17分」

 

 

 

一晩歩けば行けなくもない。

ようは2時間分歩けばいいんでしょ!

しゃ~~~~!やったら~~~な!くっそ!
なんでドブロヴニク行くの
こんなにキツいんだ??!!マジわけわかんねぇ!

 

 

 

 

 

iPhoneのLEDから
KELTYのカンテラ・ライトに切り替える。

相棒が世界一周前に
僕にプレゼントしたくれたライトだ。

IMG_3520

 

 

後ろからやってくる車は確実に僕を避けて行く。

これなら大丈夫。轢かれることはない。

 

 

 

 

なんどもマップアプリを確認して、
重たいバックパックを背負った肩が
限界に達すると休憩した。

クロアチアの道は電灯が少なく、
頼みの綱はカンテラ・ライトだけだった。

 

 

22時を過ぎても相変わらず
後ろから爆走で車が走ってきやがる。

 

 

大きな川を渡り、畑を横切り、
露店でしまい忘れたであろう
売れ残りのバラバラに散らばったぶどうを食べた。

水分を失った体にぶどうの糖分と水分が染み渡る。

どこからともなく犬の吠えるこえが聞こえたが、
ここには野良犬はいないから大丈夫だ。

 

 

キャンプサイトで読書するおじさんと目が合い、
僕はカンテラ・ライトを振った。
おじさんは何もレスポンスを返してこなかった。

そりゃそうか、こんな夜中にバックパックを
背負って歩いているヤツがいたら
不審人物でしかないもんな。

 

 

 

 

 

 

 

24時をまわって、
ようやくオプゼンの町の
ガソリンスタンドへと僕は辿り着いた。

IMG_3522

 

 

トータル30kgの荷物を
背負って歩いた14km。マジでキツかった…。

 

 

ガソリンスタンドは
長距離ドライバーのために遅くまで営業していた。

僕はそこでクッキーや
1.5リットルの味つき水を買い、一人祝杯をあげた。

近くにあった水道で歯を磨くと、
僕はガソリンスタンドの裏に
ブルーシートを敷いて寝袋に入った。

 

はぁ…疲れた…。

———————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家」もね!
ってかいいね少ないなぁ最近(ボソッ)

★呟いてんだよTwitter「Indianlon45」

 

 

 

 

 

ただいまマックで日記かいてます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!