「みなさん知ってました?ヴェネチアの両替手数料が20%だってこと?」

世界一周404日目(8/6)

 

AM5:20に
アラームが鳴る。

IMG_2989

 

日の昇る前のプラットフォームのベンチの上。

ヴェネツィアの前の街、ヴェローナ駅。

 

 

 

駅構内は横になれるようなベンチはなかった。

手もたれが椅子を区切っており、
ここで夜を明かす人たちは椅子に深くもたれかかって、
満足な睡眠をとれずにいたことだろう。

外で寝る時には横になれることが重要!

ふふふ。だてに野宿してないぜ!

IMG_2990

 

 

 

 

そんな優越感を抱きながら電車を待った。

サブバッグからチケットを取り出す。

忘れないように昨日のうちに
打刻もしてある。完璧だ。

えっと、確か5:42に電車が
来るんだったよな。

まったく、無駄のないスマートすぎる
スケジューリングだぜ!

 

 

 

 

「あれ…」

「出発時刻 5:24」

IMG_2992

 

 

乗り過ごした…

 

 

 

 

 

 

自分が目覚めた瞬間に
電車が去って行った。

ははは…。

 

 

仕方が無いので、
近くの自動販売機でお菓子とコーヒーを買って、
ベンチで朝食をとった。

アメリカンスピリットをふかし、
一時間後に来る同じ電車型だか、鉄道会社だかを待った。

別にちょっとぐらいの遅れでも構わない。

ヴェネツィアは逃げやしないさ。のんびり行こう。

 

 

やって来た電車に乗り込み、自由席に座る。

電車は走り出し、朝日が
イタリアののどかな街並を美しく照らした。

IMG_2995

 

 

 

しばらくしてやって来た駅員が僕のチケットを取る。

僕は「あ、はい」と言うふうに
ごく自然に駅員にチケットを渡す。

 

 

 

 

「おい、これ使えないぞ」

はっ??!!

IMG_2993

 

 

 

「ここにチケットの
有効期限は6時間だろ。
打刻した時間から既に
6時間以上経過している」

「え??!!いや、
そんなこと知らないですよ!
チケットはチケットでしょう」

「決まりは決まりだ。
このまま列車に乗るなら
38.25ユーロを払うんだ」

「いや、ちょっち待ってくださいよ!
知らなかったんですって」

IMG_2998

 

 

駅員は僕のミスを
見逃そうとする様子は感じられなかった。

手持ちのiPhoneの駅員用のアプリには
ばっちし38.25ユーロ(5,235yen)の文字が書かれている。

 

 

「さぁ、どうするんだ」

「どうするってー…」

「もしくは切符を買い直すんだな」

「あ~~~!!!もう!分かりましたよ!
買い直せばいいんでしょ!」

 

クソが!

 

 

僕は何もやましいことなんて
これっっぽっちもしていない。

ちゃんとチケットは買ったんだ。

ヴェネチィアまで8.5ユーロ(1,163yen)の!

なんでまたチケットを
買い直さなきゃならないんだ!ふぁっく!

IMG_2994

 

 

 

 

 

次の駅でダッシュで電車を降りた。

ヴェネツィアまで5ユーロちょっと。700円くらい。

くっそ!なんでチケット買ったのに、
また追加でお金払わなきゃいけないんだ!

 

 

 

もうあの電車チケットには
乗りたくなかったので、次の便を買った。

プラットフォームに行くと
さっきの駅員が「早く電車に乗れ!」
と僕を呼んでいる!

てんめ~~!何が早く乗れ!だ!

 

 

「チケットが違う電車のものなんだけど」
と言うと、彼は「乗ってもいい」と言う。

全く、なんだよ。朝っぱらから。

IMG_2999

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電車は8時に
ヴェネツィア駅に着いた。

IMG_3003

 

 

 

電車にプラットフォームを歩きながら
僕は電車に中指を立てる。

向こうからさっきの駅員の姿が見えた。

満ち足たりた笑みを浮かべて
「よかったな。ヴェネツィアを楽しんで!」
みたいな顔をしてやがる。

 

 

あぁ、もういいよ。許す。

その笑顔に免じて許してやる。

 

 

 

 

 

 

 

駅の前には運河が流れていた。

IMG_3002 IMG_3005

 

 

 

朝日がそれを照らし出し、僕は目を細める。

近くの喫煙スペースでタバコをくゆらせ、
気持ちを落ち着かせると僕は
バックパックを背負って歩き出した。

今日一日はヴェネチィアを堪能してやるぞ。

そういう意気込みだった。

 

 

 

運河にかかる橋を渡る途中、
写真を撮ってくれとお願いしてきた
中国人の女のコたちに出会った。

僕は快く応じる。

いいことをすればきっと自分に返って来るだろう。

というか僕は人の写真を撮るのが好きなんだ。
求められたこと以上のパフォーマンスで応じる。

だいたいこういう時って一枚でいいけど、僕は違う。

ノリノリで4枚くらい写真を撮って
「はい。できましたよ。
好きなショットを選んでくださいね」
って選択の余地を残す。

 

 

 

そのまま僕は運河にかかる橋を渡り、
観光客たちが歩いていく方向とは別の方向に歩いて行った。

街並はイタリアの中でも素晴らしいものだった。

IMG_3010 IMG_3020 IMG_3027 IMG_3022

 

 

 

「ヴェネツィア」と聞くと、
あまりにメジャー過ぎて、
観光客しかいないんだろうなと思っていたが、
ここで生活を営む人もいるのだ。

 

 

誰もいない広場にあった水場で
4日ぶりに頭を洗い、さっぱりする。

明け方はあんなにひんやりしてたのに、
今では日差しの中にいると
じんわりと汗をかくくらいだった。

頭をブンブン降って水を切り、
しばらく路地を歩いていると
あっと間に髪の毛は乾いた。

 

 

 

 

 

 

午前中は気持ちのいいカフェで作業をしよう。

動き回るのはもう少し涼しくなってからでいい。

次の街へ向かうための情報も調べておきたい。

 

 

 

見つけたカフェで3ユーロ(411yen)のカフェラテを注文した。

トイレも済ませるとさらに清々しい気持ちになる。

観光地だからWi-Fiもあるし、
速度も申し分なかった。

いい一日になりそうだ♪

 

 

 

外のテーブルでパソコンを開いて作業していると
お店のおっちゃんから声がかかった。

 

 

「悪いんだけど、
一時間で出て行ってくれないか?」

周りの席も他の客で埋まってきていた。

仕方ない。

 

 

僕は荷物をまとめた。

ほんの真横にあるお土産屋さんの
ショウウィンドウの前でバックパックに腰掛け、
情報収集の続きをやっていたのだが、
すぐにお店のおばちゃんから
ここに座らないで欲しいと言われてしまった。

 

 

むう。

今は次の国に行くための情報収集を済ませおきたい。

お店でもなんでもないカフェの
超近くで同じようにパソコンを広げた。

 

 

 

 

「~~~~~!!!
Wi-Fi~~~~~!!!」

IMG_3035

 

 

 

間髪入れずに、
イタリア語でまくしたててくる
別のオヤジ。

ヨーロピアンに流行だか
なんだかしらねえけど、
モヒカンみたいに見えるツーブロック。
ノースリーブから出た太い二の腕からは
タトゥーが見えた。

 

 

いや、何言ってんのかは分かるよ。

「客でもねえのにここで
Wi-Fiつかってんじゃねえよ!」

ってことだろ?

 

 

まぁ僕だって悪いとは思うぜ。

だけど、まだたった一時間だろ?

それに近くでWi-Fiを使わせて
もらったところで何も迷惑にはなるまい。

だって、必要なのは
他の客がカフェに座るスペースなんだから。

そして、アンタは誰だ???

なぜそんなに怒っている??

 

 

 

次第にモヒカンオヤジは
声を荒げヒートアップしていく。

何事だと、後ろを振り返るカフェのお客さんたち。

僕の頭は冷静に回転する。

 

 

ここで抗議したって、
こういう頭に血の登ったバカは
何を言っても逆効果だ。

こっちはできるだけ平静で
「やれやれ」といった仕草で
その場をスマートに立ち去った。

駅から追い出されるジプシーのように。

IMG_3048

ちなみにここは僕がWi-Fiを使ってた場所。
犬のたまり場じゃねえか。
ハッ、どちっも似た様なもんだね。

 

 

 

 

 

 

 

街は綺麗だった。

水路に小型のモーターが浮かび、
それがここに住む人々の足であることがわかった。

家の作りも、僕がイメージしてきた
それとぴったしだった。

街は良い。

 

 

 

だが、Wi-Fiは今までと同じように、
電話番号がなくては使えない仕様。

場所を代えてはiPhoneでWi-Fiを探したが、
使えるようなものは見つけることができなかった。

 

 

僕の姿はもちろんフル装備だ。

バックパックにサブバッグ、手にはギターを持っている。

休憩を繰り返し、気持ちを切り替えるために
3ドルのピザを食べる。

周りでは観光客たちが楽しそうにお土産を物色したり、
アイスクリームを食べてこの街を楽しんでいた。

IMG_3070

 

 

 

 

そうだー。

両替もしておかなきゃな。

 

 

僕の財布の中には
スイスフランが2万円分入っていた。180フランだ。

観光地だったら両替できるだろう。
ユーロに替えてしまおう。

 

 

見つけた両替所で自分の順番を待つ。

ブースの中にいた眼鏡をかけたお姉さんは
ニコニコしながら観光客の相手をしている。

無愛想なヤツよりはよっぽどいい。

 

 

書類に名前を書いて、僕はユーロを手に入れた。

 

105ユーロ。

 

あれ?

 

 

 

iPhoneのレートアプリで計算する。

14,371yen。

おいおい。そんなにスイス・フランって
弱かったのか????そんなわけないだろ?

 

 

一瞬の出来事になにがなんだか分からない。

さっきごみ箱にぶち込んだ書類を
取り出して何が起こったのかを確認する。

 

 

「%FEE(手数料) 19.90」

 

はっっっ???!!!!

 

 

 

 

 

 

 

マジでアリエネエ…。

 

5分の1が手数料ってどんなだよ?

両替すればするほど損する仕組みじゃねえか。

何?ほんとうにマフィアかなんかがバックにいるの?

観光客ナメてるにもほどがある!!!

 

 

『観光地だから』

と安心しきったのが、ダメだった。

一瞬で僕の50ドルがもってかれた。
赤子の手をひねるのも同然に。

 

 

念のため、他の両替所でもレートを確認したが、
レート自体はどこもおかしいところがなかった。

他の両替所の方が、
さっきの所よりレートが悪いところさえあった。

 

 

僕が泣き寝入りするほかなかった。

今から「やっぱりスイス・フラン返してください!」
なんて言えないのは分かりきったことだ。

なんのためのサインだ?

「私はこの取引に一切文句を垂れません」
ってサインだろ。

くそ…。

 

 

 

 

 

 

トイレに行きたかった。

カフェでニコニコしながら
「トイレ貸してもらえます?」と
アジア人顔のスタッフに尋ねると、

若いヤツは「ボスに訊いてみます」と言い、
その横で作業していたアジア人顔の女ボスは
「ノー」と言った。

はっ?なんなの?トイレくらいいいじゃねえか。

バックパッカーには使わせないってことですか。

悪かったね。

 

 

次の店で運良くトイレを
使わせてもらうことができたが、
僕が用を足している途中に個室の電気が消えた。
誰かが示し合わせたかのように。

焦らないようにポケットからiPhoneを取り出し、
LEDライトを照らす。

 

 

 

 

 

 

タバコが吸いたかった。

巻きたばこを切らしてしまったので、
売店で6ユーロ近い30gのアメリカンスピリットを買う。

石段に座って疲れ切った
肉体労働者みたいにタバコを吹かした。

 

 

 

 

 

もう、この街嫌いだ。

IMG_3080

 

 

 

僕の出した結論はそうだった。

いくらなんでも嫌なことが
立て続けに起こり過ぎている。

ここはすぐに脱出した方がいい。

 

 

 

 

観光地ってなんだ?

地域の特色を売り物にした大人のテーマパークだ。

それがあれば外貨を稼げるし、
人々はその国の建造物だったり、
考古遺跡だったりに惹かれて次々にやってくる。

興味や知的好奇心を満たすために。

僕もそのうちの一人だ。

「あの街はこんなに素晴らしい」
っていうテレビやらブログやら人の話を
聞いてここまでやってっきた。

確かに綺麗で面白い街だった。

街自体はね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベタな雑貨の中から、
メイドイン・イタリアの雑貨を仕入れ、

IMG_3093

 

 

 

フリーハグにちょっと慰めてもらい、

IMG_3098

 

 

 

バスキングをかまして食費分稼ぐと
僕はさっさと駅に戻り、
電車にタダ乗りしてMestre駅で降りた。

 

電車に無賃乗車するために、
わざわざ5km離れたローカル駅から電車に乗り込んだ。

様子を見るために、その3つか4つ先のローカル駅で降りた。

IMG_3102

 

 

 

ローカル駅なので電車はなかなかやってこない。

たったふたつしかないプラットフォームの
向こう側ではサリーを来たインド人だか
バングラディッシュ人だかの家族が
ヴェネツィア・サンタ・ノベラ駅方面の電車を待っていた。

 

 

僕と同じホームで電車を待つ
トルコ人のおっちゃんとちょっとお喋りをした。

イタリアは財政に問題があるよという
おっちゃんの一言がよく理解できた。

 

 

 

 

 

やってきた電車に同じようにタダ乗りする。

おっちゃんはその2つ先の駅で降りた。

きっとおっちゃんも無賃乗車だったに違いない。

 

 

 

僕は窓の外を眺めていると、
駅員がチケットの確認にやってきて、
僕のモクロミはあっさりと破られる。

しかも車内でチケット買う方が高いってなんだよ。くそ。

やっぱり僕にこういう真似はできないのだ。

IMG_3105

 

 

 

 

次の乗換駅で渋々、次の駅のチケットを買う。

ヴェネツィアから買った方が
500円くらいも得だった。もうわけわかんねぇ。

 

 

チケットを買った安心感で、

「いつでもチケットを確認しに来い!」
と構えていたが、

こういう時限って駅員は現れなかった。

 

だからなんなんだよ!
せっかくチケット買ったのに!!!

IMG_3114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

降りた駅は

スロヴェニアの国境に近い
トリエステという街。

日が沈むとバーくらいしか開いてるお店がなく、
建物はバカみたいに高い。

IMG_3127

 

 

 

僕は食糧を求めてさまよい、
かろうじて見つけたピザ屋で買ったのは
2.5ユーロの6個入りのコロッケみたいなヤツ。

気づかなかったけど、そのすぐ隣りがスーパー。

あー、もう。無駄な出費…。

 

 

特売のトマトとプラム。

安いフランスパンを買って近くのベンチに座って食べる。

 

 

 

今日の寝床はキッズコート。

23時を過ぎてもガキ共が遊んでいる。

————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

まぁー、なんなんすかね?
こういう日もあるってことですよね。散々な一日。

ってかイタリアではやられっぱなしです。
「この借りは必ず返す!」って思っても、
返り討ちに合う。倍返しなんてできねえ。

金があって、お行儀のいい人が楽しめる国なんでしょうね。
おれみたいなコスいヤツはダメだ。

 

 

バナーをポチしてページ読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。てかしてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★Facebookページに雑貨更新もしてます。「旅する漫画家」もよろしくね。

★Twitterはなるたけ写真載せてっから「Indianlion45」

2 件のコメント

  • 両替したのはウェスタンユニオン??
    だったならレートは低いし手数料20%取られるね〜。。
    両替所で1番最初に聞くのは「ノーコミッション??」これ基本!!

    • >やっけん兄やん

      ぐっ…

      伊達に苦労してないですねぇ。
      基本の「き」の字もできてなかった
      ってことですか。

      くっそ〜〜〜…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です