「ここでやっているのはトレッキングか?」

世界一周251日目(3/6)

 

ナムチという
町の丘の上に大きな仏像があるそうだ。

せっかくやって来たシッキム。
できるなら色んなところに行ってみたい。

ていうか今いるジョータンは
ほんとうに小さな町で特にすることもない。

昨日もらったマップによると、
シッキムは豊かな自然に囲まれ、
トレッキングはもちろんのこと、
バードウォッチングやラフティング(川下り)、
パラグライディングもできる。

その中に仏教やヒンドゥー今日のお寺がある。

 

朝8時にはサブバッグだけ持って宿を出発して、
学校へ向かう学生たちと一緒に
ジープでナムチへと向かった。50ルピー(82yen) 。

IMG_2200

 

 

それにしても、
シッキムの子たちが着ている制服は
日本のそれとほんとうによく似ている。

ブレザーだったり、
プリーツの入ったスカートだったり。

 

彼らの姿を見ると、
同じくらいの年齢だったことを
思い出さずにはいられなかった。

僕にも彼らと同じ様な時間があったのだ。
毎日自転車を漕いで30分かけて高校まで通った。

ジープの窓から同じように
学校へ向かう子供たちを見た。

山の生活。
移動がちょっと不便そうだなぁと思った。

IMG_2213

 

 

 

 

やって来たナムチ。

IMG_2201

 

 

広場はけっこう綺麗な感じで、
サムソンなんかの電化製品店もあった。
小さい割にはしっかりしている。

てきとうな方向へふらふらと歩いて行き、
たまたま見つけたツーリスト・インフォメーションで
お寺がどっちの方向にあるのか尋ねる。

 

「ヒンドゥーのお寺があっちで、
ブッダのお寺がこっちかな」

全くの逆方向。
とりあえずヒンドゥーの方へ行ってみようか。

IMG_2205

 

 

間違えて入ってしまった別のお寺で
小坊主たちがどこにヒンドゥー教のお寺が
あるのかを教えてくれた。

ナムチの坊主は
ロックの精神も持っているようだった。

IMG_2209

 

 

「ほら!
あそこに見えるでしょ!」

IMG_2210

 

 

た、確かに…!山の上にある…。
(この写真じゃわかりませんが)

大きな彫像が山の中にちょこんと見える。

なんかネパール以降、山歩きすることが多いな…。

IMG_2214

 

 

 

最初は楽だった道も、どんどん急になる。

コンクリートで舗装してあって
歩きやすいんだけど、
下からは目的地が見えず

『一体いつになったら着くんだ?』

という精神的な負担がハンパない。

 

 

 

「山に登るのが
好きなんだよね」

っていう人間がこの世にはいるけど、
彼らがこの行為のどこに
魅力を感じているのかすげえ疑問に思う!

これは一種の修行に違いない。

平らな地面を歩くよりも
あえて体に負荷のかかる道を選び、
頂上という名のゴールまでの道のりを
精神的な強さと忍耐力を持って行く。

 

「うわぁ~…
見てご覧よ。山が綺麗だねぇ」

 

なんていう心の余裕は
ほんのわずかも生まれない。
7キロのサブバッグがやけに重い。

山道をあるく人間は僕しかいない。
時々「taxi」と書かれたワゴン車が
僕を追い抜かしていく。

7部丈のカットソーとジーンズは
汗でぐしょぐしょ。
洗濯しなくちゃなぁ…と考えてしまう。

 

 

 

Siddhesvara Dhaam
の入り口が見えて、僕が思ったことは

IMG_2215

 

 

『ここまで徒歩で来たんだ。
入場料をまけてくれ』

という宗教とは
全くかけ離れた
煩悩だった。

IMG_2223

 

 

受け付けて荷物チェックを済ませ、
きちんと入場料を払った。
入場料10ルピーに対して
カメラの持ち込みが50ルピー。ははは。

IMG_2217

 

 

脱いだ靴と石でできた床のせいで
足がひんやりした。

IMG_2224

 

山の上にある寺院には風が吹き抜ける。
汗をかいた体が冷えた。

 

 

やっぱりデっかい物を見ると
すげえなって思うのは毎度のことだ。

色々ヒンドゥーのお寺とか見て来たけど、
こんなにデカいシヴァ神の像は見たことがない。

IMG_2226

 

 

帰りは途中まで歩き、
やってきた車をヒッチハイクして
ナムチまで戻った。30ルピー(49yen)。
僕はなんで歩いたんだろう?

 

 

 

 

 

 

 

昼食を
済ませた後、

IMG_2239

 

僕はSamdruptseという
仏教のお寺にも行ってみることにした。
もちろん徒歩で。

もうここまで来ると意地ですよね。
バスは使ってなるものか!!!ってね。

 

お寺の方向へ向かって伸びたショート・カット。
山道を登っていく。なぜか手に持ったギター。

IMG_2242

 

 

上を見ちゃダメだ!
見たら心がもってかれる..!!!

一歩一歩下を向いて、
できるだけ同じ歩調で山道を登っていく。
ねえ、これはトレッキングだよね?

そして

 

 

気づいたら山の中。

IMG_2252

 

あれ…? 

IMG_2244

 

ショートカットどころか、
めちゃくちゃ
ローカルな道だったのかぁあああ!!!

IMG_2251

 

 

も、戻るか?
いや、ここまで来ちゃったんだ。
進むしかない!
最悪、大きな道に出て車を
つかまえてナムチまで戻ろう…。

水道管がむき出しになった道や、
石でゴツゴツした道を、
その辺に遊びに行くような服装の
バカな青年が一人進んでいった。
ブッダはどこにいやがる…?

 

 

2時間ほど山道を彷徨った後、
近くに車の走行音が聞こえた。
車道だ!これで山で遭難しなくて済んだぞ!

IMG_2255

 

 

車道に出るとすぐ近くに
サンドロプセの看板が。

IMG_2257

 

 

「2km」
という文字が
僕の心に重くのしかかったが、
ここまで来たんだ登るしかない。

 

肉体的にも精神的にも疲れ果てて、
登り切った坂道。

入り口前の売店でスナック菓子を
3袋買い込みエネルギー補給した。

 

まぁ、まぁね。
デカいものを見るとー…
ほら、ここ心がー…

IMG_2260

 

 

分かったことは
疲れて感受性が
持っていかれてしまった
ってことだ。

太陽は雲に覆い隠され
気温は一気に下がった。

アウターがサブバッグの中に入っているけど、
汗をかいた体の上から着たくない。

 

ここまで来るのに
2時間以上かかったのに、
見物するのは10分かそこら。

も、もう十分だ。ジョータンへ帰ろう…。

IMG_2266

 

 

帰りの山道を
エレファントカシマシの
「今宵の月のように」を独唱して下った。

車道に出ると、さっきと同じように
後ろからやって来たバスを
ヒッチハイクしてナムチまで戻った。

そしてここへ来たのと同じように
学生たちと一緒のジープで
ジョータンへと帰ったのだ。

IMG_2270

 

 

 

 

 

 

「バーでノートを広げて
アイデアを書き留める」

IMG_2283

 

 

そんな響きがカッコよく思えて
宿の併設のバーのスツールに座って
ノートを広げたが、

IMG_2279

 
これと言って

IMG_2280

 

 

革新的なアイデアは
思い浮かばなかった。

IMG_2281

 

 

まぁそんなもんだ。

我、煩悩の塊なり。

なんつって。

———————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

にしても、誰もいない山道で大声で唄うのって
最高に気持ちがいいですね!
トレッキングは好きになれそうもないけどなッ!
なぁ、誰か頼むから僕にトレッキングの素晴らしさを
教えてくれないか?あれは精神修行かなんかなのかい?

でも、ランナーやハイカーっていう人もいるもんなぁ。
きっと行為そのものが好きなんだろう。

 

『いや、トレッキング楽しいよ?うんたらかんたら~』と
目の色を変えて僕にその素晴らしさを説ける人は素敵な人ですね。
山歩きが好きなんでしょう。ポチを。

『どこが楽しいだとか感じちゃダメだ!FEEEEL!!!』という人は
ブルース・リーの受け売りは止めましょう(笑)

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ
旅する漫画家」もよろしくです。
旅の仲間紹介を最近はアップしているかな?

★細々やっているTwitterもどうぞ。
アカウント名は「indianlion45」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!