「ここ、道です…よね?」

世界一周252日目(3/7)

 

僕はマゾヒスト
なのかもしれない。

IMG_2315

 

 

ここから次の町、ゲイジンまでジープで向かい、

IMG_2288
そこから隣町のペーリンまで
歩いて行くってんだから、
バカかMかのどっちかだろう。

IMG_2289

 

 

もしくは自分でも気づいてないけど、
やっとこさ山歩きの魅力が分かってきたか。

さて、山歩きの始まり。始まり♪

IMG_2295

 

 

ちなみに僕の格好はというと、
軽量化したバックパック背負い、
カメラやアウターを中に入れ、
gorillapod(三脚)をつけたサブバッグを
前にかけるいつものスタイル。

IMG_2317

 

トレッキングする人は
カメラとかどうしてるんだろう?

こういう時はカメラのジャケットじゃなくて、
ショルダーバッグのようにたすき掛けにする、
程よい大きさのバッグが欲しいところだ。

 

 

 

 

 

 

最初の一時間は
平坦な道や下り坂。

IMG_2297 IMG_2298

 

 

山を降りてる感じ。

昨日よりも周囲の景色を
楽しむ余裕がある。

IMG_2299

 

 

やっぱり、人間ってのは
慣れていく生き物なのだろう。

そして回数を重ねるうちに

「え?おれ?
一年に5~6回は
トレッキングに行くけど?」

みたいに涼しい顔をしだすに違いない。

IMG_2304

 

 

すれ違う人々とも
「ナマステ~♪」と爽やかに挨拶を交わす。

IMG_2307

 

 

一時間歩いて一回休憩を挟み、
また歩き続ける。

IMG_2302IMG_2300

 

 

 

 

 

 

それにしても、
ペーリンってどこにあるんだ?

コウジさんから歩いて行けるって聞いたから、
こうして歩いているんだけども…。

何人もの人に「ペーリン?」と訊いて
進んでいる方向が間違っていないことを確かめる。

まあ一方通行だから
間違ってるわきゃないんだけど。

 

 

そして2時間近く経った頃、

「ペーリン?歩いて行くのかい?
ちょっと遠いな。
この先で上がる道があるから、
他の人にも道を確認するんだよ」

と言い出すおっちゃんに遭遇した。

 

ははは。

ゲイジンからわざわざ歩いて
ペーリンを僕がたいそう物珍しいようだった。

おじちゃん、
トレッキングって知らないのかい?

それとも僕が歩いている道は
トレッキング・ルートでもなんでもないのかい?

それに「上がる」?どこを!!??

 

 

「あ~、ペーリンね。
ここを上がってくのさ」

IMG_2310

 

 

ここ!!!???

IMG_2311

 

目の前には
どローカルな道。

 

 

「ここー…ですかい?」

「「ココ?」そう。ここ」

なんでもなさそうに
ケロっと言うおばちゃん。

覚悟を決めるも何も、
進む方向は一本しかない。
山道を登っていった。

IMG_2314

 

 

しばらく行くと道は広い道に出た。
そして、砂利道は舗装された道路に変わった。

よかった。ずっとこの道だったらどうしようかと。

IMG_2316

 

 

 

だが、続いているのはずっと上り坂。

IMG_2319
遠くに見えたペーリンの町に
いつまでたっても近づかない。

IMG_2321

 

あれは蜃気楼かなにかだったのか?
ハァー…はぁ…。
やっぱり上り坂
キツくないっすか?

 

すれ違う人たちは作業を止めて、

『アイツなんであんな荷物背負って、
息切らして歩いてるんだ?』

と奇妙そうな目で僕のことを見ている。

 

「な、ナマステェ…」

もう挨拶する気力も残っていない。

 

 

 

 

 

登り切った坂道。

ペーリンはさっきまでいた
ジョータンのよりもさらに小さいところだった。
その割にはホテルの数が多い。

見つけた150ルピーのドミトリーに
僕しかいなかったことが救いだった。

IMG_2323

 

はぁ…。
たまった3日分の洗濯物を片付けて、
体を洗いたいよ。

 

 

 

だが、山の上の暮らしは
そんなに楽じゃない。

安宿でホットシャワーなんて
もちろんでない。

 

僕がシャワーを浴びたいと言うと、
宿の人はバケツに入った
熱湯を持って来てくれた。

冷たい水で洗濯物を済まる。

宿のおっちゃんは、僕が貯め置きの水を
何回か使っているのを見て
「もうこれ以上洗濯するな!」
イエロー・カードを出してきた。

すすぎに少々熱湯を使い、
バケツに4分の3ほど残った熱湯で
頭と体を洗う。

石けんがちゃんと流し切れておらず、
体が少しヌメヌメした。

 

 

少し山を登っただけなのに、
だいぶ寒くなった。

完全にミスった。

ここで洗濯などするべきではなかったのだ。
あと一日待たないと洗濯物は乾きそうにない。

そして、この町には
僕の見たいものはなさそうだ。

 

宿の団欒スペースのような場所に顔を出して、
「チャイ飲める?」と僕が尋ねると、

おばちゃんは
「さっきレストランの場所教えたろ?」
と軽くキレれてきた。

 

ドミトリーのベッドには
シラミがいるようだった。

気づいたら体が痒い。

ベッドを急遽変え、
僕はその日の眠りに就いた。

 

やれやれ。
洗濯物のせいで一日足止めだなんて…。

IMG_2325

——————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

山登りは是非シッキムへ!
自然豊かなシッキムはあなたを魅了すること間違いなし!
トレッキングはもちろんのこと、
他にも様々なレジャースポーツをお楽しみいただけます1

ってまぁ、そんな感じ。山好きのあなたは是非シッキムへ!

 

『まぁ、ネパールでトレッキングできなかったんだからさ、それも旅だよ』
っていうポジティヴ・マインドの持ち主さんは
シッキムを満喫できること間違いなしです。ポチしてくだせえ。

『えっ?シミさん、山好きなの?』っていう質問しちゃう君は。
うん。いい質問だ。その質問には答えるのは容易くないな。
そうだなー…「山とは」僕にとってー…ごにょごにょ…。

マジでトレッカーの人たちをリスペクトです!

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★アウトドア好きの相棒が作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくです。

★「indianlion45」Twitterのアカウントっす。
よかったらそちらも。

 

2 件のコメント

  • いつも面白いブログ楽しみにして読んでます。
    あと

    文字をもう少し大きくしてもらえたら読みやすいです。

    • >らいたさん

      あ、あざっす!
      僕の長ったらしいブログにおつき合いいただけて
      なんと喜びを表現してよいやら…

      そうですね、
      この喜びをたとえるなら、

      通常5ルピーで売ってる
      僕の大好きなクッキー「Parle-G」(45g)が
      10ルピー出せば150gもの容量で
      購入できることに気づいた時の
      喜びに近い気がします。

      えっ…
      文字小さいっすか…?
      感想聞かせていただき幸いです。

      ですが、このブログは
      通常のフォントを基準に書いています。
      面倒くさがり屋スキル不足の僕は
      それをどう変更していいのか
      ちょっと分からないので、
      その話はまた今度にしましょう♪

      コメントありがとうございました♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!