「お祭り。おとうさん」

世界一周218日目(2/1)

 

ばあちゃんが
ベッドまで持って来てくれた
甘いブラックコーヒーで僕の一日は始まった。

IMG_3958 IMG_3961

 

 

 

ここはネパールのコホルプルという小さな町。

そして泊まっているのは
ビジェイというお兄さんの家。

 

昨日国境で奥さんのお父さんを
迎えに来ていたビジェイ。

IMG_4002

 

 

出入国の手続きをお世話になり、
さらにはホームステイまでさせてもらっている。

 

ビジェイの家にはじーちゃん、ばーちゃん、
奥さんに2歳の息子:ミーマンと
1歳の娘:ビパスナの6人で暮らしている。

IMG_3986 IMG_3965

 

ビジェイの家は周りの家よりも大きく、
彼がそれなりに収入のある人だと分かる。

 

 

それでも僕の中には

『もしかしたら
お金を要求されてしまうのでは?』

というインドの毒気が抜けていない部分もあった。

 

「とりあえず一泊だけお世話になります」と言うと、
「何日いてくれても構わないよ」と
ビジェイは言ってくれた。

 

 

 

 

朝食に
ネパールのフライド・ライスをいただいた。

IMG_4005

 

 

ビジェイさんが両替をしてくれるとのことなので、
とりあえず10,000ルピー(16,000yen)分の
ネパール・ルピーに両替してもらった。

 

ミーマンとビパスナはまだまだ幼いので、
全然僕のこと警戒しない。

犯罪的に1~2歳の子供って可愛いな。

ミーマンなんて手を掴んで
ジャイアント・スイングかましてやると
かなり喜んだ。

IMG_3995

 

 

朝食を頂いた後はベッドに座って
56日間旅したインドの出費を清算してみた。

5万円ジャスト。
一日900円以下。そんなものかぁ…。

これに列車のチケットを
クレジットで買った分のお金が加わってくるけど、
バスキングで稼いだお金8千円分で相殺して、

帰国後に相棒のまおくんと企画している
旅する雑貨屋「Drift」の仕入れ/郵送費用を除けば、
旅にかかったお金はもっと低くなる。

別にお金を使い過ぎてるわけじゃないけど、
「5万」という数字は僕の胸に影を落とした。

 

1年半~2年の時間をかけて
世界を旅する計画の
僕の世界一周資金は230万。

大学卒業確定からフリーターとしてバイトして
1年4ヶ月働いて貯めたお金だ。

日本を去年の7月1日に出発したから、
今日で7ヶ月ちょうど。

使ったお金は40万円。
ということは残り190万円。

中東以降どんどん物価が上がってくるわけだけど、
果たしてやっていけるのだろうか?

ビビリの僕はどうしても不安を感じてしまう。

IMG_3967

 「昨日誕生日だったんだよ!11歳!」

 

 

 

 

「じゃあ
ネパールガンジ行こうか?」

ビジェイが声をかけてくれた。

言われるままにpatagoniaのフリースと
アウターを着込んでバイクに乗った。

IMG_4035

 

外は寒い。霧でモヤモヤしたままだ。

 

 

「ここがミルク工場で、
あっちが国際線の空港」

 

そんな風にビジェイは僕に町を案内してくれる。
拡張工事中の道路は大型車が通る度に砂煙が舞う。

IMG_4027

 

 

 

「道路よりまずはライトを作った方が
いいんじゃない?」

「政治家は利権に走るんだ。
ストューピッドさ」

「町を案内してくれるのは
すげえ嬉しいんだけどさ、
仕事は大丈夫なの?」

「僕は世界中で仕事をしているんだよ。
世界中にオフィスがある。電話やEメール、
SNSで仕事ができるんだよ。
だから他の人みたいに
毎日オフィスに行く必要はないのさ」

「はあ…」

 

聞き慣れない英単語に完全に
理解できなかったが、とりあえず彼が
グローバルに働いていることは分かった。

 

 

 

ちょっと親戚の元に立ち寄る。

IMG_4077 IMG_4044 IMG_4039

 

 

 

 

 

昨日の夜通り抜けたネパールガンジの町を抜け、
ネパールのお寺やインドのお寺を見て、
ちょっとごちそうになった。

IMG_4049 IMG_4053 IMG_4058 IMG_4063

 

 

僕がお金を払おうとすると
「いいから!いいから!」と受け取ってくれない。

 

これで最後にお金請求されたら一体どんななんだ?

インド/ネパールの出入国手続きだろ。
ついでにビザだろ?

国境からバイクでここまで
連れて来てもらったし、

IMG_4064

 

 

宿代、メシ代etc…。

IMG_4075

 

 

「ヨスケ、次はどこに行きたい?」

「う~ん、
これといってそこまで
行きたい場所はないんだよね。
着いた町を自分の足で歩くのが好きかな」

 

 

 

 

 

 

 

一通り町をバイクでまわって、
コホルプルへと戻る帰り道、
人でにぎわう場所にバイクが停まった。

IMG_4080

 

観覧車が見えた。どうやら地元のお祭りらしい。

 

 

ビジェイはここで
バイクの駐車代を払っただけでなく、
入場料も払ってくれた。

近くにいたお兄さんに聞くと、
入場料は40ルピー(41yen)らしい。

50ルピーを渡そうとしたが、
ビジェイは受け取ろうとしない。

 

 

「お祭りなんだね。
でも僕なんかよりもミーマンたちと
一緒に来た方がよかったんじゃないの?」

「ん?ああ、
家族はもうここに来てるんだよ。
連絡してないけどね」

 

人で押し合いへし合いする中、
様々なブースを抜け、特設ステージや

IMG_4083

IMG_4087
アトラクションのある場所へ抜けた。

IMG_4100

 

 

ステージではバンドや
ダンスライブが行われている。

IMG_4094

 

やっぱフェスっていいなぁ。

 

 

 

それでも僕の目は
ビジェイの家族を捜してしまう。

IMG_4101

 

だってお祭りは家族と一緒に過ごしたいじゃない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の「お祭り」の記憶。

そのほとんどは夏祭り。

楽しい思い出もあれば、
楽しくない思いでもある。

 

 

遠くから聞こえる
スピーカーから流れる夏祭りの音楽。

誰か友達はいないかと海上をうろついたり。

一緒に来た友達とはぐれてしまい、
そのまま再会できないまま、
一人で出店を歩いたり。

好きな女のコが来ているかもしれないと
淡い期待に胸を躍らせたり。

お祭りが終わった後に
何かあるんじゃないかとソワソワしたり。

 

歳を重ねるにつれて、
だんだんと地元の友達は
夏祭りに姿を見せなくなった。

もう夏祭りに遊びに来る年齢じゃない。

小学生の時はあんなに楽しみだった夏祭りも、
ティーン・エイジャーになってみると
すごくちっぽけに見えた。

 

 

 

 

 

 

IMG_4103

このまま家族と再会できないのは嫌だな。

幼いミーマンとビバスナと一緒に過ごして欲しい。

 

ビジェイはケータイで連絡とってるみたいだけど、
家族の姿は見あたらない。

会場内のメリーゴーラウンド。
遊具に乗った子供。それを笑顔で見守る大人。

ついにもと来た道を引き返し始めたビジェイ。
なんだか申し訳ない気持ちだ。

 

 

 

 

 

ブースが軒を連ねる道で、
近所の親戚がビジェイの姿を発見した。

IMG_4108

 

 

娘のビパスナはお母さんの背中で寝ている。
新しいおもちゃを買ってもらったミーマンは
大事そうにそれを抱えている。

会えてよかったかな?
子供と一緒に過ごしてもらいたかったけどね。

IMG_4113

 

 

 

ビジェイは息子のミーマンと手をつないで歩く。

僕はビジェイの手荷物と
ヘルメットを代わりに持って、
後ろから来る来場者がぶつからないように
ミーマンをカバーしながら歩いた。

 

 

仲間とふざけながら、
よそ見をして肩をぶつけてくる若造。

 

「チッ、おい…!」

相手を睨みつける僕。

 

はっ…
いけない!
ここはインドじゃないんだったぁ~!!!

 

 

 

 

 

 

家までの帰り道。
ミーマンを前に乗せてバイクに三人乗り。

IMG_4122

 

 

途中まで走った所で
バイクを停め、ビジェイが言った。

 

「息子が寝そうだ。
息子を真ん中に乗せるから
ヨスケは腕でロックしてくれ」

すげえな。よくこの状況で寝れるよ。

IMG_4128

 

 

 

ビジェイと僕に挟まれて
ミーマンはいつの間にか寝てしまっていた。

 

 

「ねえ、ビジェイは
海外でどれくらい働いていたの?」

「うちはね、とても貧しかったんだ。
その日に食べる食べ物にも困るくらいでね。

僕はなんとか学校に行って、
その後アーミーに入った。

アーミーを辞めたあと、叔父さんから
お金を借りてマレーシアに
職を探しに行ったんだ。
それが2004年くらい。

そのあといくつか職に就いて、
ようやく今の職場に巡り会えたんだよ。

2009年にネパールに戻って来て、
今は隣りのインドや他にも色んな国で仕事をしている」

 

 

 

り、リスペクト…(涙)!!!

 

 

マジでガッツあり過ぎる!
こんなでっかい漢が宿代だの
なんだの請求してくるわけがない!

てか、この人になら
騙されてもいい気がしてきた。

 

 

左腕のミーマンの頭が重い。

風を切るバイクでかじかんだ僕の手。
ビジェイのジャケットのポケットが温めてくれた。

——————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

さあて、このブログがアップされるのは
いつのことなんでしょう?現在、一生懸命ブログの下書き中!

 

にしてもー、家族っていいなぁって思います。
そして親父のデカさを感じました。

子供にはなかなか父の大きさって伝わらないものだよなぁ。

うちの親父なんて、日曜日にかかさず
近所のゴルフ場へゴルフ行ってるイメージしかないもん。
どんだけ金使ってるんだよ?って。

勤勉な親父にも色々あるのでしょうが、
親父のせいもあって僕はゴルフが大嫌いです(ニコッ)。
子供が熱で寝込んでもゴルフを取る漢ですからね♪
母の姉から聞きました。

ただでさえ貯蓄なくて、
そのくせおれみたいな放蕩息子
(いや、こっちは真剣ですよ)
がいるんだからゴルフもほどほどにね!

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了するとポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★Facebookページ「旅する漫画家」もどうぞよろしく!
作ってくれたまおくんには感謝っす!

★連動前のTwitter。アカウント名「indianlion45」もよろしくお願いしますね♪

 

4 件のコメント

    • >まおママ

      そう言われると確かに!
      でもメス犬ちゃんでしたよ。

      ネパールは人も穏やかだけど、
      どうやら犬もそうみたいです。

      あんなに人懐っこいワンコに
      この旅以来初めて会いました♪

  • インドに50日以上もいたのですね〜
    ネパールは行った事がないですが
    日本で出会ったネパール人は
    みんな温厚で、インド人とは顔も言葉も似ているのに不思議だなぁと思いました。
    台湾に行った時も、中国人と顔も言葉も同じなのに唾吐かないし、声大きくないし、不思議だなぁと思いました。

    • >マルルさん

      そーですよね。ほんとに顔はそっくりなのに
      国が違うだけでそこに暮らす人の感じが
      全然変わってきますよね!

      台湾は旅先でお会いした方々が
      「いいよ!」と言います。
      人は優しいし、ご飯は美味しいし、宿もあるし。

      彼らの親日っぷりには驚かされます笑。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です